FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅の思い出

韓国の美を辿る旅 P36.37    チョン梅農園 ホンサンリ先生の思い出 
ソムジン江を見下ろす山  麓から、ず~~っと 梅の木
DSC09523.jpg
DSC09511.jpg

この石を見て、ヨンジュンは「わぁ~」って云ったって・・
どんな表情だったか、想像がつくわぁ~
DSC09509.jpg

ペヨンジュンが『お腹が張り裂けそうなのに、どうしても手が裏切るのだ』と、
手のせいにして(笑)たくさん食べたと言う贅沢な梅御膳。 
何が贅沢かと・・普通、春にしか一般に提供されていないそうです。
DSC09513.jpg

食べ過ぎて張り裂けそうなお腹を抱えて、坂道を登っていくと・・・ ど~よ
DSC09526.jpg

売店のある場所でデザートの梅アイスクリームと梅チョングァを頂きながら~
DSC09529.jpg
ホンサンリ先生のお話を・・
DSC09532.jpg
24歳で嫁ぎ、ずっと梅農園を守って、あ~ 守ってるんじゃないね。発展させておられる
韓国女性の苦労話はフツー、恨み節になるのに、ホンサンリ先生のお話はメルヘンチック。

6万坪の梅農園を営む先生は、とてもお忙しいはず。
それなのに、私たちに付き合って山の散策をしてくださると・・皆が立ち上がり屋外に出るとき、
先生は、さも可笑しそうに愛おしそうに思い出し笑いをして・・
『デザートとして出された梅アイスクリームは、とうとう、対面を気にせず、ふたつも食べてしまった』P37 16行目
・・・このときのぺヨンジュンの話をしてくださった。

私たちが及ばれしたように同じ場所で、ヨンもスタッフと共にアイスクリームを食べおわり・・
皆が立ち上がり外へ出かかっているのに、ヨンは何故かグズグズしていたんだって。
先生が「何してる?」と聞くとやっと「もうひとつ食べたいんです」とテレくさそうに云ったんだって。
そげかや・・

かなり急な坂道を、先生は後ろ向きになって私たちに向かい
「ほれほれ 私についておいで 子供たち~♪」と、ホントに小学校の先生と児童のように
DSC09557.jpg
DSC09527.jpg
ここで先生のお話に夢中になっていたら、ユ・ヨルさん(サンヒョクの先輩)が坂道を歩いてきて
「オモニ~」とホンサンリさんに抱きついた!

実はアイスクリームを頂いてるときに2度、先生のに電話があって、
先生が「いいよ、いらっしゃい」と言うような返事をされてたんです。
それ、ユヨルさんが、農園の何処にいらっしゃるかと先生の居場所を聞いてらしたようです。

私たちのほうは、ほぼプログラムも済んでいたし、あちらは有名な芸能人。
ふつうなら、私たちにサヨナラして、有名人を事務所の応接室で待ったりするでしょ?
ホンサンリさんにとっては、一般人だろうが芸能人だろうが同じ子供たち・・

ユヨルさんは、パクヨンハ君のお墓参りをしヨンハ君の御両親を見舞って来たそうです。
すぐ後、テグのミュージカル祭の閉会式に出席するので時間がないけど、行く道、
先生に一目でも逢いたかったとか・・
DSC09548.jpg
ユヨルさんはパクヨンハ君のお父様と親しかったから、家族ぐるみのお付き合いだったそうです。
ヨンハ君は本当に真面目で誠実な子だったから・・と、辛くなって先生に逢いにいらしたようです
DSC09556.jpg
ホンサンリ先生は、ペヨンジュンに『ここから大声で叫んで、何もかも吐き出しなさい」と仰ったそうです。
『幸せなときは来なくていい、辛いときには私を訪ねておいで』と先生。

ヨンジュンが、梅御膳を食べたのは、この藁葺きの家・
DSC09552.jpg
ここ、ドラマや映画でおなじみの場所。最近では、イルジメにも・・
そうだ「イルジメ」って「一枝梅」だ!  ここで撮らないで何処で撮る
DSC09550.jpg
先生は、ペヨンジュンに定期的に梅の味噌などを送るそうです。
いつも着いたらすぐにお礼の電話があるのに、この前送ったときは、荷が着いてから3日もたって電話があったんだって。
それで、先生がいぶかると『もう食べてしまって無くなったんです。あんまり美味しいから友達にも分けてあげたし・・』と、言い訳と追加を催促する電話だったって

