FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムジャン記念日

私達がヒョゼさんの家に行った日のちょうど一年前、
2008年11月9日に、ヨンジュンチームのキムジャンが行われたそうです。
(追記です。「去年の今日」と、ヒョゼちゃん仰ったけど・・12月の間違い?かも・・)   

勝手に記念しよう~  キムチ記念日 

この味がいいねと 君が云ったから 11月9日はキムチ記念日 
                 (俵満智・サラダ記念日パクリ・・

ヒョゼさんの家は二件あります。 ショップとは別に寝に帰る場所。家の裏が岩山。
白い門扉のヒョゼ先生の家。DSC08292s-1.jpg

門をくぐって、すぐに目に付くのがキムチの瓶 瓶 
DSC08259s-1.jpg
一番大きい瓶が、昨年、ヨンジュンたちがキムチを漬けて土中に埋めてあった瓶。
今年の瓶と選手交代して、ここにありました。
DSC08280.jpg

ヨンジュンの松は、崖のテッペンにあります。この松の木の下で、ヨンジュンがゴシレをしました
DSC08272s-1.jpg
キムジャンの日、ヒョゼ先生は、用意した壷をヨンジュンに渡し、あの松のところまで登って
ゴシレをするように云いました。
ほぼ垂直に見えるくらい急です。だから、壷を持って登るのはとても大変です。
ヨンジュンは、しかし、大事に壷を抱えて長い足をうまく使い、男らしく、かっこよく 登ったそうです。
DSC08266s-112.jpg

ゴシレで願い事をすると、1年以内に叶うんだそうです。DSC08268s-1.jpg


もしも、ヨンジュンが結婚や恋愛について願っていたなら、もう叶わなくちゃいけないのに、
全く、その兆候が無いという事は・・
ヨンジュンは、ただ一心に、韓国美の本の完成だけを願ったんだねって。

ゴシレを終えて、ヨンジュンは、ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり、降りてきたそうです。
先生は、その様子を見て、落ち着いてて慎重な性格なんだなって思ったそうです。

けれども、本当はそのとき、ヨンジュンは足が痛くて崖の上り下りがとても辛かったという事を、
ヒョゼ先生は知らなかったんだそうです。

先生はヨンジュンが怪我したことなんか、このときまで知らなかったから・・・
太王四神記なんか見てなかったから・・・  (今夜、ちょうど17話だね。)
DSC08264s-1.jpg

ヒョゼさんは、一言、怪我でまだ足が痛いと云ってくれたら、何もテッペンまで登らせなかったのに、
そこに立ってゴシレをしても良かったのに・・・と、仰いました。

そして、何の云い訳もせず黙って、指示通りに登って降りてきたヨンジュンを、
改めて、なんと誠実な子なんだろう、なんと男らしいんだろう と思ったそうです。
DSC08281s-1.jpg

この家に集まって何かするとき、この黒板に、その日のテーマを書くそうです。

DSC08274s-1.jpg
キムジャンの日、ヒョゼ先生は、ここに 김치(キムチ)と大きく書いたそうです。
そしたら、ヨンジュンがその横に、親分 イヒョゼ、 子分 ペヨンジュンと、書いた

それで、ヒョゼさんはヨンジュンを『子分』と呼ぶようになったんだそうです。
子分っていう発音が面白いんです。こぽん・・DSC08275s-1.jpg

この床に、なが~い足を投げ出して、ペタンと座るんだって、ヨンジュン。
DSC08276s-1.jpg

ヒョゼ先生の家にはカーテンがありません。
山肌に囲まれてるから、外から覗くのは狸か小鳥くらい。
DSC08278s-1.jpg

ヒョゼ先生特製ポストカードに、
つぶあんぱんオンニが、サラサラとヒョゼ先生のイラストを書いたら、
ヒョゼ先生、目ざとく見つけて、大喜びされ
いきなり 炊飯器の蓋をあけて、ご飯ツブを指にとり・・
柱にぎゅ~っと練りつけ、ぺたんとポストカードを貼り付けた 
DSC08279.jpg

