FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曹渓山仙巌寺

韓国の美を辿る旅  P193 チョゲサン ソナムサ
お茶を辿ってヨンジュンが訪ねた寺、参道の両脇にも野生の茶の木があります。た~くさん。
DSC09483.jpg

ぺヨンジュンは、この道を車で上ったそうですが、ここで降りて写真を撮っていたという言葉を信じて、
私も同じ場所で写真を撮ってみた。
DSC09485.jpg
DSC09487.jpg

読経の声と木魚の音が、鮮やかな提灯の上に落ちてくる・・
DSC09489.jpg

ペヨンジュンが座っていたというベンチに座って正面を見ると。。。
DSC09492.jpg
p193の井戸は、この建物の裏ですが、この先は立ち入り禁止。
DSC09494.jpg

修行する場所なので、一般人は絶対に入れないところだけど、
ペヨンジュンとKeytoKoreaの一行は入れる
DSC09497.jpg
確かに此処・・
同じ角度で写真を撮ってみたけど、ペヨンジュンと私の目の高さは20センチも差があるし・・
悔しいから、反対側に回って上から井戸を見下ろして・・
DSC09501.jpg
あっちに見える友が居る場所に、ヨンジュンも腰かけたに違いない・・・たぶん。
井戸の周りに埋もれそうなトンハルバン ウェ ヨギエ イッスルカヨ?
DSC09503.jpg

BYJの健康と幸せを願って瓦を寄進・・
6月のkeytoKoreaツアーの皆さんも寄進してたし・・、BYJ家族が来るたびに必ず寄進して、
百年先の屋根葺き替えのとき、真ん中にBYJと書いてある瓦がいっぱい発見されたら、
その時の考古学者はBYJをどのように解き明かすだろうか?
解読する必要もないほどBYJは歴史の1ページになっていると思うけど・・
DSC09506.jpg
やさいの名前が二つあるのは~初めに「やさい」と書いたらbarbieちゃんが「やさいちゃん、なんで本名で書くの?」と聞く。
え?本名?? あのね~barbieちゃん・・と云いながら、yasaiと韓国用HNも書いた。
   厚かましかった?

この後、ホンサンリ先生に逢いにチョン梅園へ~~

===================================================

☆8月以降のKeytoKorea・韓国の美を辿る旅 をサクッと、ご紹介☆ 
詳しくは →からHPを見てね。
わかないことは気軽に、メールか電話で問い合わせてみてください。親切ですよ。日本語OKです。

百潭寺テンプルステイ・ソジチォガトルおばあさんのお膳
ソウル発2泊3日   ¥73,000   8月13日~15日

天然染め職人アン・ファザ先生との出会いと天然染め体験
プサン発2泊3日   ¥69,000 A、8月20日~22日   B、9月3日~5日

ホン・サン二先生の梅の思い出とお茶の名人シン・クァンス 先生に出会う旅
プサン発2泊3日   ¥69,000   9月10日~12日 

千年の古都の弥勒寺跡をたどる旅
ソウル発 2泊3日  ¥73,000  A, 9月17日~19日  B,10月8日~10日


現地集合なので、前泊する方用に無料のゲストハウス(ゴリラの近所)を用意してあります。
ソウルから釜山まで移動するなら、KeytoKoreaのアンさんが一緒にKTXで連れて行ってくれます。
あと・・・なんでも聞いてください。 



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

仙厳寺

この井戸・・・。 本の中でも印象に残る1枚ですよね。
KeytoKoreaで行くと、二番目の井戸の水で例のお茶も味わえるのでしょうか・・?v-365

私はお茶文化は「日本のモノ」の様に思ってきましたが、各国に根付いた其々のお茶文化があり、其々に誇り高く・奥深いモノだと知りました。
ヨンジュンさんの探究心のおかげです。


ヨンジュンさんに導かれ韓国語を学び(マダマダですが・・・)、他国の文化に興味を持ち(観光レベルですけれど)、ホンの少しだけれどチャリティー活動にも参加して・・・(国籍に関係なく子供は宝ですよね?)、更にこうして家族の皆様と繋がりを持たせて頂き・・・(勝手に自分から繋がって行ってますがv-392)。
自分の世界が少しずつ広がっているのが嬉しいです。
ヨンジュンさんと同じ時代に生きている事が嬉しいです。

私もいつか、瓦を寄進出来たらいいなぁ~。
100年後の葺き替え時に私達はもう居ないけれど、
あの世から考古学者さんがBYJの文字に悩む姿をヨンジュンさんや家族で一緒に微笑んで見てみたいですね。
「ハナヨ」が残ってるから学者さんも悩まないかな?