DSC09558.jpg
ホンサンリ先生は充電器みたい。。。 
イヒョゼ先生がヨンジュンを癒すなら、ホンサンリ先生は力を与える人。

DSC09549.jpg
この石は、ペヨンジュンの石。
梅農園のあちらこちらに梅を描いた石があって、詩歌が刻まれてるのもあるし絵だけのもあって・・
ホンサンリ先生がヨンジュンに何でも良いから好きな言葉を書いていいよって云ったんだって~
ねね・・ペヨンジュンのことだから、今、一生懸命に何を書こうか考えているね。

「先生、ペヨンジュンは農夫になりたいなんて云ってますよね?」と、聞いたら
「そんな簡単なもんじゃないって言ってやったよ」と即答。

ペヨンジュンが、農夫になりたいって云ったのは・・本当に田畑を耕すんじゃなくて
ホンサンリさんのように生きたいって言う意味じゃないの? by kyaputenQ

そうかもしれない・・
ホンサンリ先生は、”誰もやったことのないことをしたかった”って仰ったし。

ホンサンリ先生のTV出演番組と私たちが逢った日の先生を繋いで
kyaputenQさんがアップしてくれてます。


Qさんが先生のお話は歌のようですねって云ったら、先生は即興で謡ってくださった。
みんな、つられて踊ったり手拍子打ったりしてノリノリ~、

気がついたら、涙が溢れていた。
泣いていたワケじゃないです。 どげですか?

   ペヨンジュンには、大地の母がいるから、大丈夫
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

おはようございます。
読ませて頂きましたが、胸が一杯で、なんか目の前もぼやけているので、改めてあとで書かせて下さい。

人間ってすばらしい、なんて、自分には似合わないセリフと知りつつ。
このココロの澄み具合、どげですか。

群青色の空と天の川。
めっちゃんこええで、たまらんでかんわ。。。

NoTitle

やさいさん、おはようございます。

読んでいたら、涙が出てきました。
  
 幸せなときは来なくていい、辛いときには私を訪ねておいで。

こんな方がヨンジュンの近くにいてくださって感謝です。
オモニ~~と言って甘えて、ほっとしてる彼・・・・・
辛いことは無いに越したことはないけど、心を開放させてもらえることは、次に向かう活力になりますよねv-410

やさいさん、なんだかヨンジュンを身近に感じさせてもらっています。
ありがとうv-421

天の川と三ヶ月様

梅物語
人間て本当に素晴らしいですね
隣国の温かい人との巡り会い
ヨンの韓美本がなければ知りえなかった歴史
ホンサリン先生の歌に合わせてのやさいさん達の
楽しさに涙がでました感動しましたe-278v-425
先生の「幸せな時は来なくて良い辛い時には私を訪ねておいで」の言葉にもう大泣きです(生きる力をくれる母です)
ヨンジュンは良い出会い人と人との財産ができましたね
ヨンジュンは大丈夫ですね
どげでもなるこんな良い人に巡り会えたんだ者
やさいさん達シスターズにv-425

心に…

やさいさん
旅行記、素晴らしいです!最近、義父の突然の死とか…ヨンハ君の事とか…
身体の疲れと心の疲れが積もり積もっていたところへ、先生方のパワーや、美しい緑色が染み入ります。
ヨンジュンの人徳で、沢山の素晴らしい先生達に囲まれて好かれて、ほんとにヨンジュン良かったですね

でも、やさいさん達が余りにもヨンジュンに近くて、ハナヨ旅そのもので…夢のようですが
私もいつか気の合う仲間と、こんな素晴らしい旅が出来たらいいなと憧れます
そして、ヨンジュンの好きなアイス、ブチャイク可愛いネコ ふふ

