FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソムリエ・イジュニョクさん

byjgallery 권오경 さま thanks! souce:http://weekly.donga.com/  
週間東亜 2011.07.18 796号(p79~79)ク・チャホン記者


ワイン一杯分かちあえば 人生の香りが、じんわり

最近‘ワインと人’という本を出したソムリエ イ・ジュニョク(33)氏
_ACL8442.jpg

彼は“ワインは価格でなく誰とともに飲むかが価値を決める”と話す。
彼はワインに対して過度に格式を強調するのは警戒しなければならないことだと叱責した。

タキシードに蝶ネクタイをしめ、雰囲気の良いレストランでワインを飲まなければと考えた瞬間、ワインが難しく感じられてしまうと。

“ワインは一つの文化です。韓国で大人たちが田畑で農作業をして間食をする時、キムチにマッコリをどんぶりで飲みほすように、ヨーロッパでも、そのようにしてワインを飲むのです。
人々が一ヶ所に集まって楽しんだことでしょう。
私たちも、自分の口に合うワインを選んで、気の合う人達と共に飲んだら良いです。”

李氏が本を出した理由も、一般の人がワインを気楽に楽しめるようにするためだ。

「ワイン本を出してごらん」と薦めたのは、意外にも韓流スターペ・ヨンジュン氏。
“初めてペ・ヨンジュン兄さんに会った時、ワインをテーマに4時間くらい話しをしました。
その次の日もまた4時間。一週間に8回も会って、ワインについて話をしました。”

‘ワイン’を媒介にして会った韓流スターとソムリエは二人とない親しい間柄に発展した。

新刊‘ワインと人’にはペ・ヨンジュン氏の他にも漫画‘神の雫’の作家亜樹正夫婦や映画俳優イム・スジョンさんなどワインが好きな人15人の話が載っている。
ワインのさまざまな香りと味のように‘ワインと人’は15人名士の率直な人生の香りをこくのある味にして載せた。

李氏は英国政府が公認するWSET(Wine ・ Spirit Education Trust)でソムリエ資格証明を取得し、
現在は‘マスターソムリエ’になるために米国に渡り、勉強を継続している。

_ACL8636.jpg
_ACL8646.jpg
_ACL8040.jpg

写真はイジョニュクさんのブログ ワインを呑むアトムよりお借りしました。


写真の中にを探したけど・・
スポンサーサイト
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。