FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国でも予約開始

今日から、韓国の書店でも、一斉に予約受付が始まりましたね
チラシが素敵すぎます~
2009-09-11_21;45;54
チラシに書いてある小さい字、読んでみます?右上が。。予約販売イベント
その下は、あの感動の一節。

拙いけれど真剣に取り組んだ旅の記憶
ペヨンジュンの紀行
その365日を全て盛り込んだ


でもって・・もんのヨンジュンの横が・・

文化ってものは、難しくて面白くないものじゃないんだ。
それなら あのように限りなく ドラマ、映画の素材として登場しなかったはずだ。
三国文化とは差別される鉄器文化をもたらした伽耶や、幾多の物語が隠れているシルクロードの文化に高い関心を持つ人々に逢えば、
嬉しくて、1時間でも2時間でも口数多く喋っていたようだ。(ペヨンジュン)



教保文庫では、韓国の美を辿る旅の詳細や、プロローグも紹介されてます。
ヨンジュンの本が届いたら、開いて、ヨンで、胸がいっぱいになって、涙があふれるかもしれません。

今すぐ読みたい! 本が届くまで待ちきれないという方、ヨンジュンのプロローグを、kyaputenQさんが訳してくれています。
QルームのBBSは こちら から~

↓は、余計なです~
ウチの玄関に飾ってある、平山郁夫画伯のシルククロードを行くキャラバン(西・月)のレプリカ・・・
よかった・・・ヨンジュンがラクダ,に跨って、シルクロードを辿る!なんて云いださなくて・・siruku.jpg


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼の心が伝わってきますね

本国ではやっと、予約ですか? 
日本では、どんなものかも、表紙もできてないうちからの予約でしたものね
早くとどかないかなぁ~
一字一字彼の文章を噛み締めて読んでしまいそうです

キャプテンQさま、翻訳ありがとうございます
彼の一生懸命さが伝わってきますv-238
お茶を入れてる彼の姿が浮かんできます

平山画伯のシルクロード
満月の青い世界の砂漠を、一度見てみたいものです
ヨンジュンも
そんなこと言い出しそうですね~~
でもそれを実行するのは、もうちょっと後にしてねv-343

拙い私の意訳・・・

やさいちゃん みなさんこんばんは~

拙いけれど真剣に取り組んだ私の意訳v-390

やさいちゃん~が訳したものを見たいですわ~

ボキャブラリーが乏しくて~~上手く表現できていなくて~
ヨンジュンに申し訳ない気持ちですわ

是非 韓国版を買って
ヨンジュンの心のままの言葉を知りたいですね~

しかし~いまさらながらですが・・・
ヨンジュンは思慮深くて、真摯ですわ~
22日の記者会見で、ヨンジュンの心のままを聞きたい。

KOBでもメッセージ残してほしいね~

PSヨンジュンが漆修行中に訪れた平山郁夫画伯展で
ヨンジュンが気に行ったと言ってた絵を雅叙園shopで
見ましたが~やさいちゃん玄関に飾ってある絵と同じタイプのものでしたよ。
もう少し色が淡白だったような気がしますが・・・
ヨンジュンの好きな絵ってシンプルですよね。
こちらも気に行っただけで購入はしなかったようです。
代わりに画伯集を予約したんだって~v-347

訳もなく涙が・・・

やさいさん、こんばんは!
素敵なチラシとkyaputenQさんの労作を教えてくださって
ありがとうございます!
kyaputenQさん、感謝の気持ちでいっぱいです!

書評もでましたね。
あちらでのいい評価が何よりも嬉しい私。
(絶対「外出」のトラウマです)

群像のサントラを聴きながら、kyaputenQさんが訳してくださった文や書評を読んでいたら訳もなく涙が・・・・
いえいえ、こういうのは訳のある涙っていうんですね。
読む前から感動しちゃうってどうよって感じですけど、
でも、待った時間が彼にとっても私にとっても有意義であったと確信できた気がします。

内面の充実がますます彼の演技に磨きをかけることでしょう。
俳優ぺ・ヨンジュンを待つ間、この本で異国の文化と彼の精神世界を堪能できるなんて・・・・
読書の秋にふさわしい贈り物でしたね。