また泣けた・・・

同じ時間一緒にその場所にいたのに~
あ~~~そうだったわ!って思えるやさいちゃん旅後記に
思い出してまた涙の私・・・・

そう!後ろ向きながら~「アドウラ~タラワ~」(お前たち~ついてきなさ~い)って感じでsたね~
「ネ~~」って答えた我らも
先生の乗りについていきましたね。

「ソンセンニ~ン!ウアンジャ チェゴ ハングッツペウヌン?」
(せんせ~い!最高の韓国俳優は?」にも
「ペヨンジュンよ~」って答えた先生。

嬉しい旅でした~

こんにちは

心にじーんと染み渡るお話し。。。ありがとうe-259

私はハナヨの出版会見のヨンジュンが大好きなんです。
退院直後で、体調は万全ではなさそうでしたがv-406
ホンサンリ先生方のお褒めの言葉に恐縮して、恥かしくて
もう皆から見えないところに隠れちゃいたい!
ってくらいに照れて、身体を小さくしているように見えてv-344

やさいさんの話しを聞いて
改めて、ヨンジュンはいい旅をしたんだって思いました。
またDVD見たくなっちゃったe-349

NoTitle

ほぉ~っ! はぁ~っ! え~っ!。。。と
旅が進むにつれて、私の嘆声も加速気味。
六万坪も。。雄大な風景、佇まい。。素晴らしいですね。

ヨンジュンが「わぁ~」と言った石。。梅の絵が描かれている方ですよね。
先生からお許しが出たヨンジュンの石には、何を書くのかしら?
うん、うん。。絶対考えてるねv-391v-403v-398v-415

お腹が張り裂けそうになっても、手が裏切り
食欲が体裁を無視し。。
ヨンジュンは食いしん坊ですよね。。で、そこが大好きなのよv-407

とっても美味しそうにガッと食べる。。
でもどこへ入ったのか分からないような、品のある食べ方
スルっと喉を通り、吸い込まれていく様で。。。
私はいつも 彼の食べたり飲んだりする姿に、目が釘付けになります。

ご飯を食べさせて。。とか、美味しいからもっと食べたい。。とか
食べさせる側にとって、これ以上のほめ言葉はないし、嬉しいことですよね。
ましてや。。ぺ・ヨンジュンですもんe-271e-446

読みながら、だんだん画面がぼやけてきて。。
ホンサンリ先生の言葉

『幸せなときは来なくていい、辛いときには私を訪ねておいで』

に堤防決壊しました。v-395

ホンサンリ先生は、まさに大地の母
誰にでも同じように接するのは、言うより行い難く
太陽のようなお人柄で、懐が深いのだと思います。

だからこそ
心が触れ合ったときには、悲しくないのに涙が溢れるのね。
だって。。。読ませて頂いて私も涙。。
やさいさんたちに。。ホンサンリ先生に、心を添わせて貰っているのかも。。ありがとう。

こんにちは!
やさいさん御一行様旅行記楽しませていただいてます。
「…辛い時には会いにおいで」の先生の言葉に思わず涙が…。
ヨンジュンは会いに行ったことがあるのかしら?

「(農夫は)そんなに簡単な事じゃない」
媚びたり持ち上げたりすることなく、正面からきちんと向き合って下さる先生方がそばにいらして、ヨンジュンは幸せですね。
文字通り土を耕したいという思いもあると思うし、浮わつくことなく、大地にしっかり根をはり(お茶の木のように)、地道に生きたいという思いもあると思うんです。
地道……むか~し、昔、大好きだった「キツイやつら」というドラマで、小林薫演ずるごろうさんが部屋の壁に"地道"と書いた紙を貼ってました。
これからは地道に生きたいというごろうさんの願いをぶち壊すハチャメチャ男玉置浩二演ずるかんちゃんにごろうさんが言うんです。「これからは国民健康保険にも入って、地道に生きたいんだ!」と。
国民健康保険という言葉に妙なリアリティがあって忘れられません。
すみません、脱線です。
ご存知ない方には、なんのこっちゃてすよね。

3年程前にヨンジュンを好きになるまで、私にとって韓国は、なんの興味もなくそして、すごく恥ずかしいことに、訳もなく心のどこかで見下している存在てした。
それが今は、ハナヨを読むために、なんとかハングルを覚えたいと思い、ここを拝見しては(いつか必ず行く!)と誓ってます。
"念ずれば叶う"ですよね?!
でも、まず、"一目ヨンジュンに会えますように"と念じたい!です。

