スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔がいい!

昨夜、HDDの録画を仕分けしようと・・・
なんとなく録画しただけで、一体、何を録ったか分からないのもあるし~

早送りしながら、消去 or ダビング 仕分け作業ね。
消去ボタンを押しそうになって、ちょっとまったぁ~の番組!

セクションTV  特集スターの過去の姿
珍しくもないヨンジュンなんだけど~ たった1分ちょっとなんだけど~


tn 002_0001
tn 002_0011
tn 003_0003
tn 003_0005
tn 003_0006
tn 003_0009
tn 003_0010
tn 003_0011
tn 003_0012
tn 003_0013
tn 003_0014
tn 003_0018
tn 003_0019
tn 003_0020
tn 003_0021
tn 003_0023
tn 003_0024
tn 003_0025
tn 003_0026
tn 003_0027
tn 003_0027
tn 003_0028
ヨンジュン、笑ってるよ・・ と、思った。 私、やっぱり、この人の顔、好きだ と、思った。 今さら~~
tn 003_0029
tn 003_0030
tn 004_0001
tn 004_0003
tn 004_0006
tn 004_0008
tn 004_0012
tn 004_0010
tn 004_0011
tn 004_0012

ね?  元気でるでしょ

怒濤の3月って感じでした。
思えば・新作発表のヨン文字だけを待ってたような3月。
 まだ、まてるわ~  

DATV History ofペヨンジュン拡大も、録画したままになってるわ~



スポンサーサイト

友だち自慢

 自分の手柄でもないのに、自慢したくてウズウズすること~ 

私のお友達にイラストレーターがいるんです。
1年に一回くらいしか会えないけど、いつも会いたいと思う友達。

フリーのイラストレーターなので、彼女、仕事の話をすると「限りなくプーなの」なんて、謙遜するんだけど。
私ね、彼女の作品のファンでもあるわけで、ひそかに活躍を願って応援してるのです

で!! 友達自慢です~
今度の4月からの、NHKテレビ韓国語講座のテキストに、彼女のイラストがある~~

あ~ 彼女、NHKテキストの挿絵を担当したのは今度が初めてじゃなくて・・
以前には中国語講座にも可愛いイラストを描いてたんですけど~~

DSC08977.jpg
去年、ハナヨイベントのあと、しながら、チラっと聞いてから、ずっと楽しみにしてました。

うふ~~ 先週、本屋さんでこのテキストを手にとって・・・
花咲かじいさんのイラストこれこれ~~ 
DSC08976.jpg
DSC08975.jpg
本屋さんのレジで「これ、あたしのともだち~」とか云いたいのを我慢して(笑)買ってきました。

私の韓国語は、ドラマやK-POPからで覚えたものなので、かなり、あやしいんです。
なので、ちゃんと勉強しようと、今まで何度も何度も考えたけど、考えただけでしたね。
なんせ~私、努力するとか、勉強するとか、なの~~ 
しかし~~こんどこそ!NHKテレビハングル講座のテキスト、一年間、購読しますよ~~
購読すると云ってるだけです。勉強するなんて宣言して口だけになったら、かっこわるいからね。
・・・なんて言い訳も考えてるけど、友達の活躍が、私の刺激にもなります。

滅多に更新されないけど(笑)イラストイメージで中国語と韓国語の単語を覚えようっていう彼女のブログがあります。
愉しいので、皆さんも飛んでみてね、でも、ほんと、滅多に更新しないけど~

ゴガクル、こちらです  赤ずきんのイラスト単語帳 

 おっと! 彼女はヨンジュンシスターズではありませんから・・

遠くに離れて滅多に会えなくても、こんな風に作品を見ることができると、どんなに嬉しいか・・・

陶芸編1.2

DATV KoreaEnter 韓国の美を辿るペヨンジュン
先週と今週つづけて、チョンハンボン先生とペヨンジュン
去年10月、私、聞慶窯(문경요)に行ったの! その記事は  2009.10月.の旅行

tyohanbonn 005_0005
tyohanbonn 005_0007
私がお会いした優しい先生とは、まるで別人のように厳しい表情のカッコいい先生!
tyohanbonn 005_0008
tyohanbonn 010_0001
tyohanbonn 016_0001
tyohanbonn 019_0002
tyohanbonn 020_0001
リンゴ畑の間のくねくね道を走って辿りついた家!!
hannbonn2 007_0001
向かって左から ご自宅、作業場、窯 
hannbonn2 010_0001
hannbonn2 010_0002
茶道のお手前を見てるよう・・・茶巾でお茶碗を拭くような優雅な手つきデス
hannbonn2 011_0001
hannbonn2 011_0002
hannbonn2 013_0001
ぼさっと立ってても絵になる男
hannbonn2 014_0001
hannbonn2 015_0001
hannbonn2 015_0002
hannbonn2 016_0001
hannbonn2 016_0002
hannbonn2 020_0001
hannbonn2 020_0002
すみません・・手、すきなんですワ!
hannbonn2 021_0001
hannbonn2 021_0002
hannbonn2 022_0001
hannbonn2 026_0001
hannbonn2 026_0002
hannbonn2 026_0003
hannbonn2 026_0004
hannbonn2 026_0005
hannbonn2 026_0006
どう見ても、長い脚がじゃまそうだワ。
この長い脚と、この顔と・・ヨンジュン、悪いけど、あなたは俳優やってるのが一番、似合います

