スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の兵士は武士道で戦った。

joon44さんが『拡散希望』とコメントしてくださったので、改めて・・

日本外国特派員協会からの、
「安倍総理大臣が河野談話の見直しの必要性について言及をしましたが、日本政府が今後どのように従軍慰安婦問題を含む歴史問題に取り組み、アジアの近隣諸国と向き合うべきなのか」という質問に対しての、

電気通信大学名誉教授・西尾幹二先生の意見陳述をご紹介します。

==米議会・慰安婦問題決議への憂慮==


アメリカ合衆国は2007年7月30日下院において慰安婦問題決議を行い、この事件を(決議文一部抜粋)、
Whereas the “comfort women” system of forced military prostitution by the Government of Japan, considered unprecedented in its cruelty and magnitude, included gang rape, forced abortions, humiliation, and sexual violence resulting in mutilation, death, or eventual suicide in one of the largest cases of human trafficking in the 20th century;

(日本政府による軍隊向強制売春である「慰安婦」システムは、その残忍さと規模において前例を見ることのない、結果に於いて四肢切断、死亡または自殺まで引き起こした強姦、強制中絶、侮辱のシステムであり、20世紀における最大の人身売買事例の一つである)


と規定し、今年に入ってニューヨーク州議会上院、ニュージャージー州議会下院において同様の議決を行ったことは、許しがたい誹謗で、憂慮に耐えません。

慰安婦」という人たちは当時いました。世界には貧困のために、あるいは他の理由で、不幸にして自分の性を売らなければならなかった人たちはいました。

しかし日本が国家としての権力を使って強制的に女性たちに性を売らせたという事実はありません。ましてや20万人に近い若い女性が拉致され、トラックに積まれて戦地に運ばれたなどという事実は荒唐無稽で、どこを探しても証拠は出て来ないのです。

もし当時の朝鮮でそういうことが起これば、当然暴動が起きたでしょう。当時の朝鮮の警察官の8割までが朝鮮人でした。最初のウソが積み重なって、日本政府の弁解のまずさもあり、誤解の輪を広げました。アメリカ議会はこのことをしっかり再調査し、各決議を撤回していただきたい。
 
そもそもアメリカに、あるいは世界各国に、戦争と性の問題で日本を非難する資格はありません

元都立大教授、東洋大学長の磯村英一氏は、敗戦のとき渋谷区長をしていて、米軍司令部(GHQ)の将校から呼ばれて占領軍の兵士のために女性を集めろと命令され、レクリエーション・センターと名づけられた施設を作らされました。市民の中には食べ物も少なく、チョコレート一枚で身体を売るような話も広がっていた時代です。磯村氏は慰安婦問題が国際的話題になるにつれ、自国の女性を米軍兵士に自由にされる環境に追いやった恥を告白せずにはいられない、と懺悔しています(「産経新聞」平成6年9月17日)

温健な良識派で知られる日本芸術院長の三浦朱門氏は次のように記しています

「また軍隊と性という問題としてなら、戦後の米軍が憲兵と日本の警察を動員して一定街路を封鎖して全ての女性の性病検診を行ったこと、その際、娼婦でない女性がまきこまれたことも書いてほしい。レイプもあった。
事件のほとんどはヤミからヤミに葬られた・・・。」(「産経新聞」平成8年8月2日)


パンパンとかオンリーという名で呼ばれた「日本人慰安婦」が、派手な衣裳と化粧でアメリカ兵にぶら下がって歩いていた風俗は、つい昨日の光景として、少年時代の私の目に焼きついています。米軍によるこの日本人慰安婦の数はおよそ20万人いました。

『りべらる』というカストリ雑誌には、若い女性が特殊慰安施設に連れて行かれて、初めての日に処女を破られ、一日最低15人からの戦場から来たアメリカ兵の相手をさせられ、腰をぬかし、別人のようになったさまが手記として残っています

「どこの部屋からも、叫び声と笑い声と、女たちの嗚咽がきこえてきました。」「二、三ヵ月の間に病気になったり、気がちがったりしました。」「これは何年にもわたって、日本全土にわたって行われたことの縮図だったのです。」(昭和29年11月号)

