FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回河村の朝

安東へ行こう~6
ハフェマウルの朝、バキッ バキッ って言う、薪割りの音で目が覚めたんですよ 
北村宅のご主人さまが、斧を使ってオンドルに使う薪割りをされてました、ドラマの世界

ドラマのように、ハルモニが竈の灰を捨て来ていた、朝もやの中、洛東河の土手 (携帯で撮影)
NEC_0016s-1.jpg
昨日のぼった芙蓉台も洛東河の朝もやにけむってました。あのてっぺんに居たんだわ・・ファンジニ。
NEC_0020s-1.jpg

NEC_0021s-1.jpg
ひときわ立派なリュシウォンの実家。ここも民泊させてくれるそうです。
NEC_0026s-1.jpg
北村宅、柳家の母屋。煙ってるのは、本当に煙です。 竈から出てる煙。
NEC_0038s-1.jpg
竈の火まで珍しくて・・・ユジンが「この匂い・・」と云ってた匂いかも。
NEC_0037s-1.jpg
NEC_0039s-1.jpg
母屋の裏にも甕 カメ 瓶
NEC_0036s-1.jpg

北村宅の裏に有名な回河松(ハフェソナム)があります。手前に見えるはオンドルの煙突
NEC_0041s-1.jpg

朝食は北村宅の隣にある家で頂きます。北村家の客専用、朝飯食堂ね。

この日に泊った客は、私達を含めて3組だったんですが、
北村宅のご主人さまが、「○○ssi~」と祝詞のようなゆっくりした口調で呼んでくださり、
揃ったところで、この家まで連れて行ってくださいました。
なんとなく、これも朝の儀式みたいで、面白くて素敵でした。
NEC_0046s-1.jpg

金の食器・・・ゴシレの食器と同じ、チーンってリンの音がします。
塩サバは安東名物です。 どれも、辛くなくて上品な味でした。美味!
NEC_0044s-1_20091029161745.jpg
ハフェマウルは1時間もあれば、一周できるくらいの大きさです。DSC07791s-1.jpg
名残惜しく御挨拶して、回河村を後にします。御主人さまから、扇子と絵ハガキのセットをお土産に頂いて、同じく泊り客だった、ソウルから来たという二人づれのヤングマダムからも「良い旅になりますように!」と云っていただいて・・ 見知らぬ同士だけど、これも縁。
DSC07742s-1.jpg
北村宅、柳家のご主人さまは、ペヨンジュンさんのことを・・
「顔だけでなく心も美しい男。本当に頭が良く心の暖かい男だ」と、仰いました
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

お名残惜しかったでしょうね・・。
薪を割る音、薪を燃やす音、煙・・今はもう全て取り壊されて、道路になってしまっていますが、子供のころに毎夏、冬、預けられていた祖父母宅、そんなんでした。
旧い薬屋で、一歩入ると独特の匂いがして。
毎朝、薪で炊いたご飯と、産みたての卵の目玉焼きと、お味噌汁と。野菜嫌いでしたが、田舎の家のお漬物だけは、なんでも食べられたのです。

薪が燃える匂い、ご飯が炊ける匂い、鼻ツンのわが鼻の奥に、鮮やかに蘇って来ました。

って、激しい脱線を、おわびします。
朝もやも、竈の煙も、いまなお、生活の中にあるところなのですね。
こんな長い縁側もあったし・・。
ヨンジュンさん、きっと名残惜しく去られたのでしょうね。
やさいさんもね。

顔だけでなく心も美しい男。本当に頭がよく心の温かい男だ。
・・・そんな男、本当にいるんだ。
私、いつまでもお待ちします。


信じられない程☆

こんばんは。

充実した旅行を楽しまれているようで、何よりですv-22
お天気にも恵まれていますねv-22

顔だけでなく、信じられない程、心も美しい男。
本当に、信じられない程、頭が良く、信じられない程、心の暖かい男v-10

同じ時代に生きていることを感謝します。

伝説になるであろう男、ご本人を拝見することができましたv-20v-21v-22

KUONさん

ハフェマウルのなかの漢方薬を扱う家の軒先に、袋がいくつもぶら下がってました。
漢方薬をそうやって保存してあるのかな?その家の匂いとKUONさんの祖父母様の家と同じような匂いだったのかも。