NoTitle

ヨンジュン氏は、会話の喜び、知の喜びを求めていたのですね。
地位も富も名声も得ても、沢山の人に囲まれていても、どこか、何か足りないと、心の中に一筋の風が吹いていたのか。
このたび、様々な分野のスペシャリストに出会い、行き方や人間性に触れ(わかったような口、利いてますがご容赦を)、本当に充実した時を過ごされた。

<嬉しくて、一時間でも二時間でも口数多く喋っていたようだ>
v-425そうだったのですか。
もうここだけで、十分な気もします。
充実の日々だったのですね。

ルイさんv-286いえやっぱりやさいv-476さん、平山画伯の、独特のブルーの絵、いいですねー。こうしてパソの画面で見れば、レプリカも本物。

美しいものってよいです。
私もハートに、シャワー浴びせます。
チラシ欲しいですv-401
チラシ、すごくすてきですv-411

kyaputenQ様、本当にありがとうございます。もうすぐハルモニにv-300

くむくむさん

中身がちゃんとわかって予約開始、これが正しいでしょうv-392
韓国では、内容まで詳しく説明してあって、それで買うかどうか考える。消費者は厳しい目を持ってますね。
それなのに、中身もわからないうちに予約する日本人?アニ~私達だって、他のことなら、そんなことしないですよね。
ヨンジュンだからですよね~v-314信じてるもんね~ヨンジュンをv-344 

平山ブルーって呼ばれる青、これがね、いいんですよ~~
でも、ヨンジュン、韓国と日本(岩手)だけで済ませてくれて、ちんちゃ たへにだ~v-411

Qオンニ~~^^

勝手にリンク晴らせて貰いました。いつも、事後承諾でスンマセンv-398

深夜のv-6メール、ありがとうサンでした。v-280
実際、私しゃ、もう寝ようとしてて、ベッドに入ったとこだったのに、また、起きてPCを立ち上げました。とても朝まで待てないって!
でね、あの原文見たら・・e-275e-275
訳してくださって感謝ですぅ~~v-300

雅叙園で郁夫ワールドが気に入ったようだったので、因島にある平山郁夫美術館にヨンジュンが来ないかな~って、妄想爆裂してたんですけど・・・そうね、韓国の文化人じゃないから、ま、参考ってことだったかなv-426
平山郁夫画伯の絵は、シンプルで美しいです。
寂寥とか孤独とかの感情もありますが、それを超えて遥かな世界への憧れとか、未来への希望とか感じるんですよ(私が勝手に~)

ミラクルさん、

彼の精神世界を旅できますね~私達、もうすぐe-266

外出のトラウマ・・ありますね。今度、ヨンジュンを苛めたら、許さないわよ~~って、思ってますe-269
私達は、ひいきの引き倒しにならないように、厳しく見てますけど、(何処が厳しくって?・・e-349)、アンチがてぐすね引いて待っていたとしても、何処にも貶す材料が見つからないでしょうe-281

表紙やプロローグで、これだけ感動しちゃって、本を手にしたら、あとは、ひっくり返るしかないよね・・e-437e-266

KUONさん

まじゃ!まじゃ!<ヨンジュンは会話の喜び、知の喜びを求めていた>そう思いますね。
このチラシの紹介文を読んだら!
ヨンジュンは、夢中になって出合った人たち、国宝級の巨匠でも、その辺を歩いていたハルモニでも・・
出合った全ての人の話に耳を傾けたんでしょうね。
幼い子が初めての絵本を読んでもらうときのように、目をキラキラと輝かせ、身を前に乗り出して、それから?それから?って好奇心を丸出しにして・・・・v-411v-410
ヨンジュンが、そういう時間を沢山持ったという事が嬉しいです。
そして、そういう時間は、その何倍ものエネルギーになって、ヨンジュンを突き動かし、また、なにか新しい役に挑戦してくれると信じてますv-364
(結局、俳優やってくださいって、また、しつこく云う私・・・)

ヨンジュンが雅叙園で平山郁夫展に行き合わせたことは偶然だったけれど、天の時の仕業、必然だったように思います。
平山ブルーを見たら、ヨンジュンの心は広い空、深い海・・ですもん、ビビビv-21と、感じるものがあったはず~

