スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相次ぐ韓流ドラマの失敗

悲劇で終わった“キム・ジョンハク・ドラマ”
2013年07月24日15時04分 中央日報/中央日報日本語版

ドラマ名将の残念な没落だ。『黎明の瞳」(1991年)『砂時計』(1995年)などで時代を風びしたキム・ジョンハクプロデューサー(PD、62)。映画に劣らない完成度を備えたテレビドラマ時代を切り開いたスター演出者だ。その彼が23日、京畿道盆唐(キョンギド・プンダン)のあるコシテルで寂しい最期を選んだ。放送現場で、「悪どい人」「毒蛇」と呼ばれた彼が、ジャングルのようなドラマの製作現実の前にひざまずいたのだ。

キムPDは23日午前10時18分、城南市盆唐区野塔洞(ヤタブドン)のSコシテルで遺体で発見された。警察によると、彼は一坪ほどの部屋の中でベッドの上に横たわり、トイレには燃え残った練炭1つがあった。窓やドアなど空気の入ってくる隙間はすべて青色テープで塞がれていた。外部侵入も、外傷の跡もなかった。盆唐警察署関係者は「練炭と遺書が発見された点から見て、自殺と推定される」とした。キムPDはA4用紙4枚分の遺書を残していた。「家族に申し訳ない」という内容が中心だった。

キムPDは最近、検察捜査を受けて少なくない圧迫を感じていたと見られる。ソウル中央地検先端犯罪捜査2部は今月17日、キムPDに対して詐欺・横領容疑で事前拘束令状を請求したと明らかにした。当初、19日に令状実質審査が予定されていたがキムPDは欠席し、23日に審査が予定されている状況だった。

これに先立ちキムPDは、昨年4月に中央地検に詐欺および強制執行免除容疑で訴えられていた。ドラマ『太王四神記』(2007年)のセット場を建設した会社代表が「キムPDがセット場製作にかかった貸与金や雇用費など2億6500万ウォン(約2370万円)を返済しなかった」と告訴した。キムPDは2008年9月と2011年6月に裁判所から支給命令判決を受けたが「財産がない」として代金の支給を延期した。

先月からは警察捜査もあわせて行われていた。今年5月、ドラマ『信義』に出演した俳優とスタッフに出演料を支給しなかったという理由(背任および横領容疑)で永登浦(ヨンドゥンポ)警察署に訴えられたためだ。俳優は当初、2月に製作会社である信義文化産業専門会社の代表を出演料未払い容疑で告訴した。演出者のキムPDが運営に実質的に関与したという疑惑が提起されると、すぐに彼も追加で告訴した。告訴人団にはキムPDの親戚である芸能企画会社代表も含まれていた。彼らは告訴状で、キムPDがドラマの出演料や編集料、製作料など17億ウォンをまだ支払っておらず、20億ウォンを個人用途で横領したと主張した。

警察は先月、次期作構想のため中国に留まっていたキムPDについて2回の出頭調査を行った。キムPDは昨年9月『信義』放映当時、OSTの二重契約疑惑にも巻き込まれていた。OST契約を先に結んだというエムスタメディアグループは、二重契約を交わしたとしてキムPDを詐欺疑惑で江南(カンナム)警察署に告訴した。しかしキムPDが23日に死亡したため、公訴権がないものとして終結するものと見られる。

キムPDの自殺のニュースに放送界は衝撃を受けている。キムPDが韓国ドラマ産業の成長と広がりを示す象徴的人物であるためだ。MBC(文化放送)ドラマPD出身のキム・スンス・ソウル芸大教授は「常にA級で、他人がしない最高のものを見せたがっていた。無謀に見えるほどの完ぺき主義志向が現実の壁にぶつかって葛藤が起きていた。激しい競争、放送会社と製作会社の間の不公正関係も避けられなかった」と話した。

韓国放送演技者労働組合(委員長ハン・ヨンス)も声明を出して「キム・ジョンハクPDは誤った外注製作システムの加害者であり被害者」と明らかにした。

スター演出家としての野心が、キムPDを困難に陥れたという指摘もある。実際、彼の危機は韓流スターのペ・ヨンジュンをキャスティングした『太王四神記』のころから始まった。数百億ウォンの製作費を投入したが視聴率不振を免れなかった。脚本家を何度も変更しながら準備してきた『信義』も同様だった。編成が確定しない状態で海外撮影を敢行するなど、無理な手法が製作費の損失につながった。視聴率や完成度もすべて振るわなかった。





>>>実際、彼の危機は韓流スターのペ・ヨンジュンをキャスティングした『太王四神記』のころから始まった

こういう流れで『太王四神記』の名がでてくるのが、ほんとに嫌。


145_01.jpg


それにしても、自殺する人が多すぎる。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

やさいさんお久しぶりです。大王四神記はいい作品でしたよね。残念ですね。本当に自殺が多すぎる…

太王四神記の頃から?

