FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓屋のオフィス

韓国の美をたどる旅 をテーマにしたツアーは、KeytoKoreaが企画してます。
KeytoKoreaのオフィスは、韓国伝統家屋の保護地域、北村嘉会洞の一角にありました。
朴ヨンハ主演のオンエアでは、韓屋をオフィスにするんだけど・・本当にあるんだ~こんなとこに!
DSC08154s-1.jpg
DSC08151s-1.jpg
DSC08152s-1.jpg

歩いていて気がついた!2008年2月末に、私、ここらへんで迷ったんですよ~
コーヒープリンス
のチェハンソンの家を探して・・
キムサムスンの家(でもあり、帰って来てスネさんの家)も、この辺です。
迷った道だと思い出したのは、この家を見て
この家は、思いっきりハイキックのオープニングに出てきた家、
DSC08155s-1.jpg
この家があるという事は~ランラン18歳にでてくる家も、近くにあるはず・・私は行ったはず・・・
方向音痴なので、もう、どこだか、わからない。

KeytoKoreaのオフィス
DSC08139s-1.jpg

DSC08150s-1.jpg
DSC08137s-1.jpg


スタッフさんたちが用意してくださった五味茶とソッピョンDSC08147s-1.jpg

マダンに柿の木DSC08144s-1.jpg

韓屋をオフィスにしているのって、かなり不便そうだけど、素敵です

北村の韓屋は景福宮や昌徳宮、宋廟の間にある伝統家屋保存地域です。
中でもカフェドンが最も美しい町並みだそうです。
ヨンジュンが泊まった友達の家がある三清洞、桂洞、苑西洞、仁寺洞のある地域は、朝鮮王朝時代、王族や高級官僚(両班)の居住地だったので、今でも高級住宅街です。
清渓川と鐘路の北にあるので北村と呼ばれるそうです。
DSC08158s-1.jpg

今回は、カフェドンだけ・・名残惜しいと想いながらテンコ盛ツアーは 
伝統芸能常設劇場のある光化門アートセンターへ向かうのでした~

ここは、今年4月にオープンしたばかりだから、まだ、知ってる人は少ないと思うんだけど・・
ここで、初めて生のパンソリを聞きました。舞台の横に英語、中国語、日本語のクレジットが出ます。
意味がわかると、阿波の浄瑠璃のようでした。
DSC08175s-1.jpg
公演が済んで、花朗のお見送り・・

夜は味噌料理専門店、テンジャンマウル DSC08176s-1.jpg

美味しいのに~~また、お昼のごっそのせいで・・食べられなかった!もったいない
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

また一番乗りで、少し恥ずかしい・・でも、好きな話題でして・・。
韓屋をオフィスに。やはり韓国でも、その流れがあるのですね。
マダンに柿の木、とある写真に、惹かれます。表庭か中庭か裏のお庭かはわかりませんが、こんなところでゆったり、お茶をいただけたらなぁ。ヨンジュンの、詩のように美しい言葉を追っていられたらなぁ・・。
今の家にも、庭は、けっこう広いのありますが、お隣から丸見え、道行く人にも。落ち着けませんの。
広い中庭いいなぁ・・北村の、高級住宅街、ですか。ふう、遠い目・・に、なっているみたいですね。きゃきゃ。

インテリアの本など、眺めるのが大好き、よそのお宅の内部など、興味もあります(みてもいいもの限定)。長女夫婦は、京都の、旧い小さな町屋を、トイレだけ直して暮らしてます。
余分には持たないようにしていますが、食器や家具やも、眺めてうっとり、ですので、やさいさんの旅での、こういった写真入りのご紹介は、私には、本当に楽しく、ココロ和ませていただいています。

阿波の浄瑠璃、かなり以前の四国旅行で、見たことがあります。小さな舞台だった記憶がありますが、私、泣きながら、舞台の世界に入り込んでいました。
パンソリって、よくわかりませんが、情感たっぷりの、一人オペラみたいですか?ぜんぜん違いますか?。