あんぱんオンニのイラストも素敵だけど、先生の咄嗟の行動も素敵
かわいい かわいい~

名残惜しく・・・あんにょん 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

誠実な子^^

やさいさん 真夜中にこんばんは^^
旅の支度やら何やらやっていたら、こんな時間に^^;;気分転換にここを覗いたら^^
またまた大好きなお話が^^。
高矢禮のお話、、ああ又いい話だな~って
凄く心にしみて。
この話をヨンで あの本と繋がります^^ヨンジュンssiを特別扱いせず、「誠実な子」などと表現するヒョゼ先生、いいですね~~
親分 子分のお話も微笑ましい^^
彼を俳優やスターとかのフィルターを通して接するのではなく年下の素直な青年として接する所が本当にいいです^^ヨンジュンssiも素のままを出せる、、つぶあんぱんさんのイラストもとっても可愛くて特徴をよくとらえてらっしゃる^^
また ほっこりとした気持ちになれました~
この気持ちを持ったまま 韓国へ旅してきますね~
ああ それとヒョゼ先生の爪の塗り方^^いいわあ~~今度やってみようっと^^
タムトクは録画してるので後日ゆっくり見ます
だって作業の手が止まるから~~(^^♪

v-52

NoTitle

やさいさん、こんばんは^^*
Galleryのオフ会でお会いしたsaraです~覚えてらっしゃいますか?v-410

日曜日にチングとお茶してたときに ふとやさいさんの話が出て・・・
(彼女はこちらにたまに寄せてもらってるらしいですぅ♪)
あぁ~、私もちゃんとゆっくりお邪魔させてもらったことなかったわ!と思い
さっそく寄せてもらいましたv-398

やさいさんも ブログはFC2だったんですね♪
ここはあまりヨンジュン カジョクのブログがないみたいで
さみしいなぁ~と思ってたので嬉しいですv-345

やさいさんのブログ、記事もお写真も素敵で楽しくて・・・
あぁ~なんでもっと早くお邪魔しなかったんだろうと
思いました^^;
また遊びに来てもいいですか?ヨロシクです♪

ヒョゼ先生のお話してくださるヨンジュンの姿・・・
私たちが思っていた通りの彼なんだな~と
とても嬉しくて 微笑ましくて・・・
本当に温かい気持ちになりました・・・ありがとうe-266
ヒョゼ先生も 自然体でチャーミングで・・・素敵な女性なんですね。。
ヨンジュンが慕ってるのがわかるような気がします。。
(そして思いました・・・あぁ~ヒョゼ先生になりたい~無理だけど^^;)

ではでは、また お邪魔させてくださいね・・・おやすみなさいe-261


あっ・・、こちらをお借りしてすみませんが・・・・・
kinaちゃん、いってらっしゃ~い♪よい旅を~~e-463

こぼん~

今夜のお話 一番好きだったv-409。。。。
こんな彼をこっそり覗いてみたい。。。。
初めてのカキコでやさいさんに元気に挨拶したいのに胸がキュンe-266となっちゃってだめだわ。
明後日からの旅支度まだ全然。。。というか、ソウルのあまりの寒さにv-276考えまとまらず。

NoTitle

さむいあさ、いまほっこりとした気持ちにつつまれています。

いまでもひざが痛むそうで心いためていましたがそんなことがあったんですね。スターヨンジュンじゃなくて人間ヨンジュンをし好きで愛しく尊敬さえかんじられるヒョゼさん。

ユウモアーにあふれた二人のかもし出すふいんきを
ここまではこんでくれるやさいさん。

りっぱな広報大使です。ありがとう。

幸せな子供になる

メッセージをどうぞ

今日は寒いです

こちらも、ソウルのように、寒くなってきました~
キムチ記念日~おめでとうございます~v-308
今ね、ハナヨを広げて、ヨンでますヨン
この松の木が・・・この崖を・・・あ!この屏風~~とかねv-315
KeytoKorea、お気に入りに入れましたよv-426
吟味された食事付き、匠の先生について体験できて、ヨンジュン話もきけるなんて、これは、ぜひとも、行かねばなりません~i-37
ハルモニツアー、梅ツアー、陶芸もいいなぁ~~
お酒は、下戸の人は、ムリかな?v-402

