FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シン・グァンス先生

ただいま~~
たくさん笑って、たくさん食べて、たくさん感動して帰って来たら、
た~~~くさん 洗濯物が溜まっていました 


韓国の美を辿る旅  オーダーメイド編 かな?
KEYTOKOREAプロデゥースの「お茶畑と梅園を訪ねる旅」は、6月に催行されたけど、
私は日程が合わなくて参加できなかったんです。

ただシングァンス茶園とチョン梅園を訪ねるなら、自力で行くことはできそうだけど・・、
ペヨンジュンが慕うシングァンス先生とホンサンリ先生に逢って、直接お話を聞いたり、
ペヨンジュンが口にした食事を頂くのは、個人旅行では、ちと難しい。。。。。

そこで~ がっかりしたり諦めたりしない私 
KEYTOKOREAのアンさんに相談して、今回の我儘旅行が実現しました。

 DSC09393.jpg
韓美旅本 p195 お茶名人シングァンス茶園まで 金海空港から2時間ちょい(だったか?)
DSC09395.jpg
この建物・・・玄関ポーチに茶臼 

夕方4時半頃、順天の先生のところへ着いてすぐ、山のお茶畑に連れて行ってくださるって・・・
なんと、先生が自ら運転して!
DSC09397.jpg
作業用のトラックで、片側は絶壁の細くて急な山道、しかも雨が降ったから・・ずり落ちそう(~~;
先生は普段どおりの運転でしょうけど、まるで、ジェットコースターのよう

ペヨンジュン一行が訪れたときは、先生のトラックの後ろをランドローバーが付いて走ったそうです。
先生は慣れてらっしゃるけど、この道、見た感じは車がはみ出てるような感じですから、
スタッフの話によれば・・・ペヨンジュンは「ワァ!」と悲鳴(のような声)を出していたそうです。
はい・・フツ~の感覚の持ち主なら怖いです。そうとう。

DSC09404.jpg
山の茶の木   根が木の三倍の長さ。
DSC09408.jpg
先生はトツトツと静かに話され、穏やかで優しい。仙人のような(逢ったことないけど・・)雰囲気。

雨が降って煙っていたから下界の景色は見えないけど・・
DSC09405.jpg
真ん中に見える松の木、それを見て、ペヨンジュンは『僕みたいだ』と言ったそう。

どういう意味なのか考えながら、松を見つめたら・・。
浮かんだ言葉は 孤高の人 

ペヨンジュンの松は、向こうの山にたった一人で向き合い、すっくと立っている。
自分より大きな山に負けることなく、存在して、山全体をしっかり見ている。
ペヨンジュンの松ノ木の周りには、お茶の木はもちろんヤマボウシの木もある。
かわいい鳥も飛んで来るし、蜂や蝶々や様々な虫たちも飛んでるし、
たった一本だけ立ってる松は、ちっとも寂しそうじゃあない。
DSC09415.jpg
ペヨンジュンの松は、孤独ではなく孤高の樹。  

DSC09419.jpg
♪ 行きはよいよい 帰りがこわい~の急坂を転がるようにして、茶畑のある山から帰って来て・・
DSC09423.jpg
先生のお話を聞きながら、お茶を頂く。。一杯目は苦く、二杯目は爽やかに、三杯目はまろやかに・・

ペヨンジュンは6時間も先生と向き合い、会話し、そして、23杯もお茶を飲んだそうだ 
   惜しい。。もう一杯呑んで、にじゅうヨン杯にしなきゃ・・と思った。オヤジな私。
DSC09424.jpg
トゥセヨ・・・幻の山茶。
DSC09428.jpg
あんにょん ひげせよ~~

大地に深く根を下ろしたお茶の木のような先生は、お茶名人でもあり、癒しの名人でもある・・なんてね。



 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

一番に恐縮です、目が覚めてしまいました。

お帰りなさい、やさいさん。

べ ヨンジュンの松。
e-420e-420e-420です。
詩人ですね、彼。

ハナヨを、なんとなく読み返していたのです、山のお茶、根っこが、見えている部分より3倍も長い・・・わたしとまるで逆だわ・・と、深夜に独り、赤面するわたくしでした。

おいしいお茶でしたでしょうね。

運転していた頃、角ごとに停車していたような恐ろしがりです、そんなおっそろしい道、ぶるるる、です、でも、落ちないで(落とされないで)無事に帰って来て下さって、ありがとう、やさいさん。

