FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『悪人』

この前は、レビューはやめとこって云ったけど・・・
久しぶりに「よかったよぉ~」って云いたくなる映画だったから、
やっぱ、アップしよっと!

ヨンのことばっかり見てたら、くたびれるし(笑)

悪人

監督:李相日、原作:吉田修一、
音楽:久石譲、脚本:吉田修一 、李相日

キャスト:妻夫木聡(清水祐一)、深津絵里(馬込光代)、
岡田将生(大学生) 満島ひかり(石橋佳乃)
     樹木希林(清水祐一の祖母)、柄本明(被害者の父)

ymov_ftr_main.jpg
「なぜ殺したか」「なぜ愛したか」「誰が本当の悪人なのか」とキャッチにあるけど、
誰が悪で善かなんて、そんなことよりも、誰もが内に抱える「孤独」が、胸に突き刺さる映画でした。

祐一と光代の愛情表現が不器用すぎて、せつな~~いです。

石橋佳乃
という娘は、演じてる満島ひかりの素じゃないかと思うくらい、嫌な子です。
(満島ひかりがサラリと屈託なく「嫌な子」演じてるから「出会い系」という設定を違和感なく受け入れることができます。)

石橋佳乃は三瀬峠で祐一に殺されてしまうけど、それでも、祐一に同情して悲しくなるほど、嫌な娘。
この娘だって、寂しかったんだねと思うけど、同情は、、、、できまっせん!
殺されても良い人なんて、この世にいないけど・・・・

でも、その嫌な娘にも、当然、両親がいて、両親の哀しみ憤りは胸に迫るね。子を持つ親なら~
こんな嫌な娘でも、両親にとっては「かけがえのない大切な人」なの。

清水祐一は解体業に従事してて、大人しくて、車が好きな男の子。小さい時、母に置き去りにされて祖父母に育てられて・・なんて、私は珍しくないと思う。
若い男の子が、車と女に興味があるって普通だと思う。

でもね、両親に愛された記憶のない人は、他人への愛の表現がヘタ。不器用かもしれない。

明るくて屈託なのない笑顔が似合う妻夫木聡が、暗くてモッサリして不器用で、キレると何すっか判んない人を体当たり演技ね。新境地を開いたね。
妻夫木くんが悪人ツラしても、ちらっと可愛いくみえるから、余計に清水祐一という青年がリアルだった。
ちょっと運が悪かった。。。タイミングが悪かった。それだけかもしれない。。殺人。

佳乃を三瀬峠に置き去りにした大学生は、何の罪にも問われないんですよね。
これから先もチャラチャラ粋がって生きてくんだ。でも、こいつも孤独地獄に落ちるわ。

んで!深津ちゃん! シンデレラエクスプレスに乗って恋人に会いに行ってた娘は、殺人犯と逃避行するまでになったんだ~。大好きな女優さんですよ。
photo_l_021.jpg


深津絵里の演じる馬込光代も、何処にでもいる真面目で大人しくて地味な子。
地味で何が悪い?と云いたいくらい、世の中、明るい人が求められるけど、ホントはね、光代みたいに地元の高校を出て、家と職場を往復するだけの毎日・・って、良くあるでしょ。普通でしょ。

平凡な毎日が退屈で孤独で、誰かに逢いたかっただけ。誰かと話をしたかっただけ。
祐一と光代の逃避行の先には、破滅しか見えないけど、あ・・ここで、「俺たちに明日は無い」とか思い出したけど・・違うね。日本映画のキメは細かい。

祐一は、祖母にとって、大切な「私が育てた子」。
殺人犯の祖母を取材しようと群がる記者たちにもみくちゃにされる姿を見たら、
なんで、真面目に生きてきただけなのに、こんなに虐げられる?と憤慨しますね。
その記者たちを一喝したバスに運転手、たったワンシーンなのに大きくジンワリと効いてきます。