ヨンジュンは大丈夫

やさいさん、私もやさいさんの今回の旅語録
を読ませてもらっただけで、心とお腹がいっぱいになりました・・・v-354
ヨンジュンがこの『韓国の美をたどる旅』を描きあげた気持ちがよく解りました。
この本を読まなければ、本当に知りえなかった韓国のこれらの素晴らしい宝、そしてヨンジュン自ら体験して、それを皆に知って欲しいって気持ち・・・私がこの体験をすることは、容易ではないですが、こうしてやさいさんが身をもって体験されてきた事をお話してくれただけでも、目からウロコの如く、心に深く浸透しました~
でもそして、この、素晴らしい先生方が、今も直
ヨンジュンの事を、我が息子、我が孫の如く、弟子のように目をかけてくださってるのは、ぺ・ヨンジュンという人間の素直さ、謙虚さ、自己啓発できる人に他ならない事なんでしょうね~
それが、私達が、こんなにもどんなことがあろうともヨンジュンについて行こうと思う1番理由なんだと思いました。

そして、このやさいさんの旅行で韓国は、遠い昔の記憶を呼び起こしてくれるものが多いってこと改めて気づかせてくれたことか・・・
私も、心に念じます「いつか必ずや行くんだと」

ヨンジュンには、この大地の父、母がいてくださるから、大丈夫v-218ですねv-33

NoTitle

読んでいて涙が出てしまいました。
今日は朝から3D見に行ってきました(これが最後といいながら)。
彼は一生懸命生きているんだなあ、また会いたいなあと思いました。
最後のシーンで、舞台に戻るのではなくそのまま引っ込んでゆく彼の姿に、前へ向かって歩きだしているヨンジュンさんを感じました。
あの「冬ソナ」盛り上がりの時、数年後にドラマロケ地巡りではないツアー、韓国の心を訪ねる旅が彼の手によってできてくるなんて考えもしませんでした。私も必ず行くぞ。

NoTitle

旅行記、拝読しました。
静かに心に沁みました。
ヨンジュンさんがぐずぐずしながらもう一つ所望した梅アイスクリームはどんなお味だったのですか?
ヨンジュンさんは最初に出会った頃と全然変わっていない、だからいつまでも惹かれるんだなあと改めて思いました。
ヨンジュンさんの謙虚さを見習わなければいけませんね。
素敵なエピソードをご紹介していただきましてありがとうございました。

NoTitle

やさいさん今晩は。読み応え見応えたっぷりの紀行文有難う御座います
やさいさんの文章は人を引き付ける魅力に溢れていますので やさい版「韓国の美をたどる旅をたどる旅」を発行して頂きたい気分です^^
ヒョゼ先生ツァーが中身の濃い楽しい旅でしたので次はサンリ先生ツァーに是非参加したいと思っています。やさいさんがおっしゃる <イヒョゼ先生がヨンジュンを癒すなら、ホンサンリ先生は力を与える人。> に激しく納得です。ヨンジュンさんは幸せですね。
私は夏風邪をこじらせてヒョゼ先生のチャリティーイベントに参加出来ませんでした。落ち込む気分をこちらで癒して頂いています。いつも有難うございます。

NoTitle

やさいさんこんばんは*^。^*
群青色の夜空がとっても素敵i-194e-15
ホンサンニ先生は麦藁帽子が良くお似合いですね。
それからグレイのたっぷりしたパンツというのかもんぺ風の
作業着かな?とっても可愛らしい感じですね。
やはりお顔に出てますよね。
私達も見習っていいお顔で年を重ねたいとつくづく思いました。
ウリヨンジュンというすんごいお手本がいるからね~~e-51
「しあわせな時は来なくていい、辛い時おいで」こんなふうに
言ってくれる人が彼にはきっと数人はいるだろうから
よかったなあと思います。
  ハナヨ本の縁はどんなにか力になってることでしょうね。
そしてこんな旅を彼はわたしたちに提供したかったんでしょうね。
農夫になりたいというよりもホンニ先生のように生きたいってことかなあと私も思いました。
好奇心旺盛で食いしん坊で以外に甘え上手ですね。
続きがまた楽しみですe-266

美しい農婦がいた

KUONさん、花の己さん、たえこさん、まりまりさん、Qさん、hamataeさん、みなみさん、IZUさん、石の花さん、こんばんは~

KUONさん、え~っと、私の拙い文でホンサンリ先生の素晴らしさを伝えることが出来るか心配だったけど・・
元のキャパが宇宙ほど大きい方なので、100分の1でも伝われば、か~なり大きいですよね。v-398