もう少し寝ま~す。

おかえりなさ~い

韓国の美を辿る旅  オーダーメイド編 

いいなぁ、

いつか行ってみたいなぁ。


先生の穏やかな仙人みたいな感じ…

(私も仙人にはあったことないけど)

なんか 伝わってきます^^

彼が、23杯も飲んだことを 記憶していた先生。

やっぱ仙人や~(笑)

おかえりなさい

韓国の美を辿る オーダ編
いいな~~~
ペヨンジュンの松の木v-352v-353v-354
弧高の樹にヨンジュン何を思い僕のようと
春夏秋冬・嵐も雨も雪にも負けないで大きな山に
向かい燐としている姿に寂しさに何か・・・・・・
優しいお顔の先生とお茶(23杯飲んだお茶私なんかそれより6時間お話された先生とヨンジュンやはり
凡人ではないのでは)
ジェットコースタv-454のよぅな山道
ヨンヨンの「わぁ~~~~~」が聞いてみたい
ヨンジュンを感じ素敵な先生に会われ
沢山の人の出会いの愛がありますね
お疲れでませんように
私も辿りたいです韓国の美の旅に夢です七夕に祈りましたv-484
次回も楽しみにしています




チョウン アッチン!

KUONさん、kirioさん、たえこさん、おはようございます。
さっそくのコメントありがとうね。

KUONさん、なんという時間にコメントしてくれたのv-405 
で・・二度寝かいi-198(爆)

一粒のタネから、芽が出て木になって山に広がってます。
ペヨンジュンに逢わなかったら、こんなところに来ることはなかった私たち。
ペヨンジュンは一粒のタネだったけれど、その影響は山一面・・とか、何でもかんでもペヨンジュン!

kirioさん、仙人シングァンス先生は、崇高な雰囲気を漂わせながら、私たちが「ハンサム」「カッコイイ」と言うと、ぽっと赤くなったり、トラックをわざと乱暴に運転して。私たちを驚かせたり・・・・お茶目でかわいい仙人でした。

念ずれば通じると言いますね。
行きたい、逢いたいと念じていれば、いつかは叶う日が来る。
あ~  今、先生じゃなくて、ヨンを念じたね・・v-391

たえこさん、ペヨンジュンの松を見ただけでも、ここまで来て良かったと思ったよ~
ヨンジュンの「わぁ~」 その声だけCDにしてもミリオンセラーになるんじゃないかい?と思った・・(笑)

てんこ盛りの旅、もうええでぇ~って云われても、続々アップしますので、見てね!

爽やかな一杯

やさいさん、お帰りなさい。お疲れなのに、早速のご報告、ありがとうございます。

自転車で通勤して、汗ダクダクの今朝の私だったのですが、
朝一番パソを開いて、やさいさんのお部屋で、緑の香りと良い空気を感じて、爽やかな気分になりました。
一日がんばれそうです~~(今日は一日中会議^^;)

ヨンジュンは<孤高の木>
ヨンジュンの宿り木にいつも集まっている鳥になりたいです。

一杯のお茶、おいしく頂きました~~ありがとうございました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

やさいさん~

おはようございます。 そして・・・おかえりなさい。

こどもが、母親のかえりを、ゆびおりかぞえて、待っている~かんじでした。

ヨンジュンが辿ったところを、やさいさんが辿り~~いつか~~~わたしも~~たどりたい~。

ひとつ~またひとつ・・・夢と希望を、いただいています。

おいしそうな、お茶をみて、私も、今日は、竹露茶をいただきましょう。



お帰りなさい~♪

やさいさん、お帰りなさい。

昨日から何度かこちらを覗き、ま~だかな~? 
と、首を長くしてお待ちしていました。

ハナヨに導かれた 素敵な旅のお話  
出だしから芳醇な香りがします。
仏様の様に優しいシングァンス先生の眉
一緒にいるだけで、癒されそうなお顔ですね。
で 仙人の様でいて褒め言葉に頬を染め、お茶目な行動もする。。
とっても純粋でチャーミングなお方とお見受けしまた。

