FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩山漆芸美術館

ペヨンジュンを通じて知った漆のこと、全龍福先生のこと、岩手県のこと、盛岡市のこと・・・

岩山漆芸美術館と全龍福先生について、先日から、とても心配な報道がされています。
その報道で心を痛めて、私にメールや秘密コメントをくださった皆さん、私も同じようにへこんでます。
ペヨンジュンは今度の報道をどのように聞いているのかと思えば、もっと辛くなります。

私には報道される以上の事は、何にもわかりません。当然、情報源はマスコミだけです。
けれども、私はメディアで報道されることが、すべて正しいとは思ってません。
例え、新聞に掲載された記事でも、ニュースキャスターの発する情報でも、常に真実を伝えているとは限らないことを知っています。
〝マスコミの報道を鵜呑みにしてはいけない”という事は、ペヨンジュンの家族になってから、何度も何度も、悲しい思いや悔しい思いをして学習したから、ハッキリと云えます。

関係者が多ければ多いほど話がこんがらかって、真実が見えなくなることも確かです。
全龍福先生と盛岡市と各界関係者との間にある見解の相違、思惑、利害なども当事者にしか核心に触れることはできないでしょう。

だから、黙って、事のなりゆきを見ているしかないのですけど、ただ、思うのは・・
全龍福先生は芸術家。事業家でも政治家でもなく芸術家。
それなのに、才覚あふれてバイタリティーもあったものだから、守備範囲を大きく超えて何もかも、ご自身で処理しようと無理なさったんじゃ?
全龍福先生には、ペヨンジュンに信頼されるアボジでいてほしいです。
伝統を守る芸術家として、活躍していただきたいです。






岩山漆芸美術館のHPからコピペして持ってきました。


~岩山漆芸美術館、全龍福館長に関する報道について~

岩山漆芸美術館、全龍福館長に関する報道についていつも岩山漆芸美術館をご支援して頂いている沢山の方々には、最近の色々なメディアの報道でお騒がせし、ご心配をお掛けして本当に申し訳御座いません。

全龍福館長は盛岡市の依頼を受け2004年に岩山漆芸美術館を開館し、援助を受けることもなく一生懸命守ってきました。美術館が長い間使われてなかった為、開館するにあたり、内装工事から作品作りなど、全て全龍福館長の資金で行いました。韓国人とか日本人とかではなく岩手県人、盛岡市民としてこの地域を愛し、自分に漆の魅力をもっと深く知らせてくれた日本、そして岩手に感謝の気持ちを込め、この地域に役に立つ美術館にしたい、岩手を元気にしたいと言う気持ちで今まで美術館を守って来たのです。

ホームページにこの様なお話を書くことを迷いましたが、メディアには毎回どんなに訴えても事実とは異なる事を書かれてしまい、これでは美術館を応援して下さる方々をもっと心配させてしまう事になると言う思いで、この様に美術館の立場をご説明する次第で御座います。

誰の支援もなく、全龍福館長、個人の収入で4千坪にも及ぶ美術館を経営していくことは並大抵のことではありませんでした。それでも、何とか岩手の素晴らしい文化が残っている岩山漆芸美術館で、日本の漆芸術を沢山の人々に知らせたい、そして何とか日本と韓国の友好にも役立ちたいと言う気持ちで頑張ってきました。この気持ちは今でも変わりが御座いません。しかし、経済的に大変なのは事実でありますし、盛岡市に返済しなくてはいけない賃貸料があるのも事実です。この為私達の意志とは別に事態によっては、3月末をもって美術館から撤去をしなくてはいけなくなりました。

2004年オープンの時から今まで命を懸けて守ってきた美術館で御座います。全国から沢山の方々にお越し頂き、喜んで頂き、そして縄文時代から使われてきた日本の素晴らしい漆文化について知って頂いた美術館で御座います。今でもここで頑張って行きたいと、どんな形でも美術館を存続させたいと言う気持ちには変わりが御座いませんが、この様な私達美術館スタッフ一同の頑張りだけでは残念ながら力不足であるということを痛感しております。

