FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国文化院

ただいま、帰ってきました~ 旅行は帰ってくるところがあるから愉しいね

目黒雅叙園で行われた全龍福先生の講演会を口実に、東京に行ってきました。
全龍福先生のお話は、もう、私が遊んでる間に、どなたかUP為さってると思うので、バサッと省きまして・・あ、聞きたい?じゃ、先生の御本「魂」を読んでください
なんと!横着な報告・・

で!
全龍福先生の新作が、新築ピカピカの駐日韓国大使館・韓国文化院に飾られているというので、見に行って来ました。
DSC06934.jpg

いや~本当に、外観も、中も、ピカピカ光ってました りっぱ!
DSC06955.jpg

ラッキーなことに、光栄なことに、
韓国文化院姜基洪院長さんが館内を案内してくださったんです~。感謝。

まずは、1階から~
全龍福先生の漆工芸パネルは、正面玄関に飾ってありました。 
思わず、おお~~と声がでました。(おお~って・・オッサンか!?)
DSC06949.jpg
ぶら下がってる四角いのがメジュ、そして、醤油の甕 醗酵してる様子が表現されている(らしい)
大きな作品です。どれくらい大きいかと云えば・・・このくらい!
DSC06950.jpg

人間が前に立ったら判りますね。真ん中が院長様

1階の奥は、ギャラリーホールになってて、ここで、絵画や工芸品の展示会を開くことができます。
ヨン家族は芸達者揃いだから、そのうち、ここでBYJ関連手工芸、絵画の展示会なんて開催されそうな気がする・・(気がしただけです。根拠はありません)
DSC06952.jpg

2階は、多目的ホールです。
ここでヨンジュンのファンミとか・・無理ですよね・・

3階に図書映像資料室
誰でも自由に閲覧できるそうです。
DVDなんかも、貸し出しではなくて、ここで見られます。
一人で見てもいいし~何人かで鑑賞してもOKだそうです。
DSC06946.jpgDSC06947.jpg
もちろん!ぺヨンジュンの作品はぜ~~んぶありましたよ~~

ヨン階は韓国伝統生活体験空間庭園 
韓国伝統家屋 サランバン
DSC06942.jpg
昌徳宮後宮の演慶堂をモデルに作られた、男性の居間兼応接間です。
入ってはいけませんと書いてありますが、今日は院長様が案内してくださったので、屏風の前の黄色いお座布団にも座らせていただきました~
DSC06941.jpg

DSC06938.jpg
この「入ってはいけません」は「勝手に入ってはいけません」です。

不老門をくぐると、甕が並ぶハヌル庭園!
DSC06943.jpg

この蓋はどれくらい重いんですか?と、聞くヨンジュンシスターズ。
親切に抱えて見せてくれる、院長様。
DSC06945.jpg

甕を見て、ヨンジュンを思うか?(食客の)ソンチャンを思うか? 
はい!正解はヨンちゃんを思うです
私は、ずっと・・・このヨンちゃんを思ってました。
2009-06-23-E3818AE38282E38184E381A3E3818DE3828ADon!1155_ts_000364764_20090629233433.jpg
・・・・・すみません。

韓国文化院へは地下鉄丸の内線の四谷3丁目でおりて1番出口から地上へ・・・そのまんま新宿通りを新宿方面へ歩くと、5分くらいです。私のように方向音痴でなかったら、すぐにわかります。
ホームページはこちらです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お豆の作品

韓国文化院、先日の上京の折、ほんとは行きたかったんです~でも、お庭やお家を見られるのは平日だけ・・と聞いていたので、あきらめたんです

先生が、『両国の食の文化、お豆を題材にした作品です』とおっしゃってたので、どんな作品かなぁ~と思っていました
こんな大きな作品だったのですね~やさいさんありがとう。
今度上京の折にはぜひ! 本物を見に行きたいです