幸せな子供になる・・ヨンジュン

勢いよく書く前に送信したわ、おはよう、yasaiさん。

ヨンジュンはヒョジェ先生といると、とっても幸せなんだね。
親分&子分になって、親分の指示通り、なんでも言うこと聞いて・・・。なんかわかる気がします。

前を歩く人も、ともに歩く人もなかなか実感できない日常の中で、ヨンジュンが「誰かの言うことをきいて、そのまんまする」事って、すごい安心感があるんだろうな。

私、「韓国の美をたどる旅」の取材動画の中で、一番好きな場面が、彼が和尚さんと二人で同じ足取りで山中を散策する場面なんです。

あ~~彼はきっと幸せだったろうな・・・・
誰かとともに歩けること実感してるだろうなと思い、なんだか救われた気がしたんです。

ヒョジェ先生との出会いも、きっと彼を「幸せな子供」にしてくれたんだろう・・・・
yasaiさんの、心温まるコメントに、こんなこと思いました。

   追伸  韓屋村とともにまたまたいただいて帰ります。
        ありがとう。

こぼんいいですね

e-459いつもいつも楽しくよませてもらい
此処にやさいさんに出会えたこと
ヨンヨンの話の中に人と人との出会いの
縁を感じ凄くしあわせですv-407v-421
ヒョゼ親分子分ヨンジュンいいですねv-424
素のヨンヨンでいられる出会いをされてよかったですねヨンヨンv-421
しっかり働いてヒョゼ先生に会える旅がしたいですv-410毎日此処に来て幸せをもらっています

美しいものたちへ

スカパーのインタビュー番組「美しいものたちへ」で宮本さんのインタビューに答えてゴシレ体験話されていましたね。
足の具合が良くなかったから上り下りにとっても気を使ったって。
何故上ったのかやさいさん教えて下さって有難うございます。
先生ほんとうに芸能人ペ・ヨンジュンに疎いのですね^^;
JOONは先生のそんなところに安らぎを感じるのでしょうね。
11月9日はキムチ記念日 よ~~く覚えておきます。
やさいさんいつも有難うございます。

NoTitle

やさいさん、おはようございます。

そうか~キムチ記念日が11月9日・・
んんん??待ってください~~

重箱の隅をつつくようでアレなのですが
ネットサーフィンしつつ彼の足跡を
過去の「私は見た」情報やハナヨ本で 
パズルを埋めるように楽しんでいた私は
ちょっと、つまずきましたv-12

もうすでにムンギョン窯から旅が始まったと勘違いしていた私は、こちらで北村和敬堂でのサインが10月1日だったとか、
味噌村に行ったのが翌日だったということを教えていただき
その時点で間違った~と、こけて擦りむいてますが(笑)

ハナヨ本、p84にヒョゼ先生に初めて会ったのは
2008年、12月だったとはっきりかかれてますv-219
キムジャンは11月・・・
写真に写っているのはヒョゼ先生?ですよ・・ね?
ま、その辺を深く追求しないほうがいいのかも知れませんね
日にちがどうだなんて、いまさらどうだっていいのです。

質問~
ゴシレに使ったあの容器の中身
茶色の土のツブツブ状ようなもの、あれが餅なんですか?
白いのが豚肉ですよね?
ハナヨ本の中では
小さな蒸し器の中に入れた蒸し餅の上に豚肉をのせて・・と書いてますね。
本の写真ではわかり辛いですがこちらの写真ですこしクリアーなものが見えました。
でも・・餅には見えない・・何なのか気になります。

それから~
ヨンサマブラウスはいつ作成されたのかわかりませんが
とっても細かい作業、きっと手間ひまかけて時間をかけて愛情タップリの作品をつくられたのだと思います。
「まさか、その本人が来るとは思わなかった~^^」と何かのインタビューで答えられてましたね。
ドラマや彼が何やっているのかそんなに関心がなかったにしても、ヨンジュンが多くの人に愛される俳優であると言うことは
知らなかったわけではないと思います。
しかしながら嫉妬心を感じることないのは
ギラギラ熱くなくほんわかと包み込むような暖かさを持った先生だから私たちもすんなりと受け入れられるのかもしれません。

ユーモアに自信があったヒョゼ先生が ヨンジュンはそれ以上のユーモアの持ち主なのよ~・・・って

冗談を言える仲って・・うらやましい・・
やさいさんも負けてないかなv-91

NoTitle

やさいさん おはヨンございます(*^_^*)

こちら関東は朝から冷たい雨・・・・
とっても寒い日になりましたv-279

でもね、やさいさんのヨンジュン話で
ほっこりあったかい気持ちで、胸いっぱいv-398
↓からず~っと読ませていただいて、
ヒョゼ先生にはじまったこのてんこ盛りの旅が
ホントに中味の濃ゆい旅だったことを・・・
やさいさんの言葉とお写真で拝見しながら・・
あらためて妄想でなく現実としてのヨンジュンを
そこに感じています^m^
ハナヨルート1は、未知なので是非行ってみたい。。
次の機会には、ためらわずに?ポチッ・・したいと
思っていますv-426 
やさいさんの広報で予習じっくりしてね^^
韓国の地図、BYJハナヨ本、やさいさんのハナヨ本、
私の頭の中で勝手に整理整頓中です(笑)