マユミンさん

こんばんは~ペヨンジュンがこの本を書いてくれなかったら、この井戸に興味を持つこともなかったねぇ・・ 
<KeytoKoreaで行くと、二番目の井戸の水で例のお茶も味わえるのでしょうか・・?>
マンヌンデヨ。この井戸水を手に受けて呑むことができました。軟水。
私・・・・バチが当たるかもしれない・・・一番目の仏様用の槽のを・・・の・ん・だv-400

他の方法で、この修行の場所に立ち入ることが出来るのかどうかわからないんですけど・・これだけでもプレミアツアーだと思う・・

瓦の寄進・・私ね、奈良・東大寺の大仏殿でも寄進してきたの。ハナヨより前、2008年だったか?
そのときもBYJの文字を入れたから、日韓の考古学者で「BYJとは」って論文がでるかもね~(笑)


良い旅でした・・

やさいちゃん  みなさんこんばんは~
旅のお誘いメールに即効乗っかった私。
きっと~楽しいお仲間を募ってくれるとおもったからねv-10

やさいちゃんはkey to koreaのアンちゃんの後押しスタッフのようだわv-218
ヨンジュンの周りにもアンちゃんのように暖かいおもてなしの心を持ってる人が集まれば
安心なのにね~

同じ時間を共有したのに、私のボキャブラリーの乏しい旅後記に比べて
やさいちゃん節溢れる旅後記がv-221ですわ!
まだまだいっぱい盛り沢山の旅後記
楽しみにしてます。
全てかっぱらってプラネットにスクラップさせてもらいますね~

ではでは~又お会いできる日まで~我らかわいいアジュマになりましょう~

kyaputenQ さん

こんばんは!!こんばんは!
いや~~Q姉さんからの「行く!」返事は最短記録モノでした。私、感動したもんね~v-344

Qさんの吉本仕込のパフォーマンスで笑いすぎたからe-317e-350です!どうしてくれるぅ~~
と、迫りたい気分でしたが、ほれ、あの・・シングァンス先生のところで購入したお茶のオイル、あれをサラダに入れないで、気になる部分に塗ったら・・v-218
やってみてぇ~~

それから~Qさんの「美の探求ウンチク」に影響され、私、これ以上美しくなったらどうしようかと心配ではありますが・・v-26
“合言葉は美白”を実行しようと思ったことも、旅の収穫です。e-319

アンさんも入れて8人の珍道中、愉しかったです~~
旅は道連れv-219 これに尽きるって思いましたワ!

今回の旅行記は五月雨式に書かずに、タイムスケジュールどおりにアップしてみようと思ってます。
あとから、個人で行く人にもわかりやすいように・・・ダラダラ長くなるけど、付き合ってくださいね~ v-415

NoTitle

じっと見てるだけで やすらぐ景色です・・・・往きたい
飛行機では何回か仁川 金浦 金海へ入りましたが 今度 下関か博多からフエリーで海の荒れない時期 玄界灘を渡ってみようと計画してます 古代の渡来のルートを体感できないかと思って・・・・

井戸

韓国の美を。の旅
いいですね
私も行きたい行きたいと願っていますv-354e-459
韓美の本に井戸。同じ場所にいられる事
ヨンジュンを感じ幸せですね
やさいさん達の旅の報告楽しみにしています
私も飛びたいv-505v-233
どげでもなるで夢に向かいます

NoTitle

手元にハナヨを置いて、比較、考察。

七殿禅院 石井戸。
言われて見れば、身長差ほど、カメラの高さが違うかなぁ~。
言われてみなければわかりませんでした(私には)。
この写真一枚、どれだけやさいさんが熟視しておられたか、と。