薪が燃え、煙が目にしみて・・・煙の匂いが、ひどく懐かしいような気持ちになったんです。
そういう生活を知らないのに~v-398

海辺のバーベキューとかキャンプファイヤーとかのイベントじゃない、日常で薪が燃えてました。
毎日の営みとして、薪を割り、竈やオンドルにくべて、灰を川原や畑に捨てにいく。そんな生活を守っておられました。
むしろ裕福な方たちが、あえて不便な生活をしておられることに、韓国の人達の価値観や美意識を感じました。

スローライフなんて流行の言葉に関係のない、本当にスローライフの村でした。

でもね、リュシウォンさんご一家は普段はソウルに居るそうです。お客様があるときにここへ帰ってくるそうです。
それを聞くと、忙しいだろうな~って、思いましたヨン。e-282

こんばんは~!

「顔だけでなく心も美しい男。本当に頭が良く心の暖かい男だ」
女性でなく男性にこう言っていただけるというのに「重み」を感じますね~~v-424v-425

私の愛した人は間違いではなかった・・・と何度思い知らされてきたことでしょう・・・e-266
この言葉を読んで、今もまたそう思いました。

一番上の写真v-212も素敵~v-351
果てしなく続き木立の背丈がきれいにそろっていて
自然にv-361
均等に日差しが当たるのかなv-361

やまねさん

いつも私の旅行は欲張りです。
寝る間も惜しいって思うんです(笑)、今回はさすがにぐっすり寝て・・・だから、二日目も元気でした。
早い目に仁川空港まで行かなきゃ渋滞に巻き込まれる~って、男達は云いますが、私は、まだまだ、行きたいとこがあって、ギリギリまでv-448v-355したんです。
なので、満足、満足・・・
お天気は、秋晴れ、コリアンブルーの空でしたよ~

ペヨンジュンも、ずっとずっと後で、韓国の美しい思い出になるe-419e-420

NoTitle

ご主人さまのおっしゃてたことがあたってましたね。
人としてヨンジュンは北村宅柳家のご主人のこころをとらえたのですね。
頭がよくて心が優しい男。最大級のほめ言葉ですね。
野菜さんの感激振りが目にうかぶようです。

私たちまでその喜びをかんじさせてくれてありがとうございま
す。
徹子さんもあれだけのお客さんとあってるなかでヨンジュンを中心にした記念パーテイをおもいだします。



lillyさん

この土手の並木も美しいし、川向こうに見える芙蓉台も朝もやにけむって本当に素敵でした。
早起きは三文の得~~ですね。
カメラのバッテリーが少なくて、写真撮影を諦め、目に焼き付けておこうと思ったんですが~
私の目の中に映ってるか知らん?私の目、見に来ます?(笑)

ペヨンジュンを褒める言葉はたくさん聞きますが、タレントだかなんだかわからない怪しい人たちが褒めるのを聞いてもe-275e-274v-403と思う、天邪鬼の私ですが、ここのご主人様の言葉は、正直に嬉しかったです。
私達の目は間違いないv-426

uraraさん

北村宅では、ヨンジュンさんの泊まった和敬堂にヨンのサインとご主人様との記念撮影した写真を飾ってるだけでなくて、
和敬堂に泊まらなかった人にも見えるように、もっと、大きく引き伸ばしたお写真と、ヨンジュンのサインに残された幽情の言葉の意味を説明したパネルを飾ってありました。

そのパネルを見つけたウリ夫君、「おい、あっちにもっとでかいのが飾ってあるぞ、写真撮ってこなくていいのか?」と云いました。
こんなこと初めてです!夫君も一日で変わりました~~