やさいさんv-315
↑saraちゃんにご紹介させていただきました。
saraちゃんも目黒雅叙園、同じ円卓でしたよ^^


胸キュン症候群のみなさんへ

きなこkinaさん saraさん、barbieさん、uraraさん、 mukuちゃん、 Mismさん たえこさん 芙蓉さん おはようございますv-410

きなこkinaさん  いよいよ明日からですね^^
kinaさんの出発前に間に合って良かったですぅ~~v-426
三日目の午前に景福宮に行ったんですけど、それは、もう、後回しで、メインディッシュをサーブしました!
Kinaさんの旅行が楽しく濃いものに、なりますように~
爪をヒョゼさんのように、可愛く染めて・・・ちょうしめそ かせよ~v-222

saraさん わ~ようこそ~お久しぶりです!嬉しいです。
もちろん、覚えてますよ~タングンニジe-349
ヒョゼさん、本当にチャーミングe-266 声もしぐさも、可愛い方です。
良くあるように・・・外ではソフトな雰囲気なのに、スタッフには厳しいとか、そう云うのもありません。裏表なく、優しい方とお見受けしました。
ヒョゼさんになりたい・・・・・ですね~~v-10

barbie さん もしかしてkinaさんとご一緒ですか? うわ~パソコン職人Gifの名人たちが、こぞってソウルへv-32
美しい秋の韓国で、またまた、創作意欲を掻き立てられるんじゃないでしょうか?
私の方こそ、いつも、挨拶もしないで楽しませていただいてます。いつも感謝です~v-398

uraraさん、ヒョゼさんの前では、ヨンジュンはふつ~の青年になるんですね・・
あん、ふつ~なのはマインドだけで、やっぱり姿かたち、お顔の美しさはふつ~ではないようですv-343

mukuちゃん そうなんです~本を読めば梅園も行きたいし、染物もしてみたいし・・
でも、時間、お金、家族・職場の理解の三拍子そろわないと出かけられない!
また、行けるように毎日を一生懸命に暮らそう~なんて思います。
お酒・・・・やっぱり、下戸だと味見しただけでも、匂い嗅いだだけでも酔っぱらうから、周りに迷惑だろうか~v-391

Mismさん <前を歩く人も、ともに歩く人>そう言われてみたら、確かに、いつもヨンジュンは独立独歩の人のよう。
たった一頭で、軽々と東海を渡ってきた竜 、いつも先駆者でした。いつも孤高の人でしたね。
和尚さんのするとおりにする・・空っぽになって付いてあるくことも、ヒョゼさんの指示通りに動くことも、ヨンジュンは楽しかったんでしょうね。
ヨンジュンが楽しかった、幸せだったと思うと、私たちまで幸せな気分e-420

たえこさんヒョゼさんと一緒にいたら、ヨンジュン青年は癒されるんでしょうね。寂しくないし楽しいし、幸せなんでしょうね。
ヒョゼさんがスッピンの心で接してくれるから、ヨンジュンもスッピンの心でね。
スッピンでもつるつるお肌の二人が、もりもり、キムチを食べてる図。想像するだけで愉快ですね~e-328

芙蓉さん、 帰ってきて、録画のインタビューを見て、また、愛おしく切ない気分になったんです。
ヨンジュン、早くもとのように元気になって活躍して欲しいですね。健康じゃなくちゃ、何もできない・・・心から思いました。
来月、ツアーに参加される前にネタバレで、スミマセン。
でも、参加出来ない人も〝安心なヨンジュン”を感じたいですもんね。理解してくださって感謝します。
ここにアップした以外でも、ヨンジュン小話、いっぱいして下さいます。
文字にすると、「それで?」になってしまうのですが、ヒョゼさんから直接聞くと噴き出してしまうような話とかも・・・乞うご期待!

もうすぐ~おひるかな?

食いしん坊さん、basumamaさん、こんにちは~

食いしん坊さん そうですね、本の中に12月と書いてありますね。
けれども、その前に慶州のボアン茶園に一緒に行かれてますし・・・
でね、、私達が行ったのが先週の11月9日だったんですが・・
ヒョゼ先生ご自身が、「去年のちょうど今日、キムジャンをしたんです。」と仰ったんです。先生の勘違いかな?12月9日の?
それで・・こういうツッコミ、くるぞ~って思ってました(笑)
キムジャン記念日というか、その理由を作ったからじゃなくて、「この味がいいねと云ったから・・」にしたアバウトな私。v-313