また、仙台の会社社長関連の記事も皆様ご存知かと思います。全龍福館長がペ・ヨンジュンさんを利用して工事を受注して実際は工事は行わなかったと報道されております。全龍福館長は誰よりもペ・ヨンジュンを守ろうとしている人で御座います。しかし、あまりにも沢山の人々や団体がペ・ヨンジュンさんを利用しようとするため、そういう人々からぺさんを守るためにも当美術館を一緒に運営することにしていた、館長が代表を努める(株)オリエンタルトレジャーに出資をすることも中止させました。こういう全龍福館長がペ・ヨンジュンさんを利用し、工事を受注したと言う事は事実無根で御座います。ペ・ヨンジュンさんが美術館を訪れた後、工事を頼んできたのも仙台の会社の社長です。契約金を頂きましたが、閑散期になるまで工事は待ってて欲しいと頼まれたため着々と準備だけ進めておりました。それが一方的に工事を取り消しにされ、頒布会を行って契約金を返却しようとしていたところに、あの様な記事が出でしまい、私達一同は唖然としております。これは、美術館を応援して下さった方々のためにも名誉棄損として訴え、私達の無実を証明するつもりで御座います。

なお、何とか賃貸料を返済し美術館を存続させたいと思っておりますが、それは私達だけの気持ちだけでは存続する事は出来ません。今、一番心配をして下さっているのは友の会の皆様だと思います。有効期間が1年と言うことで申し込んで頂きましたが、私達の望みが叶わないこともあるかも知れない現状です。友の会の方々にお送りした漆の作品を受け取った方も、まだ受け取ってない方も、ご希望の方には全て1万円の入会料をお戻しいたしますので、ご連絡くださいませ。作品はお返し頂かなくても結構です。

新聞で何を書かれ、何を報道されてもこの美術館を応援し、全龍福館長を信じて下さっている方々に、この場を借りて感謝の気持ちをお伝えします。また、ご心配をお掛けして本当に申し訳御座いませんでした。 何とか頒布会などをして資金を作り頑張って行きたいと思います。なお、予定通り韓国文化院での展示会は行いますので、機会が御座いましたら是非足を運んで下さいませ。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

今後とも岩山漆芸美術館に暖かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

ペヨンジュンのためにも、私は信じたい。けれど・・   早い解決を望みます

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

こんにちは。全先生のことは、正直、私にはわかりませんが、
マスコミの報道は話題性重視なので、いろんな点で偏りがあるのでしょう。
人は、色んな側面があるので、全先生にも、あわよくば・・という気持ちがなかったわけではないと思います。
ヨン様を利用しようとする人は、ごまんといるはずで、今までも、似たようなことは、あったと思います。
全先生は、りっぱな芸術家です。少々、軽はずみなことをしたからと言って、今までの功績がきえてしまうわけではありません。
すべて、どちらかが、正しいとは、言えない世の中・・。
この件で、ヨン様との仲が、壊れてしまうとは思いません。
人は、正しいことばかりしているわけじゃないんですもの。

ルイさん

早速、私のつぶやきにお返事をありがとうございます。

<マスコミの報道は話題性重視>
ホントに、そう!直接にインタビューしたものでさえ、編集すればどのようにも、見る側に与える印象を替えることができますから。

ルイさん<今までの功績がきえてしまうわけではありません。 すべて、どちらかが、正しいとは、言えない世の中・・。 この件で、ヨン様との仲が、壊れてしまうとは思いません。
人は、正しいことばかりしているわけじゃないんですもの。 >
いたくいたく同感します。

つい、大風呂敷を広げたってこともあったかもしれませんけど、それも、フロンティア精神の表れだったと思います。
それに群がった人たちの思惑が外れてしまった・・それが真相じゃないかとか、モンモンと考えていました。
世の中、不景気ですもの・・v-388