昨日は、好きなあまり、と言いつつも、ウォン様とヒヨンが、こんな静かな暮らしを、など、書き散らしました、そう感じたから。
でも、半分の私は、極みで散った恋だからこそ永遠、と、知っています。

べ ヨンジュンに出会うまで、やさいさんのお部屋を知るまで、私には、韓国は、近いらしいが遠い国、でした。
こんな情緒てんめんたる、風情あふるる田舎の光景を、想像も出来ませんでした。
初めてなのに既視感のある、不思議な懐かしさ。
韓服をまとう男性を、しっかり見たのも、ヨンジュンが初めて。
初めて、がヨンジュンなんて、離乳食にフォアグラを与えられた赤ん坊みたい。v-156無茶言ってます、そんな親いませんって。

常ながら激しく脱線しました、というわけで、韓国の、シティでない場所の写真を見せていただき、いいなあ、好きな景色だな、と感じると。

白い韓服に身を包んだ、清艶なチョ ウォンの姿が、景色に合成されて幻覚となるのです。

羨ましいでしょう。ふふ。
え。羨ましくない?。

また脱線。

夏は蓮の葉にたまった朝露で、冬は梅の枝に積もった雪で。
お茶を。
・・・奥深い優雅。
なんて美しく清らかな贅沢。
ため息が出ました。
修行の厳しさも知らぬ外部の人間の、無責任な感慨ではありますが。

瓦のお話も。
それぞれ遠方から参集された皆様が、寄せ書きの、浄財、寄進。
ヨンジュンさんは幸せ、と思いました。
「やさいちゃん、どーして本名を」、には、爆笑しました。
いいなー、日本の、純正あじゅまたち。
すてきだなー、と、思いました。

NoTitle

梅雨の晴れ間の一日 家の中を
気持ちの良い風が通り抜けていきます。

ほっと一息ついて、こちらを覗いたら。。
早くもやさいさんの旅の記録 第3弾!
ほぉ~っ! はぁ~っ! と、見入っていたら
身体の中まで、翠の風が吹き抜けるよう。。

永い時を越えて守られている仏閣
清らかな流れを今も伝える井戸

なんとも素朴で、静寂に満ちた清清しい風景ですね。


何もくわえられず、何も取り払われず
脈々と受け継がれる精神の潔さ。
文化を守る原点のような。。

やさいさん達は、百年後に備えて
このお寺に瓦を寄進なさったのですね。
ふと。。ヨンジュンがドームで読んだ 弥勒寺跡の石塔の
最後の文章を思い出しました。

「私の温もりと夢も千年後に 残っていることを願いながら。。。。」

BYJの名と、その人を愛した人たちの
名前が印された たくさんの瓦を目にするであろう、百年後。。e-317e-451
その瓦が、あらたな歴史を刻む時
ぺ・ヨンジュンの名前はきっと、伝説になっているでしょうね。v-354

一緒に旅する気分は今回も。。
ぺ・ヨンジュンの目線 やさいさんの目線が
あらためて新鮮に感じられました。
次は梅園ですね。 お待ちしていま~す

翠降る天蓋の道辿るれば 古刹(こさつ)に漂う君の残り香



NoTitle

やさいさんこんにちは*^・^*
「ハナヨとヨンジュンをたどる旅」素敵ですね。
風景もなんだかデジャブのような懐かしさを感じる写真ばかり。
瓦の寄進もいいなあv-25i-175
100年後の人たちを観察してみたいですよね。
ヨンちゃんの「僕も韓国の美しい思い出になりますように」という言葉が思い出されます。
やさいさんたちが移動されたとおりにご報告してくださるとか。
すごく嬉しいです。
最初価格がたかーいi-241
と思ったけどキーのアンさんって方と一緒に濃密な旅なんですね。
一度は行かなくちゃと思ってます。
私も瓦になんか書かなきゃと思ってます。
ハナヨの本は私達にたくさんの事を教えてくれて、
生きていく力までも与えてくれましたね、
心から感謝です。
こちらで報告してくださってるやさいさんにも感謝です。i-260i-237