やさいさん こんにちは!

から~が腑に落ちません。制作会社として、他に色々と手を付けたのではないでしょうか?本当なのか疑っております。

【ドラマ『太王四神記』(2007年)のセット場を建設した会社代表が「キムPDがセット場製作にかかった貸与金や雇用費など2億6500万ウォン(約2370万円)を返済しなかった】

キムPD、独立して制作会社を作ったパイオニアですよね。そこそこ内部留保(お金)があっての「太王四神記」制作だと思いますけど・・・済州島の撮影現場の見学ツアーは、杜撰な計画でコケたけど、作品自体はそんなにコケた作品じゃ~ないと思いますが。

日本である程度儲けたのでのはないかな?DVD・本・イベント・NHK放送(BS・総合で何度も)・グッズetcジャパン・マネーは大きいですよ。

済州島のパークサザンランドですか?あれが思うように観光客が来なかった。もう、閉まってしまいましたが・・・

私が思うだけですが、「太王四神記」のドラマ自体は良かったと思います。高句麗時代にスポットがあれから当たりましたよね。その後、高句麗時代のドラマが続々と(朱蒙・善徳女王・千秋太后など)出来ましたね。朱蒙は太王四神記の前に放送されましたが、あれは韓国芸能界ならではの出来事で(先にやったもの勝ち)構想は太王四神記のほうがずっと早かったと思っています。クォリティーも高いと思いますが←思い違いならごめんなさい。

何だか、気持ちのすっきりしない↑の記事ですね。(>_<)

なにはともあれ、キムPDのご冥福を再度お祈り申し上げます。


NoTitle

こんばんはやさいさん。

>>実際、彼の危機は韓流スターのペ・ヨンジュンをキャスティングした『太王四神記』のころから始まった。

まるでヨンジュンさんの起用が悪かった様な言い方、やめていただきたいわ。

実際ドラマは視聴率良かったし、年末のドラマ大賞を受賞しましたよね。日本でもイベントが有り、DVDなんて金、銀版・・
色々出ましたよね。鴨の私は何も考えずホイホイ購入しましたよ。写真集だって出たし。かなりの収入が有ったように思いますが、それでもダメだったということですかね~

兎に角ヨンジュンさんには前を向いて頑張って欲しいです。

視聴率って(怒)

>>数百億ウォンの製作費を投入したが視聴率不振を免れなかった。

『信義』のことは知りませんが『太王四神記』は韓国放送時は最高視聴率36%あたりで、4話以降ずっと平均して高視聴率でした。その年のMBC演技大賞は太王四神記主役のペ・ヨンジュンでした。韓国マスコミよ、知らんとは言わさんぞ。「視聴率不振」←どの口が言う?(怒)

あまりにもお久しぶりすぎて自分のHNを忘れてしまいました(^_^;)やさいさま、お久しぶりにコメントさせていただきます。
相変わらずな韓国マスコミのいやらしい引用に懲りもせず腹が煮えましたが、ヨンジュンさんは何ら意に介さず過ごしていただきたいと願います。
キムPD、テサギ当時からいろいろと思うところもありましたが、あの頃のペ・ヨンジュンを限りなく美しく演出し撮ってくれたアジョシとして、個人的に感謝もしています。
今はただ、ご冥福をお祈りします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

「韓流ドラマの失敗」とベヨンジュンとは結びつかないと思います。

ヨンジュンを撮った監督の他の作品を見たりはしましたが、私はベヨンジュンのファンであり、他の人を「いい」と思ったことは無いです。その時それなりの感想はあっても、それは日本のものでも韓国のものでも同じこと。一瞬でも胸がぴくとはしなかった。

ヨンジュンは、特別の人でしたから。

このたび動画を見ての思い・・やっぱり、あか抜けているとか要領よさそうとか、全く感じられないので、私が感じているべヨンジュンでないのなら、もしかしてとんでもない悪党、なのかしらとも、思う。