ヨンジュンはこの先生と
六時間と23杯。。。心を通わせ、理解を深める濃密な時間を持ったのですね。
大好きなお茶を飲みながら、その道を究めた人生の達人の話に耳を傾ける
真摯で探究心旺盛なヨンジュンの表情を想像しています。

あの大きな体を縮こませて「わぁ~!」e-451  その顔を見てみたいe-349 
その声を聴いてみたいe-447
普通の反応がとても嬉しいhamataeですe-446

山の上にあった孤高の松ノ木
「僕みたいだ」と言ったぺ・ヨンジュン
その言葉と写真に、一瞬胸に迫るものがありました。
やさいさんの仰る「孤独ではなく孤高」。。にもねe-445e-446

早速の素敵なアップ ありがとうございました。
続き。。楽しみで~すe-343

すごい!!

お帰りなさ~い。
何はともあれ、「まずは実行する」やさいさんがすごい!
そしてお茶を23杯飲むヨンジュンさんがすごい!!
それを数えてた先生ってムチャすごい!!!

「僕みたいだ」の言葉、胸に迫るものがありました。彼は詩人。。。
かつて自分がヨンジュンさんみたいに「私みたいだ」って感じたものがあったかな~っていろいろ考えて、旅先で見つけたカエルのぬいぐるみくらいだわって。。。ああ~、凡人。

NoTitle

くむくむさん、ソナチネさん、hamataeさん、キダリッケヨさん、こんにちは~
ヨンジュンの心の旅を辿って帰ってきたら、待っていたのは現実でした。v-395

くむくむさん、風をきって颯爽と自転車通勤。流れる汗も爽やかに~~てワケにはいきませんか。。やっぱり・・暑いよね・・v-356

<ヨンジュンの木に集まる鳥になりたい> ちょどよ~
季節が移っても海を渡ったりしない鳥だね~ウリ?

ソナチネさん、待っていてくださってアリガト!
いや実際・・シングァンス先生と云い、釜山のタクシードライバーといい、運転がうまい・・・のか?荒いのか?・・・(笑)
無事に帰ってこられたことを神様に感謝したいくらい(笑)

シングァンス先生が最も尊敬するのは栄西禅士で、その著書「喫茶養生記」を何度も読まれたというお話を聞きながら・・
私たちが韓国の一青年の著した本を辿って出会った先生が、日本の禅僧が著した本を辿っておられる・・輪廻というのか、縁というのか・・・
お茶一杯から広がる世界でした。

hamataeさん、<仏様の様に優しいシングァンス先生の眉 >
ほんと!綺麗な弧を描いた眉が先生の穏やかな優しさを表すてるようです。

茶畑の山に上がってきたら、全身が深い緑色に包まれて染まっていくようでした。
ここに立って一本松を眺めて居る間に、ヨンジュンの心は満たされたんじゃないかって想像します。

キダリッケヨさん、「~みたいだ」と感じたもの。私は「つけあわせの野菜」です。
メインの肉料理に必ず添えられるレタスやトマトのよう・・・つけあわせ・・v-411

NoTitle

やさいさん お帰りなさい。 またまた素的な旅をされたんですね。 行動の人やさいさんの面目躍如ですね。 ペヨンジュンの松は彼がヒョゼ先生宅でゴシレをした場所の木を彷彿とさせますね。グァンス先生も本当に素的。品のよさが伝わってきます。類は友を呼ぶんですね^^私も旅に出たくなりました。とりあえずは今週末 ヒョゼ先生のイベントへ行きます。先生にお会いするのも楽しみですしアンさんもご一緒のようですね。
主婦は旅から帰っても山ほどの家事が待っていますので お疲れが出ませんように。楽しいご報告有難うございました。

NoTitle

名前がお帰りなさい^^ になりました^^;

芙蓉さん

こんにちは~

お茶畑の松の木は遠いところに見えます。
傍までは行けないのかな・・?

ヒョゼ先生のチャリティーショーは明日からですね。
いくらなんでも、この旅行をしてすぐなので~地方組の私は行けません。ザンネン!