ルイヤ~ モンモン !!v-286 


どこまでも真摯で

KyaputenQさま、訳文を読ませていただきました。
ありがとうございますv-22

これほどまでに何事にも一生懸命な人なのだと、今更ながら感激のため息をついています。
でも、思い返せば、写真集のときもそうなのでした。

きっと、感性がとても瑞々しいからなのではと思います、37歳の今でも。
年齢とともに様々な経験を経てその感性がさらに美しく磨かれ、でも、その一方、生まれながらの謙虚さは失われず・・・。

こんな内面を持った人が、あんな外見なのですから、これはもうなるようにしかなりませんね~、私たちはv-344

好奇心いっぱいの瞳を輝かせて何かに夢中なオトナのオトコ、ってすてきですv-398

sarahさん

深夜にこんばんは~~^v-280
37歳でも、何歳でも、感性をくすぐるものは変わらないのかもしれませんね。
子供の頃、好きだったものは大人になっても好きだったりするじゃない?生まれもってのものなのね、感性って~

ヨンジュンは天然素材。けれども、コットンじゃないです。何の色にも染まらない。いつも自分色、それも鮮やかに自分色ですね。
周りを染めてしまうことは度々あるのに、自分は染まらない。

若山牧水の詩だったか・・・
白鳥は悲しからずや
空の青、海の青にも染まらず  って云うのん、ありましたよね。
なんか、急に思い出した・・v-519
(ごめん、マッコリでよってますので~)

NoTitle

おはようございます。

いつも そうでしたが 
今度も 胸をうたれました。 
人に強制も意見もしないで、背筋を伸ばさせる人ですね。
自分も もう少しちゃんと しなくっちゃと思います。

昨日から伝え聞いた韓国からのあれやこれやに
それだけで
もう、こんなに 心が動きました。v-353
本当に 本を手にしたら どんなになってしまうんでしょうか。



韓国を旅行する機会が (やっと、先月念願叶って行くことができましたが)
この先あるかどうかもわからない身にとって、 
まずは ロケ地巡りが優先だ という気がしていたので 
ドラマとは関係のない 韓国にふれる旅をするなら
本当に 自分に必要な時に買ったらいいんじゃないかな~とさえ 
本に費やしている時間があまりに長い気がして思った時期がありました。


韓国の文化や伝統 暮らし・・韓国という国についてというより
ヨンジュンが それをどう感じていたか 私の本への関心はそっちだったのです。
ハンマーで殴られた感じです。

韓国を本当に旅するから 
必要な本ではないようです。
韓国の美ってなってますけど
韓国って限定しなくたっていい。
私の住んでる街でもいいし 私の暮らしでもいいんですよね。

本を 読んで
自分の旅を作りたくなるような本なら、
本に掲載された場所に訪れることが出来るとか 出来ないとか そんなこと関係ない
そんな気がして

私の ちょっとだけ、
いえいえ 「そんなに韓国にも行けないよ~~!!」と
大きくいじけていた 意地悪な気持ちが
消えていきました。 

そういうことを
ほんの、ちょっと 読んだだけですけど
いつも変わらない
BYJの 透明で真摯な姿勢に教えられました。



やさいさん  う~~ん。 
うまく書けない。v-409
私の思ってること伝わりますか~

私 本当に また、ヨンジュンに感動してます。


あなたを もっと好きになったv-406~~と 
駆けていきたい気分です。

おはようございます脱線します

青、秋、牧水。大好物ばかりです。ヨン氏もブルー、お好きな色かと思います。
牧水の名が懐かしく、脱線しに来ました。旅と酒の歌人と呼ばれ、43歳で亡くなった時には、生前からアルコール漬けだったと言われたらしいです、なんてコウシャクより。
最近マッコリを召し上がることも、のやさいさん。ご存知かも、ですが(あ。白鳥は、の最後は、染まずただよふ、でしたね)。

  白玉の歯にしみとほる秋の夜の
  酒は静かに飲むべかりけり
   ・・まこと大酒飲みの言い分ですね~・・

  かたはらに秋草の花かたるらく
  ほろびしものはなつかしきかな
   ・・なんてニヒルにキメていますが、妻子を愛した文人でありました・・

  幾山河こえさりゆかば寂しさの
  はてなむ国ぞけふも旅ゆく

  けふもまたこころの鉦をうち鳴らし
  うち鳴らしつつあくがれてゆく

この2首は、表紙の写真にかぶさるかな、と考えたのですが、違った。びっくり、違いました。
牧水の短歌にイメージがかぶさるようでいて、私には、ヨンの独りの背中、後姿に、秘めたる強さ、エネルギーが、感じられたのです。
新しい発見。
うまくいえませんが、ヨンジュンは、ますます、これから、の、でっかい人だぞー、という感じが、しましたのですv-10