広蔵市場

東大門の近くの カンジャンシジャン

東大門市場はミリオレとかビルに整備されてから、なんとなくモダンになってしまったけど、ここは、猥雑な韓国らしい市場のまま。DSC08943.jpg
筋ごとに布団屋さんの通りだったり、韓服布地を扱う店が並んでいたり、ボタンや装飾紐の専門店の通りだったり、その間にユッケ屋さんばかりのユッケ通り、ケジャン通りとか迷路のよう筋が入り組んで、方向音痴の私には、遊園地よりわくわくドキドキする場所です。
DSC08944.jpg
6時ころには、もうすっかり出来上がってるアジョッシとかいます。
スンデもビンデットも全部デカイ!ボリュームたっぷりです。
ここで何か食べようと思っては、躊躇し断念します。胃袋に自信が無い。
それと、衛生的にどうなのと思う私は日本人だね~(笑)
DSC08945.jpg
ケジャン・・辛子明太子・・・白いご飯のお友達ばかり並んでます(^^)v
こういうのは買っても持って帰るのが大変だから、干鱈とか干物を買います。
DSC08946.jpg
イシモチ・・・私には、この魚が美味しい食べ物と云うより、哀愁を感じるオブジェに見えます~

東大門市場や南大門市場と違って、広蔵市場は全体に店じまいが早いのです。
7時ころには、ごった返してる人混みを横目に店じまいを始めるとこもあるし・・・
だから、店じまい間際に安くなる


私が買った干しだらは写真に撮っても美しくなかったので、あんぱんオンニがポジャギの材料に買ったシルクを見てね。DSC07841.jpg
あんぱんオンニの新作は次々できるのに・・・

ヨンジュンよ!うどん食べてる場合じゃないぞ~!!






正東津

10日前の旅行なんだけど・・
サンクルーズリゾート敷地内では写真はご法度だったから証拠写真が少なくて、幻の旅行みたい

けれども全くないわけじゃない。
正東津駅で時間調整のために、バス内で待機してました。駅のWCも使って~
DSC08814.jpg

ドラマ「砂時計」が放送されたころ、正東津の土地が値上がりしたんだと、韓国の知人が云ってたっけ~
韓国ではタブーだった光州事件を扱ったセンセーショナルなドラマという事ですが、それが、どのくらい衝撃的なことだったか、私にはわからない感覚です。

難しいテーマにもかかわらず、しっかりしたシナリオ、シャープなカメラワーク、ハンサムな主人公(チェミンスさん)、美しい風景、歴史や政治に疎い私も充分に引きつけられたドラマでした。

ハンサムな人をハンサムなまま見せる、美しい空はより美しく切り取って見せる金鐘学監督の美意識は、わかりやすい、しかも、芸術的!

(金監督とヨンの相性は良かったし、もう一度、こういう骨太社会派ドラマをぺヨンジュンの主演で・・どうよ?)

砂時計、7話だったかな?学生運動で捕まったヘリンが釈放された後、海辺の町へ来るんですね。
見てない人のためにネタバレは避けたいとこですが~
ヘリンが身の危険を感じ正東津駅から逃亡しようとして、電車が入ってくる直前に当局に捕まるんです。
DSC08815.jpg
それが、この駅、ここを刑事がヘリンに向かって歩み寄ってくるとき、ドキドキしました・・
ヘリン、逃げろ~~!

DSC08819.jpg
空も青く、海も美しかった・・ドラマでは灰色の空だったような気がする。重いテーマだったから?
正東真駅ホームにて
私は撮影できなかった電車の写真、yuutaさんが写真を送ってくださいました。感謝です。

サンクルーズの展望台、手すりの1・5メートル手前にキープアウトのテープが張ってあった。。
ワケがわからん!日本のおばちゃんが落ちると心配した?

でも、あんまり綺麗だったから、その黄色いテープの隅から手を伸ばして、撮った写真。
これも違反かい?海岸線を撮ったら北のスパイと間違われるってか?10年前ならそうかも~~?
DSC08826.jpg
DSC08829.jpg
こんなに美しい海岸を見ない・「韓国の美をたどる旅」・・ヨンジュンだけ見た・・

ついでに~次の日、再びのカンヌン市に行く途中、大関嶺牧場が見えた。
そうそう、FACESHOPのCF、夏の香りの撮影地、秋の童話にもでてきたし、ベートーベンウィルスでも!
P1010576-111.jpg
同行のTちゃんが車窓から撮った写真を、加工しました(^^)
DSC08807.jpg

こうやって写真を見たら、結構、いい旅行じゃないの~~。ね?
DSC08824.jpg
サンクルーズリゾート、入り口。ここからは撮影禁止。
DSC08835.jpg
帰るとき見えた・・撤収される不可能の家セット。 セットがなくなれば、全ては幻?    
結婚式を挙げたチュンサン・ヨンの写真、一枚くらい、欲しいぞ~~!



History of BYJ 7

久しぶりに、キャプる~ 
hisu 001_0001
タヨナジ~ 見せて~~ 
hisu 002_0001
hisu 005_0001
hisu 005_0002
hisu 005_0003
hisu 005_0004
hisu 005_0005
hisu 007_0001
hisu 007_0002
hisu 008_0001
hisu 015_0001
ゴリラの背中・・・
hisu 015_0002
hisu 019_0001
hisu 023_0002
6っつに割れた腹筋! 2段とか3段になってるお腹なら、私の周りでも珍しくないんだけど~hisu 024_0001
hisu 024_0002
楽しそう~ 懐かしいペ・ヨンジュン

배용준씨를 봤다 !

from:BYJtoronto suehan様 感謝  souce: http://blog.naver.com/lucylucy39/120104021245

また、個人Blogから、ペヨンジュンの活動してる様子がチラリと見えました。
こんなに小さなことでも、今は、とてもとても嬉しいです。
ほんと~どうでもいいようなことだけど・・


(注)  で、「この記事がアップされたのは昨日でも、記事の最初に“4月24日”の日付があるので、この話は去年の話ではないか」と云うご指摘を頂きました。お知らせくださってありがとうございます。
私は、ハンチャンチョンへの高速道路が開通したのが去年4月24日だと解釈しました。
さらに、べヨンジュンおよび写真の人々の服装も、4月下旬の服装には見えないんです。
また、去年のことを昨日UPするのも不自然に思うんですけど・・いかがでしょう?