自然と人と。。。

素敵な景色ですね~。緑と建物がいい感じ。いいなあ~。
家に居ながらにして「やさいさんと愉快な仲間たち」を体験してる気分になります。なんだか嬉しい。ふふ。

ヨンジュンさんがスカウトした、キーイーストの新しい仲間キム・ヒョンジュンの次の仕事は韓国版「イタズラなkiss」に決まったとか。ヨンジュンさんとの絡みを期待してたのですが。。。雰囲気違うから無理かな?ヨンジュンさ~ん、ポゴシプタv-238

深夜便です~~

みなさん、コンバンハ~  もう、寝てますよね~

色鉛筆さん 
今でも続いてるのかと思うんですが。。日韓の野球少年の交流があって、一年おきに韓国と日本で交流試合があったんです。
それも関釜フェリーを使ってました。
今は高速艇もあるのかな?関釜フェリーの旅、愉しそうです!

たえこさん、ヨンジュン抜きにしても充分興味深い場所ばかりだと思うんですが、ペヨンジュンが本を書いてくれなかったら、知らないまま終わってたんじゃないかと思います。
あるいは、何かで知ってもスルーしてたかも・・
こんな愉しい旅行が出来るのもペヨンジュンのお陰です。
また、ペヨンジュンはそこへ行けない人でも楽しめるように素敵な本にしてくれましたね。
スンバラシイ~~

KUONさん <初めて、がヨンジュンなんて、離乳食にフォアグラを与えられた赤ん坊みたい>
いや~~的を得た比喩でごじゃいます~ そげです。そげです~~v-411

でね、、、、今日、平城京に行ってきましたよ。
朝起きたら、カプチャギ おっと君が「行くぞ~」って有無を言わさず、このク○アツいのに・・(爆)
フム・・7年?かかってアレ再現復興したのか?

ま~歴史に忠実にってこともあったでしょうけど、なんつぅかぁ~~  これだけ予算かけて、時間かけて。。これ?

たった2~3年で造った太王四神記セットはスゴイです。
韓国人の瞬発力がハンパじゃないのね~って思ったの。
めちゃくちゃ脱線。

hamataeさん、弥勒寺跡の石塔・・それそれ!
今日ね平城京あとで、180億もかけてこんな中途半端なことするなら、何もしないほうが良かったんじゃなかろうかと、県外の何も判ってないアジュンマは思ったんですよ~v-400
景福宮、宋廟、昌徳宮、徳寿宮などなどを残している隣国の方に見せたら笑われるんじゃないかと・・v-390
ペヨンジュンには見せたくないな~と・・v-388
で、すぐ近くの唐招提寺に気分なおしに寄ってきました。
ここは、ペヨンジュンに見せたいと思った。
私、何がいいたかったか、暑さのために判らなくなったワ・・v-436

翠降る天蓋の道辿るれば 古刹に漂う君の残り香
いただきました!

hiroppinさん、アニアニ・・報告だなんて~~
私が楽しんでるだけです。付き合ってくださって感謝です。
価格は決して高くないですね。韓国のヨン十回以上行ってる私が思う。。
個人で回れば(個人で回っても入れないトコもあるのはしょうがないとして)公共の交通手段が無いので費用がかかります。

6~12人の少人数だし、内容はプレミアですし・・適正価格。
ただ、日本側の窓口が無いので敷居が高く感じますね。
そのことをクリアできるように、今、Keyでは試行錯誤してます。

キダリッケヨさん、。<家に居ながらにして「やさいさんと愉快な仲間たち」を体験してる気分になります>
そう云っていただけたら、嬉しいです。

家族が自分のために、無理するのは望まないって・・無理に出かけたりグッズを購入したりするのは本意でないとヨンは常々云ってるそうです。

ドリームハイの若手は全部、オーデションで新人を起用するのかな?
ならば。ますます、ヨンジュンが鍵になるのね~v-218

NoTitle

やさいさん、あっという間に奈良へ来られて、ちゃちゃっと1300年会場へ立ち寄られて、唐招提寺でお口直しされて、びゅ~んとお帰りになったのですねv-434

線で消されているゆえに大変目立つ部分は、奈良県人である私も、同感、同感の思いであります。
語ればなが~くなりますが、草ぼうぼうの荒れ地だった宮跡を、元のかたちに戻したいと、地味な尽力をされた方々、数人知っていますが、同じ思いと思います。