祖母の樹木希林がいいですぅ~。なんで、あんなに巧いんだ!
短いセリフ、無表情。。それでも伝わる「愛」ですよ~

深津絵里、妻夫木聡、樹木希林の演技に感動したんです~とか、
さすが、久石譲!!、BGMがとても良かったです~とか、
月並みな感想しか云えないから、ここまで書いて、あ、やっぱ、止せばよかったと後悔・・
でも、ま、ここまで書いちゃたから~後悔しながら公開。(笑)

photo_l_010.jpg


書いたついでに、李相日監督さんのことも・・・

李相日監督、フラガールの監督さん。フラガールは色んな賞を総なめしたでしょ。

この監督さん、噂では、同じ場面を何回も撮りなおすことで有名なんだって・・

モントリオール映画祭で主演女優賞を受賞したとき、深津絵里が云った言葉。

「監督の最後まで妥協を許さない演出と、その思いに応え続けたスタッフの皆さん、共演者の妻夫木さんや皆さんで戦った証。みんなで勝ち取った賞だと思ってます」

映画を撮影した日々を「戦った」と云った深津ちゃん。
すっごく大変な思いをしたんだね~タシハンボン タシハンボン・・って、監督が繰り返すから。(笑)

李相日監督は、一回OKしても、何日か経って「やっぱり撮りなおす」なんてことも度々あるんだって。
タシハンボン・・・タシハンボン・・・って、納得できるまで妥協しないんだって。。

      タシハンボン! 妥協しない。。。   誰かに似てるでしょ? ヌグジ?








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

一番乗り、失礼します。
明日、用事を一つ済ませたら、行けます。
楽しみです。

NoTitle

こんばんは。

悩みます。見てから読むか、読んでから見るか。

「風と共に去りぬ」は映画を見てから読んだため私の中では読んでいるのか映像を追っているのかわからなくなったことがありました(むかーし昔の事ヨン)


今日何軒かのコンビ二で彼にたくさん会いました。(入り口にも店内にも)
「早く出て来い」と叫ぼうと思いましたが人のいい微笑でしたのでやめておきました。








NoTitle

観に行こうか迷っていたのですが、やさいさんが良かったというのだから行ってみようかなぁ~!

気持ちが上向いている時のが良いですか?
落ち込んでいる時でも良いですか?

良い映画やドラマに出会うと、気分良くなりますよね!

悪人・善人・・

KUONさん、石の花さん、早速、ありがと!

KUONさん、ぜひ!

石の花さん 上下二巻の長編小説を2時間チョイの映画にしてあるから、別のものって思うほうが良いかもしれない。
先に読んだら、仰るように・・読みながら描いた映像を確認してるような気分になりますね。
特に、長編小説は、そうなって、しかも、端折ってあるエピソードを惜しいと思ったりして、集中できなかったりします。
(私は。。)

それで、もしも、まだ小説を読んでなかったら、先に映画・・をオススメ。
映画を見て、小説を読んで、もう一度、映画を見たい。。。かも。。

7-11でキンバプや弁当を「オススメ」してたのね。
来年は手ごろな値段のワインも・・・(^0^; 鴨。かも~

springroseさん

どんな気分のときに見たら、よいか?
   ・・・う~ん、どげかな?

とても重いテーマだし、暗い・・ですが、見終わったあと、自身の回りの人に優しくしようって、ぼんやり思うような感じです。
(普段、優しくないから・・笑)

大切な人に、大切だってことを言葉で伝えなきゃ~みたいなことも考えるし・・
(実際はこっぱずかしいから、考えるだけね)

ラストも、いろいろに解釈できると思います。
そのときの気分で、いろんな風に感じ取ることが出来ると思います。
気分のまま、感じたまま・・そのままで、いいと思う。

見ました!