NoTitle

何で読売新聞と毎日新聞が敵のようにヨンジュンのせいのようにもっていこうとするのかがわかりません。

日刊スポーツガ朝日系なのでそのタイミングがなんともいやです。阿野事故のときのようにヨンジュンは自分に非があるとおもえば必ずきちんといいますから
私は信頼しています。

大体がヨンジュンに頼るということがおかしいです。
お金に関することだけに、真実を報道してほしいです。


uraraさん

あの二紙は、どうしても「ペヨンジュン名誉館長」の名前を出したいって言う意図が見えます・・・よね?
真実を報道したいなら、余分な文章、関係ない人の名前は削って、分かりやすく書けば良いものを・・・v-412

ほんと・・一連の報道が、韓国美の出版に遭わせたようなタイミングでした。
だから、よけい、韓国美日本版の増刷が遅れたことが悔やまれます。それはそれ、これはこれ!関係ないと目にものを言わせてやりたかったです。

あの二紙の関係する出版物の編集長たちに言いたいことがあります!言っちゃいます!

ペヨンジュンの悪口を言うな~~~v-217

なぜこのタイミング?

やさいさん、ご無沙汰しておりました。

報道機関に関する考えはまったくやさいさんと同じです。

一つの事柄がまったく違う見解で語られているのですから、
はたから見たときに何が真実だかはみえてこないですね。
ただ、誰がということではなく、影響力のあるヨンジュンさんを利用しよう(この言い方は使いたくないのですが・・・)という
流れは、今回のことに限らず常におこっているのではないかと
思いました。
損得のからまない信頼関係。
これもヨンジュンさんが言うところの失ったものの一つなのかもしれませんね・・・・・

ヨンジュンさんは自分が先生と関わってしまったために、
先生を苦境に陥れてしまったと思っていないか
それが心配です。

だからこそ先生がヨンジュンさんを守りたいとおっしゃっている言葉を私も信じたいです。
彼らの揺ぎ無い信頼関係を保っていただくためにも・・・・

私の中では、テサギやハナヨが韓国で高い評価を受けたことによりやっと「外出」の怨念を晴らした気分だったのですが、
まさか日本側で足を引っ張るような記事がでるとは思ってもいませんでした。
ヨンジュンさん渾身の作品であるハナヨが汚されるようで本当に悲しいです。
とにかく早い解決をお願いしたいですね。

岩山美術館、頒布会

こんばんは。

え~、先日友の会に入会致しまして、作品が送られてくるのか心配になり、美術館にお聞きしました。

で、そのメールを送ったすぐ後に作品が届きました。

作品と一緒に送られて来た手紙(?)で、美術館の頒布会を知り、ホームページからでも全館長の作品を購入できることを知りました。

そんなこんなで、今日は美術館の広報の人と何回かメールのやりとりをしました。

希望の品の在庫確認もしてくれました。何と!もう!売約済みでしたv-31

今日の午後、メールやりとりした感想は、マスコミの報道に美術館の方々はとても心を痛めています。
美術館の経営が大変なのは、どこも一緒ですが、できるだけ頑張っています。

美術館を100パーセント信頼して、これからも応援します。
岩手にヨンジュンさんが来た時、心休める場所、何とか残って欲しいものですねv-22

3億円の宝くじを買うことも考えましたv-17

マスコミにヨンジュンさんの悪口が書かれていたのですか?
気付きませんでした。
悪口言った出版社、よ~く覚えておきます。
決して許しませんv-42
どんな悪口か知らないけど、悪口なんて聞きたくも、知りたくもありませんv-42


NoTitle

くわしいことは知りませんが、ヨンジュンは、自分がしたいと思ったことは初志貫徹、付き合いたいと思った人とは、自分の基準でお付き合いをするひとでしょう。言うまでもなく、相互理解、という意味。ヨンジュン自身、けっこうな会社のオーナーという現実の中で生きる男の一面を持つ。