シャララさん

ヨンの本、仰るとおり
“本に掲載された場所に訪れることが出来るとか 出来ないとか そんなこと関係ない ”ようですね。
まだ、手にもしていないけど、きっぱりとそう云えそうです。

旅行の本なら、沢山のガイドブックがあります。現地の観光案内所に問えば細かく教えてくれます。
そういうHowto本ではないんですね。
あえて、Howto本だといえば、人生のHowto本になるんじゃないかなって思います。

ヨンジュンが自ら綴った紀行エッセイを読んで、ヨンジュンの心の動き、温度、そういうのを感じられたり・・・・あん、私もカッコよく言いたいけど、いえません。

しつこく、平山郁夫のシルクロードに拘るようですけど、
例えば、あの数々のシルクロードを描いた大作を前に何時間も座っていたいと思うほど感銘を受けた私ですが、「そうだ!シルクロードへ行こう!」という思考回路には、つながりませんでした。
シルクロードの世界に嵌ったんじゃなくて、平山郁夫の絵に嵌ったんだといえます。
つまり、私は、ヨンジュンの紀行エッセイと写真を見て、もう一度、ヨンジュンに嵌ることになるでしょうv-345
ズブズブズブ・・・・抜けられません。

不思議なカリスマです。真実“人に強制も意見もしないで、背筋を伸ばさせる人”ですね。
それは、思いもかけず、扉を開けたら、仏像が静かに祭られているところに入ってしまったような緊張感です。
実際、私は、法隆寺の百済観音は、ヨンジュンの前世の姿じゃないかと信じていたりします。あの観音様は百済から飛鳥の地へおこしになった、後光を背負って八頭身。すらりと美しく立ち、優しい雰囲気。何気にセクシー。
輪廻転生を信じていたわけではないのに、ヨンジュンを見てから、そう思うようになった・・・なぬ?私が年寄りくさいとな?

ま・・ヨンジュンラブは、ますますv-41です。シャララさん、一緒に焦げましょうかv-411

俳人KUON様

元々寝つきの悪い私、ゴシレマッコリが導眠剤のように心地よいですv-392

牧水の詩で思い浮かんだ「染まらない」とこだけでした。あと覚えてなくて・・ただよふでしたか・・・こまお!
一枚の写真から、色んな風景を思い描いたり、詩を思い出したり、壮大な物語を思ったり・・広がるヨンジュンワールドですね。
脱線ついでに、「百年の旅人」という小説を10年くらい前に読んだんです。このチラシの横向きヨンジュンを見てたら、いきなり、その中の青年を思い出したり・・
今、もう一度、あの本を読みたくて探してるんだけど、私、Bookoffに売り飛ばしちゃったか?見当たらない・・・v-390

ヨンジュンの背中は、KUONさんが以前コメントしてくださったように、孤高だけど孤独じゃない。
少しも寂しそうではないのです。むしろ、楽しげ・・
ほら!いつか、私が伊吹山のてっぺんに咲いていたコオニユリ、覚えていてくださってます?
あの花のように、ただ、愉しそう、気持ちよさそう。
あの花のように、ヨンジュンの見ている先は、遥か遠くだけど、ちゃんと、地面に根を下ろしている。
強い風が吹いても、雨に打たれても決して倒れず、確実に回りに種をまき、また、再び季節が巡ってくれば、ポカンと咲いて私達を楽しませるe-419
・・・かと思うと、ばっと地面をけって大空を飛んでいたりする・・・ビックリする。

私、このまま、一生、ヨンラブを叫んでるような気がします。e-328

NoTitle

2000通もの家族からの提案をすべて目をとうしたといっていたヨンジュン。
肩痛のいいわけもせず、そのとき出来る最善のことをつくす。
この本はヨンジュンのすのやさしさと
家族への慈しみと祖国への愛情につつまれた音色をかなでる
シンホニーのようです。

