FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水寺

ソウルのB級グルメも、もう少し紹介したいけど、
先週土曜日の京都の桜が綺麗だったから、忘れないうちに清水寺だけでも先に。

DSC01111.jpg
DSC01123.jpg
DSC01116.jpg
清水の舞台から見える 音羽の滝
DSC01125.jpg
DSC01139.jpg
風が吹けば、花吹雪。水面は花びらで薄桃色
DSC01145.jpg
DSC01137.jpg
朝、京都駅についたときは雨が降ってたけど、お昼前にはすっかり晴れて、暑いくらい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

いつもは、ロム専ですが、土曜日の清水寺に反応しました。
私も土曜日のお昼に清水寺にいました。
同じくらいの時刻いたのでしょうね。
音羽の滝は、行列になっていたので、水を飲むことは断念しました。
熊のぬいぐるみを置いて写真を撮ってる人がいたので、ジュンベアと思い、ジュンベアだったら声をかけようとしたのですが、良く見たら全然違うクマちゃんでした。

前日は、小雨がぱらつく中、大覚寺で船に乗ったり、二条城の桜のライトアップを見て、春の京都を堪能してきました。

エツヨンさん

おはようございます。&はじめまして~v-300v-300
いいな~~ 大覚寺にもいらしたんですねv-218

同じころ、同じ場所にいたかもしれない、すれ違ったかもしれない・・・ペヨンジュンじゃなくて、やさいと・・・ e-268e-268

「平安神宮がv-252満開v-315」というネット情報に釣られて、急にきめて、例によってサンヒョク夫&ご近所チング夫婦と京都へ向かったんです。
だから、ヨン巡礼はできなくて~~

メインは、平安神宮と“12年に一度の鳴き龍を4月だけの期間限定で公開する”泉湧寺。でした。v-356
泉湧寺~清水寺~丸山公園~知恩院~高台寺~平安神宮。

前日は雨だったんですね。土曜日も午前中は雨だったからか、清水寺は例年の混み混みにくらべて若干、歩きやすかったように思います。
音羽の滝も例年の花見の時期に比べればカワイイ行列でした(笑)
「今日は滝の水を飲みたい気分!」とワガママを通し、呆れる同行者達を待たせて飲んできましたよ~(#^.^#)
待ってたヤツらは、「修学旅行生か?お前は~~」と笑ってましたね。
な~~んも知らないからv-415

お昼は「うなぎ食べたくない?」と提案しましたが、アッサリ却下されて、奥丹・清水店で定番の湯豆腐でした・・フン。
それはそれで美味しかったんだけど・・
夜は焼き鳥だったし~~v-389

ま、ヨン巡礼はまたの機会にヨン・シスターズと~~ってことで・・・
いつ、行けるかな? 私は、孤独なヨンジュン家族です。。。。v-390

NoTitle



   一期一会のこれも縁(えにし)か花筏(はないかだ)清水寺の水面を埋むる

   青空のその青のいろ儚くて京都のさくら全山の春

   満開の花重からむ枝垂れては清き水面に花のくちづけ

   かの人がここにこうして含みしと 思ひつつの水の味やいかにか

   長き脚にひらりと降りて笑みましし ベヨンジュン愛(は)し人力車見れば

   秋もよけれ花爛漫のこの季の京の都を  また来ませ君


v-252やさいさん、一番いい日に京の桜をご覧になった感じですね。

もう葉桜ですもの。

奈良の吉野も花の名所といわれます、むかし、吉野の鮎は、花筏になっている桜の花を、ちゅんちゅんつついて食べている、だからお腹のあたりが清々しいのだ、と聞いたことがあり、鮎が桜の花びらを食べるなんて、なんとロマンティックな話、と、思ったのかな、覚えていたのです。

どの写真も、本当に美しくて、胸が清々しましたが、五枚目の花筏の写真に、思い出しました。

KUONさん、KUONさん^^


雨上がり ひらひら踊る 花びらは 光を集めて 空に舞い散る

空を舞う 花に行方を 問うてみる あの日の君に 近づきたくて

池の面を 桜色に染めた花筏 風の意のまま 寄せて離れて

v-402v-402v-401

土曜日、テンコ盛りの桜を見よう。雨でもかまわん~と出かけたんですよ。
地味目の泉涌寺でv-425して竜を鳴かせてるうちに雨が上がって、こんな青空でした。v-278

実はね、帰り道で『来年は吉野v-252千本桜を見に行こう!』って盛り上がってたんですよ。
じぇ~ったい 行くね~~

吉野のアユは、もしかして 苔の香りの代わりにさくらの香りかも?

清水さん。

やさいさん、清水さんの桜、有難うございます。

この写真、桜に朱塗りの3重の塔でとても美しいですが、私の脳内にある清水の塔は、本堂と同じ茶色!