BBE7C1F8_3516_lucylucy39.jpg


春川で流布里うどんを食べて・・そして面白いところ、美味しいところ(2010/03/20 19:58)
   大当たり ペヨンジュンを見た!
(以下、やさいの意訳です)

ベ・ヨンジュンさんを見た !興奮 x 100

まず、4月24土曜日、ハンチァンチョンに高速道路が開通したのに
今、やっと利用できるようになった...
(中略)
昨晩、ネット検索して見たら、お!新しくできたガピョンレストハウスがすごく良いみたい!
当然、入ってみる~~
全部食べ終わって出てきたら、そこで・・
最近、その何だっけ?“ヒョゼのように”か何かの韓服デザイナー、変人天才ピアニストのイムトンチャンさんの奥様のイヒョゼさんを見た。
そんなスター、とても虚飾的で作られたモノだし、特別どうってことないけど、う~ん、注視注視。
一緒に写真を撮ろうといって笑って、フフ・・

一緒に同行してる人々の中に、ヨンサマ!!

実はここで さっと見た時は、うん! お! 違うか? そのまま行ったんだけど、見える?
うちのご主人の後、真っ黒い帽子、黒いマフラーを巻いた、ペ!ヨン!ジュン!

信じられないって?

詳しく・・赤い矢印イヒョゼさん(はっきりと顔を出してるの)その横にヨンサマ!
BBE7C1F8_3489_lucylucy39.jpg

このときまでは、そのまま お?まさか・・?だったけど・・
ところが、左側の方に--写真あげながら、また、見たら見るほど・・ヨン !サ!マ!
BBE7C1F8_3490_lucylucy39.jpg
コレで終わりじゃなくて~
急いで、美味しいと有名な流布里うどんの店で~~
全てのブロガーが、ナビが無かったら探すことが難しいというその場所で!
農路に沿ってずっと~ 入って行きなさいという フフ・・
ナビ無しで訪ねてきた私たち、すっごく感激!(中略)
BBE7C1F8_3515_lucylucy39.jpg
またイヒョゼさんと彼の仲間たちに、ここでも会った !
何なの~~~  動線が同じなの~~

そして、ミステリアスな真っ黒な服に真っ黒な帽子、サングラスにマフラーまでした 背は他の人たちより頭一つ。
顔は何か描いたような、2-3 メートル距離でも、とてもあざやかな目鼻立ち !
そのとおり!ぺ!ヨン!ジュン!

見まちがったって? ないよぉ~ 私だけ見たの~~ 私だけ !
夫はこの重要なタイミングに化!粧!室!

うどん屋の庭先に私のほかに10名程度の人たち全てお仲間、私だけ!私だけ!
そこで、どうしたらいいか~~
知ったかぶりする?
云う?
写真を撮ってみる?
写真を撮って、どうする?
少しの間に どれほど悩んだか!

ひゅ~どうするどうすると、眺めて悩んでいたら、その人たちみんな車に乗って・・
そうなの~~何よ~~

惜しい気持ちで、車だけでも撮ったけど、
ヨンサマ乗った黒いランドローバーは、もうシュ~と行っていて
イヒョゼさんが乗ってたBMW と左側の黒色の車だけでも・・
BBE7C1F8_3541_lucylucy39.jpg

あ~~ この震える胸は、なんなのぉ~~ 本当にハンサムだったな~~

日本のオバサンたちが、惚れるわけだ 
クァ~ 最高男!
生きがいが出来た~~




「もしもし、大丈夫ですか?」くらいに興奮してますね~

車三台に分乗して、評判のクグス屋に行ったのね・・
うどん屋めぐりなら、私の得意技なのに~~

アニソナの子役達

from BYJGallery 권오경님 ~ 感謝します souce:출처;http://cafe.daum.net/princesmy1  

アニメーション<冬のソナタ> 3月19日金曜日撮影 < イ・ユビン、イ・ユジョン、ナン・ソヒョン> 撮影後記 
(以下、やさいのいい加減な意訳です)

朝9時40分までに集合して 夜明まで せっせと働きました。

三成駅に 9時20分に到着して現場マネージャー様に電話をしたら、他のかたの連絡先に電話するようにいわれたから、電話しました。すると、全員来るまで待つように云われ,少しだけ待っていました。

15分くらい過ぎても来ないから電話したら 「どこにいらっしゃいますか」と云いながら、お互いの位置を確認するのに、私は誰も見つけられないけど、「はい、見えました。出席チェックするから、お待ちください」 プッツン!

また、待ったんです。10時5分前、また電話したら、風を避けて地下鉄入口の中に降りて待っていなさいということでした。

10時が過ぎたのに連絡がないから、また電話したら 「付いていらっしゃい~」と声だけ連発。
瞬間、頭に来て「何処か 判ったら付いて行きます。地下鉄内で待っていなさいって云うから、今待っているんじゃないですか」というと「もう、出発したんです」 ええっ!!
完全に呆れてモノがいえない・・ありゃ~

それで、あっちこっち探して追い掛けたら、もうずいぶん遠くへ行っているんですよ。
やっと 「申し訳ない。うっかりしてました」と云いますね。
ひょっとしたら、撮影できずに待ちぼうけで徹夜するところだったんです。

とにかく、紆余曲折の末に撮影場に到着しました。
地下で、ちょっと待ったら、子供達、上がってくるようにって上がったら 4F。
結婚式の最後のシーンですよ。

子供達が三人だけですから、スタッフたちもよくしてくださって、監督様、AD様、みんな親切だったです。
子供達も騷いでいながらも 「アクション」の声一言で、本当に水を打ったように静かになったんです。善良な坊やたち...