今回はヒェゼ先生のお供はしないとのことで、私たちの旅行に一緒に行ってくださったんですけど・・
もう一人の安さんかな?

NoTitle

ヒョゼ先生のイベントは9日10日が昼夜共完売で11日も残りわずかなんですって。
ちょっと気になっていましたので良かったです。やさいさんは今回は無理ですよね。
6月23日のkeytokoreaからのメールに私達も手伝うことになりましたって書いて有りましたので。アンさん以外の方がいらっしゃるのでしょうか。
今夏風邪中なので頑張って治してチャリティショーを楽しみたいと思います。

お帰りなさい。羨ましいm(__)m

うわ~やさいさん、素晴らしい旅ができましたね。

私もいま韓国に行くなら、このシングァンス先生と陶磁器のチョン・ハンボン先生のところです。

日本でシン・グァンス先生のお茶のお世話をしていただいて、「ヨンジュンさん」のおかげでこの野生茶を飲ませていただける喜びに感動して、是非先生の茶畑が観たいと願っている私です。

先生が自ら運転なさって案内されることも以前行かれた方に聞き、凄い山道だときいていました。

先生は慣れておられるにしても、気をつけていただきたいと常々おもっておりました。
「ヨンジュンさん」が悲鳴上げるくらいだから、ロケ地ではかなりの道も行かれておられるのですのに、いかに凄い深山幽谷の地、自然の残っている場所、本当に仙人のお山ですね。

深山幽谷を背景に一本の松の木・・・・本当に孤高の人「ヨンジュンさん」の神秘的な清冽な穢れのない姿を見るようです。
「ヨンジュンさんも「僕みたいだ」といわれたとの事、
」ヨンジュンさん」のご自分を常に律して、ご自分を
しっかりと見つめておられる理性と英知、孤高の精神をしっかりと身につけておられるのですね。
本当に立派な青年ヨンジュンさんは韓国の誇りです。

本当に愛しい、そして尊敬します。世界で一番大切
私の生甲斐の人ヨンジュンさん。

お茶好きとは知っていましたが23杯も、先生も吃驚だったでしょうね。

私達は「ヨンジュンさん」がまいてくださった一粒の種を家族は何万倍にもなって根をおろしています。
偉大な仕事をなさった「ヨンジュンさん」怪我もこうした貴重な仕事をさせて、世のため人のために偉業を残してほしいと神様が与えられた試練だつたのですね。
怪我の時には命があってよかったとどれ程神様に
感謝し、そして助けてと祈ったことでしょう。
「ヨンジュンさん」の夢は想像以上に壮大であり愛の溢れたプロジェクトできっと心がいっぱいなのでしょうね。及ばずながら一生ついて行き応援したいものと
願っています。

シン・グァンス先生のお嬢様は日本語お出来になるとも伺ったことがありますが、お会いになられましたか?
また、旅のお話楽しみにしております。

おかえりなさい

やさいさん、おかえりなさい!
さっそく幸せのお裾分けをいただいてます。ありがとう
私もやっと3Dヨンジュンに会ってきました。
とても幸せな時間を過ごし
やっぱりこの人しかいない、そう確信しました。

気長に待つつもりが、昨日のニュースで
意外と早く会えるかもと心浮き立つ自分もいて

七夕の願い事に
ヨンジュンが幸せになりますように、と書きました。
叶うよね

NoTitle

おかえりなさい。
この数日ここを訪ねては早く帰ってこないかなあと寂しかったです。
ドラマや映画も何回も見ますが「ハナヨ」もそばにおいてぱらぱらとめくっては読みます。いつも後で思うのです。ヨンジュンさん素敵な足跡ありがとう。その時気づかなくてゴメン。たくさんの時間をかけて私たちに新しい世界を見せてくれました。
ヨンジュンさんも自国の素晴らしい人たちと出会えてよかったなあ。
よく「冬ソナ」で人生・運命が変わったと言われますが押し寄せてくる波に負けずに大きく変化していく彼を見ているとすごい人間に出会えたとうれしく思います。
松見に行きたいです。

夕飯 美味しく食べましたか?