花の己さん、ホンサンリ先生の前ではペヨンジュンもただの青年。
食いしん坊で、でかい青年(笑)

ペヨンジュンは美味しいご飯を食べながら、張り詰めた心がホロホロ解けたんだろうな~って思いました。
ソムジン江に向かって叫ぶヨンを思って、切なかったり愛おしかったり・・e-266

たえこさん、人間は頭で考えるとパンクするんだと思いました。
なんとなく、胃袋で考えていたらシンプルでいいかもって(笑)

ホンサンリ先生に餌付け(なんて云ったら怒られるけど・・)されたワンちゃんになって、おなかが空いたら、先生のとこに帰ってくる。
ヨンジュンはしっかり充電したから、また、歩き出しますね~

まりまりさん、体の疲れは寝れば取れるけど、心の疲れはどうしたらどうすれば?って思うでしょ。
心と体はバラバラじゃないから、まず、体を休めると心も緩みますね。
美味しいものは心にも有効のようです。v-218

もしも、先生に逢えなかったとしても、ここからの美しい景色を暫く眺めていたら、元気が出そうです。


Qさ~ん、先生の言葉の一句一句が美しく力強く素敵でしたね。ホンサンリ先生は詩人。e-420

ハナヨ出版記者会見の時から、ホンサンリ先生にお会いしたかったんです。それはもう、恋しいくらい!
私一人では、決して行く事は叶わなかった旅です。
なにもかも全部、縁があったんだ~ 全てに感謝です。

hamataeさん、『大地の母』とは、この人のことだったんだ!と感無量でした。
日本にも大きな梅農園はありますが、アヤメ、マーガレットなど四季折々に花が咲く梅園なんて知りません。
梅農園なんだから3月の梅の花だけ充分だと思うのに、一年中花盛りにしようなんて、ホンサンリ先生以外は考えないでしょう・・すごい!

みなみさん、地道・・ぴったりの言葉ですね。
大きな梅農園も一粒の梅の実から始まったと。
シングァンス先生の山茶園も一粒の茶の実から始まり・・
いっぺんに広がるわけもなく、地道にコツコツと世話された結果がこの風景ですね。
ペヨンジュンの歩む道もしかり、私たちもしかり。
一歩一歩、地道に努力して、けっして現状に満足せず、いつも努力して、前に進む。
う~~~む、楽しようとばかり考える私、耳も心もイタイ・・

IZUさん、ペヨンジュンがどんなに素晴らしい人でも、もしも俳優じゃなかったら、私たちは彼を見つけられなかったし・・
彼が韓美旅を書いてくれなかったら、こんなにも「人の縁」について考えることも無かったんじゃないかと思います。

韓国の田舎に行くと初めてなのに懐かしいデジャブのような風景に合います。遠い記憶・・ですね。

石の花さん、3Dヨン、<これが最後といいながら>また、すぐ、逢いに行きたくなるんですね?
わかります~~v-411

「韓国の美を辿る旅」を辿ると、また、ヨンジュンに戻ってくるんですよ。
ぐるぐるぐるぐる・・ポラリスの周りを回ってるかもね~

NoTitle

ヨン4さん、芙蓉さん、hiroppin さん、こんばんは~ ↑のカメコメを書いてる間にきてくださってたのね~

ヨン4さん、梅アイスクリームは、最近、SAなどで出会う梅v-367ソフトクリームに近い。。同じようです。
が~よく似て、全く違う!!濃厚なのに後味がさっぱりしてるんです。
v-367ソフトクリームを食べると後で喉が渇くでしょ?
このアイスクリームを食べた後、そんなことなかったんです。合成の甘味料が入ってないからかな?

芙蓉さん、風邪をこじらせてしまったんですか?咳がひどいの?大丈夫ですか?
ヒョゼ先生のイベント、残念でしたね。でも。次回は必ず行けますね。
私たち、地方組みは、いっつも蚊帳の外なんですよ~~
風邪は万病の元って・・・しっかり養生なさってくださいね。お大事に。。

hiroppinさん、そうなのよ~~!!ホンサンニ先生の作業着、素敵でしょv-218
上等の麻の上下です。先生の服だけを縫ってくれる人がいるんだと仰ってました。
洗濯して色が褪せてきたら、それはそれで美しいし、
また、古くなって綻びたところは、先生が御自分でv-254花などを刺繍して大切にされるそうです。