しかも、撮影の中間くらいに ベ・ヨンジュン と チェ・ジウさんが来て、どんなに嬉しかったのか^^

やっぱり 大スターはスターのようです。 漂う雰囲気が特別だったんですよ・・・
目の疲れが、すっきり~ なおってしまったんですよ。
ユビンちゃんではない私が、めっけものを得た日でした^^

11時になって始まった撮影は 4時になって終わりました。
待っている母親逹だけ足腰が痛く苦労して、子供達はとても楽しんだんです。

うちのユビンがシナリオにないことをしたけれど、監督様が「上手だ」と「また、やりなさい」と褒めてくださって、
演技者リュスンスさんも「生まれつきの演技者」と言って誉めてくださって、あれこれと疲れが飛ぶ嬉しい一日だったようです。

_184_1~1
_185_1~1
_187_1~1
_188_1~1

ユビンちゃんのお母さん、役得だ~~
ヨンジュンとジウちゃんが揃って来たのか?そこらへんを詳しく聞きたいものだが
とにかく、ぺヨンジュンは活動してます。

私も、ネットサーフィンを始めるくらいになりました(笑)
撮り貯めた1週間分の録画も編集しなくては・・パリパリ~



월정사 (ウォルチョンサ)

月精寺     (ヨンジュンがテンプルステイしたお寺) 韓国の美を辿る旅 P159

ソジチョガットルでお腹いっぱい、胸いっぱいになった後、
ソジ村を後に再び1時間ほど走って、五台山国立公園 月精寺に着いたら、一面の雪景色。

DSC08918.jpg
この川だ・・・
DSC08942.jpg
降りてみたいけど、ここで川に落ちたら
「無謀な日本のオバサン、BYJの真似して川に落ちる!」とNEWSになるからアンデ~

そろり そろり 橋を渡る
DSC08917.jpg
DSC08919.jpg
DSC08922.jpg
足元ばかり気にしてたけど 空はこんなに青かったの!
DSC08923.jpg
DSC08938.jpg
DSC08934.jpg
DSC08926.jpg
ここは テンプルステイする人だけしか入れません。なんとなく、ヨンジュンが中にいるような気になる
DSC08924.jpg
DSC08935.jpg
DSC08928.jpg
みんなが歩くところは雪が解けてるの。竹箒を持ったへっぴり腰小僧がいるような気になる
DSC08933.jpg
DSC08936.jpg
高句麗時代の仏教美術品などを展示してある博物館はフリーで見学できます。フリーだけど見ごたえあり!
そこに、思いがけず、焼けたハングル文字の版木の展示もありました。

心が、静かに静かに和む雪景色だったよ~~






BYJのおばあちゃん

서지초가뜰     韓国の美をたどる旅 P26~

アニソナツアー申し込んだときから、フリーの日に、ソジチョガットルに行こうと考えてました。
けれど、撮影見学地も同じ江陵市だったし~往復8時間のところへ、二日続けて行くなんて物好き、
私くらいでしょう~

12日、江陵市で散々な目にあって帰ってきて、深夜・・
同行する二人の友に「疲れてるなら、明日、ゆっくり寝てソウルで遊んでもいいよ~どうする?」と、言葉は相談してるけど、「ううん、私はどこでも良いよ~」としか言えない雰囲気で迫る私。(笑)

13日の朝、7時過ぎ、 元気な私は、もう化粧もして準備万端でホテルのロビーに降り、コンシェルジュに「江陵市まで行ってくれるタクシーを呼んでほしい」と頼んだんですね。

そしたら~ このコンシェルジュ! 何もしないで 「昨日、風が強かったから、無理ですね」と云うのよ。
へ?高速道路情報を調べようともしないし、ケンもホロロ。

こんなツカえんコンシェルジュ、初めてです 

でもね、なんとか、タクシーの運転手さんと交渉したら、行ってくれることになりました。
同行する友二人のホンネは、タクシーが断ってくれたらいいのにと思ってたかも~(笑)

思い通りにしてしまう私に付き合ってくれたつぶあんぱんさんTちゃん、ありがとう!

前日、真っ暗なうちに走った同じ道を、びゅんびゅん 
11時ちょっと前、カンヌン市に着きました~ ここから、町はずれに入って・・
DSC08847.jpg
車一台がやっと通れるくらいの雪解けジュルジュルの道を走って林を抜けるとソジ村
DSC08915.jpg
DSC08848.jpg
DSC08850.jpg
来たっぞ~来たっぞ、やさいちゃん~と歌いだしそうなくらい嬉しかった!
DSC08851.jpg
ここ、ヨンジュンが座ったとこです 
私たちが何も言わないのに、若女将は「ここでヨンジュンさんが召し上がったのよ」と教えてくださって~・
DSC08859.jpg
先約があったみたいなのに・「12時に予約が入ってるけど、先に来たから、ここで食べなさい」って
若女将が、하나여を持ってきて「ヨンジュンさんが食べたのはチルサンよ」
DSC08865.jpg
テーブルの隙間があいてるところも、後で運ばれてきたもので、コミコミ お膳の脚が折れるほど!
素朴な味なのに豪華。美味しい。この旅行で、やっと!まともな食事にありついた

体の中のリセットスイッチが入ったみたい~
DSC08867.jpg
お腹イッパイに食べたんだけど、残ってしまって「美味しいのにもったいないし、惜しいです」って云うと
ジジョントックと菓子をポリ袋に入れてくださって~親切。
もっと、嬉しかったのが・・

食べ終わったなら、裏へ行ってごらん、ハルモニがいるからと!
まさか、ハルモニに会えるとは思っていなかったので、きゃ~!