やさいさん こんばんは

「悪人」今日みてきました
やさいさんが 「よい!」て言われてたので 本より先に映画をみることにしたの


「よかった!とても!」
あの二人に一番幸せになってもらいたい、、、
そんな風に思いました そんな風に思わせてくれる映画でした

いっぱい言いたい事があるのに うまく表現できません
たくさんの人に見て貰いたい 特に若い人に

悪人、、善人、、外側から見ただけではわかりませんね
世間に流れている話だけでは 見えませんね
平凡な自分のなかにも ちょっとした悪が潜んでいると思います
その「悪」の部分を出さないでいられるのは「大切な人」がいるから

「大切な人」が幸せそうにしている、、、想像するだけで穏やかな気持ちになりますね

で、ヨンジュンや~~ってなるわけですが、、

久しぶりに良い映画を見ました
深津絵里さん とてもとてもすてきでした

ペ・ヨンジュンとの共演を夢見てしまいました

監督は「フラガール」作った方ですか、、そうなんだ
あの映画も良かったですね~

yuutaさん

こんばんは~ 見た?見た!v-218

自分のせいで、自分の知らないところで、大切な人がこんなふうに悲しんだり、傷つくんだ・・って、当たり前のことに気がついたりしますね。
加害者になってはいけない、被害者になってもいけない、どうか、毎日、何事もなく平凡に暮らしたいものだ・・とも、思いました。

自分の目に見えたもの以外、確かなものは何もないし、何も判らないんですよね、本当は。
真実なんて誰にもわからない。小さな事件でも、わかった風なこと云えないな~と心細く、怖くなったんです。
で・・・また、云うと思うけど~~

たくさん、云いたいことがあるのに、何もいえなくなる。
KUONさんが見てくるのを、待ちましょ・・

初めまして

いつも、楽しく拝見しております^^
生粋?のヨンジュンonlyでございます

で、なんで
初めてレスをさせていただいたかとというと・・・

『演じてる満島ひかりの素じゃないかと思うくらい、嫌な子』
のフレーズで^^
きっと女優さん冥利につきますね、彼女。
私の親友の長女なんです。
今年になって、新人賞を2回も取っている女優さんです。
ちょっと自慢したくて^^
横道にそれましたが・・・
彼女は、とっても良い子ですヨ~ン

HITOMING5さん

はじめまして~v-300v-300

『演じてる満島ひかりの素じゃないかと思うくらい、嫌な子』
そう!!すっごく演技がうまいe-280 という意味でかいたんですけど、今、読み返すと誤解を招きますね。誤解されないように、フォローの文を入れますね。
お友達のお嬢さんを、悪く言うつもりじゃなくて演技を褒めようと思ったってことは、理解してくださいね。
表現がペケでした。。すみません。v-436

<今年になって、新人賞を2回も取っている女優さんです>
もち、存じてますよv-219 

大学生増尾圭吾 を演じた岡田将生も、地かと思うくらい、嫌な大学生でした。その友達で セリフの無い大学生までが、すべて、完璧な演技。
「監督の妥協を許さない演出」という深津絵里の言葉をナットクします。


NoTitle

今日は何と。。気温24℃ 時々雨。。涼しいです。
ホッとしてます。 身も心も。

追いかける訳じゃないけれど
見たこと聴こえた事には、条件反射的に反応して。。v-16v-31

ヨンジュンのことばかり見ていたら。。ホント、疲れますねv-411

なので、気分転換に映画の話。。いいな~
映画大好き人間には待ってました。。な、話題。

映画はちゃんと映画館で見たいし、話題の映画は見逃したくないと思うし。。。でも
どちらかと言うと、ハリウッドやイギリスの映画が好きなので
日本映画を見ることは稀です。
それでも「悪人」は見たい作品の一つでした。
なので、やさいさんの紹介にすっかりその気になってます。v-391

以前同じ様に、あるブログで紹介された「ディア・ドクター」
すっ飛んでいきました。で。。良かった~v-426v-425
日本アカデミー賞で、最優秀助演女優賞を受賞した、余 貴美子さん。。凄い存在感と演技力に感嘆しました。

