FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞慶窯 (문경요)

安東を後に、まだ続く  旅行のお話~ アップする自分も飽きた・・
けれども、チョン・ハンボン先生のお宅に行ってきたので、
97160_1256874560.jpg

安東ハフェマウルの味噌村からムンギョンまで、約1時間。予め、電話で見学させていただけるか確認はしておきましたが、なにしろ、とても偉い先生なので、家の前でちょっと怖気ついてました(笑) DSC07815s-1.jpg
車から降りたらすぐに、家から男の人と小柄な若い女性が出てこられて「電話の方ですか?」と、
家の中に招き入れてくださいました。(^^)/  男の人はお弟子さんだって。
DSC07795s-1.jpg
展示室兼応接間、作品よりも表彰状の方が多い・・
DSC07798s-1.jpg

DSC07800s-1.jpg
DSC07804s-1.jpg
お嬢さんが、御茶を入れてくださって、「今、先生は出かけていて・・」と仰って・・え!日本語です!
DSC07802s-1.jpg
小柄らな可愛らしい方は、チョンハンボン先生のお嬢さんで、聞慶窯の二代目
京都の語学学校に1年間、留学したことがあるそうで、日本語が堪能です。 
 このパンフのお嬢さんです。
DSC07835.jpg
工房や窯を見せていただいて・・工房のお写真を撮るのを忘れて、お話を聞いてました。DSC07813s-1.jpg
DSC07808s-1.jpg
ここで、ヨンジュンが・・
DSC07806s-1.jpg
国立博物館での記者会見で12人の巨匠たちの一番最初にヨンジュンが紹介していた先生。
あのとき、杖をついてらしたのは、たまたま、足を怪我していたからで、「今はもう元気ですよ~」と、お嬢さんが仰っていたら、ヒョイヒョイヒョイって感じで、小柄な先生が帰って来られて、満面の笑顔で「や~日本から?」って日本語で。先生は東京にいらしたので、日本語はネイティブ級。
作業をしてらしゃる写真の先生と、目の前の優しそうな先生と・・・どちらもモッチョ!
DSC07812s-1_20091031161329.jpg
この日、聞慶市は りんご祭りで、先生は祭りの開会式に出席していたそうです。先生とお嬢さんに勧められて、ついでにりんご祭りが開催されてる聞慶セジェまで足を延ばして~IMG_0004_20091031161329.jpg
NEC_0058s-1.jpg
DSC07825s-1.jpg
DSC07816s-1.jpgNEC_0059s-1.jpg

先生にペヨンジュンのことを聞くのは、何となく幅かられ(夫君の手前もあって・・)ま、聞かなくても、褒め言葉しか返ってこないのは分かってるから、お嬢さんとアイコンタクトで・・ヨン

ヨンジュンは、ここではリュスンスさんと一緒に泊って修行しましたね。
私は、他のところでは、一人で泊って真面目に取り組んだのに、なぜ、ここだけスンスさんを伴って行ったのかなって思ってました。友達同伴だなんて、遊びっぽい雰囲気じゃないかって・・・
けれど、来てみて分かったこと、二代目を継いでおられる可愛らしいお嬢さんが独身で、しかも、年齢的にもヨンジュンの射程範囲です
気配りのペヨンジュンは、気を使って・・嫁入り前のお嬢さんのいる家にチョンガーが一人で泊まりに来てはマズイと思ったんじゃないかって、そんなことを考えました。

味噌村のアガシといい、こちらのアガシといい、出合いはいくらでもありそうなのに~と思う・・
余計なお世話ではありますが、ヨンジュンの嫁さんを、12人の先生方~誰か世話しちゃってください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

こんばんは~、いつも楽しく読んでます。
ご主人と一緒にいい旅行されてますね。
やはり車で移動のほうが便利なんでしょうね?
って自分の「ハナヨ」旅行の場合のこと聞いてるんですが、すみませーん。いつかはじぇったいと思っているので
つい移動手段が気になって。
やさいさんは写真もお上手ですね。
ハンボン先生は杖をつかれてたのでもうおじいちゃんかと
思ってました~。
可愛らしいアガッシがいらっしゃるんですね。
ヨンちゃんもその気になれば出会いが!?
彼は一目ぼれってタイプではなさそうですもんね。
ヒョジェ先生にはアガッシはいないのかなあ?
盛岡のソンセンニムにはいらっしゃいますよね。
っていうかこんなに私たちがヨンちゃんの嫁を探してどーする?   
恋愛中だと彼はどんな様子を見せるのか・・・ちょっと見たい感じです。

旅行記楽しく読ませていただいてます、じぇんじぇんあきませんヨン。v-119

こんばんは!