漆の師匠に魅せられ、ぼくで役にたつことならどうぞ、と、他人の思惑は気にせず交流を深めたのでしょうし、人間的に魅かれ続けるなら、周囲の雑音は気にしないでしょうし、そうでなければ、、、という部分は、ヨンジュン自身の判断。
ガラスの少年のガラスは、ある部分、防弾ガラスかもしれない。とにかく、自分で判断する人、ヨンジュンは。だから、誰がナニを言おうと、もろいが故に魅かれてしまうソーダガラスの部分のヨンジュンの、人間的な煌きに、傷はつかないと思います。傷も魅力だわ。言いたいこといっぱいで文脈めちゃくちゃ。ヨンは芯の通った多面体、一途な万華鏡。

身もフタもなく言えば、どこの美術館も、いま大変。やさいさんがアップして下さっている文章も、精一杯の、悲鳴のような感じを受けますが、初めから難しいことでしたでしょう。私も漆器は大好き、たいしたことないお料理でも、漆の器に庭の葉っぱ一枚ちぎって来て、卵の黄色、白和えの緑、なんぞ、なんか美味なるものに見えて来るし、ココロにゆとりある主婦だわ私、のナル気分も味わえる、が、日本の誇る和服と同じ、日常に使いこなしきれません(私メの場合ね)。現実の話として、滅びかけている美しい尊いものの一つなのです。
新しい施設を作る、ことに、さまざま、あった、のかどうか、ルイさん、やさいさんのおっしゃっていることに同感、です。

ただヨンジュンは、特にものすごく傷ついたりしないし、師匠に対する気持ちも、そんなに変わらないのではないか。
そういう風にだけは、考えます。先生のはったりも、きちんと小ずるいであろう部分も、見抜いて、受け入れていると思う。外国から来て、あれだけのことをされていて、きれいごとだけではないと、誰もが思うでしょう。先生が芸術家であられるなら、いい作品をつくられればそれでいいのですーとは、いえないのよね。実際。頑張っておられたのです、きっと。

ルネサンスの頃に芸術の花が咲き誇ったのは、大金持ちの貴族が、パトローネになり得た背景があったから。膨大な無駄や浪費の上に成り立つものが、あるとしたら・・・。
漆の作品を、芸術として、鑑賞する、、自信は、無い私です。
今年も正倉院展には駆け込んで、漆のものも見た・・実用品として使われていた、それは素晴らしいもの達を・・難しい・・でも、ヨンのせいではない。それだけは、きっぱり、思います。
ムリとわかっていて、はかない、淡い、切実な、あるいは、甘い望みを、かけた人間がいた・・かな、と・・今日はやたら・・が多い・・
ヨンジュン自身だって、比類ない芸術品と、家族は知っているが、未だに「ヨン様」だものな・・解れと強要するこたは、できなし、してはいけないんだ・・消えたお金は返りません。これ、本と。不可解なことが、きっと沢山。
ほおっておいたら、明日まででも・・ぶつぶつ言っていそうです。
でもヨンジュンは、前を向いて、しっかり歩いてゆくのでしょう。