日本をいま告発するアメリカ社会、キリスト教団体等は自分たちの父や兄が何をしていたかを知り、恥を知れと言いたい。

日本政府はアメリカに謝罪と賠償を要求するべきです。もしそれができない、そのつもりがないというのであれば、日本も慰安婦問題についていかなる謝罪も賠償もすべきではありません。国際関係はなによりも相互性と公平公正を原則とします。

アメリカは日米戦争において自国の正義を守るために、日本を残虐非道の国であったとしておきたい。さもないと原爆や東京大空襲をした歴史上の犯罪を正当化することができないのでありましょう。

2007年以後のいくつもの米議会の慰安婦決議は、今まで親米的であり、戦後アメリカの反共政策に協力してきた日本の保守層(例えば私もその一人ですが)を苦しめ、苛立たさせています。
今後この問題をアメリカが謙虚となり、取り下げなければ、無実の罪を負わされ傷つけられた日本人の感情は内攻化し、鬱屈し、反米的方向へ走り出す可能性があります。

一番いけないのは日本をホロコーストを犯したナチスの国ドイツと同列に並べて裁こうとする余り慰安婦問題を針小棒大に描き出すことです。


ここに重要なドイツ語文献、フランツ・ザイドラー『売春・同性愛・自己毀損―ドイツ衛生指導の諸問題、1935-1945』という本の表紙と目次のコピーをもって来ました。完璧な国家売春を行っていたドイツの実態、衛生管理、売春宿経営、一般女性の拉致監禁が科学的に報告されています。                 

ナチ管理下の売春では人種問題が困難で、ドイツ人士官や 党幹部がユダヤ人女性と性交すれば死刑でした。あらゆる点で西欧と東欧では対応が違っていて、オランダやノルウェーなどでは公娼制度が施設として利用されました。しかし東欧やソ連地区では公娼制度が存在せず、ドイツの前線司令官はなかば強制処置をもって売春婦になる少女たちをかき集めました。

それでもドイツの慰安婦問題がなぜ話題にならなかったのかといえば、ナチスのそれ以外の犯罪が余りに巨大で、極悪で、影がかすんでしまったのです。ホロコースト、殺人工場、人体実験、不妊断種手術、安楽死政策というナチスの犯罪と比べれば、世界中大昔からどこにでもある「軍隊と売春」の犠牲者の悲劇は一線に並べることもできません。

日本の戦争をドイツの戦争と同じようにとらえ、ホロコーストもしていない日本をドイツと同じように扱うために慰安婦問題を大げさに言い立てるのは余りにバカげています
ほとんど大笑いするほどバカげたことです。韓国はベトナム戦争に参戦し7000人―2万人の私生児を残してきています。


中国雲南省の最前線で米軍に追いつめられたある日本部隊は、隊内にいた朝鮮人慰安婦を、お前たちは生きて帰れと米軍側に引き渡し、日本人慰安婦は兵隊と共に玉砕した、という事件もあります。

日本の兵士たちは武士道をもって戦ったのです。 

  
以上、西尾幹二のインターネット日録より転載  http://www.nishiokanji.jp/blog/


          

嘘と捏造を国技とする中韓を相手にするのは時間と労力の無駄と思いますが、
それらをほっといて、まず、世界中(もちろん日本国内も含めて)に、毅然と日本の真実を伝えなくちゃ、戦後レジームからの脱却はありません。

相続税を気にする程の財産は残せないから、せめて、子供たちに、誇らしい日本を残すのが、私(たち)にできることかと思います。微力ですが・・本当に砂粒ほどの思いですが。

とにかく素晴らしい西尾先生の陳述、記者たちもしんみりと聴いてます。
もしかして涙ぐんでいた記者もいたんじゃないでしょうか?
長いけど、ぜひ、いっぺん見てください



http://youtu.be/fl2jUJWHsCQ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

やさいさん、おはようございます。

早速アップして頂いてありがとうございます。
西尾先生にはヤッタネ!と拍手パチパチ。
こんなにはっきりと発言された方は他には知りません。

特にアメリカは東京裁判同様日本を貶めようと画策し、自分達の悪事を隠す為に日本を利用したのですね、それが朝鮮と利害関係が一致したのかな。
日本人がモノを言えない体質を利用した?
それほど日本人は戦争において素晴らしい働きをしたのでしょう、簡単に日本を落とせると思ったのに・・悔しかった?
それが放射能爆弾に繋がったのでしょうか。
やさいさんはもうご存知かと思いますが、パラオとの出来事の動画をアップさせてください。

http://www.youtube.com/watch?v=sQ4T6dmm-k4

泣けます。

NoTitle

やさいさん、こんにちは。

joon44さん、そして、↑やさいさんも貼り付けて下さった(有難うございました)西尾先生の日本外国特派員協会での映像を見て、本当に胸のすく思いがしましたv-218