甕を触る姿も、見とれてしまいますv-238
このふた、結構重そうね^^v-22

お帰りなさいませ

そうか、師匠様については、各自お調べ下さいなのですね。はーい了解、きっと本には手が伸びず。

ヨン階、サランバンというのですか、そこのお写真の、お琴に目が。柱だけ違って、日本のとほぼ同じ?。本来韓国から?と、そんなところに気が行きました。縁側(?)懐かしく、部屋のしつらえ、全く違和感ないのですね。
楽しんで来られたのでしょうねv-410v-411v-398

ラストの、お口むーんのヨンちゃん、かわゆいですね。12頭身くらいありそうですね。
甕は一個、欲しい気になりますね。何するかって、ただ欲しいだけですヨン。
今日は「ね」ばかりでしたね。

くむくむさん

時別に興味のあるイベントでもあれば、お寄りになったらいいかなと思います。
こういう芸術がお好きなら、バネルを見るためにだけにお寄りになる・・・かな?
大きな作品でしたよ~

全先生の講演は、京都の方が中身が濃かったようです。


KUONさん

560人の会場で、お席は一番後ろでしたの。50音順だったのよ~v-403
で~正直なところ、漆工芸の話とか先生のサクセスストーリーが聞きたくて行ったんじゃないんですよね・・私。(すみませ~ん)
(それは、もう、本にシッカリ記述されてます)
私は、ヨンジュンが漆と格闘した日々のエピソードでも聞けるかな~と、勝手に期待したもんだから、肩透かしです~~v-390v-394
v-395
後ろから見てたら、コックリコックリされてる方も目立ちました。
先生は皆が退屈してるな~と察したら、ちょびっと、「ヨンジュンはよい俳優です」「まじめで、教えたことが100%、忠実にできる」「伝統工芸を趣味として持っても良いでしょう?」とか話してv-418を引きつけてました。うまい!!

生活様式や芸術、文化の殆どは中国から朝鮮半島を通って日本に伝わったと考えられます。
お琴の起源はインドとか聞いたことがあります。(定かじゃないですいい加減な記憶)国や地域で少しづつ形を変えながら、日本にも伝わったんですね。
(お琴を習ってたことがあるのに・・・詳しくは知らない~笑)

昔、朝鮮式家屋の床は韓紙が張られていたそうです。(今はPタイルとか)オンドルになってるからね。縁側は、家の外と中をうまくつなぎ合わせます。
サランバン(舎朗房)という名の通り、男の人たちが集まるように作られてるんだそうです。
男社会の男だけの応接間。

珍しく、真面目に答えた私・・・v-411

そんなに大勢@@

全先生の講演~560人規模だったんですかv-12
私は、前の方だったけど、ヨンさまではないから・・・v-400
肝心なとき、前の席になりたいんですけどv-421
やっぱり、あんまり大勢になると、コアなお話はできないのかしらね?
今度、こっそり、教えてくださいませ~v-319

文化院、まだ行ってないんですよ。
甕にはなんの興味もなかったけど、今は、なんか、イトシイ・・・
甕の蓋になりたい・・・

NoTitle

ヨンを愛する部屋で
私はメガネ換える遠近両用に
若く可愛いヨン渋く切ないヨン
あなたは私の日常を変えた

どんなことをしてもそんなに楽しくない
ヨンにかかわり無ければ
不幸せとはいえないけれど
幸せじゃないヨン無き世界

机の前を世界とし
今日もまた
捜し求める ただヨンの動きを

生き生き暮らすと言ったね
アンテナ遠くへ飛ばすと
約束したじゃない
自分に誓ったじゃない

会いたい・・・mmm

どんなに好きと言っても
しょせん幻
はまって苦しいなんて
若い日の恋じゃないのに

どんどん濃くなる面影
ますます深まる思い
何より私の世界に
必要なのがヨンだけ

mmm困ったv-388v-395v-400


mmmこれを送信して良いか否か、〇時間前から考えています・・・「会いたい}という歌のパクリです。
今日は自分にもお給料出して、好きなお店のケーキも食べて、髪にメッシュ入れて、やさいさんはこの、白いお帽子の方かな、と推理もして、無事に終わった今年前半への感謝の気持ちもたっぷりなのに。

