FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスモンスター

2月28日朝8時過ぎの 山形県・蔵王 

旅行の直前に、ここで若い人が遭難して奇跡のように救助されたというニュースがあったものだから、なかなか良い天候には恵まれないところなんだと、覚悟してました。

けど~~
年に2~3度あるかどうか?と、
宿泊したホテルの方も驚くほどの快晴。しかも無風。それでもマイナス13度。
DSC00476.jpg
蔵王山麓駅。あ、ドラゴンバレーではありません。ザオウです。蔵王。
DSC00484.jpg
樹氷高原駅で小さいゴンドラに乗り換えます。
DSC00526.jpg
駅の名前のとおり、周りは 樹氷
DSC00483.jpg
DSC00534.jpg
蔵王山頂に向かってます。
DSC00489.jpg
蔵王山頂駅から出たら・・
DSC00496.jpg
DSC00519.jpg
地蔵峠まで100mくらいと言うのに「お地蔵様なんか見えないねぇ」と、
もうちょっとで腰を下ろしそうになった・・雪に埋まってた御地蔵さま。
DSC00506.jpg
あとは、見渡す限りのアイスモンスター
DSC00518.jpg
DSC00493.jpg
DSC00490.jpg
DSC00498.jpg

カメラのバッテリーは寒いと消耗が激しいから、ケースとポケットにホッカイロを貼ってたんです。
これ、正解!
写メを送ろうとしてケータイのカメラを起動したとたん、バッテリー切れ。
チュゴッソ! ホントの意味で、フリーズ。


スポンサーサイト

平泉・中尊寺

入口からの急な坂道、月見坂  
DSC00438.jpg
参道=山道 です。雪が積もって凍っていたから、ツルツル滑って転んでる人もいて。
DSC00431.jpg

DSC00401.jpg
想像していたより広い! 
DSC00430.jpg
本堂です。
DSC00412.jpg
中尊寺専任のガイドさんが案内してくれたんだけど、
雪、雪、雪の写真を見たら、どれがどれか分からなくなった・・・
DSC00415.jpg
鐘堂。中に鐘があります。2011年の「ゆく年・・」除夜の鐘、ここからの中継でした。
DSC00404.jpg
左の建物の中に、漆の上に金箔を貼った金色堂。むこうに見えるのは、経蔵。
DSC00399.jpg
何もかも雪にうもってます。
DSC00402.jpg
雪だるま~
DSC00398.jpg
・・・後ろの竹垣とお堂の羽目板の格子。
DSC00414.jpg

私が行ったのは2月27日。ゆっくり2時間くらい。


中尊寺で歌会 なんちゃって~

雪道を 息を弾ませ上り来て ようやく会えた あのときの君  やさい

白無垢の 着物をつけたり お経堂 このまま嫁入り あなたの元へ yuuta

春はとうに立ちたるものを中尊寺み堂の屋根の雪の厚さよ  KUON

鐘堂を見上げては思ふ雪の上そこなる空は春の色かと

幾百年ひとの祈りに黙します伽藍の軒を滴れるもの

金色堂を内に秘むるといふ屋根の静かに優しき線に魅かるる

鐘堂のいと素朴なる在りようが日本人われの心なぐさむ

月見坂 雪積む道を二人にて後に先にと行きたまひしか

思はずも指を折りたり清浄のみ寺と雪の馳走に逢ひて

竹垣も御堂の格子も雪の中 春待つごとく君の恋ひしも  KUON


年毎に 雪降る夜は来れども 君見し夜は 夢の中のみ  やまね

雪景色 見事な様に 君想ふ やがて来たりし 春の訪れ  

中尊寺 君が残せし 足跡に ユジンを重ねて 我も辿ろう

雪深き 中尊寺にも 似た想ひ 春の陽射しに 朗報を  こもれび
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。