ヨンサマブラウスは、ヒョゼ先生のお母様がヒョゼ先生のために作られたので、ものすごく前だと思うんです。
家にTVはないけど雑誌や新聞をにぎわす韓国の宝〝ヨン様”はご存じだったでしょう。
韓国人男性が韓国の文化として、広く知られて、後世にも記憶に残るような人らしいと認識してらしたらしいです。
ブラウスのポジャギ技術はとても細かく、そのハギレの持ち主だった人たちはもう亡くなってるし、二度と作れない”文化”だということで、ヒョゼさんは”ヨン様”と同じように後世に残る韓国の文化ということで、ブラウスにヨン様と名づけたそうです。
名付けたら、ヨン様と逢う機会がきた・・・
イッセイミヤケを着ていたら、イッセイミヤケからコラボしようと連絡があった・・
霊感があるかしら~って、仰ってました。v-410

<ゴシレに使ったあの容器の中身>餅の上にv-16、正解です。
餅といっても、韓国の餅は色々あって・・・日本でいうオコワみたいなのとかも餅(トック)って言いますね。
お赤飯を思うと、それに近いかも・・小豆ともち米で蒸し上げたものようでした。
韓国では、もち米を使ったものは”餅”というようです。

basumamaさんそうなんですか~~~v-401 
私ったら、失礼しました!saraさんも雅徐園で同じテーブルだったんですか~~
それなのに、gallaryのオフ会ではじめまして」なんて挨拶して。。ほんま失礼なやつでしたね~v-356
ヨンソ ハセヨ

次回募集のときはぜひ! また、来年だったら新しいことがあるでしょうし、企画もどんどん吟味されて、もっと素敵な旅になるんじゃないでしょうか。
レストランや景福宮、博物館は自力で行けるけど、ヒョゼさんのお宅訪問は、このツアーだけですもん。
オンリーワンのツアーです

子分ヨンジュン!カワイイ。

やさいさん、こんにちは。
寒くなりましたが、ここはあったかいです!
毎回わくわくドキドキのお話ばかりで本当に
ありがとうです。
ゴシレについて
インタビューで、ヨンジュンが登るのが大変でコケないように
必死だったみたいに言ってましたが、なるほどねです。
これひとつだけでも彼の彼たるエピソードですね。本当に
愛しいわぁ。親分子分の話も、うふふカワイイ!

私の知る限りのヨン友に、ここを紹介するメールをしたら
すでに全員がお気に入りに登録して毎日おじゃまして
楽しませて貰っているヨンだって!おそれいりました。

おぽんこぽん?

へぇ~こぽん・・なんて、かわいい響きですね^^
ヒョゼ先生、ヨンジュンがかわいくてしょうがないのね~v-290

あんぱんさんのヒョゼ先生のかわいいことv-238
ご飯つぶなんて、私たち子供のころ、母が糊かわりに使ってたことありましたね(^^)
この絵、絶対ヨンジュンに見せてあげるんじゃないかしら^^

まだまだ、めまいがしたり、足の調子が悪いのかと思うと、胸が痛みますが、
全力尽くして元気になってくれるんじゃないかと信じて、待ちましょう~~
ヒョゼ先生もついてますものね^^

詳しい説明をありがとう!

いや~ぁ、凄く勉強になります。やさいさん、ありがとう。
疑問がスルスルと解けていくようで心地いいです

すみませんが、ついでといってはなんですが、
とことんヨンジュンの家族である
とこv-16な私の疑問。教えてください。

慶州のポアン茶園にその頃行ったということですが
능포다원(陵浦茶園) とは違うところですか?
私は韓国語がわからないのです・・・。
やさいさんの1/21ブログで陵浦茶園に一昨日訪問されたようだというのを見て、彼の旅の足あとパズルの中にしっかりとチェックいれてました。
それともこれは秋に続く二回目の訪問なのかな?
すみません、ストーカーみたいですねv-28
でも、私は一度も彼を追っかけたことがありませんのでね~
お遊びとして彼の旅の軌跡をハナヨ本と共に楽しんでいるだけで(←ここ強調)深く追求しているわけではありませんのであしからず^^;

ヨンサマブラウスのお話もそういうことだったんですね。
ヒョゼ先生の手作り作品だとばかり思い込んでいました。
私が頭の中にあったヨンサマブラウスの情報には
10行ほど逸話が抜けてましたv-87
ありがたいお話です。メモメモ・・

韓国の餅についてもお勉強になりました。

一冊で100倍楽しめる本です。

おお~こんがらがってるわ!わたし~~(^0^)