深津絵里さん、余貴美子さん、寺島しのぶさん。。
アラフォーで活躍している、素晴らしい女優さん多いですね。

李相日監督にも、とても興味あります。
「フラガール」好きな映画でしたから。
ふふ・・・で、タシハンボン・・な、お方なのですね。
・・・困ったな・・・おかしな事インプットしちゃったかも。。v-398













hamataeさん

こんにちはe-68 
映画やドラマ、大好きなんです。特に映画!暇さえあれば・・です。でも、レビューするのは難しいです。。

日本でも結構、作品と作品のスパンが長い俳優さん、いますよね。好きな俳優さん、気になる俳優さん、沢山、いますよね。
でね、その俳優さんが出演する映画が公開されたら、喜んで見に行きますね。わくわく~って。。
そう云う気楽さで、ペヨンジュンを待ちたいと思うのに、ど~して、こうも心乱れるのi-198で、ごじゃいます。。。i-6

逢いたくて、逢いたくて・・・と、閉まった扉をドンドン叩くより、近所を散歩しながら待ってる方が、精神衛生上、よろしいような・・・(笑)
家の周りをまわって、少し開いたカーテンの隙間から、泥団子の形跡を見つけたり!
(怪しいねぇ~これじゃ・・・)

最近、ハリウッド映画が、つまらんような気がしませんか?
やたら早い画面展開だったり、なんでもCGで処理したり・・機械音が多用されていたり・・予算はタップリ使ってるのは判るけど~どげですか?
日・韓のタシハンボン監督達が、ハリウッドを席巻する日が来るんじゃないかと思うv-391

余貴美子さん、祐一の母の役でした。ホンの数分のシーンですが、いい味。ピリッとスパイシー!

NoTitle

「悪人」観て来ました。
よかったです。

まだ感動しているので、なかなか話し始められません。

一シーンの無駄も無い、引き込まれて息を呑んで、の作品でした。
公開されたばかりですし、ぺらぺら喋ってご迷惑になるのもナンですが。。。
主役も脇役も、よかった。
はじめに出て来た妻夫木君、けっこうお肌はつるつる系の筈の彼の頬が、本人(祐一)は無意識としてもアブラの浮いた、満たされないものを抱き込んだ一人の若い男の、荒んだ感じの肌(荒んでいるのは、肌。よく荒んでます。みごと)になっていて、おおおと驚き、そこからもう、映画の中。

丸いパンを二つに割る。
もともとのパンですと、割った面は添い易いですが、同じように焼かれたパンでも、値段同じでも(少し笑い)、違うパンの片割れ同士は、くっつけても、合いにくいですね。

何を言いたいかよく解りませんが。
おしゃれでもセレブでもない二人は、出あって、何か話すのに、互いに、相手を否定しないんです。
私はこうだった、と、光代が言う。
俺も、と祐一が言う。

祐一が、不器用に、ぼそ、と口に出す言葉を、光代は、全部、真面目に受け止めて、受け入れて、反応する。
そういうことって、あるようで無い気がするのですが。
二人とも、気持ちが、はじめから、この相手に対しては、生。
パンの割れ口が合ったのかも。

口数が少ないというか、それまでの人生が、言葉によって誰かとつながる、というやり方でなかった祐一は、でも、言葉を口に出す時、すべて本気、本当のこと、なのです。

初めて、通じ合える人を見つけて、まっすぐに見詰め合える相手を認識した時、もう、罪は犯されていた。
祐一が、がしっと全身で抱きしめて「光代に、もっと前に会っていればよかった」と慟哭した時、遅かったのです。

音が、とても効果的に使われていて、声もリアルに効果的、何度もシートから飛び上がりそうになりました。
力、というものの効果も。
祐一が、初めて実際出会った光代を、身もふたもない誘い方をして、車からいったん出ようとする彼女の腕を、がしっと掴む。
激しく掴む。
家屋解体業という、肉体労働をしている男の力です。
・・・寂しい、とか
自分は何だろう、とか。
この先どうやって生きて行くんだろう、とか。