清水さんの修理、塗り直しで、東山の景色までが変わってしまいました。もとの方が好きだったんだけど・・・

音羽の滝の人出も凄いですね。昔の思い出しかない私にはびっくりです。滝の下の滝壺(?そう言えるものでは有りませんが・・・)の水は、夏になると足がつけられないくらいに冷たくて、そこで行者が滝行をしていたのを覚えています。

全て、子ども時代の思い出です。毎月18日が観音様の日で、祖母が必ずお参りに行っていましたから、良く一緒に行きました。(一体何十年前の話やねんv-31

泉涌寺は、人が少なくて好きな空間ですv-238ものすご~く大きな涅槃図もあったような・・・?

私も一首v-218
  花嵐  吹きて飛ばせよv-20彼の君の
          おります家居の その中庭にv-252           
お粗末v-388歌になっていないですv-390

NoTitle

やさいさん、こんばんは

やさいさんもKUONさんも歌人、文人、凄いとしか言いようが
ありません。
秋の京都も紅葉が見事でしたが、桜舞う京都にも行ってみたいものです。
恥ずかしいですけど、私も

輝きて 散りて変わりて 花筏 馬上の君を 重ねて想ふ

こんばんわ~

すきやねんさん、<全て、子ども時代の思い出です>
たくさんの楽しい思い出が残っているって素敵です。v-353v-410

<清水さんの修理、塗り直しで、東山の景色までが変わってしまいました。もとの方が好きだったんだけど・・・ >
色あせて茶色になった方が情緒があるような、ほっとするような?
けれども・・
いにしえの都の人たちが目にした「落成したばかりの清水寺」は、きっと鮮やかだったはず。
そう思えば、ピカピカの朱色の塔も、良いかも~v-392

こもれびさん、(゚Д゚)ノ KUONさんの歌と私の歌をまとめちゃいけません。v-356
私のは、「なんちゃって短歌」 ですから~KUONさんに添削してもらってもいいかな・・(~~

ここでは下手も上手もなく、楽しめたらいいなと思います。
せっかく、こんな優雅な遊びを覚えたから~
これからも、よろしく~~v-398

NoTitle

やさいさん
 
ひときわ美しく見えまする 清水のさくら

あたくしもやぶれ炭化?アニ短歌をv-17
v-354華やかに桜舞い散るその中に立たせてみたし青年タンドックv-398

清水の恋

やさいさん、こんにちは

私も・・

桜咲き 花化粧して 清水も 恋しい人を ヨンでるような

昨年から、清水寺も彼の人に恋してしまったのじゃないかと・・
今年の桜がいっそう可憐に思えます

NoTitle

やさいさん

続いて私も

清水の 高貴桜の みこころを 寄せて慰め 被災地桜に


ヨンジュンさんの余韻とともに・・・

NoTitle

こんばんは。

すみません、場所をお借りして、お声をかけて下さった方々にお礼を申し上げます。

石の花さん。
sirkawaさん。
すきやねんさん。
木の葉さん。
こもれびさん。

私が勝手にイメージしたクールなヨンジュンさんへの溺れ心、お読みくださってありがとうございました。

ほんとのヨンジュンさんはきっと、温かすぎるほどハート・ウォームな、繊細だけど、どこんと大きく(いとしく)抜けた、スタッフに、つい軽いあしらいを受けてしまうくらい驕らない、心に垣根の無いお方と存じますが「見られる」モードの際は、あんなに冷え冷えとした官能性を作り出せる、まことに優れた「演じる魂」をお持ちであると、ほれぼれ・・・・・。

また、ぎゃんぎゃんとわめきたくなる秀麗なお姿を、見せて下さることを念じつつ・・

・しかし、言うてもせんないことであるが、自分のボスである方を(だからこそ?)・・・。

良い人、器の大きすぎるひとは、あんな振る舞いさえも見許してしまう・・・のでしょうかしら。

・・・やさいさん。

本気でエラソーに書かせてもらいます、お許しを。

やさいさんの歌は、なんちゃって短歌の域では無いと断言します。

ものすごく上達がお早いと思います。絵を描いたり、写真を撮ったりする人は、俳句や短歌もすばらしい世界を持たれると聞きましたが、短い詩形であるため、対象を、ずばっととらえられるからと、感じさせてもらっています。ずうううっと寄って、ここだ、と、ばしゃ。

・・・なんぞと、ほんにエラソーに講釈垂れました。お許しを。

添削というのは、難しくて、誰かの添削を、望んでおられたはずなのに、いざとなると拒まれる方も多い。

添削を、させてもらう側の力が必要なのは当然ですが、少し直して、とても良くなるのになぁ~、と思っても、いや、私は、自分がはじめに書いたのが絶対いいと思う、と、不満に思われる。方もいる。