みどりさん、くむくむさん、食いしん坊さん、再び、こんにちは~

みどりさん、 ただ、長い足を投げ出して座っていたとかいうお話を聞くだけでも、嬉しい私達。
ヒョゼ先生が、可愛い声で「子分ヨンジュン」って言うだけで、笑えるんです。
ヒョゼ先生は夜中に、鏡で髪をくくらない自分の姿を見てびっくりした話とか、ホントに、ふつ~にお友達と雑談するような気楽さでした。
ヨンジュンが和んで、なつくのもわかります~v-286

くむくむさんあんぱんオンニのイラスト、絶妙でしょe-287
ヒョゼさんも、可愛い可愛いと、とっても嬉しそうで・・でも、米粒で張り付けたのにはv-405でした。
そして、余計に身近に感じて大好き!って思いました。
絶対に、このイラストはヨンジュンにも見せるって仰いましたよ。
自慢するんだって~v-315

食いしん坊さんおお~~ポファ茶園じゃなくて、ノンボ茶園でしたね@@
ホントだ・・・私、こんがらがってるね、慶州のお茶園もミロクサジも、ウルサンの冷麺も遠い遠い昔のような感じに思ってたけど、全部、今年のことだったね~~
食いしん坊さんの仰るとおりだあ~! もう、v-400です。イブタッコ!(笑)

でね、そうだね~先生は去年の今日ですって仰ったけれど、1か月ずれてる?よね?
ちょっと↑に(注)を入れておきましょうかね・・・
日付とかどうでもよくない人もいっぱい居るよね(そういう人の方がフツーだよね、私がアバウト!)
ありがとう~~
しかも・・ ポアンも、ポフアと書こうとして、間違ってるし・・・v-404 ポファ茶園は安東でした。行ってきたのに、間違うかv-31(自分でツッコミました)
やさいを信じちゃ いけないよぉ~ って・・・v-436

これだから、叩かれる!食いしん坊さん、フォローをサンキュv-415

お返事ありがとうございま~す^^

何にも分からない私は、聞いたこと見たことそのまんま信じま~す。
純粋で乙女な心を持つおばちゃん。。だまされやすいかもv-12
ただ同じ内容で、違うところがあると疑問に思ってしまって~
聞くはその時の恥、聞かぬは~なんてことわざがありましたし・・・
恥をしのんでお聞きしました^^;
そうなんですか~よかったです~^^
でも実際のところ韓国の地理も読み方もわからない私は違っているかどうかもわからんのですわ~

陵浦→ノンボって読むんですか?
ポファでもポアンでも安東でも慶州でもなんでもいいんです
こういうところは私もアバウト?
彼の息遣いが感じられるここが大好き・・
誰かさん・・叩かないであげてくださいね^^

それにしても今年もいっぱい取材して、原稿をかいて・・etc・・
あれだけの本なのに出版するまでに時間があまりなかったというのがよく分かります。

頑張りすぎだよ、ヨンジュンさん。。。

こぼん

こぼん、可愛い。親分、子分と書いてしまったヨンジュンの、心の弾みや楽しさが想像できて、こちらも嬉しくなります。

考えてみると、このたびの旅のように、脚色も無く、まっすぐ見たままのヨンジュンさんの日常を知りえるなんて、無かったことですよね。ぜーたくな気分です。

ヒョゼさんの仰ったように書かれた、のかも知れませんが、
「大切に壷を抱えて、長い脚をうまく使い、男らしくかっこよく」登った、というくだりには、やさいさんの、そうよ~、どうよ~、のヨンラブが感じられ、一人、くくっと、愛しい楽しい笑い声が洩れました。
必死で、かっこいいヨンジュンを称えたい気分が、だだ洩れなんですものv-10v-10v-424

つぶあんぱん様の絵も、えもいえず可愛いです。ヨンも、見て、いいよお、これって、笑うかなぁ・・だと、素敵ですね。



食いしん坊さん、感謝!

またまた、間違い・・・っていうか、韓国語をカタカナで表記するのって、いつも、難しい~
陵浦 ノンボって書いてますね、さっき・・ヌンポタウォンの方が近い発音です。(怪しい?)