間違った報道に対して、都度しっかりと対処してこなかった政権の怠慢さが、日本をここまで追い詰めることになってしまって、このように勇気ある西尾先生の発言が、大きな発信源となり良い影響を及ぼしてくれたらと思いますが、安倍政権において、あらゆる勢力にも屈せず揺るぎない政治を行って欲しいものです。

しかし、公明党の山口議員が1月に中国の周近平氏と会談前の挨拶時、平伏したように頭を下げたあの行為は、一国民としてとても嫌悪感を覚えました。

公明党は、在日、北朝鮮人を多く抱えた創価学会の団体ですし、北や中国とも切れない縁があります。
そんな団体と自民党が連立を組むなんて。。。。何か足を引っ張られそうで怖いですv-40

joon44さんの↑パラオとの出来事、また見させて頂きますねv-216

戦後レジームから脱却しよう!

joon44さん、西尾氏の陳述を要約してアップしようかと、先からずっと悩んでいました。
ここでご紹介するには、ちょっと長すぎるから・・
けれど、何度聞き直しても、端折ることも要約することもできない内容です、でしょ?
陳述後の質疑応答も素晴らしいので、ぜひ、皆さんに見て頂きたいです。

韓国の「日本が謝れば終わりにする」という言葉に何度も騙されたとか、
韓国にゆすりとか、朝日新聞の煽り記事とか、バッサリ、スッキリです。

パラオにお話が飛んだので、ついでに、べべこさんがアップしてくださった記事もどうぞ、

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/1355d9a027f9427edeae5b9fddebbe6d

mamoさん、あ~あ、公明党  
こうめいとうーーこんぺいとうなら可愛いのに。。

先日、復活された石原慎太郎氏が党首討論で、「公明党が足手まといになる」と安倍総理にきっちりと仰ってましたね。

<そんな団体と自民党が連立を組むなんて。。。。何か足を引っ張られそうで怖いです>
引っ張ってますわ。
自民は応援したいけど、公明党がくっついてるのはね・・

創価学会会員の知人が居ますけど、勧誘に必死で怖いし。
やっぱり、宗教と政治は切り離していただきたいです。

NoTitle

こんばんはやさいさん。

西尾先生、ありがとうございます。
これだけはっきり言っていただいた。
果たしてアメリカは???

総理や外務大臣が、これだけ言うことは中々難しい。
故に西尾先生の言動に胸のすく思いです。

公明党は無くても良い!政権側で有れば、自民党であろうが民主党であろうが関係ない。
自分たちの信念なんて無いのだから!

yonyonさん、

慰安婦問題で日本を糾弾するかのような決議案を採択したニューヨーク州議会上院とニュージャージー州議会下院には、韓国系の議員が多くいるか、韓国系からの工作金を受け取ったか・・と思われますね。
だいたい、自国のことでもないのに、首を突っ込むんじゃないわい!とアメリカさんには云いたいです。
西尾氏の陳述が英訳されて拡散されるように、急を要します。

本来ならば、外務省がやらなくちゃいけない仕事なのに・・怠慢だった?
案外、外務省の方だって、本当の歴史を知らなかったり、調べようともしなかったり。。やっぱり、怠慢だね。

NoTitle

こんばんは。

立派な人がいる、ちゃあんと、いて下さる。

<嘘と捏造を国技とする中韓を相手にするのは時間と労力の無駄と思いますが、
それらをほっといて、まず、世界中(もちろん日本国内も含めて)に、毅然と日本の真実を伝えなくちゃ、戦後レジームからの脱却はありません。

相続税を気にする程の財産は残せないから、せめて、子供たちに、誇らしい日本を残すのが、私(たち)にできることかと思います。微力ですが・・本当に砂粒ほどの思いですが。