先生は身のこなしも軽やかで、お肌もツルツル。化粧などしないけど、輝いて美しかったです。
写真よりTVより、ずっとお若いです。

ユヨルさんが「オンマ」とハグしたとき、ユヨルさんが小さい先生を抱きかかえるような図になりましたが、
傍で見ていたら・・小さい先生がユヨルさんを包み込んだように感じました。
ヨンジュンもこんな風かな~って想像もして・・

充実至極・・

こんばんは~。
ホンサンリ先生、凄くスケールの大きい人だったんですね。v-291
撮影で何人もの俳優に会われて、その中でもヨンジュンssiの手紙にいたく、感動された方でしたよね?
それにしても、な~んて充実した旅なんでしょう!v-315
こんな旅、しようとしても、縁がなければ無理ですよねー。v-425
ユ・ヨルさんにも会えるなんて。でも、ヨンハさんとそんな関係とは全然知りませんでした。いい人ですね。
残された家族に方に会いに行かれて、たまらなくなった気持ちを、癒そうとされたのかしら・・と思いました。
ヨンジュンssiが、こんな先生とご縁があって、ほんとによかった。v-353
アイスクリームのお話も、想像するだけで「チンチャ・イップダ~」です。v-344
大きな身体を少しもじもじさせながら、もう一つ食べたいなんて~。v-355
皆、外に行こうとしてるのに、それでも食べたかったとは相当、くいしんぼさんですよね。v-415
そんな感情を素直に出せる見目麗しい、アジアのスーパースターがどこに、いるでしょうか。v-398
かわいくて仕方がないと、ヒョゼ先生が言われるわけですよね。v-414
>『幸せなときは来なくていい、辛いときには私を訪ねておいで』<

この言葉、救われますね・・。ヨンハさんは、こんな先生いなかったのかな・・。v-406

「ヨンジュンの石」には、何を書くのでしょうね~。
出来れば、書いたら見てみたい~~!v-354


ありがとうです!

ホンサンリ先生 すごい スケールの大きなお方なんですね!
ユヨルさんにもお会いできて良かったですね^^
冬ソナ知り始めのころ、ユヨルさんが「僕はドラマに少ししか出ていないのに、日本のファンがたくさん来てくれて」
という話をされていました!
なんだか、オンニに会うためにそこにいらしたのかな~なんて思ってしまいました!

「哀しいときに来なさい」、と言ってくれるホンサンリ先生、すごい人です!!
ヨンハもこんな場所があったら良かったですね~
ジソブもこんな人がいたらいいのに、って思ってしまいました!

それより ヨンジュンがおかわりしたくてムズムズしてた アイスクリームのお味って一体??

ゆず味噌も即食べてしまったんですって??
ヨンジュンは美味しいものには 目が無いな~~
なんか 美味しいもの 届けたくなってしまうよ~~><
茜庵の柚子ジュースなんてどう??

NoTitle

昨年9月のイベントの頃には大きな本屋に「韓国の美をたどる旅」ありましたが その後全然見かけません。 増刷してまたお店に置いてほしいです。1年以上かけて骨身削ってできた本ですし ほんとに奥が深い名著なのですから。
KBSは「初恋」「冬のソナタ」の実績あるし、ヨンジュン作品欲しくて引っ張り出そうとしてるんでしょうか・・・ 25才「初恋」
30才「冬のソナタ」 35才「太王四神記」・・・・次は40才頃には またエッポックメイキングな名作出ますよ。 かっこだけのひとはすぐ消えるけれど 実力あるひとは息長く残りますよ。
20代でも作品少なく あとから出たひとに追いぬかれてたように見えて、またいい作品 いい演技を見せたのですから。

tamaruさん、tamaruさ~~ん、

tamaruさん、すみません。。↑お返事、抜けてたよ~失礼しました。v-436

記者会見で・・、そうそう!ホンサンリさんがペヨンジュンを語る時、詩を朗読してるかのような・・歌うような・・そんな感じでしたね。
ヨンジュンは長身を縮めるようにしてましたっけ・・v-398
あのときのホンサンリさん、おめかししてて可愛らしかったし、とても印象に残ってて会いたい人でした。