ヨン様ブラウスとネーミングされたことを、私は、何も知らないとき、「ヒョゼさんはTVも見ないと云った癖に、やっぱりお商売につなげるつもりなのね・・」なんて穿って見たこともあったんです。
ところが、ヒョゼさんを知ると、アメリカのマーサSとは全く違う〝ホンモノだけの輝き”を見つけることになったんです。
ペヨンジュンと同じ宇宙に住む人。
ヒョゼさんのお店のものが、(私にとっては)とても高価なのも、全部手製だからしょうがないって納得しました。

ヨン様ブラウスをまじかで見せてもたっら、爪の先くらいの布まで使ってあるんです。
普通ならゴミ箱に入れますね・・そういう屑布まで無駄にしないでつないであるんです。
でね、ヒョゼさんは、もう、こんな作品、絶対できないから、私がいなくなったら、これは博物館行きですって仰ってました。

また、ヨン様ブラウスが掛けてあった棚に並んでいた糸巻き、あのカラフルな糸巻きの糸が、特殊な巻き方なんですけど、
糸が陰と陽になるように巻かれているんだそうです。
普通に糸を巻けば陰なら陰、陽なら最後まで陽になるんだそうです。
(私にはさっぱりわからないことですが・・)
ヒョゼさんも、この巻き方はできないんだそうです。ヒョゼさんのハルモニだけが出来るんだそうです。
それで、ハルモニがヒョゼさんに教えてあげるから覚えなさいって仰るそうですが、ヒョゼさんはいつも『できない、絶対にできないから、ハルモニがやってください」と云って逃げるんだそうです。
この話を聞いて、私ね、本当にヒョゼさんは暖かい優しい人だと思いました。
きっと、ヒョゼさんだってできるのに、ハルモニがいなくては困るよ~って甘えてあげるんだなって思ったんです。
そう、思いませんか?

↑ 脱線しました。

ヨンジュンのあの本を見てると、全部、今年だなんて信じられない!これじゃ、時間がなくて寝る暇も食事をする暇もなかったはず・・
とことん野郎ですね~頑張りすぎですね。
ヒョゼさんのそばで、ダレパンダのように和んでて欲しいですね~v-398

PS.yuutaさんの↓のコメントをヨンでみたら・・・糸巻き名人はハルモニ?オモニ? 私の聞き間違いかもv-11



KUONさん

おっと~~!今↑をコチコチ書いていたら、来てくださってたんですねv-22

大きな声で、云いたいの分かった? ヨンジュンはかっこいい~~v-322

そうなんですよね~ いつも正しい事をしようと思ってるというコメントなどを読めば、大丈夫かな~もっと、ゆるく生きてよね・・って心配してしまうんですけど、
「親分」、「子分」って呼び合ったり、足が長いだの短いだのふざけたり、そういう話を聞くとホッとします。

崖を登るヨンジュンを想像できるように、私、登ってみたかったんですけどね、v-431って~
このくらい、登山で鍛えた私には朝飯前、昼飯前、晩飯前のオチャノコサイサイなんですけど、一人が登ると、皆がマネするから危険ですからv-431って~(笑)
そういう話をスタッフのアガシとしてると、横からヒョゼさんが、「私も登山、好きよ!」って目を輝かせて仰るんです。
心も体も健康なかたです。良いものを食べてると、こうなりますの見本。
だから、きっと、ヒョゼさんの力もあって、ヨンジュンは元気になりますよね~

あんぱんオンニのイラスト、うまいでしょ!v-218

NoTitle

こんばんは^「^
毎日やってきてあったかーくなってます。
親分子分の仲だったんですねぇ、あの二人って。
俳優ヨンジュンを知らない人だからますますなついちゃったんだと思う。
怪我のことはその後どうやって知ったんでしょうね。
降りてきてからわかったのかな。
インタビュー見れてないのでゴシレのときのことや
ヒョゼ先生のことを語るヨンちゃんが見たいです。
先生のつめが可愛いですね、先っぽだけ塗ってる?
ヨン様ブラウスは先生の作品かと思ってました。
博物館行きのような素晴らしい作品なんですね。
こんな方と縁があってヨンちゃんも嬉しかったでしょうねえ、
私たちまで幸せな気持ちになれますね。
私たちは親分ぺ・ヨンジュン子分はたーくさんの家族ですね。

hiroppinさん

こんばんは~ そろそろ寒くなってきたのに、暖かい気持ちになれるのは、ヒョゼ先生の人徳ですね。
誤解されると困る言葉だけど・・・健康な身体に健康な魂が宿る・・・って云うフレーズをしみじみ思い出させる方でした。

親分、子分、マフィアみたいです(笑)
私達はボス・ヨンの動き一つで、ざわざわ~っと集まるマフィアの子分です。普段は街中に身を隠し、しずか~に息をこらし、ヨンの動きだけを見て暮らす子分ね(笑)

ヒョゼさんの爪、薄いピンクに真っ赤を重ねてました。
特にネイルアートのプロにしてもらった感じではなくて、自分でしゅしゅと塗ったような感じ。
箸袋とミニナプキンを頂いたんですけど、それに施された小さな小さな花のような赤い爪e-339

NoTitle

やさいさんはヒョゼさんに気に入られてるこれ確信!!