とにかく素晴らしい西尾先生の陳述、記者たちもしんみりと聴いてます。
もしかして涙ぐんでいた記者もいたんじゃないでしょうか?
長いけど、ぜひ、いっぺん見てください>

さっき仕事から帰って、ここに気づかなかったので、とにかく一度、読ませてもらい動画を見せてもらい。

小さな力でも出して行かねば。

出して行きたいと強く思っています。

顔もしらない皆様方。

私も混ぜて下さい。

外務省は、いま、小和田シロアリの傘下から脱しようという力も湧き出ているとか。頑張ってくりゃれ~、と、そっち方面にもエールを送りたいです。


KUONさん、こんばんわ!

私の砂粒ほどの思いに、、いつも賛同していただいて、すっごく嬉しいです。

<<外務省は、いま、小和田シロアリの傘下から脱しようという力も湧き出ているとか。>>

皇室も、日本も・・
いつの間にかシロアリに巣食われて屋台骨がグラグラしていました。

もう少しでガラガラと壊れそうになったところへ、安倍大棟梁率いる腕利きの職人たちが大改修を始めました!
もちろん、知識豊富な設計士が念入りに図面を描いて、大棟梁はその図面をちゃんと読めますから、大丈夫。

今、シロアリの巣を駆除するためにキツイ薬をブシュ~~!!と散布し、傷んだ土台と柱をバッサリ取り除き、汚れた壁を引きはがしているとこです。

一旦、取り除いたあと、補強するとこは補強し、取り替えるとこはサラリと新品にして、再構築されるでしょう。

私らは、子供たちにしっかりと再構築された日本を残してやりたいから、生き残ったシロアリを見つけたら、迷わず駆除しなきゃなりません。

小さい力も束になれば、平成の大改修の釘1本くらい?ちぃっとは役に立てんやろか?
ヨッ!ダイトウリョウ!!とエールを送ろうかと、、いや、ま、是は是、非は非で・・ね。v-426

NoTitle

やさいさん

マイナンバーによって通名が禁止になるとあるブログから情報ですが、本当でしょうか。
本当なら嬉しいですが、今までの人はどうなるのやら・・・

全く関係ない話ですが、フィフィさんが在日から脅迫されているそうです、こんな感じ・・・

フィフィ ?@FIFI_Egypt 1分
頼むから私が嫌いならもう絡むな。私は関わりたか無いんだよ。

日本で日本人に不快な扱いされるならまだしも、
日本に居てなぜ君らに執拗に絡まれなきゃなんない?

しかも何かあれば日本人のせいにして。多くの日本人はそれを望んで無いんだよ。
外国人として言うよ、ここは日本だ、日本人に迷惑かけるな。
https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/325226850727124992

フィフィ ?@FIFI_Egypt 21分
私は執拗な誹謗中傷や脅迫に怯んでいるのではなく、
この国で外国人が外国人に脅される現状を多くの日本人に知って頂きたくてリツイートしたんです。

一部の外国人に対して優遇される制度に対し問題提起すると、この様に言論の弾圧が水面下で繰り返し行われるんです。しかもこの日本で。

気の毒・・・

NoTitle

やさいさん♪
はじめまして♪そして、ありがとうございます。西尾先生の記者会見をすべて載せていただいた事本当にうれしいです。
 もやもやしていた気持ちが少し救われました。

NoTitle

今晩は 私も偶然誰かのブログでみたのですが とてもすばらしかったですね 理路整然と、しかも冷静に話されて、もっと多くの人に特に韓国の人々に見てほしいと思いました。脇にいた和田春樹(韓国に帰化)はどんなことをはなしたのでしょうか知りたいところでしたがそれはUPされてませんでした。日本も正しいことはどんどん発信してほしいですね。自身を持って。

NoTitle

<嘘と捏造は国技>・・・この意味、分かっているようでイマイチ理解できていなかったんですけど、S新聞に出ていました、あちら(韓、中)では、家族のため、国のために嘘をついたり捏造することが当然、当たり前、なんだそうです。
嘘、捏造に、躊躇もないし引け目も負い目もないということになるのでしょうか・・・
むしろ、家族、国のためならば、嘘、捏造をすべし、それが正義、ということになるらしく・・・v-12
(これで、韓ドラを見るたび、なんだかシックリこなかった感覚に説明がつきました~)