悪党ならいっそ安心ってものです。はい、○女の深情けってやつですかあ。あくじょ、ときちんと表記しないのは、あくじょ、とかいう言葉は、好き嫌いは別にして、黒木メイサなんて顔のひとのイメージで、私が名乗るのはド厚かましいので。

会社はうまく行ってるのかなあ、など、本来気にならない私生活の方にまで、思わず気持ちが行ってしまいました。

きちんと悪くなって、ヨンは傷つかないでいておくれよ~。

テサギが、キム氏の何かの危機の始まり、というのはリクツ通りません。

キム監督はあれで、日本人にも名を知られ、ジャパンマネーもがっちょり、動いたはず。

その後にそれを生かし切れずにどうにかなっての結末は、大変お気の毒ではありましても、ヨンジュンだのテサギだののフレーズがここで用いられるのは、不愉快。

お悼み申し上げる気持ちに偽りはありませんが、なんぼ何でもぐっちゃぐちゃに混ぜて食べる方たちの国にしても、素材も味わいも異なるものを、まぜこぜに言わないで欲しい。

・・・なんて言ったって、どうしようもない国なのだ、とは、学習の進みつつある者の隅っこからのたわごとでした。

キム監督のご冥福を心からお祈りいたします。

ペーハーが、「チュチマラ!!」と言ってたのに(T_T)
私ごときには想像もできないような、筆舌に尽くしがたいほどの苦しみでいらしたのでしょうが、やはり何が何でも生きてほしかったです。
生きてさえいれば、今より良いことがあったはず…と思います。
悲しくて寂しくて、虚しいです。

どんなときも彼の名前を出しますね。
私達は、アレコレ経緯を知ってるけど、一般人は誤解しちゃう(>_<)
有名税だから仕方ない、って達観できない私です~

只今、パソ長期入院中につき、情報難民状態で~こちらのお部屋を頼りにしてます~つらいニュースでしたが、お知らせありがとうございましたm(_ _)m




NoTitle

キムプロダクションの破綻のはじまりは、サンウの悲しい恋歌fだったそうです。

行方不明の甥が冬ソナ並にと、とうじからヒット作にめぐまれなかったから、商業主義そのものの安易な作品ずくりでしたよね。

キム氏はキムヒヨンがお気に入りで、結婚前の彼女と

サンウとの競演で、フジテレビで宣伝して、放送されました。
これがとんでもない愚作で、キム氏の名前をさげました。

これがやはり、キム氏の作品ずくりに火をつけて、」やはりお金をかけて、いい物を作りたいと、テサギにつながったとか。

出演要請をうけて、熟考してるヨンジュンにキム氏はサンウも候補の一人と新聞でかたったことがありました。

それをみたとき、なんかいやな予感がしたことをおぼえてます。

サンウだったら、あんなに何回も挫折したものにはさっさとおりたでしょう。

彼女も結婚したこともありましたがことわったんですよね。
まさに整形顔で演技がへたな彼女の出演なしにほっとしたものでした。
しゅつえんり
その彼女が最後の作品にしゅつえん料のさいばんを起こしたのですから、
ヨンジュンより、彼女のほうが因縁がるのではないでしょうか。

彼女は沈痛な顔出で焼香におとずれてましたが、
サンウの顔はみれませんでしたね。

ソクホ監督といい、キム氏も脚本家の責任もあるとオモイマス。ソクホしはお金をかけてない分、
日本市場で赤字にはならなくて、明暗をわけました。

あの巨大なセットずくりが、暗雲を象徴してました。

あれだけの才能をいかしきれなかった韓国ドラマ界、終焉をかんじますね。

ヨンジュンに責任をもっていこうとする新聞、
彼の立場を思いやると、新作もむずかしいかなと落ち込みます

NoTitle

こんにちは~~

皆さんの書き込み読んでると
ヨンジュンさんが次回作に慎重すぎるのは納得できますね~~
あの国は責任転嫁、お家芸ですから~~~

ヨンジュンssiが未だに日本で不動の人気維持してるのが気に食わない人達が多いのでは~~~??

NoTitle

なに~!!「太王四神記」のころから~?!
なんで、yongjoonの名前が出るのよ!プンプン!!
あったま来る!(!!が多すぎ?)