NoTitle

すみません、私、ほとんど何も詳しく知らず、感情だけで書いて、的外れかも知れません、さっきの。も少しきちんと知ってからも一度考えます。軽いことしてすみません。

と、これはこれとして。
以前から言いたかったことがある。
ほんとかウソか、ヨンの人気は、日韓の仲をよくするために(幼稚な書き方だ)、日本のとても力のある、大きなどことかが、あおって、ヨンを押し立てて、こんな風にしたと、まことしやかに書かれているものを、読みました、かつて。けっこう何度も、それらしきものを読んだよ。
ふん、なんとでもお言い、オトコの分際でと許してあげて来たが、まったく脈絡無く、今、吼えたい。
男マスコミの、せこい、嫉妬まみれの、ええと、どなたか様。
なめたらあかんぜよ(夏目雅子さんのあの言い方で読んでいただければ・・)。
ヨンジュンが「よい」「すばらしい」から、みんな、好きなのです。誰かに、何かにあおられて、わー、と、ヨンさま~と、言っているわけではない。
いつもいつも、奥歯に意地悪のはさまったような、露骨に「おんな・おばちゃんの相手」と決め付けるような。
ふざけてはいけません、以前ブログ主のやさいさんが書いておられたが、女性の持つ力をみくびっていると・・、そんなことまで言いませんが、アタマの中一度、すっきりさせて、ぱっちりしたお目目で、現実の女の人たち、見てごらんよ。
マスコミを目指した、若き日の自分の、心のたぎりを思い出すかも。そんな日もおありでしたでしょう。
大きなお節介ですが。ほんと、要らんお節介ですが。
見苦しいですよ(え、私も?いいです)、ヨンの悪口、言うな。言うな。書くな。書かれなくてはいけない人ではない!。

NoTitle

いま、かわいいヨンともさんからメールをいただいて

池袋西部デパートのゴシレ権にいってきたらすごい人だったそうです。きょう開店なんです。
いいお話を少しでも聞きたいからうれしいです。わたしも明日いってきます。30種もあるそうです。

ドラマの風?

再度こんばんは☆です。

何やらドラマの風が吹いて来ているようで・・・

未だ小さな小さな風ですが・・来年あたり・・ドラマ出演の話が具体化しつつあるとか・・

ヨンジュンさんのことをどう言っていても、ドラマや映画で心を持って行かれるかも知れませんよ、マスコミの男性諸君v-221

インタビューで「次の作品」という時のヨンジュンさんの妙に輝く瞳が気になってました・・何か隠しているんじゃないかと・・

今になると、「今年いっぱいは健康回復に最善を尽くします」の「今年いっぱいは」も気になります・・来年は?って・・

ただのそよ風で、直ぐに止んでしまうかも知れませんが、今暫く気を付けてみようと思いますv-10

ダイヤモンドは傷つかない

ヨンさまを知って分かったこと=マスコミのいい加減な報道 でした
あの世界、なんだかんだ言っても、男社会なんでしょうね。
でも、世の男に、オバサンと言われようと、オバサンはね、オジサンとは違って、加齢臭を漂わせることも、くたびれたズボンをはくこともないですから~~
世の中、オバサンがいなかったら、動かないことを知らないのでしょうか~~
(彼のこととなると、過激になってしまうの、みあねよ~v-15

誰が何と言おうとも、何があろうとも、ぺ・ヨンジュンは、ダイヤモンドe-420
学歴社会と言われているお国で、あえて大学に行かず、わが道を行き、下積み生活も経験し、それをみ~んな、良い方向に吸収して、身も心もドンドン磨き、磨かれ~~カンペキにカットされた、ブリリアンカット?のぺ・ヨンジュンになった、と思うんですヨンv-308
だから、彼は、ケンチャナ~v-433

チョン先生も、芸術家、職人の腕と根性とバイタリティお持ちの方だから、大丈夫!v-433
この不況の世、技能と根性が何よりの財産ですよね?

チョン先生作の漆で描かれた竹の絵、我が家で唯一の出所明らかな芸術作品なんですよ。
大切にいたします~v-25
それから・・・一昨日、田舎の親戚を連れて、雅叙園に見物行ったんです。スタッフの方が、エレベーターの漆を説明してくださって、鉄板に漆を張るのが大変なこと、チョン先生の名前やご本のこともおっしゃってくださいましたよ~うれしかったです~