s.mizuno さん、tamaruさん、こんばんは~
夕飯が済んで、一緒にウォーキングに出かける友達を待ってるとこです。やっと、日常に戻って・・・

s.mizuno さん、ヨンジュンさんの名誉のために~ ヨンジュンさんは「わぁ!」と声を出されたけど・・悲鳴のような声だけど、悲鳴じゃない・・という事にしておきましょう(笑)

シングァンス先生のお嬢さんは、私たちがいる間、お手伝いをしておられました。ご夫婦で・・
何もお話をしなかったから、日本語がお上手かどうか、わからないです。
どうかな??
チョンハンボン先生のお嬢さんは日本語がお上手でした。京都の大学に留学されていらしたそうです。

tamaruさん、おお~~飛び出すヨン!に逢って来たんですね~~
スグソコにヨンがいるようで、嬉しいですよね~
ヨンラブがヒートアップしますよね、あの笑顔、あの目、あの姿e-420

七夕の夜は雲っていたけど、ヨンジュンの出演作品が早く見られますようにと・・星に願いを、月に祈りを~~
きっと、叶うって!

お帰りなさいませ~

こんばんは~。
お帰り、お待ちしてました。v-10
お茶の先生の所に、旅してたとは~。
さすが、やさいさんだ~~。v-91
旅が出来ない私には、こういうお話が栄養分になります。ありがとうごじゃいました。まだ、この旅のお話、続きますよね?楽しみにしてます~。v-421
23杯も、お茶をのんだヨンジュンssi。(変な話、おトイレ近くならなかったかしらん。私、すぐトイレ行きたくなるから)
ほんとに、好きなんでしょうね。高尚な趣味をさりげなく、生活の中でも実践させてる姿、たまりません!

>ペヨンジュンの松は、孤独ではなく孤高の樹。 

おっしゃる通りですね。
孤高の人・・。v-20
この松の木って、お茶畑の中にあるのですよね。
お茶のように、生きるわけにはいかないけれど、前を向いて自分の生き方を、その中でも探している・・そんな感じがしました。e-446
芸能界の世界は、もしかしたら、彼にとっては、異空間なのかもしれない。
はるか先を、見ている彼の視線はどこに向かっているのかな。v-353
凡人な私には、わかるはずもないけど、背中をずっと、みつめて、ついて行くだけでも幸せです。v-398

 

チャル タニョワッソヨ~。

やさいオンニィ!(勝手にそう呼ばせて頂いております・・・お気を悪くされたらゴメンナサイ。) 
おかえりなさいv-291
お帰りはまだかなぁ~と指折り数えて待っていました。

今日、再び「ハナヨ」を読み返しています。
訪ねてみたい所は多々ありますが、やさいオンニィのご案内でよりハッキリと分かりました。
ありがとうございます。

皆様もお書きになっていらっしゃいますが、「孤高の松」は身を律しているその佇まいが、ヨンジュンさんに通じて見えますね。

私は先月、「本土寺(通称:あじさい寺)」に行ってきたのですが、紫陽花の中を人が歩く様な・・・(うぅ、表現力が乏しすぎる・・・)それはそれは幻想的な空間でした。
ヨンジュンさんにも見せたかったです。
彼ならどう感じるだろうか・・?そんな事ばかり考えて巡って来ました。

私も来月訪韓します。
実は、ウレシハズカシ初・韓国なんですぅ。
超・初心者の私に、何かアドバイスやオススメが有ればお願い致します。

旅の続き、UPされるのを楽しみにしています!

NoTitle

やさいさんこんばんは^。^
そしておかえりなさーいv-10
いいないいな~~のオーダーメイドヨヘン[絵文字:v-22
帰っても忙しいでしょうにご報告ありがとうございます。
やさいさんと入れ違いで彼はミグクへi-37
空の上でニアミスしませんでしたか?
ソウルの空の下にはいないんだなあと思うと寂しいですね。
23杯もお茶を飲むんだぁ、
松の木にボクみたいって言うんだぁ、
道が恐いと声出すんだぁ、
あ~~、いろいろとヨンジュンネタ放出してくだされi-237
ヨンちゃんのほうもドリームハイがちょびっと動いた気配ですね。
これからゆっくりと報告してくださるのを待ってますね。
忙しいでしょうにありがとうございました。i-175