はるもに~ げしむにか~?と云いながら、ここをくぐると・・
DSC08888.jpg
あ~~ん!涙がでそう~~!! 鱈が干してあった軒先だぁ~~!!
DSC08875.jpg
この障子戸の中から、「飴玉を食べてるけど、お客様かい?」と聞き覚えのある優しい声が聞こえて~
DSC08873.jpg
はるもにぃ~ 私たち三人とも、泣いてしまいました。
ほっとしたというか・・そういう感じ。前日からの色んな思いがホロホロほどけていって、涙になった。
DSC08879.jpg
「ごはんは食べたのかい?」優しい柔らかい手で、私たちの手を握って聞いてくれました。
「今、お店でたくさん頂いてきました。美味しかったです」そう答えると、
「遠くからいらしたお客様からお金を受けとちゃダメだよ~」と笑ってくださった。

横から、女将さんが「ペヨンジュンのハルモニなのよ。あなた達がペヨンジュンの家族ならハルモニも家族ね」と・・
前日、ペヨンジュンとは撮ることが出来なかった家族写真をハルモニやと女将さんと撮れたから、もう、満足。
DSC08882.jpg
ハルモニは私たちが見えなくなるまで、手を振ってくださってた。
お元気で長生きしてください。きっと、また来ますから~

昨日、ヨンジュンはここに寄りたかっただろうな~と、突然、思った。
そしたら、また、切なかったね。
DSC08887.jpg

女将さんは、こっちも見て行きなさいと言って・・
DSC08890.jpg
お店や家の障子や照明には可愛らしい草花が透きこまれてるの、これ・・
DSC08862.jpg
なんと、女将さんが自分で作るんだそうです。
DSC08894.jpg

そして、ハルモニが毎日つけていた日記と女将さんがお嫁に来るとき、
女将さんのお母様に宛ててハルモニが書いた手紙を見せてくださったり・・
DSC08897.jpg
私たち、何もせがんでいないのに、目がせがんでた?
DSC08902.jpg
そのうち、沢山のお客さんで店が立込んできたようで、女将さんは「好きなだけ見て見終わったら戸を閉めて帰ってね」と店に行ってしまった。
おいおい・・私らが何か持っていったら、どうする?(笑)
DSC08889.jpg
前日、7年来の付き合いの人に全く信用されていなかったのに、今さっき逢った人が信じてくれてる。
生き返った・・ありがとうございました。感謝。ごちそうさま

長い一日

ただいま! 夜星到着、朝星帰国の3泊4日のツアーから、帰ってきました。

DSC088271.jpg

12日の事故のあと、携帯電話が壊れてしまいました。
それで、たくさん心配して(私を?ヨンジュンを?・・ん?)メールや電話を頂いた皆さんに、更なる心配をかけました。本当にごめんなさい。
また、↓記事にコメントを下さった皆さん、PCにメールを下さった皆さん、ご心配かけました。ごめんなさい。そして、暖かい言葉をありがとうございます。
本当なら、お一人ずつ皆さんにお返事しなくちゃいけないんですが・・・
お返事の代わりに、事故のこと、私が思ったこと、お話ししたい気分です。
皆さんに伝えなきゃいけないことがあるような、焦る気分です。

ヨンジュンがすることは何故、何時もスムーズに運ばす、ドラマチックなのか?という声を聞きました。
そんなこと、偶然です。 12日の事故は天災です。もちろん、ヨンジュンのせいではありません。
しかし、人数が多すぎました。初めから無理のある人数でした。
そして、認めたくない事実ですが、その多すぎた参加者は決して若くない人ばかりです。
残念なお知らせですが、心と瞳は少女でも体は歳相応です。
いくらスポーツして鍛えた方でも、若い人と比べたら、少々~かなりドンくさいです。
集合するのも歩くのも、若い人のようにパリパリっと行きません。時間がかかります。
少しヨロっとしても踏ん張りが効かず、コケます。
今までのイベントで、大きな事故が起こらなかったのが幸いなことかもしれません。

12日、お昼ちょっと過ぎくらい、私もサンクルース敷地内の庭で集合写真を撮る順番を待っていました。
全部で15班位あって、私たちは後のほうの班でした。(1班が100人位。)
ひな壇が三つ、そこへ皆が並んだ後、タキシードのヨンジュンさんが黒い車に乗って現れるという段取りです。
長い待ち時間でも、行ったり来たりする車とヨンジュンさんを何回も見ることが出来るから、耐えられる。

2時ころ、1~4班くらいまで写真を撮り終わったところで、急に風が強くなりました。
海と山が近いところでは、春に吹く“雨起しの突風”です。
(私の住む地域では山路風と云って電柱が折れたり、12tトラックが横倒しになるような風が吹きます。それと同じ感じの急に吹きだした強風でした)

あまりの強風で立っていられなくて、私はしゃがみこんでいました。
気がつくと、目の前にが止まっていたんです。「誰か怪我をしたの?」
「あんまり長いこと立って待っていたから気分が悪くなったんじゃないの?」
実際、体調を壊す人がいても不思議ではない強行軍でしたから、私は、勝手にそんなことを考えていました。

2時半ころ(時間は正確じゃないです)
やっと、ホテル内に移動するよう指示がでました。
庭から建物までの急な坂道を強風に煽られながら、のろのろ移動しホテルのロビーに入りました。ごった返すロビーから外を見ていると、セットの「不可能の家」の屋根がはがれて飛ぶのが見え、ウエディングドレス姿のジウさんが、スタッフに囲まれながら入ってきました。
ジウさんは、まだ、撮影を続けていたのです!
いくら晴天でも、肩を出したドレスでは寒いどころじゃないはず!