いつもいつも、やさいさんの、人や物や自然や、いろいろに対する「さらん」に満ちた、生き生きした旅行記が、楽しみで、大好きです。ありがとうございます。

韓屋のタイトルなのですが・・

すみません・・
どうしてもおいしそうなものが目に入ってきますv-16
五味茶とソッピョン
つい、手が出てしまいそうです
味噌料理専門店・・
きっと、ここで美味しい味噌が食べられるんでしょうね
お腹が満腹で残念でした

日本の家屋とはまた趣きが違う素敵な空間
自然にも囲まれてv-34
良いところにオフィスがあるのですね^^
歓迎の幕も嬉しい演出
部屋の中にはそこここにヒョゼ先生のポシャギも^^
パンソリという文化も楽しんで
本当に盛りだくさんのプログラムなのですね

ここを覗くのが毎日楽しみになってきました
ありがとうございます。

NoTitle

今晩は^^おじゃまします。キム・キドク監督のうつせみや悲夢にも韓屋が出てきますね。
来月のヒョジェ先生ツァーがやさいさんのレポートで益々楽しみです。ソウルへは過去2度訪れていますがティーロフトやゴリラが出来る前でした^^;今回のツァーでは行くチャンスがないのでしょうか。ぜひ行きたいのですが。

伝統美

韓国の伝統家屋と伝統のお料理、美しいですね。
日本でも伝統家屋を活用しつつ保存する「京の町屋」活用?発想がありますが、同じ感じなんですかね。素敵な街並みです。

確かに路に迷ったら、途方にくれそうな家々です。
で、路に迷った時、チェ・ハンソン(犬を飼ってるアジョッシのほうですか?)の家やランラン18歳の家は見つかったんですか?クングメ。。。

おはようございます

KUONさん、食いしん坊さん、芙蓉さん、キダリッケヨさん、地図の読めない女・やさいです。おはヨン!

KUONさんなんだって〝一番”が良いでしょう~。気持ちいいもんv-281
中庭を囲むように四角くつくられるのが韓屋の基本形のようです。日本の武家屋敷のような造りですね。
外部からの侵入を防いで、中ではゆったりした庭園があるという風雅で安全な造り。
スッタフさん達は、マダン(中庭)でバーベキューをしたり、仕事で疲れた時はこのテーブルでお茶を飲んだするそうです。
羨ましいオフィスですね。
お嬢さんも粋な暮らしをされてるんですね。ちょあ~!

パンソリは、そうです、一人オペラ!(うまい事、云うね~!)
そして、クライマックスには「ちょっ~た!」とか、タイミングよく合いの手を観客が入れるんです。
若い男の子がうまく入れたら、デート中だったのかな?そばの女の子が「ヨッシャ!」っていう感じでv-218してました。いいぞ!

食いしん坊さん 味噌料理専門店は、先月行った安東回会村の料理のようでした。
味噌で味付けしたv-16とか、生野菜とv-371を混ぜて、味噌チゲをぶっかけて豪快にマゼマゼして食べるサンパブとか、本当に美味しい家庭料理でした。
けれど、全くお腹が空いて無くて・・・もったいないオバケが出てきそうでしたヨン。

芙蓉さん このツアーは、ご覧のように至れりつくせりなんです。
・・・と云うことで、自由時間がないのです。
夜だけ・・一日目の夜は9時半解散でしたから、ツアーの他の方達は大人しく休まれたようです。ん?私達3人は?3人は地下鉄に乗って、トンデムンで買い物してきました。
二日目は、少し早かったので、解散してダッシュでGorillaに向かえば、ラストオーダーに間に合うかな?
(私達はソウル駅の横にあるロッテマートに買い物に行ったんですけど・・主婦の買い物・・笑)
Tealoftの営業時間内には間に合わないですね。v-390
けれども、私達はツアー発売スタート直後の「お試し期間」のようなものだから、芙蓉さん達が行かれる時には変更になるかもしれませんね。