ひょっとしたらと思っていたら、案の定だわ。
腹立つねぇ。

昨夜は、ついつい「金盤・銀盤」を観てしまいました。
「監督、もういないのねぇ」って思いながら。
やさいさんが言われるとおり、yongjoonの心情を思えば
って事ですよね。

私も、お通夜に彼は出てくるよねと、思った一人です。
キムPD、もう一度、やすらかに・・・。

NoTitle

中央日報の記事、ヨンジュンノテサギから悲劇が始まったとか、
視聴率も作品の完成度も失敗作と。まるでヨンジュンのせいだといわんばかりです。

ほんとに、言葉もありません。

だれよりも早く、かけつけ、8時から夜の12時まで、
ほとんど、たちずくめで、弔問客によくきてくださいましたと
ふかく頭をさげて挨拶されていたそうです。

その夜もつきそい、出棺までよりそわれたとか。
お体にさわらなければと心配です。

NoTitle

お久しぶりでHNをお忘れのかた、ogojyoさん、yonyonさん、callaさん、v-319コメのかた、KUONさん、mukuちゃん、uraraさん、とんこさん、サラダさん、

みなさん、やはり私と同じく、この↑報道記事は“「太王四神記」が原因で金プロダクションの経営不振に陥った”と読者に思わせるような心象操作をしてると感じたでしょ?

uraraさんが仰るように、金プロダクションは「哀しい恋歌」の不評で赤字をだし、それを「太王四神記」で挽回したはず。。その後、ジャパンマネーに浮かれてザル経理のせいで再びの赤字転落は想像できますが・・

金鐘学氏の遺書には家族への謝罪があったと検察の発表でしたが、どうもそればかりじゃないようですね。
『信義』のサントラの二重契約問題で争っていた音楽業者と告訴した検察の癒着みたいなことが伺われる内容の遺書が公開されたようです。

遺書には「キム○○検事、君の功名心に…音盤業者との結託に怒りをおぼえるよ。ドラマを愛するすべての国民に必ず謝るように…」「勝手にこの積み重ねてきた全てのものを砂の城にしてしまい正義を審判するのか(?) 幽霊が号泣するよ。処罰を受ける人は、君だね。無理に継ぎ合わせて、それで?くやしいよ」と。

韓国芸能界とやくざと警察と・・ですかね。

ともかく、金監督の自殺の報道に、ペヨンジュンもペヨンジュンの作品も無理やりに入れて、話をつなげようとしないでほしいです。

金鐘学監督は奥さんと家族の生活を守るために家は奥さんの名義にしてあり、背任・横領の疑いで告訴されたあと、一度も自宅へは戻らず、かといって金銭的に困窮していたので、学生専用のコシテルを転々としていたとか。
最後がみじめて寂しすぎて、想像するのもイタイです。
さらに・・そんな思いをして守ってもらっても、家族は「助かった」とは思わないんじゃないでしょうか。ふつうは・・・

NoTitle

本当に、悲しいですね。。。。

キム監督が、撮影ツアー客の私達の傍に、たまたまいらっしゃってご挨拶して下さったことがあったのですが、そのお姿が目に浮かんできて。。。
もう心寂しく、又残念でなりません。

NoTitle

やさいさん、こんにちは

出かけていたので自殺には(@_@;)しました。
韓国は死に対して凄く安易なんですね、自殺も他殺も平気に感じます。
私は個人的には金監督には思い入れはありませんが、お悔やみは申し上げます。
四神記でかなり儲けて余計におかしくなっていかれたのかな、ヨンジュンの名前を利用して作品がだんだん??になって言った事は残念でした。
お互い訴えた方も訴えられた方もどっちもどっちって感じがします、私にはよく判りませんが被害者意識の高いお国柄ですから。
こんな事を書くといけないのかな??

ヨンジュンはしっかりと足元を見つめて頑張って欲しいと思います。

NoTitle

mamoさん、太王四神記のせいで、ヨン家族のおばさんたちからちやほやされたでしょう。
なにか勘違いして舞い上がったのかもしれないですね。

joon44さん、
<<私は個人的には金監督には思い入れはありませんが、お悔やみは申し上げます。>>

同じく・・。

<<お互い訴えた方も訴えられた方もどっちもどっちって感じがします>>

ですね・・。
たぶん、欲と道連れですね
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。