NoTitle

やさいちゃん

お帰りなさいませ~~~
平素ゆったりしている専業主婦でなく
お仕事を、持つ身、まして母さま・・・・・
本当にお疲れさまですが・・・・

う~~~~んといつも思います。どんなに忙しくても
一度くらい行ってみたい・・・・・

やさいちゃんの韓国訪問は、名所、名跡のみでなく、人との
関わりの詩情文で。v-238誰にも語れぬやさい節v-237v-212
行っていない私たちにも、臨場感がありやさい節なのでありました。

シン・グァンス先生の、なにげな似顔絵に。。。書き易い?v-208
かなそっくりで・・・・先生もお気に召してでしょうか??v-208

シン・グァンス先生、ゆったりな自己流、
空間、生き方ですね。改めて韓美旅本 p195を
読み返します。
本当に何気なヨンジョンさんの一言は、詩人ですね。それを
お聞きになると、改めて、・・・・聞きとめる達人に感動です
(23杯もね)v-257

どうでしょう・・・すこし日本にも シン・グァンス先生のお茶に
接する機会があるのですが、韓国の方には、高価な茶葉です
ので、韓国の一般の方には、どんな受け入れ方なのでしょう・・・・

仙人のような先生・・・だがやぁ~~~やさいちゃんの届けて
くださった先生画面は、先生が浮き出して、背景を飲み込む
勢いがあるのが(画面から)・・・あ~~仙人やぁ~~~~
って感じました。3D手前・・・・v-265

NoTitle

やさいさん、お帰りを待ちどうしく思っていました~皆さん同様に、いいなァ~いいなァ~のてんこ盛りv-10
到底、私には果たせそうにない韓国極上の旅です。。。

やさいさんの韓国の旅の、お話は、やさいさん流のお話が、これまたとっても気持ちを楽しくさせてくれます。
山の中の1本の松を見て「僕みたいだ」
と言う、ヨンジュンの感性まさに、私の感性の師匠ですv-391

ちなみに↑のキダリッケヨさんのコメントの私の「~みたいだ」は小型犬みたいだーキャンキャンうるさいv-322
そのほかの旅のお話の次なるお話も
楽しみにしています

あ~同時投稿してたのね^^

石の花さん、こんばんは~
ウォーキングに出かけてました。汗、汗・・

ヨンジュン青年が出合った人に逢えば、何も心配することはないわぁ~って、そんな気になります。
ホンモノがホンモノを訪ねて、ホンモノの話をして、心をアツくして、また歩き始める~そういう感じ。
松の木は、何年たっても同じ場所に立ってますね。しっかり大地に根を下ろして動かない。それも、「僕みたい」なのかも~

NoTitle

こんばんは・・・。
おかえりなさ~い。
私は、韓国にまだ1度も行ったことのないけれど今回のやさいさんの旅は、それはもう私が韓国にいっても行けないような極上の旅だったんですね~。

私は静岡なので、この間ヨン様も本の中で、書かれているやぶきたというお茶の木の原樹を見てきました。これがお茶かと思うくらい大きな木で、この木から日本各地、そして韓国まで飲まれているお茶のお母さんなのです。このやぶきたという名前の由来も竹やぶの北で、生まれたからだそうです。
あっブログにUPされてます。

ヨン様に見せてあげたいな~。この木の種が、韓国に行ったんだよ・・・と。

ヨンジュンの松・・・先生にお会いしなければ聞けなかったお話ですね。
ありがとうv-238


ソナム

マユミンさん、hiroppinさん、野すみれさん、IZUさん、こんばんは~

お名前がないけど・・はい~~この話は始まったばかりです。完結するまで1週間ぐらいかかるかも?(アハハ・・長すぎっ!)