チョン・ハンボン先生の窯元にも行かれたのですね~v-363
正真正銘の「ハナヨ」ですねe-280

一番上のヨンジュンの写真、ハナヨの中でも好きe-265な一枚です。
楽しんでヤスリをかけている様子がこのフォトににじみ出ていますもんe-278

ヨンジュンのv-206出会いの話ですが
やさいさんがおっしゃるように
今回の味噌村しかり窯元のお嬢さんしかり
本当はそこかしこにあるのだと思うのですよv-22
ただヨンジュナがそれを見ようとしていないだけで・・・
「オv-363 ここのお嬢さん僕の好みv-10」と思ったら
やさいさんが書いてらっしゃるような心遣いでスンスさんを伴わずにさっさと一人で行ったでしょうし・・・・
チョン・ハンボン先生も
「ヨンジュンみたいな人にうちの娘を嫁がせたいv-353」と一度くらいは心の中に思ったのではないかと思いますが
先生やヨンジュンのように礼節のある方々は、理性が働くだけに
そういうv-347状況になるには、誰かの介添えが必要なのですよね~~v-356
もしかしてヨンジュン、スンスさんにその役目をしてほしかったのかも~~~e-279

NoTitle

やさいさん、はじめまして。
いつも楽しくロムさせていただいてます。
私は韓国へ行ったことがないので、ここ最近の旅行記録は
どの記事も読むもの見るものすべて新鮮です。
ハナヨ本は、この一ヶ月かなり読み込みまして^^本のページがめくりやすくなってます。エッヘン^^
でもたった一冊の大事な本がボロボロ。クッスン・・(泣)
只今、彼がいつ、どこで取材をしたのかという旅の軌跡を
過去の家族の「私は見た」情報を思い出したり、ハナヨの本の文章や写真から推理していくという楽しみ方をしてます。
ムンギョンは2008年初秋(10月?)ここから、取材の旅が始まったと勝手に想像してますが、本の中でりんごが有名な地方だと書いてましたね。上の写真、わかりやすい!
味噌村は、本に載せ切れなかったんですね、
場所がどこなのか気になってました。
くわしく説明してくださってありがとうございます。
ところで、私の勘違いだったらすみませんが・・
ハナヨ本、キムジャンのところ。ここのお嬢さん一緒に参加されたのでは?本を読んでそうではないかと・・・
これからもブログ楽しみにしています。よろしく♪

こんばんわ

メッセージをどうぞ

NoTitle

またまたすみません、やってしまいました。↑。
またゆっくり、あーだこーだと書かせて頂きに来たいです。そんときゃ、よろしく~、です。


NoTitle

りんごもおいしそうですね。すごくいいたびをしてきましたね。
あのロクロヲマワスヨンジュンの姿はとてもステキでした。

先生と一緒にりんごまつりにいかれたなんてヨンジュンがそれをしったらわがことのように喜ぶのではないでしょうか。

雨の日曜日です~

hiroppin さん、llilyさん、食いしん坊さん、KUONさん、uraraさん、こんにちは~
皆さんとことのお天気はいかがですか?うちらへんは雨です。
雨の休日って、ほっとします。なんか、なんにもしなくていいような気分になるので・・・v-410

hiroppin さん、もしかして、初めてのコメントv-353ようこそ~です。(以前にもコメントくださっていたら、ごめんなさいね。)v-300
そうですね、仰るように、ヨンジュンは一目ぼれしないのかな?一目会った時にv-346とならなかったら、忙しいヨンジュンには、なかなか、チャンスがないってことかしら・・・v-15
ハンボン先生は、小柄で笑顔が素敵で、とても闊達明朗な雰囲気のハラボシでした。
りんご祭り関係者が全員被っていた白い野球帽を被ってらして「村の名士様」の役をされてたんですね。のどかで楽しいイベントに出会ってラッキーでした。
安東へはソウルから高速バスがありますが、お寺からお寺へ移動するような公共機関は無いみたいです。
安東から観光スポットへ行く路線バスも一日に3~4本の運行だったりします。

lillyさん、聞慶窯に行っても忙しい先生にお会いすることは無理かなって思っていたんです。
だから、二代目のお嬢さん、チョンキョンヒさんにお会いできただけでも嬉しいと2ショットでお写真を撮ってもらったりしてたんです。
想いがけず先生にお逢いできて、私より夫君が喜んで!
夫君の読ませたくてずっとリビングにさりげなく置いていた〝韓国の美をたどる旅”を夫君、帰って来てから一気に読んだみたいですv-221
リュスンスさん、ヨンジュンの嫁さがししてやろうとは思わないのかしら?
それとも、何人か紹介したけどv-431だったのかv-356