なんか感性がぴったりあってる。ハルモニのくだりでなみだが
とまらない。さっきインタビュウをみたばかりのせいかしら。

おなじ宇宙のお二人の世界へいざなってくれて幸せです。

ほんとにありがとう。


uraraさん、こんばんは~

ヒョゼさんがハルモニの話をするとき、まるで少女のような仕草で『モッテェ~(できないよぉ~)』といいながらv-222をひらひらさせて話してくださったんですよ。

ヒョゼさんは、みんなに、“自分は気にいられてる?”って錯覚するような笑顔を向けてくれますv-10
もうちょっと若かったら、ヨンジュンとv-346になったかも・・・と、妄想(^^)

NoTitle

yasaiさん こんばんは
寒くないですか  こちらは1日中 冷たい雨が降ってます

糸巻きの糸たちは ハルモニの作なのですね~
てっきり お母様、、、と思っていました(わたしの記憶も超いいかげんです)
それで 側にいた方が 「ヒョゼ先生の優しさだわ~」と言われているのを聞いて
なるほど~そうかぁ、、、と感心していたわたしです^^(のんきもの)

ゴシレしたときの様子が とても気になって どんな風に登ったのと聞いたら
ヒョゼさん さっと ご自分のスカート(っていうのかしら)を
むんずとつかんで のしのしと 歩いてみせて
「こんな風に のぼったのよ」って、、、
下に穿いている真っ白い ズボン風の、、何と呼ぶのかしら
パンツ?、、、
綺麗なフリルが何段にもついていて 黒のお召し物から その白がパッと見えた時
ハッとするほど きれいでした とてもかわいいのです

で、そのときkeytokoreaの青年社長が 「ボクが登ってみよう」って途中まで登ったの、、挫折、、、
ここを登るのは大変だーって、、、わたしも ほんとは 登りたかった

ゴシレに使ったお供えの中味は 蒸したもち米の上に
甘くない さらさらした小豆あんがかかってました
少しの豚肉と 松の実 他にもなにかの実(なんだったかわすれました、、くこの実だったかしら)が
かかっていましたね 味見させてもらいました 小豆の味でした^^

親分 子分の話が可笑しくて 
そういう時のヨンジュンさんて どんな風ですか? って聞いたら
「ワハハハ~って 大笑いするの 冗談がとても好きな人」
と教えてくれました

お友達が書かれたイラスト ヒョゼちゃん!ですね 可愛いです^^
ヨンジュン家族は 才能のある人が多いって事を 知ったかしら~
こういう風にして ヨンジュンの目に触れてもらえたらうれしいですね、、、^^

いつまでも いつまでも 見送ってくださって 名残惜しかったです

yasaiさん ありがとうございました^^

yuutaさん

こんばんは~ 
綿レースのもんぺみたいなヒョゼさんのスカートの下は・・・・なんて云うのか・・・スカート下(笑)

スカートをひょいと捲り上げるたびに、可愛くセクシーでしたv-353

あの崖、社長さんはトライして登れなかったんですかi-198 
ヨンジュンは痛い足で登ったというのに・・ヘボ・・v-400v-411

ゴシレの餅は、もち米を蒸した上に粉末様の小豆餡がかかったシリトック(という名でしたっけ?)ですね。
お祝いとかお供えのときの定番ですね。
まあるく作ってケーキみたいにして売ってるところもありますね。

私達はね、お味見させてもらわなかったですよ~
あ・・私は、売ってるのを買って食べたことがあるので、ケンチャナ、ひがんでません(笑)
あのね、たぶん・・・私の想像ですが、東京組みの残りだったからではないかなv-319
もう、食べられなくなっていたのかも~? そんなこと無いかな?v-391

PS、オモニだったら70代、ハルモニだったら90歳前後ってことになるi-198・ ハルモニじゃなくてオモニかも?私の聞き間違い、記憶違いかも? こんな風に暖かくで優しい人ってことが話したかったのに、また、混乱・・みやなむにだ・・  

NoTitle

ヤッパリヒョゼさんにお嫁さんみつけてほしいですね。

機会があったらおねがいしてくださいね。(つらいけどね。)

およめさんや~い!

uraraさん、そうね、ヨンジュンに料理と掃除と洗濯と、笑わすのが上手なお嫁さんが必要ね!

私、生まれ変わったら、じぇ~~ったい、ヨンジュンより年下のヒョゼさんになる!v-39v-411v-32
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。