そんなヨンジュンガそめた織物
すこしずつでもわけてほしいですね。

韓国語がまったくわからない私にとってやさいさんKYAPUTENQさん。感謝しています。




月の砂漠に牧水に・・・

すごい世界が広がっていますね~~~

ヨンジュンご本からその先、どんな風に皆さんが進化されていくのか~~
1年後2年後のお話がお聞きできたら、面白いでしょうね^^

冬ソナでヨンジュンに嵌った方でも、4年5年経った今では、
関心の方向が、いろいろと違ってきていて、それもまた面白いですね。
以前にヨンヨン講座なるところで、そんな分析をされた方の
お話を聞いたことがありましたわ。

私自身でも、ヨン沼に嵌ってからの2年くらいは、
韓国というお国や韓国文化も大して興味が沸かなくって、
ヨンジュンという人間しか目に入らない、ヨン作品以外は見る気がしない、
ヨンジュンから他の人に走る人の気が知れない!
なんてことも言っておりましたわ。

ヨンジュンにしか関心の目が向いていなかった私でも、
5年経った今では、ヨンジュンを育んで下さった韓国のそのもの、
そこから発展して歴史や文化にも興味が出てきて、
ヨンジュンを通して知る韓国の世界が、とても広がってきていますもの。

この時期に、ヨンジュンがこのご本を出してくれたことは
今の私の関心方向をますます広げてくれるのに、ちょうどぴったりなんですよね。
そんなことを考えて、勝手に喜んでいる私です^^
ヨンジュンと一緒に味わえる韓国の地、文化・・・fufufuv-398

ヨンジュンに会える時は、ヨンジュンの好きなブルーの服ばかりだった
人がいましたわ。
私も30日はブルーにしましょうかしらv-392

表紙やチラシのお写真の場所が昔の新羅でしたよね。
善徳女王を見始めましたが、名前や人間関係がややこしいですよね。
時代物はしばらくは見ないって決めたのが、
表紙の場所だと思えば見るのが億劫でなくなっています。
これもヨンジュン効果!v-426

ミアナムニダ

やさいさん、染まらないで、ということを仰ったのですね。v-354。染まらずのヨン、と。
牧水の名が出たので、徒競走だけはお任せ、の小学生みたいにイキッて、少しお恥ずかしいです、お許しを。
好きだなーヨンジュン。

ヨンジュンさんから始まりました

素敵過ぎますね、チラシの写真。白黒なのに。
素晴らしい訳を一文一文丁寧に読ませていただきたいです。ゆっくりゆっくり。

私にとって、いろんなことがヨンジュンさんから始まりました。
私みたいな日本人、多いんじゃないかな?
初めて出会った韓国ドラマとペ・ヨンジュンという男。
何だかわからないうちに私の目は彼の姿を追いかけていて…出てるドラマを見続けました。ジェホはもちろんですが…他のドラマもいろいろ見ましたよ。
そのうちに韓国の方の生活とか文化とか言葉とか、もっともっと知りたくなって…
遅ればせながら、ようやく今、韓国語を独学中です。
ヨルシミ コンブ ハゲスミダ~
先日、ママ友のママ友(韓国の方ですが日本語ペラペラ)と少しだけ韓国語でお話しました。超~嬉しかったですv-315

やさいさんや、Qさんみたいに上手に韓国語を訳せたらいいなあ。。。そしていつか、ヨンジュンさんの本の韓国版(ハングル)を読めたら。。。
韓国のことv-505、いろんなことに興味を持たせてくれた彼の存在にスペシャル・サンクス!!

uraraさん

<家族への慈しみと祖国への愛情につつまれた音色をかなでる シンフォニーのようです。>
そうですね~、家族への思いも、祖国への思いも、全てバランスの良いヨンジュンだから、重なるとシンフォニーですね。