ひとり言

「漆」も「螺鈿細工」も素晴らしい芸術です。
基本的に「芸術」はお金になりません。
ヨンボクさんは螺鈿細工を日本に広めようと、
認められる日もられない日もコツコツと努力されてきた方だと思います。
ヨンジュナもそういうヨンボクさんを師匠と慕い弟子入り志願したのだと思います。
今回の事で師匠と弟子の関係が崩れるとは思いませんが
日本人や「芸術」で金儲けしようというお役所の浅ましさが見えて悲しくなりました。
ヨンジュナの耳に届かないでほしいと願いたいくらいです。

「展示博物館」がどのくらいの利益を生み出すか
それが微々たる金額であるくらい
役人が電卓をはじいただけでも解るでしょうに…
交付金を支給する際にも厳しい審査をしたはずです。
そんな審査もせずに「ぺ・ヨンジュンが来た場所だから」というだけで
お金になると換算したとしたら、自分たちの無知と「芸術」を馬鹿にした事を恥じるべきです。

ヨンボクさんとヨンジュナを利用してお金儲けしようとしていた民間人、お役所
大きな声で吹聴したものの思ったほどお金も集まらず
納め所が見つからなくて
全部博物館側のせいにしているようで
民間人だけならまだしも、
無駄なところに湯水のごとくお金を使ってきたお役所までが
「芸術家」相手に、マスコミまで巻き込んで騒いでいる事が一番腹立たしいです。
岩手県民の方がいたらごめんなさい。

なんだか気持ちをうまく書けないのが腹立たしいのですが
もし私が岩手県民だったら知事室に乗り込みたい気持ちを
これまた「ヨンジュン家族のおばさんが乗り込んできた」とニュースになったら大変と
地団駄踏みながら必死に抑えている事と思います。


いつだって矢面のヨンジュン(真の男前~)

ありとあらゆるものが降りかかるヨンジュンさん
その大変さは想像の域をはるかに超える壮絶なものでしょう・・・
ですが・・あんなに綱渡りなテサギをなんとか形にし、韓美を短期間にあのクオリティーでつくりあげた今、彼の事は必要以上に心配しなくてもいいと断言できます。
誰よりも先見の明があり、謙虚でありながらも自分のポリシーはしっかり持っている方。彼が傷つかないかと気を揉んでいるカジョクの事も見えているでしょう。そう・・・私たちに出来ることはせいぜいそれぐらいのこと。だからせめて怪しい情報にはくれぐれも振り回されないように、丹田に力をこめてデン!と構えていましょう~(ってエラソーに言ってますが、正直心配ですねん^^;)

マスコミについては、こんなに主観的な媒体だとは思ってもみませんでした。彼らは忙しすぎて、この世の中を上滑りに騒ぎ立て煽っているだけで・・心は置き去り。思い込みだけで持論を吹聴しているように感じます。
散々言われてきた韓流は〇〇が仕掛けただの~オトコ社会のあさはかさには冷笑ものです。
あほか!そんなら軽々と第二第三のペ・ヨンジュンをつくりだせたはずです・・・ですが、どうです?この現実。時が経とうが一向に変わらぬヨンジュン人気。私たちファン一人ひとりが自らの感性で選んだ結果です。お宝発見の旋風だったのに、どうしても認められない僻み根性まるだしの嘘記事ばかりでしたね。あたしは~オジサンたちが俺が俺が~ってウソ書く前年からヨンジュンさんにキラーンv-10となった証人ですから。あくまでも自己意思!こんな人、たくさんですよ。
ともかく、彼は彼らしく生きて(健康に)素敵な作品をひとつでも多く大衆にプレゼントしてくれれば、いつかは必ず理解されると信じています。

そうよね!大丈夫よね!