“掃きだめにツル”のような真っ白いジウ姫を見送って、私たちはロビーから上のホール階に移動して・・

ホールは二つ、小さい方に押し込まれ、また点呼&整列。この日、何度目の点呼か?
並んで立ったまま、大人しく羊の群れのように待ちます。群れを離れるとき、迷惑をかけないために前後の人に「○番です。ファジャンシルに行ってきます」と気を使うくらい、かたまって。

4時ころ、まだ昼食をとっていなかった班に弁当が配られました。
撮影見学も入れ替え制なら昼食も入れ替え制でしたけど、まだ!の班があったとは。
遅すぎる貧しい昼食!

朝もおかずはキムチの弁当、昼も同じような弁当。ごはんは冷たく、飲み物は水だけ。それを揺れるバスの中で食べろと言う。
昼食は入れ替え制で25分間で食べて出る。「早く食べろ」と睨みつけるスタッフ。
私ら・・ソンニミニ アニムニカ?(お客様ではありませんか?)
それでも、時間にお弁当が配られただけマシ。(私は、朝も昼も食べられませんでした。ダイエットじゃないけど~見た目で汚く不味そう!)

室内に移って既に2時間以上。何の説明も案内も知らせも、ありません。
何も知らない私たちは「背景なんか、どうでも良いから、ここで順番に写真撮ったらいいのにね~」なんて・・

その後、やっと「怪我をされた人は20人くらいいる」とスッタフから知らせがありました。
私は、その知らせが「集合写真撮影中止のお知らせ」と思いました。

写真が撮れないのは残念だけど,怪我をした人がいるのに「笑ってキムチ」なんて出来るはずはありません。
しょうがないです。ペヨンジュンとはそういう人です。

そして、その後、温泉旅館の宴会場のような低めの舞台がある大ホールの方に全員が移動し、また整列。
私たちは、土足で歩く絨毯の床に、直に座っていました。難民のように~

5時過ぎ、いつもヨンジュンと一緒にいる、“頭まで筋肉”と“無表情ナメクジ”の二人が、私たちと舞台の間に、無言でテープを張ったのです。

この日、一番、悲しかったことが、これです。このときに引かれた境界テープ。

ホテルの敷地内のあちらこちらに貼られた境界テープも滑稽なほどでしたが、このテープには、涙が出るほど悲しかったです。
私たちが飛び掛るとでも?
ここまで信用されてないで、何が「家族」なんだ?

KeyEastのスッタフには、私達が何に見えるのか?牛か?馬??逆立ちのカバ?
一日中、まるで羊や牛の群れを追うように並ばせ、をトン舎に追い込むように部屋に入れ、を追い払うように部屋から出されても我慢できたのは、みんなヨンジュンが「家族」と呼んでくれるから。

KeyEastスタッフたち、一文字、間違っていませんか?「かく」にあらず「かく」

そんな風に考えていたら、ヨンジュンが舞台袖から出てきました。
タキシードではなく、光沢のあるグレーのダウンジャケットと細身の黒パンツ。
衣装をぬいでオフのスタイル。20代後半にしか見えないの。

こんなときに不謹慎ですが、かっこいいわ、可愛いわ・・フィギュアよりフィギュア。
そして、人形のようなヨンジュンの後ろに、これまた人形のような可愛いアガシが付いて出てきたんです。
このお嬢さん・・だれ?
「誰?」「誰?」「ジウちゃん!」そう、「姫」じゃなくて「ちゃん」です。
ヨンジュンもジウちゃんも若い!!!(ペアルックのよう?)

二人は舞台に上がらず、バカなスタッフが貼った境界テープギリギリを場内の皆を見回し、お辞儀をしながら端から端まで、ゆっくり歩いてくれました。
そのときの様子は、言葉にしなくても、目に浮かぶでしょう?

確かに、彼は、私たちを「家族」呼んでくれるペヨンジュンでした。
ぺヨンジュンは少しも変わっていない。ペヨンジュンは、ペヨンジュンでした。


ヨンジュンが「怪我をした人が重症なので、病院に行かなければいけない。これ以上、写真を撮ることができない」と話しはじめました。
途中、スタッフに促されヨンジュンとジウちゃんは舞台に上がり、私達と距離ができましたが、それはそれで良かったんです。二人の姿が、後ろの人にもよく見えるから。

けれども、二人が舞台に上がれば、なおさら境界テープが無粋に思えました。

ヨンジュンが撮ろうと約束した「家族写真」。
そのお断りの席に、ジウちゃんが一緒に出てこなくても良いのに、ヨンジュンの傍に立っていてくれる。
それだけでも、ヨンジュンは心強く感じたんじゃないでしょうか。

ヨンジュンの言葉を、ジウちゃんは舌足らずな独特の声で「私が代わって写真を撮りたいけど、女優なのにスッピンで写真を撮るわけにいかないでしょ?」とお茶目にフォローし会場を和ませてくれました。

「家族写真は、またの機会に撮りましょう」と申し訳無さそうに言うヨンジュン。
欲張る私たちの心へ、ヨンジュンの痛みが突き刺さりました。

ヨンジュンとジウちゃんの挨拶は、とても、短い時間でした。
けれども充分です。私は、もう、写真はいいよ。
家族写真を撮ろうと思ってくれた、その心だけで充分です。
いや・・ヨンジュンの写真だけ、欲しいかな?