愛群30話まで行って、落ち込んでおります。メモとる気力も失せかけ。
家に軟禁されていたシニョンに、ギルチンさんの計らいでやっと会えて、泣くシニョンを前に、泣かないジェホ。でもシニョンがタクシーで去るのを見送って、どっと、本当にどっと、両目から涙が溢れこぼれる。
シニョンといるときは、彼女の悲しみに一所懸命心を沿わせてたけど、いなくなって、自分用の悲しみが溢れたのですね。やさしい男。
すごい、と思った。派手な動きもセリフも無いのに。

全てがうまく行かず、皆の生活の拠点に差し押さえの赤紙張られ、全て失って呆然自失のジェホが、もう誰にも、助けて、とさえ言えないジェホが、一人、川べりで、酒をあおった後。
手のひらで顔をぬぐい、ただ一声、うわーっと。腹の底から、一声叫ぶ。
魂というものが私の中のどこかにあるなら、今、私のそれはジェホのもの。

えー、これをポチっと送信するときっと、
ちょっと後悔するかも、ですが、じめじめっちい梅雨のせいにして、送っちゃえーミアナダー。


mukuちゃん

あの~こんなこと言うとなんですけど・・・韓国文化院には、何か展示会とかイベントがあるときとか行かれたらいいんじゃないかな~~
コレだけですから・・・v-411v-390

全先生ね、ご子息と一緒にいらしてたでしょ?
だから~なんとなく、そちらが気になって~って感じでしたね。
父と息子って・・・いいよぉ~v-360


禁断症状

KUONさん、ヨンの禁断症状がでるんですよね・・ときどき、いや、ショッチュウv-10

泣きながらメモを取るのも大変だから、感じたまま、カキコしてくださってケンチャンスミニダv-295
そのうち、ジェホに戻りますから~

凄い行動力

相変わらずのやさいさんの行動力、それにニユースの早い事。
沢山の方が行かれたのですね、本当にヨン家族は勉強家が多いのですね。
東京になれているやさいさんには、庭の様に歩けるのでしょうね。
九月のヨンジュンさんの髪型を今から気にかけています楽しみです。どんなかな~~~~。

↑よいしょのヨンちゃんが可愛い~^^

やさいさん、こんばんはe-257
韓国文化院けっこう見るところがあるのですね。
作品の大きさにびっくりです。
これから行く予定はなかったけど(笑)
はい、何か興味ある展示会とかイベントとかあれば
なかなかよさそうですね。

講演会はたしかに先生、息子さんが演奏したり歌を披露することで
気になっていっぱいいっぱいだった(笑)のかしらe-330
とても息子さんを思ってるのが感じられましたね。
お母様のこともそうですし、やっぱり韓国の方は日本人より家族への情が深いのかな。

雅叙園では同じランチテーブルに加えて下さりありがとうございました。
いつもはつい人みしりがちで
ヨンイベントにもめったに参加しない私ですが
皆さんのおかげで楽しくお話させてもらい、とても嬉しかったですv-398
やさいさんの楽しいお話、いろいろ聞いてるうちに
あっという間に時間が過ぎてしまいました(笑)

さあ、今度は東京ドームですねe-282e-420

ayakaさん

<ヨン家族は勉強家が多い>らしいですけど、類は友を呼ぶの諺どおり、私の周りには、「勉強家」はいないようです・・・この講演に漆工芸について勉強しようと思って参加した人は、それほど多くないと思います。
ヨンがどんなかな~と、聞きたくて参加した私の同類は相当数に上るものと思いますv-313
ヨンに会いたいだけですよ~皆!
髪の毛・・・ミニョンさんかチュンサンヘアだったらいいですね~v-344

chirrumiru さん

お会いできてうれしかったですv-308
此処やQさんのBBSでお話してるものだから、つい「はじめまして」の挨拶もいらなかったですね。
おかげで、愉しいランチになりました。
ホントにホントに、ありがとう~v-300

韓国文化院・・・見るとこは、コレだけです。ちょっぴり~v-400
全先生の作品は大きい!講演会で自画自賛なさっていただけのことはありますv-313
韓国伝統芸能の舞台とかあったら、お近くの方は、ゼヒ!ですね~
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。