ミラクルさん、やまねさん、KUONさん、再びのuraraさん、mukuちゃん、こんばんは~!
真相のはっきりしない報道は無視するぞ~って考えていたんですけど、岩山漆芸美術館のHPにアップされた悲鳴のようなスタッフの言葉を読んでたら、皆さんのお話しを聞いてみたくなったんです。ありがとう~

ミラクルさん <ヨンジュンさんは自分が先生と関わってしまったために、 先生を苦境に陥れてしまったと思っていないか。それが心配です。 >
その通りなんです。そんな風に、自分のせいだと考えていやしないかと心配したんです。
そして、ことさらに美術館の経営難とペヨンジュンが来館しないことを結び付けようとしてるメディアに、意図的なものを感じてます。
まずはアンチヨンのオジサン読者が喜びそうなストーリーを作り、それに沿って、出来事を並べ替えているんじゃないかとまで疑ってます。v-294

やまね さん こうなると、友の会は応援団みたいな感じですね。
かの新聞社グループの週刊誌では、今に始まったことじゃなくて、事あるごとにぺヨンジュンを自分達のレベルまで貶めて記事を作っています。
実は、私、もう冬ソナブームの頃から、某紙系は買わない、読まない、信じないの三無いを続けているんので、広告の見出ししか見てないんですけど・・見出しだけで、充分、ハラ立ちますv-359 うん、無視、無視・・e-394

ドラマや映画、早くみたいですね。誰よりもヨンジュンがそう願っているように思いました。そろそろ、演技したくてウズウズし始めたんじゃないかしらん?
ただ、彼は弱音を吐かないけれど、太王四神記で負った怪我は思ったよりも深刻な後遺症があったんじゃないでしょうか。
それで、旅に出た。旅にでて考えたら、やっぱり、俳優を続けたいと思った。ボチボチやろうか・・なんてe-349

KUONさん ガラスの少年は、クリスタルグラスの強さですね。いや、ホントは、ダイヤモンドの少年ですね。
透明だけど輝いて強い。
だから、全龍福先生を取り巻く嵐を心配しているかもしれないけれど、彼が傷ついたり、被害を被ったりはしない。そう信じたいです。
お金の話をすれば下品と思われそうですが、全てはお金が絡む。仰るとおり。。芸術も算術には勝てないのが現実ですね。本当は、今のように先が見えないときこそ、ホンモノの美術品、芸術品を愛でたいものですが、そんな余裕・・ない。
良い作品を作るにも、売れるまでは、先行投資・・お金がいる・・経営が圧迫されるe-330
なんとか、絡まった糸がほぐれるように、良い方向に動き出しますように。

uraraさん、お惣菜やさん「ごしれごん」・・たんすにゴンみたいだけど・・・いろいろお味見して、感想を聞かせてください。
(田舎モノは、また!蚊帳の外。感想だけ聞いてガマンする。。。笑)

mukuちゃん お!またまた、気が合っちゃいましたe-267
そうです~~ヨンジュンは完璧なナントカカットのダイヤv-353(今ねブリリアンカットより凄いのんあるの・・あんまり縁がないから、なんていうのか忘れた・・笑)
全龍福先生が漆で描かれた竹の絵、そりゃ、家宝になさって~v-218
そうですねv-21全先生には誰にも負けないバイタリティーと技能と根性がおありですから、それに、丈夫そうだし・・
v-342そ~のうち、なんとか な~るだ~ろぉ~~
(↑ この歌、判る人、いるんだろうか・・・v-389

ドン亀タイピングの間に・・

lillyさん、ginkoさん、ようこそ!こんばんは~v-415

lillyさんのコメント全文、そのまま、盛岡市の議員さんや関係者にヨンでいただきたいですv-364
私も盛岡市民じゃないから、詳しい事情はわからないけれど、賃貸借契約だという事実にまず、のけぞったんです。
だって、盛岡市の手厚いバックアップを受けてのリニューアルだと、私、勝手に思っていたんです。
産業振興の一環か何かの形で、漆工芸の知名度を上げるためにも、市の文化施設的な扱いを受けても良いと考えていたんです。
盛岡市民の皆さんにしてみれば税金投入の話で、そう簡単にはいかないことですね。
ともかく、そういう問題があったにしても、面白おかしく、さも、ペヨンジュンが関係したように報道する遣り方には憤りを感じます。
そして、全龍福先生の功績を全く知らないんじゃないかと思うような失礼な記者たちに、v-217

ginkoさん<彼のことは必要以上に心配しなくてもいい>そうね!
彼(ペヨンジュン)は大地にしっかり足をつけて、まっすぐに立って、ずっと遠くの未来まで見据えている人だから、そこらのオジサンが何を云おうと微動だにしませんね。動じない、ぶれない。

