FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別警報

おっと!今日は月曜日だということをうっかり忘れてしまいそうでした。

モバイル公式から~
世間の喧騒からは遠く離れたおとぎの国の住人のような人ね。

Screenshot_2013-09-16-16-33-44.png


せっかくの3連休に大きな台風  被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

特別警戒警報の運用が始まったのが先月末なので、『これまでに経験のないような大雨になっており、直ちに命を守る行動を取ってください』というの、初めてききましたね。さすがに緊張しました。

日本は大昔から、地震、台風、火山、大雨、津波、大雪、日照りなど自然災害の多い国です。
世界的にみても災害大国なんです。だから、災害対策の公共工事は必要です。
災害時に国民の命を守るための堤防や道路を整備したり、災害が起こった時の復旧工事は重要な公共事業です。
また、一旦造ったトンネルや橋や道路は継続的なメンテナンスが必要です。その費用を削減し怠った結果、トンネルや道路の崩落による惨事が起きるんです。

それなのに、民主党政権の元では『コンクリートから人へ』とスローガンまで揚げて、公共事業を減らす取り組みをしてきました。そして、左巻きのマスゴミに雇われたアホな評論家たちは、殆ど台風も地震もないヨーロッパなどと比べて、日本は公共工事が多すぎると批判します。

マスコミは公共工事=無駄、悪 という印象を国民に植え付けました。
公共工事のすべてが悪のように批判し、そのくせ災害時には復旧工事が遅いと云って、また批判します。

たしかに、バブル期には必要のないものまでドンドン作って無駄使いもしましたけど、それはもちろんNGですが、必要な公共工事まで削ってしまっては、国民の安全は保障されません。

災害は忘れたころにやってくるといわれていたけど、このごろは忘れるどころか、地震、台風、竜巻、次々と続いてやってきます。どうやら、天変地異の周期にあたってるようです。

自然災害も隣国災害も・・


18_20130916214255656.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。