戦後60数年経って、ようやく真実を発信できるようになったということでしょうか~
かくいう私も、ずっと自虐史観に絡めとられていたわけでv-406大きなことは言えませんがv-356

西尾先生の質疑は、テレビでは全然放送されてないような気がしますが(未確認)、ネットのおかげでいつでも見られる、直に一次ソースに触れられる・・・
もうね、どこの国のマスコミか?みたいなテレビ、新聞は斜陽産業になるのでは?と、その道の素人ではありますが、勝手に予想しておりますよ~

NoTitle

昨日(今日?)は遅かったので眠くて・・・やっと今動画を拝見いたしました~~
西尾先生、ありがとうございました~~
やさいさんにも感謝~~
微力ながら、少しずつ周囲に拡散していきます~~

NoTitle

やさいさんこんにちは、今でもヨンジュンだけは大好きで、〇国は好きになれないtakasimaです。

西尾先生のお働きに目頭が熱くなりました。
アメリカって何で、自分たちが日本やベトナムでやったことを棚に上げて、日本を非難するのかと思ってましたが、やはり韓国系の議員が多くいるからなんですね納得しました。
やさいさんの詳しい情報、感謝してます。

つい最近の韓国のメディアで、日本兵が韓国人を強制連行している写真と言って掲載し報道していましたが、良く見ると日本兵じゃなく明らかにアメリカ兵でした。
韓国人って、すぐばれそうな捏造写真を平気で掲載して記事にするのですね。
腹が立ちますv-12

NoTitle

何で日本がいつも一番で、なんでもいつも正しくなければならないのでしょうか?やったことはやったこと、他国の悪口を並べても、自国のしたことは正当化できませんよ、子供が口とがらせて「○○ちゃんもしてるよ」というような感じ、このとこ、内向き、後ろ向きすぎて、もっと未来思考、前向きの明るい話題もお願いします。

NoTitle

joon44さん、<マイナンバーによって通名が禁止になるとあるブログから情報ですが、本当でしょうか。>
そうなの? 私は知らないんです。

通名を使うことについては本人の自由だとしても、通名で銀行口座が持てたり、公的機関のサービスも受けられることや、犯罪を犯しても通名報道っておかしいと思います。(特にNHK)

芸能人が犯罪者になったとき○○こと、○○という風に日本人なら本名を明かすじゃないないですか、
また、通名を許されるのが韓国・朝鮮だけで、しかも何度も変えられるといいうのも驚きです。
都合で名前を変えられるって、犯罪の温床になると思います。

<フィフィさんが在日から脅迫されているそうです>
エジプト人の彼女が、率直に「外国人が日本の生活保護を受けることがオカシイ」と発言したのが発端で、何かの圧力がかかってるそうですね。
タレントとしての仕事もなくなったそうです。
いかに、マスコミが汚鮮されてるか分かりますね。

カボチャさん、はじめまして~v-300
西尾幹二先生の穏やかな語り口で、ずばりと本質を突いた会見、見事ですね。
これ、拡散してください。よろしく~

mukuちゃん、西尾先生の会見は、TVも新聞もスルーしてますね。
どこに気を使ってるのか、どっち向いて放送してるのか?

<<むしろ、家族、国のためならば、嘘、捏造をすべし、それが正義、ということになるらしく・・・
(これで、韓ドラを見るたび、なんだかシックリこなかった感覚に説明がつきました~) >>

ほんと・・さらに、家族や国のための嘘と云っても、「愛するものを庇う」という感じよりも「他人より優位に立つため」の嘘や捏造なので共感ができないのよね。
余りに荒唐無稽な展開がオモシロいんだけど、共感はできない。

<<戦後60数年経って、ようやく真実を発信できるようになったということでしょうか~
かくいう私も、ずっと自虐史観に絡めとられていたわけで大きなことは言えませんが>>

これは、私たちの受けた教育のせいです。
近隣国家(ま、韓国と中国ですが)に配慮しながらアメリカの指示通りに「日本が悪い」という自虐史を、私たちは、お勉強しましたもん。良い子ほど、しっかり勉強したから~(笑)