何も無いから豊かな、はるけき都の跡。
黙っていても、そこに立てば、空を見上げれば山を望めば、遠い昔、一生懸命に個々の人生を生きた人々と、思いを同じくできるかも、と、感じさせてくれる原っぱ。

あそこはあのままでいいのに、お金をかけて、何かそれらしい箱を作って、グッズを創り出して、売る。

そういうイベントは要らん、と、私ごときが何を吼えても、直射日光の下のカタツムリ。

すみません、もう止めますね。
唐招提寺はすばらしいですね。
奈良には、すばらしいものも、たっくさんあります。

で、気になったのは、お昼は何を召し上がったか、ということ。
以前、住んでおられた頃にあったかも知れない、お気に入りの店は、残っていたでしょうか。
おいしいもの、ちゃんとめしあがれたかな、と、住んでいるというだけでホステス気分になりました、少しだけ。
きっと、大丈夫でしたよね。要らん心配して、すまんすまん。

NoTitle

おはようございます。

おそくに・・・ごめんなさい。

・・・↓・・・やさいさんに、教えて戴いた~
栄西禅士の著書「喫茶養生記」
それも鎌倉時代の日本の禅僧が記した本と、シングァンス氏の出会いはどこにあるのだろぉ~と思いを巡らせていました。

それで・・・あれぇー・・・

申秀茶のメルマガに~

申秀が幼少期を過ごし父が住職を務めた「仙厳寺」・・・とありました。

「仙厳寺」・・・百済~高麗 ( ? ) 時代の建立・・・のようですね。(仏教文化が興隆していた頃でしょうか?)

「韓美旅」を読んでいるときには、そんなに、由緒ある寺廟だとは思いもつかなかった。

幼少の一時期を過ごされたシングァンス氏との話
ヨンジュンさんは、六時間位では~たりないのでは~もっと・・・もっと~話したかったのでは~~~。

ヨンジュンさんに、できることなら~私の時間あげたいな~~。

それから~メルマガに紹介されていました↓

「茶仏~お茶と寺廟のある風景」 著者 宝迫典子
・・・仙厳寺・・・が紹介されているそうです。

本屋さん・・・のぞいてみますね。

ソナチネさん

さすが・・・サラリ~と流さずに・・・栄西禅師との関係に思いが飛びましたねv-391

シングァンス先生は禅僧の僧侶、17代目です。
と~~ってもエライお坊さんになられるとこ、修業中に出会った山茶を究めてお茶名人になられたんですね。

仙厳寺は、ミーハーの私には数々のドラマ撮影地としてインプットされてます。
ハジウォン主演の『チュオクの剣』では母の墓がある場所として出てきますね。あ!!・・そっか!「チュオクの剣」の原題は「茶母(タモ)」だわ~~
(今、書きながら気が付いた・・・!!)
この近くには順天ドラマセット村もあります。「エデンの東」「愛と野望」とか・・

チョゲ山ソナム寺は、ハナヨ本で紹介されなくても美しい古寺として有名です。
心残りなのは、登山道にあるという岩肌に彫られた磨崖仏を見に行けなかったこと・・・山登りするなんて云ったら、皆、怒るわ・・・・(笑)
個人で行ったら井戸は見られないけど、磨崖仏を見るために、一枚目の写真に写ってる人々のように登山の用意をして行きたいですね。

KUON さん

平城京でのランチは、フードコートで冷やし中華&柿の葉ずし(^^+
東鮓の弁当も懐かしくて、買いました(^^)v
抹茶アイスも食べて・・此処は何処?って感じかな~~

東鮨さんは、もう、あの場所から移転されてるんですね。あの通り、変わっちゃったんですね~
古梅園の近くに住んでたのよ~私、新婚のころ。
KUONさんの思い出の通りと私の思い出の通り、時空間を超えてクロスしてたようです。ナイショ・・?
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。