FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16年に一度

DATV BYJ History3-3 から~
PDVD_017_20120814011931.jpg
16年に一度しか会えない・・って、高麗人参のことですよね?
他意はないよね? ね!
PDVD_049_20120814011931.jpg
PDVD_056.jpg
PDVD_076_20120814011929.jpg
PDVD_059_20120814011930.jpg


ロンドンオリンピック、終わっちゃいましたね。
閉会式で流れた♪イマジン、印象的でした。

かの国の選手は、イマジン♪を聴きながら、己の行為がどれほど愚かで失礼だったか反省したでしょうか?
しないのよね・・たぶん。

もしかしたら、歌詞を理解してないかもしれない・・(--)
反省どころか、「独島プラカードが問題なら、旭日旗もNG」だなんて、およそ理解しがたいことを言うてますね。
イさんだか、パクさんだか知らんが、いろいろやってくれますやん。


為末大氏のtwittreより 激しく同感のツイを抜粋。

☆私は韓国選手の行動に憤りを感じるが、それは日本人としてではなく、一人のオリンピアンとして感じている。なぜなら彼が攻撃したのは日本ではなく、オリンピックの精神自体だから。オリンピズムの根幹に関わる事だから、IOCもここは勝負所だと思う。彼らの理念は建前だったのかどうかが試されている

☆そして日本人の立場として考えても、日本として講義するのは得策じゃないと思う。もう一つ次元が上の目線から、オリンピズムの本質を諭すようにIOCに意見を出すべきだ。島の問題ではなく、世界中が大切にしているものを貶めた問題として扱うべきだと思う。

☆せめてこの期間だけはお互いを尊敬し合いましょうよ、普段いろいろあったとしても。だって努力の尊さは一緒じゃないですか。 というのが五輪だと僕は思っている。

竹島が日本の領土か韓国の領土なのか、私はわかりません。
正直なとこ、どっちでも私には全く興味のないことなのです。

しかし、時と場所をわきまえず、自国の主張を持ち出して騒ぐ行為に嫌悪感を感じます。どうしても。
ほら、「四月の雪」制作発表記者会見の場でペヨンジュンに独島問題を質問したバカ記者がいましたね。
あの時と同じ。あんなパフォーマンスして英雄気取りとは、知性の欠片も見えない。

ペヨンジュンはきっちり「今は映画の話をしましょう」と云いましたけど・・
それにしても、時と場所をわきまえないのは失礼極まりない。

長くなりついでに、あの記者会見の後KOBに残された竹島についてのペヨンジュンのコメントを読みましょ。
どんな芸能人もスポーツマンも、ペヨンジュンのように賢かったらいいのに!


こんにちは、ペ・ヨンジュンです
今日久しぶりに休むことになってこちらで皆さんに文を残します。

去る17日映画<外出>に関する記者会見で、独島(竹島)問題について質問を受けて以来、とても悩んできました。

その場でそのように重要な問題に対する意見を表明するのは色々な面で適切でなかったのですが、そのような状況的な側面を外して、私の二三の返事だけが数多くの記事などで扱われ、インターネットでは論争の素材になりました。

当時、その記者会見では最善を尽くして申し上げましたが、その後に、このように文を残す理由は何よりも私たちの家族達、そして今、私が自分の仕事を熱心に上手くやっていると信じてくれるご両親にも、これ以上の心配をかけたくないからです。

そして、その時、返事を申し上げながら、作品について話す席ではない適切な機会に、後で答えると申し上げたので、その一言の約束を守るためです。

それで今、ここで常に私を見守って下さる家族達に、まず申し上げようと思います。
答えは一つですが、それに対する意見も一つ申し上げようとします。
独島(竹島)は大韓民国領土で、そうだからこそより一層理性的に対処しなければなければならないと考えます。

独島(竹島)が、誰の土地なのかと一言づつ言えば、実際に何が変わるのか。
真の解決のために、どんな援助をするのか、冷静に考えて見る必要もあるとみます。
国民がこれ以上感情的な対立により傷ついて、関係悪化に駆け上がらなければという希望も切実です。

何よりも、この重要な国家的な懸案については、両国の国家政策を決められる方々が、賢明な方法で近日中に対処して下さるだろうと信じます。
国民がこれ以上痛みを体験しないことを、国民の一人として心配して願っています。

私に与えられた役割があるならば、国家領土の線を引く一言より、アジア家族らの心と心の線を繋げることではないだろうかと思います。
そしてそのことに最善を尽くしたいです。

今までのように、アジアにある私たちの家族らと良いことをしていこうと思う心は、今後も変わりないでしょう。
そして、私が今まで受け入れた過分な愛をさらに大きな愛でお返しするために努力します。

ペ・ヨンジュン拝
2005.3.21


スポンサーサイト
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。