お茶畑と言っても、よく日本で見かけるような整ったものじゃないんです。
木の形をまあるく整えてないから、茶摘も余計に手間がかかるようです。

<背中をずっと、みつめて、ついて行くだけでも幸せです。>
確かに私たちは、ペヨンジュンを知ってから、知らなかった頃よりもずっと幸せな気分を味わってますね。e-419

マユミンさん、来月、初韓国ですか~いいねe-319  
チョウミヤ・・って。何でも「初」はいいです。e-349
初の韓国で、小さい「初めて」を一杯集めて来てくださいね。
旅行は計画してるときから、もう始まってますね。今から楽しみですね~

hiroppinさん、<ソウルの空の下にはいないんだなあと思うと寂しいですね。>
そうなんだ・・そう?
ハナヨの本を片手にヨンが歩いた道を歩けば・・本が重くて、重くて。。(笑)

野すみれさん、窓辺に立てかけてある先生の似顔絵、さすが!気がつきましたね。
とてもよく似ていえて思わず手にとってマジマジ見せていただきました。
似顔絵の先生はとても可愛いんです。そして、目の前にいらしゃる先生はかっこいいです。ちんちゃ。

お話をしながら、さりげなくお茶を入れてくださる先生の手は無意識に動いてるようでした。
しなやかで静かで自然な動き。お茶碗が空くと、すっと先生の手が伸びてお茶碗を引き寄せ入れてくださる。
それで23杯だったのね。。。。もしかして、ヨンジュン、おなかがタプタプでも、そのスムーズな流れを止めたくなかったのかも~

IZUさんは仔犬ですか~かわいいじゃん!v-286

<到底、私には果たせそうにない>
私ね、ヨンジュンを知る前は、家族を置いて私だけが友達と旅行するなんて、絶対に考えられなかったんですよ。
信じられないでしょ~  信じてよ~

お帰りなさい。

やさいさん、こんばんは。
素敵な韓国の旅でしたねv-353

一本の松を見て「自分のよう…」と表現する、ペ・ヨンジュン…やはり、普通の青年ではないですね…e-420。「孤高の人」…まさに、その通りですe-461

私も、いつかこんな旅をしたいです。 いつになるかな~~その時まで、このKeytoKoreaがこの様な、上質は旅を企画し続けていてくれるといいのですがv-421。 

ヨンジュンのドリーム・ハイが、少しずつ動き出したみたいです!楽しみに待ちますv-290

ぽかぽかようきさん

静岡のやぶきた種のお茶の話、ブログで見ましたヨン^^  
先生もやぶきた種の話や日本のお茶の話など、たくさんの時間を割いて教えてくださいました。

山の茶畑では、やぶきた種の実よりもずっ大きい実がなってました。

<私が韓国にいっても行けないような極上の旅だったんですね~。>
いえいえ~ 行こうと念すれば行くことができます。
年月を経ても、ずっと変わらないものをハナヨ本は紹介してくれてますから~

NoTitle

やさいさん、待ちかねました(^^)お帰りなさい!
私が憧れているいつか行きたい素敵な旅の報告さっそくありがとう!!
そうですね、一歩思い切って踏み込まないとただのあこがれで終わりますね。
この所、足が痛いのどこがどうだの、だんだん古びてきていますから私もはやくしないと。

こんな素敵な先生方とどんな風に会われたのか先生方はヨンジュンさんをどう受け止められたのかそれをとても敏感に伝えてくださってほんとにありがとう!
そしてその先生方との出会いでずんずん大きな木になっていくヨンジュンさん。
孤独ではなく孤高の人。まさに!
ご紹介いただいたお茶を頂きながら今ほっとしているところです。
次回からもとうとうとお話しくださいませ!
お待ちしています。

深夜になりました~

mitzyさん、sirakawaさん、こんばんは~v-280

mitzyさん 余計なことを考えないで、ただ、ただ、ハナヨの本を道しるべにヨンジュンの跡を辿りたい・・そう想わせるペヨンジュンは凄い。

もうすぐ始動する・・・楽しみ楽しみ~~v-345

sirakawaさん、行ける時に行っとこか~v-410
見えるところの長さよりも三倍も深く地中に根を下ろしてるって、ペヨンジュンのような・・
山頂の一本松もヨンのようですけれど、

優雅にゆっくりお茶の味を楽しめるようになるには、私はまだまだ、かかりそうです・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おかえりなさい~!

オンニ~すごく ステキな旅だったのですね^^
うっとりと読ませていただきました!
これから先も もっともっと記事がアップされるのでしょうね☆
楽しみにしています♪
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。