戦後レジームからの脱却するには、まず、日本側から見た“正しい歴史”を私たちも知って、更に子供たちに教えなきゃならないと思います。
子供たちは「日本人で良かった」と、自信と誇りを持った大人になってほしいもん!

takasimaさん、<西尾先生のお働きに目頭が熱くなりました。>
国会の予算委員会で従軍慰安婦・創始改名などの件に切り込まれた中山成彬先生をはじめとする維新の会の議員さんたちに続き、どんどん、事実を声にしてくださる方が表れて頼もしく思いますね。

こういう勇気ある方たちは、反日勢力から命さえ狙われたりもするとか、恐ろしい事も耳にしました。
一般の私たちができることは、拡散することぐらいですが、多くの人が注目すれば、それだけ危険な目には合いにくいと思います。

<韓国人って、すぐばれそうな捏造写真を平気で掲載して記事にするのですね>

嘘がばれると火病を起こすし、厄介よね。、
厚顔無恥・・・「恥」という概念に欠けてるんでしょうね。

人生の価値を考える

こんにちは。パラオの出来事を拝見しました。
私は学校ではこういうこと(近代史、20世紀の歴史)など細かく教えられないので自分である程度本を読みました。中には白村江の歴史のところで百済(くだら)がペクチェになっていたのもあり、百済観音もいつかはペクチェ観音っていうのかな~?ちょっとなあ、、、ぐらいでした。
 引っ越しで結構本を処分しましたが、この「人生の価値を考える」は手元に残してあります。もう絶版になっているのでラッキーでした。
 この本の出会いで私は戦争に行った方々への思いは180度変わりました。
 正しい、正しくないとかじゃなくて、生きる意味を考えます。
この本にはヴィクトール・フランクルや、戦艦大和に乗った生き残りの人、星野富弘さんのことなどが書かれています。
趣旨は「人間が極限状態に置かれたらどうなるのか」ということです。
 この本のおかげで色々なことが見えてくるようになりました。
パラオに散った方々は極限状態に置かれても、パラオの住民を救おうと考え実行に移した。
 あの、、、一番とか、二番とか考えたことがないのでそこんとこ解りませんが、
 私はたとえば、山中教授の成功は一人じゃできない、先生は何度も極限状況に置かれたと思います。
 人間はある年齢になると「何か」を考える時期がきます。
「何か」というのは人それぞれでいいと思います。

 色鉛筆さんなどの答えにはならないでしょうが、かつおぶしが考えていることは「良い本との出会い」「良い絵との出会い」「どうやったら上手くいくのかな」、肝心な家族のことなどです。
 

NoTitle

こんばんは~。
パラオの件、随分昔に、映画かドラマで見たような気がしますが、その当時は 「そうか、そんなことがあったのか・・。日本人は偉いな」という感想だけでした。
でも、今日見てみて、なんだか号泣してしまって・・・。
本当に、私は、ご先祖様になんて失礼な態度をとってきてしまったのか・・と、反省しきりです。
アメリカや韓国や中国などからの一方的な意見を、疑うことなく受け入れてしまってました。
日本人は、してはいけないことをしたから、アメリカから原爆を落とされ、韓国や中国からも未だに憎まれ続けているのだ・・と、最近まで思っていました。
愚かな国だと自虐的な思いを持っている日本人は、相当な人数だと思います。
かつおぶしさんの意見が、本当に素晴らしくて納得ですが、
日本人の多くは、今まで、あまりにも偏った考え方をしてきたんではないかと思います。
それは、韓国が偏った考え方をしているのと同じだったと思います。韓国と違うのは、韓国は歴史を自国の都合の良いものに置き換えたということ。
日本はその逆。
偏りすぎたものは、きちんと正しい位置に戻す必要があります。
韓国も、もうここらで、偏った考えをリセットすれば、また新たな日韓のお付き合いも出来るのになぁと思います。
今までの歴史観で、仲良くしようとしても、土台がぐちゃぐちゃの状態ではすぐに、仲違いしてしまうでしょう。
色鉛筆さんのように・・。
歴史は、自分の都合で変えていいものではありません。
日本も韓国も良いこともあれば、悪いこともあります。
やさいさんは、日本だけが「良い国」だと言ってるわけではなく、韓国の反省しない態度に、ほとほと嫌気がさしてしまったんだと思います。
色鉛筆さんは、一度、まっさらな心で、歴史をもう一度、見直してみたらいかがでしょうか。
日本人として、誇りを持つことは、自分達の子孫のためでもあります。
それは、在日の人であっても、日本という国で育っている以上、とても大切なことだと思います。