キダリッケヨさん、 韓屋村の難点は急な坂道ばかりなのに駐車場が少ないので、足の悪い人には辛いことです。
コーヒープリンスのユンウネちゃんが、ものすごい急坂を走って登って牛乳配達してたでしょう?
スゴイです。女優&俳優は体力勝負ですv-405
チェハンソンの家、そうです~アジョッシの家です。門扉の下の隙間から大きなv-286ちゃんと仲良くなる、あの家です。
はい、2008年2月末、コピプリを見てすぐ、行きました!見つけました!自力で!!(自慢、自慢・・笑)
喫茶店になってるんですよ。あの家。高台にあるから見晴らしがよくて庭もそのままです。
ユンウネちゃんが走って配達した道へ行く途中にキムサムスンの家があります。ブランコもありました。
で!行って見たら「帰って来てスネさん」の家もこの家だったと気がついたというひと粒で二度美味しいでした。(笑)
ランラン18歳の家は「これだよねv-21」って感じの家を見つけたけど・・・正解率9割!(笑)
保存されてる韓屋は、一般公開してる家もあります。それで、kyetoKoriaのオフィスにも、間違って観光客が入ってくるそうです。v-411


NoTitle

v-238おはようございます。
韓屋をオフィスにv-10
旅行会社なら、特に素敵ですね~ v-352
夏に韓国へ旅行した時、  北村韓屋村は絶対行くたくって
事前にいろいろ調べたつもりでしたが、持って行った地図は
薬局前の嘉会洞韓屋道の入口までだったんです~~
てっきり、その先にはすぐ目の前に ↑上でアップしているようなネットで見た光景が広がっているものと思っていたので
その地図で充分だと思いこんでいたのがいけなかった。v-390
ほんとは、そこから先が路地が入り組んでいてv-404大変なんですよね。v-356

そこらへん うろうろしたけれど
結局道が違うのではないかということになって
引き返してしまったの。v-409
 この目で見てみたかった坂道にハノクが立ち並んだ景色ではなかったけれど 中央高校や、ユジンの家の途中にも 立派な韓屋が点在していて 
それらは見ることモ出来たから良かったといえども
ここが、本当に行きたかったところ。v-415

ウォーカヒルのショーを見に行くことも予定していたけれど
少し体調が悪くなって友達だけ見に行ったので
それもちょっぴり心残り。
どんなだった? と聞いたら韓国舞踊だとかいろいろ・・と
いろいろってなに~~v-356
彼女、疲れて 途中でe-261v-395爆睡したそうなの。v-411
パンソリも聞けたのかな~?それだったら、本当に残念。
(パンソリって、テサギの中に登場するあれですよね?)

韓国に 心を置いてきたことだらけ。
旅行記を読むと
益々 想いは募ります。v-238

もう一度 また近いうちに行ってみたいで~~す。。v-438

NoTitle

yasaiさん こんにちは
keytokoreaの事務所は とても すてきな家でしたね
大きな 美味しそうな柿が実っていて 三人の方が 一つづついただきました
あの柿は ぜったい美味しいと思う、、、
中庭があって 落ち着いた家の作りになっているのですね~
お菓子が美味しかったです
五味子茶というのは どれも甘い味なのですね

お昼ごはんは 三食とも私好みで マシッタ!!
(今冬ソナ10話みてたので チュンサンのセリフのまま^^)

ginkoさん お名前の字がどうしても同じになりません
ごめんなさいでした

芙蓉さん 自由時間がなくても 良いものを見て 食べて
ヨンジュンに充分に浸ることができました

yasaiさんが しっかりと 楽しく 後方支援??
広報活動してくださるから 何杯も? 何倍も楽しめるのです
ありがとうございます

NoTitle

やさいさん 詳しい情報有難うございます。
ゴリラその他には早い時期に出直し韓国行きで楽しみます。

yuutaさん お声をかけて下さって有難うございます。
魅力満載のツァーのようですのでこれ以上望むのは贅沢ですね^^;
ヨンジュンさんをしっかり感じてきたいと思います。
ワクワクしています。