そういったことを、考えたことの無い人間はどうか知りませんが、この映画のヒロイン、光代にとって、あの、自分より若い、自分より体の大きい男の、がしっと腕を掴む有無を言わせぬ力は、効いたと思います、私は。

出会い系のメールを「本気で」打ったと言う女。正直に、てらいなく。
自分もそうだ、本気で誰かと出会いたかったと、嘘を作り出すほどの器用さも持たず、まっすぐに気持ちを吐露してしまう男。

世間も他人もなめきって生きている人間も描かれている中で、何も持たない不器用な、二人ともが、いじらしくて、いとしくて(あまり泣いた、とか言いたく無いけど、涙が頬を伝っておりました)。

タシハンボン、の監督に、才能もやる気もまっすぐな人間性もある役者達が、しごかれて、鍛えられて、闘って、この映画は出来上がりましたのか。

もう一度書かせてもらいます、一シーンも見逃せない映画でした。

主役さんも脇役さんも、素晴らしかった。
いっぱい思いはありますが、書いてると停まらないキリが無い。

ラスト・シーンの神々しさ。
深津絵里さん、すごい。
妻夫木さんは、はじめの肌と違っていました。
愛されて育った可愛い坊やが、幸せに照れて笑っている。
そんな顔。

観終わって、ああ、と思いました。
この映画のタイトルは「悪人」だが。
それって・・・と、昔から「善人」なるものについて、考えることの無駄に多い私は、こだわって、今も、もちろん、結論など、出る訳が無い。

ネタばれは避けたいので多くは語らぬが(十分語ったって?いいえ、私は、ほんとは、まだ足らん)、祐一は、男らしいいい男でした、最後。
あのばーちゃんに、育てられたんだもの。
愛する女を、、守るすべを、本能で感じたのだと、私は、考えています。
もう一度観に行きます。

ご静聴、ありがとうございましたv-15







NoTitle

やさいさん。
観てきて、いっぱい、書きました。
スパムだと、つき返されました。
もう一度チャレンジしました。
またスパムだってv-404

ラストシーンの二人の、神々さが、目にちらついています。

せめてひとこと、叫ばせて下され。

いい映画ですと。

KUONさん

まってました!!

沢山書いてくれたのに、何かの単語が引っかかってスパムと認定されたとき、今みたいに知らせてくれたら、私が、管理に入っていって『解除・スパムではありません報告』をすることが出来ます!!!

ほらねv-154 スパム認定されても違うホルダーに保存されてるので、解除したらホレ!v-426

感謝、コメント、読ませていただきますね。。



ああ~やっぱり、KUONさんと感じ方が同じ!!!
ネタバレしないで語ろうとすれば、あまりに私の力が足りなくて、早く、KUON節で歌って欲しかったんです。

二回もトライさせちゃって、すみません。 「出○い系」というのがv-431だったみたい・・・くぅ~~っ!


李相日監督が演出を勉強したときの卒業制作(?)の短編映画「青~chong」を見たくて、今、探してます!
フラガールは文句なく面白かったんです。
李相日の次回作・・・もう、待つつもりになってます。