家族から寄せられた「此処がよかったレポ」全てに目を通してくれたって聞いたら、今更、もっと丁寧に考えて素敵な文章にして送信すればよかった・・・、な~んて!ちょびっと悔やんでます。
だからって、何も変わる訳じゃないのに・・・v-411

feyfeyさん

ヨンジュンの作品を見た後は、確かに、私も他のドラマを見ても嵌ることは無かったですね・・
けど、私が初めて見たのは「星に願いを」でした。言葉がわからなかったけれど、アンジェウク氏が歌う姿が素敵だったし、チェジンシルさんが秋吉久美子さんにソックリ~!とか思いながらイッキに見たのを覚えています。
で・・その後、冬ソナだったんですけど。。。ばっこ~~~んv-217とノックアウト。
やはり言葉がわからなかったのに、何?この人?本当に生きてる人?綺麗!この声はどうしたのv-346 でv-10
繰り返し同じものを見たのは、山口智子さんのロングバケーションでしたけど、それだって、冬ソナほど繰り返しては見ませんでした。
あ・・・言葉がわからなかったから、繰り返したってこともありますが、それだけじゃなくて、寝ても醒めても、あのメロディーとヨンの声が響いてました。
正気じゃなかった日々です。
(じゃあ~!いま!正気なのぉ~~??とか、そこの人、云わないの!e-268

走れ!KUON!

ひとつのフレーズで、詩を思い出したり、その詩から作者を生涯に想いを馳せたり、風景を思い浮かべたり・・・
そういう会話、好きです。
だから、走れ!KUONさん!v-67

PS、ヨンジュンは同感インタビューで「自分を色に例えたら何色?」という質問に「空の色」と応えましたね。
私、初見では空色とは、あの何処までも澄んだ冬の韓国の青空の色、コリアンブルーだと思っていたんです。
ところが、少したって考えてみたら、空の色って夜明けの紫色だったり、夕焼けの燃える赤だったり、曇りの日の白だったり、大雨のときのグレーだったり、もっと言えば、七色の虹だって空の色だと思って・・・ヨンジュンがそこまで思って「自分は空の色」と言ったかどうかは判らないけれど、ヨンジュンは空の色だな~って納得したんです。
また・・・・脱線

キダリッケヨさん

v-308お友達と韓国でコミニケーションが取れたんですね もう、バッチリv-314
誰かに伝えたいことがあると、言葉って急に身につくような気がします。

BCヨンジュン期(ヨンジュンに嵌る前)の私は、韓国からのお客様が来ても、韓国に対して何も興味が無いので、今、考えたら失礼極まりなかったな~て、冷や汗モンです。
韓国語を話そうなんて気持ちはさらさらなくて、学生さんが日本語を勉強してるから、私はひたすら「正しい日本語」を使い、どうしても通じないときには英語を使い・・v-12
日本の名所旧跡、神社仏閣を案内して「韓国にも似たものがあります」といえば「あ、そう」で済ます。。。v-405
韓国に遊びに行っても「どこか行きたい所は?」と聞かれても「別に~v-403」って・・・v-31

それが、DCヨンジュンになれば、どうですか!?この私。
行きたいとこが多すぎて・・知りたいことが多すぎて。。
嘗て「べつに~」と云った相手に、あっちへ行こう、こっちも行きたい、あれも食べるわ、それも見るわ!と・・・
とうとう、「もうね、此処に住めば?v-359」と呆れられ・・・v-411v-411

韓国語、上手に喋ってるわけじゃないのです。私の知り合いは、私より美しい日本語を喋るヤツなのです。
だから、使う機会がない・・・v-394

私がヨンジュンに嵌って、韓国に興味を持ってくれたのが嬉しいと彼らは云います。
そして、そのようにしたペヨンジュンを誇りに思うと云います。
また、他の俳優ではなくてペヨンジュンに恋した私を、良い趣味だと褒めてくれますv-426

NoTitle

わお~~~
野菜さんのお友達のひとたち。いい!!だいすきです。

ヤハリヨンジュンの国だもの。そういう人もいっぱいいるんですね。北朝鮮のことがあるし
ヨンジュン以外にスターのかたの言動なんかで
やっぱり
信用できないなーとおもうことがあって
ヨンジュンが韓国の人jなのがさびしかったのですが
ヨンジュンの信頼できる言動や祖国をおもうぶれない気持ちに
そこしづつ見直ししつつあるところです。

やさいさんいいお話ありがとう。

まえにやさいさんが韓国家族のあたたかいおもいやりに
心の旅をしてきましたとかかれたのを
感激してヨンともさんにメールしたのを思い出します。

ヨンジュンは家族のほこり。家族でいることがほこらしい!!




プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。