FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天晴君のニュース

K-Blogの「頭の中のペヨンジュン」を見てくださっていた皆さんへ
去年、緊急のご協力をお願いした天晴君のご報告です。

http://www.tensei-aid.com/

沢山のご協力を頂き、この6日に無事、天晴君はニューヨークへ発ちました。
当初の予定はUCLAでしたが、ニューヨークの病院の方が早く手術を受けられるという理由で、行き先が変更になったんです。

入院中にも背が伸びて、大きくなった天晴君
沢山のお見送りや報道陣に囲まれて照れてます。天正

で!嬉しいお知らせです。

昨日、天晴君の心臓移植手術が無事に終了しました


あとは、順調な快復を待つばかりです。

ご協力を頂いた皆さん、
天晴君と天晴君のご家族、特に韓ドラ仲間の天晴君オンマに代わりまして
お礼を申し上げます。

ありがとうございました

引き続き、なれないニューヨークで闘病生活をする天晴君親子に心の応援をお願いします
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

良かった~~~

やさいさん、まきしゃんとnunaさんのところで聞いて
やったーーーーって叫んじゃいました!

ほんとに良かった。

ちかさんもさぞかしほっとされたことでしょう。(^・^*)

Re: 良かった~~~

6日に渡米して9日に手術したなんて、すごい早い!
旅の疲れや時差ぼけなんか言ってる場合じゃないけど、さすが、アメリカと感心しました。
日本だったら、検査するだけでも一週間以上掛かるし・・・法改正は必要ね。
協力してくださったジソプベンにも、ありがとう~v-238

良かった~~~その2

手術の成功、おめでとうございます
ご家族をはじめ、皆様、お喜びでしょう。
そして、天晴くんに心臓を提供してくださった名も知らない方に感謝します。

天晴くん、いつまでも元気でいてくださいv-344

では、また~v-17

早業でしたね~

このお話はcolletおんにから聞いて、私も微力ながら一時サイドバーにバナーを設置させていただきましたが、日々集まっていく支援金にネットの力ってすごいな~と改めて驚いた日々でした。
そしてもう手術だったとは@@!
こういう良いことにもっともっとネットが使われると良いですねv-218

↓ペヨンジュンと言う名のバラ?!
まったく知りませんでした^^;
・・・と告白してもやさいさんは温かい目で見てくれることを私は知っています(笑)

Re: 良かった~~~その2

こんなに早く嬉しい知らせを聞くことができるなんて、思ってませんでした。
ニューヨークに到着して、すぐ、お父さんやお姉ちゃんが帰国する前に手術を受けられたんですって!
家族みんなが手術室の外で待っていてくれてるんだからv-357
だから~うれし涙!!

Re: 早業でしたね~

じぇんちゃん、colletさん、黙っていても皆の暖かい心が繋がってますね~
いや、本当に韓ドラ仲間のつながりも捨てたモンじゃない!日本も捨てたモンじゃない!
・・・と、私が勇気を貰ったような気がします。
ありがとうございました~~

淡いピンクの大きな花をつけるバラに『ペヨンジュン』と命名した園芸家に拍手v-424
ほら・・一緒にパチパチパチ・・って・・しなさい!しないの?しないね~v-290

良かったですね~

天晴君、おめでとう~。
良かった、良かった。御家族様もお喜びのことでしょう。
これからのご快復を祈っております。
やさい様はじめご労下さった方々に感謝致します。e-53

Re: 良かったですね~

サザンクロスさん、ありがとうございます
正直ね「ヨンジュン家族は数が多いのでに呼びかけてもらえませんか?」と頼まれたときは、
あまりに大きな金額で、いくらヨン家族でも無理か?と思ったんです。
それが、ヨン家族に呼びかけたとたん、ぐ~~んと寄付金が集まったそうです
ジソプファンも沢山リンクしてくれたし・・
なんか、ホントに・・・韓ドラ仲間のつながりもステキだと思いました、心から!

ひたすら うれしい~

おはようございますっ!!

いやいや 早かったですね^^
出発→到着→移植の手続き→許可→登録→ドナーが現れる→移植手術・・・
この間だいたい2日間でした。

眠れない~休む時間がないと言うご両親も、それだからこそ幸運がやってきたとがんばっています。

ニューヨークはドナーが多いのは何故なのかと聞いたら、天植さん(天晴君父)は、交通事故が多いのだと教えてくれました。意外な答えに戸惑ったのも・・・1週間前です。

ここにお集まりの皆様~
ちょんまるこまうぉよ~v-221

Re: ひたすら うれしい~

nunaちゃん、とりあえず、安堵の気持ち・・ですね・
ちょっとでも協力させてもらって、私の方が、ありがとうです。

ドナーは同年代で亡くなった方だと思えば複雑ではあります。
そういう意味で命の重みを感じ、天晴君には長生きしてもらわなくちゃ~て思うのですが・・
とにかく、日本でも移植手術について、法改正を急ぎますね。

NoTitle

米国に脳死ドナーが多いのは交通事故のせいばかりではありません。あちらの脳死判定基準は日本ほど厳格ではないので、日本の医療体制なら意識回復できた人もドンドン脳死診断されているのが現状です。

脳死:米国・カナダで判定の3人、日本帰国後に意識回復
http://terutell.at.webry.info/200607/article_5.html
>報告によると、02~05年度に、旅行や仕事で米国、カナダに滞在中の旅行保険契約者9人が脳血管障害で入院。主治医は家族や損保の現地スタッフに「脳死」と説明した。うち3人の家族は「治療中止は納得できない」などと訴え、チャーター機で帰国。日本で治療を受け、意識が回復した。

米国では「脳死は人の死」とされているので、脳死診断が下れば医療保険も降りず、家族は延命を中止せざるを得なくなります。

そして天晴君が必要としていた15歳未満のドナーの脳死判定はさらに難しいものです。

小児脳死判定後の脳死否定例(概要および自然治癒例)
(約240例)
http://www6.plala.or.jp/brainx/recovery3_15.htm

それでも、米国のような医療制度を望みますか?
お子さんが脳死状態となった時、延命を中断して臓器提供に同意できますか?
ドラマ「ニューハート」に出てくるようなドナーアクションプログラム(臓器提供への説得)に耐えられますか?
http://web.kamogawa.ne.jp/~ichi/cre-k/nikki02/nikki.cgi?log=&v=1857&e=msg&lp=1857&st=0

Re: NoTitle

ハルさんはじめまして、詳しいお話をありがとうございます。

私、脳死判断の基準についての法改正を望んでいるわけではないんです。
そういう医療知識も法律知識もありませんので・・・

ただ、日本でも15歳以下の移植手術を認められたら、こんなに費用がかからないのに・・・
お金のせいで命をあきらめなくても良いかも~と思ったんです。
天晴君のようなケースで1億3千万円を超す費用が必要だったからです。

<<ドラマ「ニューハート」に出てくるようなドナーアクションプログラム(臓器提供への説得)に耐えられますか?>>
ごめんさい、ドラマでも映画でも・・恐ろしくて医療モノは見られないんです。だから、わからないんです。
自分自身が中学生活の3年間をほとんど病院で過ごしていたせいか、白衣の人、注射、手術シーンや血が怖いのですv-399

NoTitle

私たちは、考えたり、悩んだり・・・
結論がでないまま、それでも走りました。

賛否の意見はあることは、わかっていても、手段がある以上、あきらめることはできなかったのです。

いままでも、たくさんの声をいただき、それぞれを真摯に受け止めてきました。そして これからも、
医療に携わる者としても、考えていかなければならないことだと思っています。
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。