添削する側が、偏ったものを持っていると、人へのアプローチも、偏った方向へ向くこともあります。

せっかく、いわゆる「下手」でも、勢い、熱さ、生な感じが、初心者ならではの迫力と魅力に満ちているのに(若ひなのヨンジュンみたいに)、形を整えることによって、初めの魅力が消されてしまう、なんてことも、あるわけです。

一文字、少し、考え直したら。前後、言葉を入れ替えたら。ほんとに「すばらしい歌になるのになあ、と、読んで感じることはありますね。

むきになって短歌に挑んでいたころは、どなたかに、見て下さいとか教えて下さいとか言っていただいても、逃げていました。

自分のことで精いっぱい。人に教えたりしたら(それを始めると、それにもムキになるので)自分が「減る」と、考えていました。

大笑い。

今は、そんな気は失せて、でも短歌は好き、という感じに落ち着いているので、僭越ながら、ほんとに、本気で聞いて下さるなら、少し、かつてムキに追い求めた経験のある者として、いささかのお手伝いはできるかも~と、感じております。

いろいろ、迷走の多い人間ですが、最近つくづくその思いを深めて自己嫌悪ですが、約束は果たす、聞かれたら真面目に答えてしまう、多分、これは、最終便の乗り物に乗るまで、変わらん性癖かなと思います。

日本人のDNAには、五七五のリズムが刻み込まれている。そう、信じておるものです。本音を出し易いので、気持ちを出すに適していると思っています。

・・・やさいさんのお歌、やさいさんらしいお歌と思います。らしいて何よ、と問われたらv-411、あたふたするかもしれませんが。素敵です。

花筏って、美しい言葉ですよね。


NoTitle

やさいさん。

さっき書いたコメントが、不適切なコメ、とかで、どうしても送れませんでした。
先日お声をかけて下さった石の花さん、sirakawaさん、すきやねんさん、木の葉さん、こもれびさんに、お礼を申し上げたかったのと、少し、エラソーな内容でしたので、鼻先たたかれたのかしら。

どうもすみませんでした。

NoTitle

みなさん、お返事が遅くなってもうしわけない!
急なアホ用で、ちょっと広島まで往復v-448v-355して、夕べは早く寝てしまいました。みやん!

yuutaさん、やまねさん、ようこさん、KUONさんの短歌に続けて「恋歌」「連歌」の遊びに参加してくださって、ありがとう~v-300
お会いしたことが無くても、心が繋がるようで愉しいですぅ~~~v-398

KUONさん、KUONさん!! せっかく書いてくださったコメント、裏から救出してきました。↑v-436
埋められてしまったKUONさんのコメントを読んでみたら、石の花さん、sirakawaさん、すきやねんさん、木の葉さん、こもれびさんにも読んで頂きたいと思ったから・・

こめんね。そして、ありがとv-300

KUONさんのコメを読み返しても、何処が「不適切」に引っかかったのか分からないんです。パズル形式で、文字を拾ったら分かるかもしれないけど・・・

FC管理サイトで自動的に振り分けられる「H系の単語」があるのですが、コメントの内容には関係なく、文字列で判断するようです。
コンピュータ君が勝手に自動的に、文脈にカンケーなく拾った文字が「H系」と判断されるときがあるみたいです。
例をあげると、このコメントも「不適切」と判断されて埋められるので、例えば~と書けませんが(爆)

実際、私が書いたコメントもときどき引っかかってます。で、自分で救出する・・・(笑)
「不適切判断」は削除されたわけじゃないので、管理画面から、元に戻す事が出来ます。
だから、こんなことが起きたら、今みたいに「埋められた!」と伝えてくださったら、救援に向かいますv-30

・・ってことで・・
管理者に代わって、失礼をお詫び申し上げます~~

NoTitle

おはようございます。

お手数をおかけしました。ありがとうございました。エラソー文言を。

はじめ、途中に、女性スタッフUさんの、コンビニ店内でのあまりの傍若無人、行儀のよろしくないと私には思われる振る舞いについて、褒めるの反対の意見を書いてたので、それが、ひど過ぎたかなぁ、と、呑気に考えました。

もういいかな~と思ったが、お礼だけ、申し上げたです、と、わかって欲しかった、しつこい私でした。

ご配慮に感謝します。

KUONさ~ん

さっき、書き忘れたこと・・・・

ムフフ・・・私の短歌、褒めてくれてるi-198
少なくとも、NGではないi-198

くぅ~~~~~!
v-16も木に登る。やさいも舞い上がる~v-16v-39v-411v-344
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。