ブルーマンデー

シャララさん、yuutaさん、芙蓉さん、もう、韓国美ツアーから帰って、一週間たちました。
遠い昔のような気分になって来ました・・・いつもの癖で、飽きてきた~(笑)
いや、ここで終わっては、尻切れトンボ・・・・三日目をアップしなくちゃね。

シャララさん、中央高校も北村の一角にありますね。あの正門に向って左の道をどんどんどんどん歩けば。。。ここまで来れる。道は続く~~
だから、もう、行って来た様なモン!(ちと、乱暴です~)
SWHGのショーは、アートセンターのよりずっと豪華だと思うんですけど、お友達が寝ちゃったのは、わかりますね。
竜宮城の舞踊りのようなの見てると寝るんです(私だけじゃなかったのネ)v-395
アートセンターの舞台は小さいので、役者さんの顔がはっきり見えて、寝るわけにいきません(笑)
テサギの中では男の方でしたが、ここでは美しい女の人が良く通る声で、盲目の父と娘の再会のシーンを謡いました。かなしいけどユーモアもあって、ハッピーエンドだったから良かったですv-433

見られなかったもの、行けなかったものがあるから、また行きたいと思う。私もね、そうやって韓国詣でを繰り返してます。
足りないから、次の行動につながる・・ヨンジュンの言葉を思い出しますね~v-398
ヨンジュンは仕事に対して云った言葉だけど、何にでも、同じことが言えますね。
やっぱり、ヨンジュンの言葉は深いです。何がって・・何となく~e-266
次の機会にぜひ!

yuutaさん、”カフェドンでお茶の時間”と云ってオフィスへ案内って、本当に手作りのツアーでしたv-340
やっぱり、お腹がいっぱいでお菓子も食べられなかったんですけど、心が温かくなるおもてなしでしたね。
此処へはヨンジュンさんは来たことないけど、いつか、このオフィスも訪ねてくれたら良いのに~って・・v-392

柿、まるまるした柿・・あれは渋柿だと勝手に思い込んでました。そうか~甘かったかなv-353
友だちの受け売りですが、実がなってるのに青々した葉っぱが付いているのは、樹が元気な証拠ですって。
マダンに勢いのある樹があるから、きっと、会社も繁盛するでしょうv-218

ちょっと、いろんなことが面倒な気分になって、ブルーマンデーでしたけど・・・約束は果たさなきゃ!ヨンジュンのカジョクですから~v-22ありがとうね!

五味子の実を先月行ったリンゴの里、聞慶セジェで見ました。赤い宝石、5ミリくらいのルビーみたいな実でした。
疲れた時に良いお茶だって・・色の美しさもヨンジュンが好きな理由かな?

芙蓉さん、何と言っても、ヒョゼさんとスタッフの温かい心に触れて幸せになれるツアーですから~v-300
ゴリラ、ロフトは次の楽しみになりますね。v-10
テンコ盛りのツアー、優しい気持ちもテンコもり・・大盛!

NoTitle

シャララさま(突然、失礼します)、一瞬、私のことかと思いました。
前にソウルに行ったとき、シェラトンのショーはパス、北村はよく分からず、途中で帰り・・・心残り一杯でした。

ドライバーさんから聞いたのですが、韓国では、アパート(日本でいうところのマンション)の方が、ずっと暮らしやすいのだそうですね。駐車場も、地下にあるのだとか・・・
一戸建ては、とにかく、寒いのだそうです。
暖房も、コンクリートの集合の方が、効率いいのでしょうね。
それでも、伝統家屋は、魅力です。
泊まってみたいなぁ~

