FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もよろしく~

 新年、おめでとうございます・・・・と、一応、紋切り型のご挨拶を・・・

韓国では、西暦での正月休みは、フツーの休日とあまり変わらないから・・
なので、ホラ、冬のソナタでチュンサンが大晦日に事故にあって、ユジンが何も知らずに登校したのは、その次の日、つまり、1月1日、元旦ですよ。
そう~お正月だけど登校してるんですね。普通だと1月1日は休日だけど、受験生だから(?)登校日だったんですよね。
ここんとこ、日本と違うからツッコミたいとこでした。

あ~脱線、冬ソナの話じゃなくて、今年は今のところ~ぺヨンジュンから、何のメッセージも無かったね~
と、呟きたかっただけです。
有料サイトでだけ、マネジャーからの新年の挨拶があったけど、本当に挨拶だけ・・
公式には何もなくて寂しかったね~

2007年には、日刊スポーツに、ヨンの直筆でこんなの あったし・・
作品のないときは、こういうのもないから、ツマランねぇ・・

akemasite.jpg

あなた待つのも松の内・・・(← コレ意味わかる?)
正月あけには、なんか情報がないでしょうかと、↑の写真のような薄日の希望です。

こんなの引っ張り出してみてました。今も昔も、同じこと言ってたんだね・・と思う



 ナレーションは、だいたい、こんなこと言ってるよ・・くらいです。

日本の熱烈なヨン様シンドローム 
韓流熱風の主役 第一弾、ペヨンジュン!

94年ドラマ愛の挨拶で名が売れたペヨンジュンは若者の日向でチョンドヨンのボーイフレンドとして出演し、視聴者を柔らかな微笑のイメージで虜にして、その後、イヨンエと共演したミニシリーズパパで主演し、初恋でタフガイのイメージに変え、ホテリア 冬のソナタでトップへと上りました。

韓流スター・ペヨンジュンを送り出すきっかけとなったドラマ冬のソナタでは、事故で失った記憶と初恋を再び取り戻す男性だったんですが、放送開始と同時にペヨンジュンのパランモリ(風に吹かれたようなヘアスタイル)眼鏡、マフラーに至るまでペヨンジュンを真似る男性たちで、ペヨンジュンシンドロームを起しました。

さあ、ならば、何がペヨンジュン熱風が吹かせたのか、ペヨンジュンさんの魅力を分析してみました。

ペヨンジュンの名前を聞けば、まず、思い出すのが、秀麗な目鼻立ちと柔らかな微笑みなんですが、立派な身体を隠しているのをご存知でしょうか?
鍛えられた身体、勤勉な姿、どんな男性もかなわないペヨンジュンさんの魅了をサクッとご紹介します。

俳優ではなく人間としてペヨンジュンの話をすれば、誰よりも優しく思いやりがあるという話を皆が常に口を揃えて言います。
スタッフ達も共演者たちも、ペヨンジュンの性格をそのように言います。
ペヨンジュンさんはいつも共演の女優たちや周囲で働くスタッフだけでなくファンたちでさえも、家族のように信じ細かい心使いをします。

<イジョエン監督> 映画を撮りながら、真面目でひたむきに取り組み、常に話合って良い演技が出来るように努力していたし、とても誠実な仕事ぶりでした。

このように気を使う性格のために、スキャンダルな報道に悲喜こもごももありました。
冬のソナタで共演したチェジウさんとのスキャンダルもありましたね。
(この後の恋人騒動の新聞ネタが続きますが、カッ~ト)

どんな作品でも充分に選択することが、高い演技力を認められるのに役立っているようです。
絶対に媚びることなく、自分自身のイメージに合わないなら、どんなに良い作品でも拒否するのも作品が少ない理由のひとつです。
映画界からの多くのオファーを受けてきたけれど、「まだ、準備が出来ていない」と断ってきました。
また、有名なスター達とトップスターの座に座りながら、ドラマごとに充分な準備時間があったでしょう。
そんなペヨンジュンさんの魅力は増すばかり、10年もの間、変わらず愛されて続けてきました。

(このフレーズを聞くと、今では、ためいきが出るわ~

そして、デビュー後10年たってやっとペヨンジュンさんが選択した映画は、歴史悲恋物語です。ペヨンジュンが朝鮮時代の男女を描く映画スキャンダルで、もう一度新人として戻ってきました。
トレードマークの眼鏡を外し、体格も痩せて臨み、百相芸術際で新人賞も受賞する栄誉も受けました。

<BYJ> 初心を忘れずに、一所懸命努力します。そして、いつも変わらず愛してくださり可愛がって下さる皆さん、皆さんを失望させないようにします。
本当に新しく始めたような気持ちです。これからも一生懸命にやらなくちゃと思います。


ドラマではなく映画で久しぶりに新しい姿を見せたペヨンジュンさん。
日本で冬のソナタの人気が出て、日本のファン達は、なぜかヨンサマという名で呼んでいます。
ヨンサマを愛する日本のファンの心は韓国のファンに劣らず熱いんです。
冬のソナタに関連した作品だけを扱うインターネットショッピングモールまで出来るほどです。

デイビットベッカムをしのぐ人気に、放送局と日本のファン達と大騒ぎになりました。
<BYJ> あ・・昨日から待ってくださってる方もいらっしゃるとか・・

黒いサングラスをかけて立つペヨンジュンさん、ファンへ手を合わせて応えましたが、目の前の光景が信じられないようでした。
ぺヨンジュンさんがリムジンで外へ出た瞬間、ファン達は一目でも見たいと平静ではいられずに騒ぎになったのも当然の成り行き、うなずけますね。

韓国ドラマでアジアの人気を得た俳優ペヨンジュン、韓日両国の国民俳優・ペヨンジュンさんの絶え間ない努力と新しい姿を期待します。

努力はもう、いいかげんにして・・目新しくなくてもいいし~ パリパリ・・・

今年も変わらず、このように愚痴ります。ヨロシクね~~

スポンサーサイト
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。