ウチの睡蓮鉢にわいた巻貝に太平洋を想像してみなさいって言っても、わっかんないように、偏狭な記者・編集者には人間ヨンジュンのスケールを想像できないんです。気の毒です。

伝統的な美術工芸品の価値は金銭に換算できない部分のほうが大きいと思うんだけど・・・

ヨンジュン家族は宝物

初めまして、最近、このやさい様のプログを見せていただき、心の澄んだ愛のある、正しい見方の出来る素晴らしいヨンジュン家族のカキコだと、大フアンになりました。
岩手の漆芸美術館運営とペ・ヨンジュン様とのかかわりも、皆さんがとても良く理解し、「ペ・ヨンジュンの真の姿」「チョン・ヨンボク先生」の芸術家としての信念もこのような不況の世の中になって、支援されるどころか、泣き面に蜂の新聞報道に、現実の厳しさにさらされてしまった大変なご心痛だと思います。
実際での資金不足に援助どころか取り立てに追いまくられて、時間的な余裕も余りないことかと思うと、本当に心が痛みます。

「ヨンジュンさんと先生との信頼関係」はゆるぎないものでしょう。
運不運苦労も散々に味わい乗り越えてこられたお二人です。
韓国人としての誇りと粘り強さは私たち以上にあられると思います。きっとお互いに、立場を尊重しつつ一層の解決と次への飛躍のためにこの苦難を乗り切り、もう充分にお世話になった盛岡の市民、日本での漆芸術を一層磨けたこの地への恩返しは出来ました。
これからは、個人では到底まかなえない美術館の存続は、苦になり地域なり日本人がやるべきことで、「チョン・ヨンボク先生」はご自分の漆芸術への情熱と天才的な力量のほとばしり出るままに永久に残る偉大な作品を残されることを心から願っております。

s.mizuno さん

はじめまして、初コメント、ありがとうございますv-300v-300

何を見ても、何をしても、思考回路が全てヨンジュンへと向かってしまうんです。
この思考回路のせいで、脱線しまくりますが呆れないでねv-392
いや・・呆れながらも、度々、遊びに来てくださいね。こちらに来てくださる皆さんと一緒にうヨンラブを叫びましょう~v-411

ヨンジュンはヨンジュンの場所で、全先生は全先生の場所で・・それぞれ活躍してくれるはず!
私達は自分の場所で、ヨンジュンを愛し応援していれば良いと考えてます。
ヨンジュンは私達が想像するより遥かに大きくて強い人だから、大人なんだから、ヨンジュンの名前を汚そうとする悪意のマスコミにも負けない、ノープロブレム!大丈夫って信じてます。ね、そうですよねv-220

みなさん勘違いなさってますね。ヨン様に会社設立の話しを持ちかけ断られたのは全さんです。美術館のコメントには偽りがあります。全さんは盛岡市にヨン様の協力を得られなかったから閉館すると言っています。ヨン様からの資金協力をあてにしていたのです。花巻の旅館の工事を請け負う時にヨン様を持ち出して話しをまとめたのも事実。工事をしないで前金一千万円だけ受け取って訴えられたのも事実。以上の様な理由でヨン様からも盛岡市からも見放され美術館完全撤退しなければならなくなった。ヨン様から全さんにはまったく連絡がないそうです。関わりたくないのが本音じゃないですかね。
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。