NoTitle

やさいさんこんばんは^。^
素敵な町並みです、こんな場所にオフィスがあるなんてねえ。
わざとこういう趣のある場所を選んでハノクを事務所にされたんでしょうね。
キーイーストとは別の場所にあるんですね。
この旅はホントてんこ盛りですね。
これから見直したりしてまた変わるところもあるでしょうが
いつか絶対行きたいです。
ヨンちゃんの心が詰まってる旅行ですね。
会えなくても感じられる旅ですね。
食事の写真もきれいです。
タッパー持って行きたいくらいv-16

心の旅

mukuちゃん、hiroppinさん、こんばんは~

mukuちゃん、本当に、シャララさんの初韓国物語は、みんなの物語ですよね。
いつも、心残りなところがあります。そして、いつも、心に残ります。ねv-344
kyetoKoreaのスタッフさんも、不便だけど、その不便さを補うような、なんというか・・・ここにオフィスがあるという誇りのようなものを感じました。
でね、もしかして~、オフィスをここに決めたのは、ヨンジュンかi-198と、妄想したんですが、違いました(笑)
KyetoKoreaの社長さんが決めたのだそうです。
ヨンジュンは関与しては居ないけど、ヨンジュンが韓屋に住みたいといっていたこととリンクして、スタッフは嬉しかったって・・v-221

hiroppinさん オフィスらしくないオフィス、とっても!素敵でしたv-353 
ドラマオンエアのワンシーンのように、キムハヌルがプリプリしながら入ってきそう・・です。(笑)
マダンの隅にバーベキューセットがありました。若いスタッフさんたち、バーベキューしてv-275なんか飲みながら、仕事の意気ごみや夢なんかについて話したりするのかな?
反省会なんかも、このマダンを見ながらすれば、建設的な意見や前向きになれるかな~なんて・・v-353

食べ切れなかった美味しいものに、心を残してきました。
もったいない・・・ホント、タッパー持参したかった!
 

こんばんは!

韓屋をオフィスに??と思って、やさいさんのスレを読んで
そうでした~~、オンエアでも韓屋をオフィスに使っていましたね~~!

頭の中で地図を広げて、次回の参考に~~と思っていますが
ここの近くにキム・サムスンのお家とコピプリのあの「きっちゃてん」があるの??
へぇ~。メモメモ・・・

ハナヨの地図でヒョゼ先生のアトリエを確認しましたが
結構、山手にありますよね・・・
同じ山手でも食客の舞台(え~~となんだっけ?三清閣?)の方向とは違うのでしょうか??
去年、三清洞(これも間違ってるかも)の通りをチラッと歩いて
アンティークのお店が並んでいて、とても素敵で
一軒一軒入ってみたかったのですが、時間がなくて行けなかったから
今度ソウルに行ったらこの街をもう一度歩いて、三清閣でお食事したい!!と思っていたのに
ハナヨを読んで、またしても行きたい所が増えてしまって
「私にもっともっと自由になる時間を下さい~~!」って感じです。

lillyさん

こんばんは~ (^^)
保存地域の韓屋は不便なので空き家が多いそうです。韓屋の持ち主がお金持ちが多いという事なので、別宅として使ったりしてるようです。
それで、貸家も多いんだそうです。

チェハンソンの家として使われた喫茶店は、急坂を上るテッペンあたりになります。
↑の山が見える路をず~~~~~~~っと登るんです(笑)

三清洞って恵比寿から代官山へ歩く路のような雰囲気ですよね。私、ここ、好きです~e-278
食客の雲岩亭として使われた三清閣は、ヒョゼ・ショップと同じ地域ですけど、道は・・北岳山の登山道のあるほうという説明は・・車で登ってもかなりあったから、タクシーで行かれることをオススメします。v-392

ヒョゼ・ショップは吉祥寺という新しいお寺の前にあって、わかりやすいです。

私、ものすごい方向音痴なので、説明できない・・・ツカエンv-394
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。