NoTitle

西尾幹二先生は、2008年6月号の「Will」に

「皇太子さまへのご忠言」

を寄稿しておられます。ご忠言、です。愛し、憂いての果ての渾身のご発言、それを、貧しい思考で貶める輩が噴出。

当時わたしは、何も知らず、ピヨピヨとあたまの中に可愛いヒヨコを飼って暮らしておりました。

今になって、そうだったのだ、と、思ふ。

中韓とのことと現・皇室のことと。

何の関連も無いと漠然と信じていたのは間違い。

根っこは一緒、同じ、邪悪な力が、満ち満ちて来ていたのですね。

大げさではないと断言したい。

休火山の中腹に、ある日、噴火未満の赤ちゃんみたいな小さな煙が、プシュ~っと姿を現して。

それが、一気呵成にどんな荒々しいものになるか、もう、絵空事とは思えません。邪なもの、醜悪なもの。

一生懸命、少しでも広めたい。その力に、やすやすと屈するものかと、毎朝見かける登校児童たち、毎夕見かける、手とお腹のふくふく白い猫、を、見るたび、奮い立つ思いです。

疲れたら、ちこっと休みつつ。へへ。

やさいさん、教えてくださってありがとう! 。

毅然と!

かつおぶしさん<中には白村江の歴史のところで百済(くだら)がペクチェになっていたのもあり、百済観音もいつかはペクチェ観音っていうのかな~>

「百済」を韓国語で発音すると「ペクチェ」です。
なので、日本で造られたと言われる百済観音様は日本語韓読みで「くだらかんのんさま」でよいと思います(^^)v

<<パラオに散った方々は極限状態に置かれても、パラオの住民を救おうと考え実行に移した。 >>

日本の兵士は何処にあっても、武士道で戦った。。ですね

ことはるさん、<<本当に、私は、ご先祖様になんて失礼な態度をとってきてしまったのか・・と、反省しきりです。>>
同感です。自分のお祖父ちゃんや曽祖父ちゃんとか、ご先祖様たちに申し訳ないことです。
日本では未だに小中高の歴史教科書は自虐史になっています。

ありのままを記述すれば近隣諸国(つまり韓・中国)からクレームがつき、そのたびに再び自虐的な訂正を加えるという繰り返しでした。
(逆の場合、日本は余所の国の教科書にクレームをつけるなんて考えもしないですよね)

今年になって、文科省が 近隣諸国へ配慮すると定めた教科書検定基準の見直しに向け検討を進める方針を決めたそうですね。
でも、まだ。これに反対する意見もあるので、夏の参院選の行方次第ですが、ぜひ、教科書を見直し子供たちに誇れる日本史を教えていただきたいです。

KUONさん、こんにちわ。

>>西尾幹二先生は、2008年6月号の「Will」に 「皇太子さまへのご忠言」 を寄稿しておられます。ご忠言、です

ブレないんですよね。西尾先生のお考えはブレがないですね。2008年ころは、私なんて、まだ「雅子様がおかわいそう・・」などと思ってましたもん。。いや、はや・v-388

>>中韓とのことと現・皇室のことと。
>>何の関連も無いと漠然と信じていたのは間違い。
>>根っこは一緒、同じ、邪悪な力が、満ち満ちて来ていたのですね。
>>大げさではないと断言したい。

最近になって、すべてのことが繋がっていると感じ、恐ろしく思ってます。

昨年、民主党から自民党に政権交代するのが、あと一か月遅かったら、人権侵害救済法案、外国人参政権、女性宮家創出(皇室典範改正法案)など、日本破壊に通ずるこれら闇法案の全て通過しそうでした。
まさに、間一髪、危機一髪の衆議院解散でしたね。

でも、まだ、一斉清掃は今からのこと。
これから、いろんなこと無関心でいられないです。
休み休み、拡散、覚醒しましょう。
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。