ジウちゃんの優しさが、ヨンジュンの心痛を和らげてくれたと思います


負傷された方にお見舞いもうしあげます。
どうか、心にまで傷を残されませんように願っています。
一日も早く快復されますように祈っています。


ヨンジュンの言葉、覚えてる範囲で追記します。
とつとつと、言葉に詰まりながら話していたヨンジュンを思い出してます。
正確にヨンジュンの言葉を思い出そうとしましたが、どういう順番だったか思い出せないんです。
でもね、誠心誠意、心をこめて話してくださったと感じました。だから、だいたい、こんな感じだったってことで理解して下さい。

ごめんなさい。なんと言えばいいか、言葉がありません。

今日は、楽しい日にしたかったのに、こんなことになってすみません。
遠くから いらしてくださった皆さんと家族写真を撮りたかったのに、こんなことになってしまってごめんなさい。

怪我をされた方が20人以上も、いらっしゃると聞きました。中には重症で症状が深刻な方もいらっしゃるようです。
だから、皆さんと家族写真を撮ることができなくなりました。

家族写真は、またの機会にきっと撮りましょう。
必ず、いつか、家族写真を撮る機会がくると思います。そうしたいです。

怪我をされた方の詳しい様子も、まだ分からないんです。
今から、病院に行かなければなりません。
ごめんなさい。 理解してくださって、ありがとう。


PS:以上の通り、ペヨンジュンは確かに謝罪の言葉を何度も口にしていたのに、スタッフがまともに通訳しなかったから、一言も謝らなったと誤解し憤慨している参加者が大勢いたそうです。
ペヨンジュンへの誤解が解けたらよいと思って訳を掲載しました。
スタッフからは謝罪も説明もございませんでした。ただ、私たち日本人の参加者への無用な警戒心と冷たい視線だけが印象に残った次第です。



東海の白い船

アニメ「冬のソナタ」最終話の撮影場所はここかな~って。
ツアー主催者側が、あんなにって頑張ってたのに、こんなにポロっとでちゃって 

先週、naverの個人ブログに『私のホテルにヨン様が来る』と書いちゃったホテリアーがいた。
(守秘義務、日本だと結構厳しいんですけど・・)

本当に、ここが、お口の軽いブログ主が勤めてるホテルなのか?
明後日12日になれば分かることだけど・・

 江原道 江陵市 正東津 サンクルーズリゾート
江陵市(カンヌンシ)は、四月の雪の撮影地、三渉市(サンチョックシ)のすぐちかくですね
正東津(チョンドンジン)っていう地名はソウル・景福宮のま東に位置するから、ですって。

東海(トンヘ)海岸沿い、風景が綺麗なので人気リゾート地ですね。ちょっと写真を拾ってきました。

1153072997.jpg

日の出が美しいところですって・・日の出ずる国、日本から1300人のおばちゃんがいくぞ~

 まっててね~~~  (誰にいってるんだか?)


ここは、ドラマ「砂時計」で、コヒョンジョンが演ずるヒロインが逃亡の末、当局に捕まった駅があります。
カンヌン駅は、世界一、海に近い駅ですって。ギネスにのってる。

で~撮影ツアーの私たちが連れて行かれると思うホテルはここらしいです。
11_1-jinsub0707_ydh6690.jpg
untitled_20100310164857.jpg

派手だね~~!!! 

とかイカとかとか、海の幸なのかな?
食い気が先走る私・・・


愛媛県から高知県に行く途中、海賊丸とか云う船の形のファミレスがあります。。
それを思い出したりした。。。。

・・て?本当にここか? 明後日になったら、分かります。
当たってるのか、外れてるのか?それも楽しみね~

チャーミングなBYJ

History of ペヨンジュン~マレーシアの撮影 Ⅱ

当然だけど、写真集「像」の中の写真より、動くヨンジュンは、ずっと良い。
あのカメラマンの腕が・・じゃないのか?と改めて思ったの~
zou 009_0002
zou 009_0003
zou 009_0004
zou 009_0005
zou 009_0006
正面がダメって、この前髪のことか? なら、ヘアメイクさん、やり直せばいいじゃないかと思う・・
zou 009_0007

zou 012_0001
zou 013_0001
zou 013_0002
zou 014_0004
「カメラのレンズを被写体のほうから覗いて撮るとどんな感じになるのか?」
ヨンジュンは「四月の雪」ティザーポスターを撮影する時も、そんなこと云ってたねぇ~。
こんなことに興味津津なヨンジュン、小さい悪戯盛りの男の子のよう。
でもね、だ~れも、貴方が何したいのか理解できないのよ・・・周りは〝大人”ですから~
zou 014_0003
ザンネン・・あきらめましょ
zou 014_0002
zou 020_0001
zou 020_0002
zou 020_0003
zou 021_0001
zou 033_0001
黙って見つめたら、〝ただになると思うよ~
zou 035_0001
zou 035_0002
zou 046_0001
大きい背中~~筋肉、モリモリ
zou 050_0001
zou 050_0002
zou 050_0003
zou 051_0001
zou 051_0002
zou 051_0003
zou 054_0001
zou 054_0002
この笑顔はホンモノ。