追伸・・・

やさいさん
よかったら私にも、永懐(?)幽情の意味を教えて下さいv-435v-436

NoTitle

うあ~~・
やさいさん。いってきてよかったですね。やさいさんがいってきてくれたことが。

きっと北村家のご主人もさすがヨンジュンの家族だとおもわれてやさいさんにそんなおはなしをしてくれたのではないかしら。

ヨンジュンを自慢することがうれしい、なんだか私たちとおなじでうれしいです。

野菜さんのご主人もヨンジュンを好きな奥さんをじまんなんですね・

いろんな意味ですてきな羨ましい旅でしたね。

ご苦労様そして有難う

永懐幽情

llillyさん、uraraさん、v-10

永懐幽情の意味は~
“奥ゆかしい情を永く心に抱いて” という意味だそうです。

211年前の面影そのままの姿の北村が、これからも永遠に保存されていくことを祈りつつ・・『永懐幽情ー和敬堂・』と芳名録に書きのこしたそうです。

ヨンジュンって、難しい言葉知ってるよね~v-21

奥ゆかしい情を、、、

なんてすてきなお話でしょう! 
yasaiさん こころにしみ入るたびのお話 ありがとうございます 
こんなにも素晴らしい 人と人のふれあいを感じさせていただけて とても嬉しいし もったいない、、そんな気持ちです
ヨンジュンさんを愛していると 時々厳粛な気持ちにさせられますね 
ハフェマウルの景観に ウリ・ジジが魅了されてます
来年行くぞ~
ありがとうございました~

素敵な朝もや

あぁ~ 素敵な朝をお過ごしでしたね。
この朝もやの中から、ゆったりと歩くウォン様が現れたら、正に夢かうつつか・・・と目を擦るでしょうね。
やさいさまの旅、いつもお側には、ヨンジュンウォン様がいらっしゃるから、決して夢ではありませんね。
「身も心も美しい人」と、今この世で時間を共有出来る事は、なんて幸せなんだろう~と思っています。
夫君とKim君との旅、さて続きは~?
楽しみです。
昨日は、十三夜~お月様が栗のようで、深夜に食欲の虫が鳴きだしました。

yuutaさん

おはようございますv-278
<ヨンジュンさんを愛していると 時々厳粛な気持ちにさせられますね>
同感です! 何でもないようなコメントでも丁寧に言葉を選んで応える様子を見てるだけでも、「言葉は言霊」という風に思えたりします。
和敬堂に残されたヨン文字にも、ほっこりと優しく暖かい気持ちがこめられてますね。
ヨンは本当に賢いです。頭いいです!けれど謙虚だから嫌みがない。

ハフェマウル、ぜひぜひ、行ってみてください。慶州と合わせて行かれるのも良いと思います。
計画してる時から、旅行は楽しいv-411v-353

ソウルの月さん

お月さまがのようv-353って、初めての表現かもe-278
そう云われると・・私も栗、食べたくなります^^
十三夜ですか、明日の晩、晴れてるといいな~。お月さまを見ながら、栗、頂きます・・じゃない、ウォン様を思いましょうv-411

とてもプライドの高そうな北村宅のご主人さまをして、
「ぺよんじゅんしぬん おるぐりまん ちゃるせんぎょんに あにぐ まうんど ちゃるせんぎょん なむじゃよ。
もりど ちょんまる ちょっこ まうんど たっとぅん なむじゃ。」と云わしめたBYJでした~~e-419

(*^_^*)

やさいさん こんにちは^^

素敵な朝を迎えましたね。
このご主人様のあたたかいお言葉を聞いて、さすがヨンジュンssiと指パッチンv-218してしまいますね♪
私達のヨンジュンv-353自慢していいですよね^^
一日にして変貌された?(ミアネ。。)ダー様も(^_-)-☆
やさいさまの撮られた写真と同じアングルが何枚かあり、
また思いを馳せる私。お泊りしたかったなぁ・・ハフェマウル。
v-352続き~ 楽しみにしていますi-184

basumamaさん

美しい朝でしたよ~
墨絵のように朝もやにけぶる芙蓉台と洛東河をバックに、散歩する人、ジョギングする人、竈の灰を捨てる人、ただぼんやりとベンチに座ってる人・・・ゆっくりゆっくり生活してるような人たちを眺めて、また、忙しい旅行の計画を練る私v-31

basumamaさんにとっても、思い出深いハフェマウルなんですね。次回はぜひお泊りを!