食いしん坊さん、はじめましてv-353 初コメント、ありがとうございますv-300
ハナヨのページがめくりやすくなってるほど、何度も読まれたなんて、v-218
私はまだ、通しては日本版を一回だけです~。韓国版の写真をパラパラと眺めてるくらい・・・v-16
まだ、どんな本になるかも判らないときの目撃談にワクワクしましたね~v-344
2008年10月1日に、ヨンジュンはハフェマウルの北村和敬堂に泊って、2日に味噌村に寄ってますから、聞慶市へはその前後でしょうか?
蔚山でネンミョンを食べたのや慶州の伝統茶店に寄ったのも、この流れかな?
私ね、調べようと検索したら自分のBlogにヒットして苦笑いしてます。だって・・私、いつもアバウトに書き散らしてるから資料にならない!
ムンギョンは見渡す限りのリンゴ畑でしたよ。e-434リンゴの木って可愛いですよね~
試食をいくらでも進めてくれるので、あっちでもこっちでも食べました。一個分くらいは食べたかも~v-411
カリカリしてすっごく美味しかったんです。

KUONさん 時間が出来たら・・手が空いたら・・・好きな時に、あ~だこ~だ、書きに来てね。
待ってますヨンv-222

uraraさん、ヨンジュンの手は大きくて、焼物のロクロ用には最適かも~e-320
チョンハンボン先生は、足腰がしっかりした感じでした。しかも腕がe-271なの・・
繊細な焼き物を作るのには、薪を運んだり、土を練ったり、作品を運んだりする腕っ節が必要なんですね。
竈の前で火をくべる先生のお写真を見て「カッコイイ」と云いましたら、二代目お嬢さんが「本当にカッコイイと私も思います」と仰ったんです[絵文字:v-433

1こんにちは

メッセージをどうぞ

NoTitle

v-436です。
法事から帰ったらおちびが高熱出しており、なんとかセーフだったら、叔母がいけない・・との知らせ、バタバタの数日でした。
ふうう。ヨンジュンさんのあれこれ、見聞きできるこの場で、ほっとしています。
味噌村も、ハンボン先生の陶房も、記事にもお写真にも感動します。
りんご祭も。
味噌村でのアガッシも、ハンボン先生のお嬢さんも、すてきですね。
やさいさんおっしゃるように、スンスさんご同行は、気遣いだろうと、私も・・
ヨン。
いつもいつもジェントルでなくていい、これ、というときには、と、ここにも、お節介な一人。
自分を、客観的に見つめているヨンさんは、おおっとばかり、だあっと走ったりはできないのでしょうか・・・。

私は、今の便利な生活に慣れて、気も多くて欲も深くて、炊飯器や食洗機の無い生活を考えられなくなっていますが、じんわりとした、ゆったりとした地に足のついた人の生活、というものに思いをはせました、今回の旅のあれこれを、読ませていただいて。

私事ですが(全部私事)もうすぐ、やさしかった父方の叔母の通夜に出向いてきます。まっとうな妻、母、祖母として生きながら、終生、石原裕さんを愛し続けた叔母を、その人の歌声で送ってやると、いとこが申しておりました。
叔母は、幸せに、この世に別れを告げると思い、悲しいながらとても、心はやすらかです。
自分のことばかり(いつも)書いてすみません、行ってきま~す。

NoTitle

やさいさん、ところでスンス氏も独身ですよね?
人の世話してる場合じゃないかもね・・・
案外二人とも独身生活イヤじゃなかったりして・・・

私の友達けっこう長いこと陶芸やってるんですけど、
ろくろをまわすのはとっても難しいと言ってました。
ヨンジュンの写真みせたら、この手つきは素人じゃないね
だって!

こんにちは^^

味噌村~ムンギョンも行かれたのですね^^
あのたくさんの甕たち。。可愛いですね~
覗き込むヨンジュンのお茶目ぶりが見えますv-411
ハナヨi-70とやさいさんのv-212
より詳細に美を辿る旅を楽しんでおります(*^_^*)
・・・お嫁さんの心配をするアジュマになりながら(笑)・・・
やさいさん 一冊にまとめられそうですヨン♪この旅レポv-353

NoTitle

やさいさん、再びお邪魔します^^
私は韓国に行ったこともないので地理がちんぷんかんぷんなのですが、どこだ?どこだ?とハナヨ本の地図を頼りに照らし合わせながら楽しませていただいてます。
なるほど!旅の始まりはムンギョンでなく、まだその前の証拠がありましたね。
ちゃんと日付入りのサインが残ってますし、味噌村の職員さん情報があったりして、それをきちんとやさいさんブログが記録として残してくださってました!メモメモ・・ありがとうございます。

ところで、初心者の質問なので恥ずかしいのですが、ハマウェルってハナヨ本のROUTE2の中の安東河回村のことでしょうか?ROUTE1に北村文化センターや北村美術館があるのでそのあたりに北村和敬堂があるのかと思ってました・・・
こうやって彼の軌跡の謎を解いていく過程がおもしろいです。