修行僧のようなBYJ

History of ペヨンジュン ~マレーシアで撮影~ Ⅰ 

zou 001_0001
zou 001_0002
zou 001_0003
ファーストクラスなら美味しい機内食だと思ってたけど、BYJは別メニューだったのね
zou 001_0004
zou 001_0005
zou 001_0006
zou 001_0007
この笑顔で見上げられても、CAアガシは気を失わずに仕事できる!プロだ!
zou 001_0008
zou 002_0001
zou 002_0002
zou 003_0001
なんでも美味しいそうに品よく食べるBYJだけど・・美味しそうには見えない。切ない。
zou 003_0002
zou 003_0003
zou 003_0004
zou 003_0005
zou 004_0001
zou 005_0001
電車に乗り合わせたファンと気さくにお話してるの・・チャーミング
zou 005_0002
zou 005_0003
zou 005_0004
トレーニングに向かう大きな背中
zou 006_0001
zou 006_0002
つい、一緒に、ス~ ハ~~  う・・生まれる!
zou 006_0003
zou 006_0004
私のキャプがボケてて、よかった~と思う・・
zou 006_0005
zou 006_0006
大きい背中・・・
zou 007_0001
zou 008_0001
zou 008_0002
4キロ増やすのは簡単ですけど~~
zou 008_0003
こんなに頑張ってるときも、待ってる私らは、『写真集に何カ月もかけないで、その間に映画の1本でも出演してくれたらいいのに~』なんて、喧々諤々 あ~でもない、こ~でもないって勝手なこと云ってた・・



カメラ小僧・ペヨンジュン

3月6日放送 KoreaEntre 韓国の美を辿る旅
景福宮part2・・・ですね~
2 012_0002
2 014_0001
明成皇后をしのぶ橋・・と、私は勝手にヨンでます。ヨンジュンも李朝最後の王妃を悼んだと思う。
2 016_0001
2 016_0002
2 017_0001
あなたのことを言ってるように思った・・
2 019_0002
韓国の美を辿ったらBYJにたどり着くと、しみじみ、思ったネ
2 019_0004
2 019_0005
2 019_0006
2 020_0001
2 021_0001
カメラ小僧
2 021_0002
2 021_0003
2 021_0004
2 021_0005
2 021_0006
2 021_0007
2 021_0008

차 한잔 드세요

 차 한 잔 드세요 お茶一杯 どうぞ~

忙しくて目が回りそうなとき、気持ちがザワザワするとき、落ち着け私!と、ほっと一息ついて呑む・・
普段はね、コーヒーですけど、このごろ、お茶がマイブーム。
茉莉花茶だったり、紅茶だったり、緑茶だったり~その時の気分でね。 ちゃ はんじゃん とぅせよ。

グッドなタイミングで韓国の美を辿る旅P195 茶名人シンガンス先生の高山茶をいただきました。
DSC08776.jpg
こんな可愛いの・・

韓国のお土産だと思ったら、これが、ちがうんですぅ~~ 
日本で買うことができるんですね。これ。
でも、添付のパンフレットには、間違いなく、シンガンス先生のお姿。DSC08778.jpg

私一人、お茶を楽しむときは急須をつかわないで、これ使います。
DSC08779.jpg
DSC08780.jpg
カップを温めて・・・茶葉とお湯を入れて~
DSC08781.jpg
湯気、立ってるの、見えますか?
DSC08782.jpg
お茶葉がひらいたら、中を取り出して蓋の上に~
DSC08783.jpg
ヨンジュンも味わったお茶だと思えば、特別な味
DSC08784.jpg
ヨン杯目も美味しく、5杯目まで楽しんで、茶の葉はチャーハンの具に使ってって
ECOですよ~

美味しくいただくためのレシピには、「味を楽しむ」「清々しさを楽しむ」「気軽に楽しむ」方法と、
もうひとつ 「お好みの入れ方で楽しんでください」と紹介されてます。

〝無農薬、肥料は愛”の茶とペヨンジュン、自分流に楽しんで OK!
サプライズツアーだとか騒がしいですが、ぺヨンジュンは少しもぶれてない(と、思うよ~)

貴重なお茶をありがとう~

シンガンス先生の高山茶は Miki-Tea Works

Single Life BYJ

これ、めちゃ、面白い・・・


from Naomispygame thanks!

もう~ ヨンジュン・・ せつないし~   

Winter Sports

バンクーバーオリンピックは、終わってしまったけど~



ペヨンジュンに不可能はない!(かな?)

そして、これは、もう一回見たいと思っていたフィギュアのエキシビション、
barbieさんが、探してくれました~

2006年年末のメダリスト・オン・アイス あんこさん情報です。感謝

 

肉体改造

History Of Baeyongjoon 肉体改造トレーニング
懐かしい~~2004年、あのトレーニング中の精悍なペヨンジュンです。

tore-n 004_0002
tore-n 004_0003
tore-n 004_0004
この顔と・・・この身体のギャップに戸惑ったんですよね~私。
tore-n 011_0001
tore-n 012_0001
すみません~何のトレーニングをしてるか?よりも、この横顔です
tore-n 015_0001
tore-n 015_0002
tore-n 015_0003
tore-n 023_0002
手のひらの堅いマメと柔らかそうな髪(本当は堅いんだって~触ったことなから、見た目だけ!)
tore-n 028_0001
tore-n 028_0002
tore-n 031_0002tore-n 033_0001
tore-n 034_0001
tore-n 034_0002
ノングラスの時は、もっともっとズームアップして~~
tore-n 040_0002
tore-n 046_0002
tore-n 046_0003
体脂肪3% 一鶴の〝親鳥”よりも堅いニクなんだ・・
tore-n 048_0001
tore-n 052_0002
tore-n 054_0002
tore-n 054_0003
tore-n 054_0004

JPの本『100Days』付録のDVDの映像と同じようだったから、久しぶりに『100Days』を取り出して見て、驚いた・・ あのDVD、私の記憶にヨンジュンの姿だけ刻まれていたのに、JPの部分が多かったのね。記憶って、都合よく編集するんだね~
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。