どう、理解したらいいのか・・

こんばんは~。
今日、「悪人」見てきました。
私、この映画、どう、思ったらいいのか、すごく悩みました・・。v-390
妻夫木くんと、深津さん、それと、賞を何度か取ったという演技派の彼女の、出会い方に、多分、嫌悪感に近いものを感じてしまったせいか、なぜ、出会ったばかりの相手なのに・・とか、なぜ、そんな態度を?・・とか、前半??な感情が渦巻いてしまって、正直、自分の心の中の葛藤で、映画そのものを、ちゃんと見れなかった気がしました。v-292
ただ、ラスト30分くらいから、涙がでてきて、何とも言えない感動はありました。v-425
深津さん、妻夫木くんは、とても自然に演じられてましたね。
でも、岡田くんは、自然に演じれば演じるほど、違和感がありました。(というより、嫌悪感ですね)
あんなに、極端な若者像にしなくても、良かったのではないか・・とも思いました。v-399
もう少し、複雑な心理描写を加えてほしかったですね。
そうしないと、救われない気がして・・。v-404
「あぁ~、このお父さんまで、犯罪者に・・」と、思いきや、ちゃんと、大事な守るべきものを忘れていなかったおかげで、踏みとどまってくれたのは、ほんとによかった・・。v-406
なんだか、思いついたことを、だらだら書いてしまいましたが、
考えさせられた映画でしたね。v-356

ルイさん

こんばんは~

<出会い方に、多分、嫌悪感に近いものを感じてしまった>
そうそう、こんなんで出会うのかi-198と信じられない思いがありました。
昨今、犯罪に巻き込まれるのは、このような出会いがキッカケのことが珍しくはないのに、実際に自分とは遠いところの話のようで、入り込めないんじゃないかと思ってました。映画を見るまでは・・
それが、素かと思わせるような演技で、憎らしい子だわ・・と思いながら見ている自分に気がついて驚きました。
ルイさんが主人公や被害者の娘や大学生の出会いに嫌悪を感じたというのは、もう、既にそのキャラを「俳優」ではなく「その人」として感じてらっしゃったと思います。
隅々まで、リアルだったという事ではありませんか?

祐一が仕事に向かうとき・・あのバンでピックアップしてもらう様子なんか、ホントーにあの子、そういう作業員の子みたいでした。
夢とか希望とか考えても叶えられないと投げやりな気分。それでも、割り当てられた仕事は手を抜かず黙々とやりこなし、充分に疲れているのに、夜は走り屋になる・・飛ばすとこが目的で、ただ車を走らせる。

あら・・・ダラダラ・・・私も~i-6 

あまり、コメントしたことないですが、失礼します。
皆さんがおっしゃる通り、素晴らしい映画です。役者も素晴らしいけど、風景や1シーン1シーンが良いなあと思いました。李監督は日本生まれの日本育ちだそうですが、風景に、韓国映画を感じたんです。
私の気持ちもタシハンボン、タシハンボンです。これから、小説を読みたいと思います。
一人でふらっと見に行きましたが、隣のハルモニが最後拍手されてました。私もそんな気持ちでした。

KUONさん、、、

おはようございます
やさいさん この場をお借りします

KUONさん
う~ん むむむ おかげさまで やっと観終わりました
「悪人」を、、  そんな気持ちになりました

余計なことは言いますまい (いえ、言えないんです><;)
ただ ありがとうございましたと言わせてください

やさいさん
このようなステキな場(わたしにとっては刺激的 いい意味で)を提供してくださって 
ありがとうございます

NoTitle

私も、やさいさん失礼します。

yuutaさん、同じ野菜部屋で、お隣同士、うふふv-440してるんですよねv-411

西日が差してきました~

ココアさん、yuutaさん、KUONさん、金曜日ですね。
・・・何にもないけど、金曜日v-415

ココアさん、お久しぶりです。
ねぇ、いい映画です。原作やシナリオ、演技者が大事なのは当然だけど、ヨクシ。。『映画は監督のもの』ですね。
演出でどげでもなる。

省略されたストーリーの中で切り取られた海も空も、灯台の風景も、おばあちゃんの背中も、もう一回見たいと思いますね。

yuutaさん、KUONさん、映画は一人で見たいけど、見た後、良い映画は誰かと話がしたくなりますよね。

とはいえ、原作者にも興味あるでしょ?

その、
原作者の吉田修一の運命を読み解いたコラムがここで読めます☆この人だから書ける悪人・・
http://www.birthday-energy.co.jp/ido_syukusaijitu.htm
行ってみて参考にしてくださいね♪
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。