ついに、やったね!

ぺ、と呼び捨てのご主人様が、ついに、ぺの真価をお認めに・・・
なんだか、自分が褒められたような、不思議な気持ちです~
きっと、もうずっと前から、分かっておられたような気がします。
何か、キッカケが必要だったのでしょう~それが、北村邸のご主人の言葉だったのかもね~~なんて、分析したくなるような、ご主人様の変わりよう・・・万歳!まんせい!

それにしても、奇跡のような村ですね~
私、冬でもケンチャナヨ~外のファジャンシルが遠くても、オンドルでポカポカのヨン部屋がヨン布団が待っててくれてるものv-10
でね~お布団は、全部に一通り、寝てみますわ。どのお布団がヨン布団か、分からないもの・・・

そらから・・・ご主人のお言葉
「顔だけでなく心も美しい男。本当に頭が良く心の暖かい男だ」
よくあるパターンは・・
顔はいいけど、心はペケ
心は綺麗だけど顔は普通
頭がいいけど、冷たい男
心はあったかいけど、頭はイマイチ

ヨン拍子そろった男、奇跡です~~神様からのソンムルかもv-25

mukuちゃん

まんせいv-438  やっと!わかったかぁ~~~v-322
この紋所が目に入らぬかぁ~~~ 배 v-360
・・・・と、まあ、このくらい云いたかったわね~

mukuちゃん、大胆な発言!<お布団は、全部に一通り、寝てみますわ> むむ・・・v-313
シャワールームつきのファジャンシルは、最近、改装されたみたいです。だから、想像してたより快適でしたヨン。

遠くのファジャンシルまで歩くとき、気分だけヒヨン様になりきって歩いてみたり~
星空を見上げて、ヨン拍子揃った神様のソンムルが、天から降ってこないかな~、降ってきたらデカイ音するよね~とも思ってみたり・・・・v-398

「まうんど ちゃる せんぎょっそ」って、いい表現ですよね~v-354

田舎の家に行く風景

ああ~やさいさん、まさにハナヨでヨンジュンさんが語られた
五感を満足させる朝の田舎の風景ですね・・・・

こんな所に住んだことはないのに、なぜか懐かしく心豊かにさせてくれる感覚は日本人にも共通するものがあって、
彼の国と同じ情緒をもっていることにささやかな喜びが・・・

やさいさんの旅行記を読んでいると
小さなボストンバック一つもって、心の赴くままに旅に出たいと
いう気持ちになってきますよ~v-337
(その昔、当時の彼と旅行に行くときに、駆け落ちの準備をしてきたかと思われたほど旅行下手な私ですが・・・・v-408

行く先々で温かな情と名言を残していく男。
彼の名はぺ・ヨンジュン

ミラクルさん

v-436お返事が大遅刻しました~~~

デジャブと云うのはこういうのかな?って思いますね。
住んだこともないし、行って見た事もないのに、懐かしい想いが込み上げてくる風景でしょう?
むかしむかしの遠い御先祖様が住んでいらしたかも~v-398

・・・・って、ミラクルさん、どさくさに紛れて、ロマンチックな思い出v-319話(でもないか・?)を、ご馳走様でございます~

荷物が少ないほど、旅行慣れしてる・・と、ちょっと前まで思っていたんです。
でも、このごろ、韓国へ行くと、行く先々で珍しいものや美味しいもの(で、とっても安いもの)を、あれこれ買いあさるので、帰路の荷物は往路の倍になることもv-405
で・・・いっつも、一番でっかいトランクを持っていきます。家出アジュンマか、買いだしみたいです。(笑)
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。