梅農園では、たくさんの女性が働いてました。こんな田舎で、大勢の女性の雇用。地域社会にも大きな貢献をされていますね。
おそろいの翠色のエプロンをして、暑さなど感じさせないイキイキした様子でした。v-218

おはようございます。

ルイさん、まきしゃん、色鉛筆さん、おはようございます。
外は、どしゃ降りの雨です。バケツをひっくり返したようとは、こんな雨ですね。

ルイさん、<こんな旅、しようとしても、縁がなければ無理ですよね>
ほんとうに、今回同行してくれた友に感謝してます。
私は全員と顔見知りの中ですが、それぞれは、初対面だったりしたのにピョナゲ楽しめました。
KeytoKoreaの細部まで行きとどいた心使いと、私たちのハナヨ本への思い入れがピッタリと呼吸を合わせた旅になりました。

もともと俳優ではないユヨルさんが「冬のソナタ」に出演したのも、ヨンハ君と親しい間だったからだとか。
ヨンハ君は、お父さん以外には心を許して相談する人がいなかったようだとユヨルさんが、寂しそうに語られたのが胸に刺さってます。

まきしゃん、ユヨルさんはとてもハンサムでした。綺麗な目でした。この方も誠実な人なんだと思ったんです。それから~写真写りが悪いのは、ヨンに限ったことじゃないのね~って思った。e-268

でね、ユヨルさん、本当に時間がないのに、ちょこっとだけ先生のお顔を見に来られた・・ピンスポットで私たちも逢ってお話が聞けた。
それも他の誰でもなく冬ソナの出演者。偶然だけど必然の縁を感じたんです。
梅のアイスクリーム、お腹が痛くなるまででも食べ続けられる味でした。
ノムノム マシッタ!
食いしん坊のヨンに美味しいものを届ける・・・そりゃ、まきしゃんのお料理ならアムゴナ チョア!

色鉛筆さん、韓国の美を辿る旅、日本語版、これほど売れるとは思ってなかったんでしょうか?
嬉しい誤算とは言え・・甘い!
普通に本屋さんに平積みされたら、韓流とかペヨンとか全く興味のない人も手に取ることができるのに・・
そうしたら、この本の素晴らしさと著者の素晴らしさを、もっと多くの人に知ってもらえたのに・・お・し・い!!!

おはようございます。

やさいさん

おはようございます。
やさいさんのレポート読んでいると
本当に素敵な旅行だったんだと心から嬉しく
その何ともいえないその心地よさに包まれてしまいます。

大地の母がいてよかった‥‥
ヨンジュンさんここで、どんなことしても生きていけるって見つけたのですね。
「農夫になりたい」って言葉もしみじみ感じています。

やさいさんのひとつひとつの言葉をたどっていくと
気がついたら、私もなんだか涙が溢れていました。

先日鎌倉の会でお逢いすることできたシン・グァンス先生も
20分近くも熱くお茶のお話してくださって、
ヨンジュンさん本で語ってくださった方は、
本当に素朴で素晴らしい先生ばかりで
心が洗われました。

今すぐ上のレスに書かれたユヨルさんのお話も
本当に偶然だけど必然の縁を感じますね。
やさいさんという存在もヨンジュンさんと同じように
何だか神に生かされているという気がします。

しみじみと心打たれて場所だから、
こんな奥まったところにコメント残して、
気がついてくださるか少し心配しています。
ベールをすこし脱ぎました。

ありがとうございました。


collienet さん、

こんにちは^^
コメントをありがとうございます。

鎌倉でシングァンス先生にお会いされたんですね。
先生の浮世離れした雰囲気・・時間が止まったようじゃなかったですか?桃源郷の仙人みたい・・

シングァンス先生は。ホンサンリ先生はと、正反対の印象を受けたのですが、
しかし、自然の摂理に逆らわず、かといって打ち負かさせることもなく、まるで永遠に存在される仏様のような御二方は共通して、しっかり大地に根を下ろしておられる。
大地の父と母のようです。

ペヨンジュンが怪我や病気をしたのも、韓国の美を辿って自らが再生する旅をすることになったのも・・
もっと云えば、ペヨンジュンが今の世に存在するのも、その人をリアルタイムに認識した私たちも、時代精神が導いた必然だったと思うんです。

な~に語ってるんだか・・・照れますね~v-398
でもでも、いつも思うんですよ。
天の時、地の利、人の和に感謝します~ってね。v-421
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。