ハナヨ本では、ヒョゼ先生との初めての出会いが12月とかかれてました。
その後、キムチ作りを先生に習うキムジャンの時、ご一緒した陶芸家の娘さんのお名前が出ています。
おそらくこのお写真のお嬢さんだと思われるのです。
「かわいらしい・・」なんて書いてあるから驚きましたが、
「甕」のことでした(笑)
冷静にちゃんと文章を読まないといけませんね。

食いしん坊ネタでもう一件

蔚山でネンミョン・・・そんなこともありましたね。
お茶のお店訪問は年が明けてからでしたよね。
懐かしいです。ハァ~~・・・

で、ネンミョンて何?(笑)から始まった私ですが、
韓国冷麺のことだったんですね^^;
調べますと1950年に勃発した朝鮮戦争によって南に移住した北朝鮮出身者らを通じて普及したこのお料理、夏の食べ物かと思いきや、もともとは寒い冬、夕食に暖かいオンドルの部屋に集まって、と~~ても冷た~~いトンチミ(水キムチ)にメンを入れて食べたのが、ネンミョンの由来と言われているそうす。
ハナヨ本では、彼は水キムチの「汁」のおいしさについて
熱く語ってます。
たしか、塩田?塩浜かな?も取材してましたよね。
感動したことについて とことん追求したかった そんな食いしん坊な彼。
大好きです(こんなところで告白してどうする^^)

NoTitle

ほんとにかれは食の大事さをいつもいってますyね。
その彼が栄養失調ぎみな病気になったなんて今回のほんの執筆でたいへんだったかとおもうと胸がつぶれるおもいがします。
3キロふとったとかゴリラデご家族でお食事をなさったとか
うれしい記事も出てきました。

NoTitle

ほんとにかれは食の大事さをいつもいってますyね。
その彼が栄養失調ぎみな病気になったなんて今回のほんの執筆でたいへんだったかとおもうと胸がつぶれるおもいがします。
3キロふとったとかゴリラデご家族でお食事をなさったとか
うれしい記事も出てきました。

おはようございます。

KUONさん、みどりさん、basumamaさん、uraraさん、食いしん坊さんこんにちは~v-410
お返事が遅くなりました。実は、昨日、家のPCが突然、起動しなくなったんです。なにか、私、やっちゃったみたいです~~v-390

KUONさん、大変な日に訪問してくださって恐縮してます。
おちびさんのお熱は下がりましたか?法事やお葬式や、非日常のことがあると家じゅうが疲れますね。ケンチャナヨ?
ヨンジュンは本当に真面目な子だから、ナンパなことは少しも考えないんでしょうか?ってか、女の子に手当たり次第テキトーに声をかけて誘ったりとか云うのは彼にとっては別世界の話かもしれませんね・・・出あっても、そこで終わっては発展しないもんね~v-395

みどりさんスンスさんは結婚されてたと思うんです。ヨンジュン以外のことって、いい加減にしか読んでないから、間違ってるかな?
ヨンジュンがろくろを回す様子を見ていたら、彼の心に迷いがないから、すっと形成できるのかなって思いました。
素直でまっすぐなせいかく、男らしくて思いっきりがいいのかな~って、勝手に思いました。
v-222も大きいから、上手にすっと形成できるのかなとも・・・e-328

basumamaさん、ヨンジュンの足跡を辿りながらも、ふう~の観光旅行もして、楽しかったんです、でも、もう、アップしながら飽きちゃって、一気に掲載、これでクッです~(笑)
普段はヨンジュンをかなわぬ恋の相手と恋しく愛おしく想うのですが・・
年頃の素敵なアガシを見れば、「ヨンの相手にどうかしら」と、ほとんど親戚のお節介おばさんになってましたね、私。e-268

食いしん坊さん すごい!本当に良く読んでらっしゃる!!
そうです~今回、私が旅行したのは慶尚北道、安東市の回河村とその周辺&聞慶市です。
ハナヨのROUTE2の中のいくつかを回ったことになりますね。
DA公式ツアーの第二段は、このあたりになるようですよ。e-267
ヨンジュンって、本当に食いしん坊ですよね~それも、カワイイv-411

uraraさん、何かに集中すると、寝ないしご飯を食べる時間ももったいなくて、激やせしたりするんですよね。
(自分のこと言ってどうする~ですが・・)私も夢中になると、お腹すかないし眠くならないんです。だから、ヨンジュンが本を執筆中にどのようだったか・・・v-404
もう、彼も学習したことでしょうから!ほどほどにすることも意識してできるようになったんじゃないかしら?
そうなって欲しいと願いますね~v-421 
急に寒くなりました。皆さん、風邪など召されませんように~
お昼になりました、ではでは、健康のために美味しくランチしましょうねv-374v-373v-372
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。