スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨンジュンの夢

イヒョゼさんが、初めてヨンジュンにあった日に

「あなたの夢は何?」とヨンジュンに尋ねたそうです。
200808261324581001_1.jpg
(お写真は、お引越しの日?)


ヨンジュンは「農業をやってみたい」と云ったそうです。

実は、農業をしたいという夢は、ヒョゼさんの夢でもあったんだそうです。
それで、初対面なのに意気投合して、一気に打ち解けたんだそうです。

農夫になったら、こうしたい、ああしたい・・
私も、こんなことしようと思ってるの!

という具合に話が弾んだのね~ そっか~って遠い目になりそうでしょ 

2008082613245810.jpg
(御主人のイム氏がピアノ演奏してホームパーティ・・住む世界が違う人だ・・やっぱ)


俳優ヨンジュンは農夫になってしまうのか?と心配になる人も多いけれども、
私は、このお話をヒョゼさんから聞いて、逆に安心したんです。
あ・・夢よね!って。

だってね、私と同年代のヒョゼ先生が、まだ、夢の農婦になってないでしょ。
まだまだ当分、有名デザイナー&カリスマ主婦として活躍されるでしょ。
そして、世界に向けてポジャギアートをもっと広めたいと野心も持っておられる。

ヨンジュンも韓国発のコンテンツを世界に認められるレベルにしたいという夢も持ってるし、
韓国の美を日本をスタートして世界中に発信していきたいでしょうし、

ね・・だから、上手く言えないけれど、ヨンジュンが農夫になるのは、ずっとずっと先。
もう少ししたら、俳優のお仕事にバ~ンと突入するわ~って信じてます。

1257595997.jpg

ヒョゼさん:私ね~ 本を書こうと思うの。

ヨンジュン:ね~(はい)

ヒョゼさん:ベストセラーになるわ、きっと。

ヨンジュン:ね~(はい)

ヒョゼさん:タイトルも決まってるの

ヨンジュン:ね~(はい)

ヒョゼさん:タイトルはね~私だけが知ってるペヨンジュン

ヨンジュン:ねっ(はい

20091110-15E99F93E59BBDE69785E8A18C_604.jpg
甲冑もエプロンも似合う男を愛したら、かなり、振り回される~~

スポンサーサイト

高知の日曜市

ナンピョンが高知に鍋焼きラーメンを食べに行こう!と言い出して・・
高速道路  わざわざ、山越えて行く~ついでに、日曜市

高知城の見える通り・追手筋に1キロちょっと500以上のお店が並んでます。

DSC08345.jpg
DSC08342.jpg

野菜、海産物、金物、お菓子、手芸品、骨董品、植木、なんでもあって見るだけで面白い!

DSC08335.jpg
DSC08339.jpg

かに・・・
DSC08341.jpg
 
高知特産の珍しい野菜にも遭えます。赤いのも白いのも、真っ黒いのも大根
DSC08336.jpg
赤い大根とつくね芋、しょうが、ねぎ、ゆず酢、佛手酢、手当たり次第に買う!
yasaiitiba.jpg

な~んか、どっかで見たことある人だ~と、通り過ぎて気が付いた。
なんで、ここに?高知県の出身だそうで~ 何か、イベントの下見に?
ヤマモトカンサイ

買ってきたつくね芋で・・ねぎ焼き。
DSC08357.jpg
摩り下ろして、少しの出汁と卵混ぜて焼いただけ、鰹節と醤油をかけたら結構イケる

ラーメンの写真はね、ありません。ウエナミョン・・気が変わってイタリアンにしたの~

キャプったけど・・

sarahさんのリクエストに応えて~ピンボケなのにアップします。
twssg24a 007_0001s-1
twssg24a 007_0002s-1
twssg24a 007_0003s-1
twssg24a 007_0005s-1
twssg24a 007_0006s-1
twssg24a 007_0009s-1
ここじゃないのよね? ここよね? 
twssg24a 007_0012s-1
twssg24a 008_0004s-1
twssg24a 008_0005s-1
twssg24a 008_0006s-1
twssg24a 008_0012s-1
twssg24a 008_0014s-1
twssg24a 008_0015s-1
twssg24a 008_0016s-1
twssg24a 008_0017s-1
あの~キリがないので・・・

ちょっとだけ、タムトク

今日、思い立って、早めに大掃除しよか~とね。
いや、家じゃなくてそろそろ、Kのやさい市場を閉鎖しようかと思ったんです。

で、その前に、過去記事を見てたら、そこに、
太王四神記の撮影開始を待ってた私や、放送開始を喜ぶ私がいて、
高句麗の王様になって頑張ってる俳優ぺヨンジュンがいて、
熱く応援してるヨンジュン家族がいて、

200911281yasai.jpg


懐かしくて、ちょっとしみじみして、お掃除できなかったわん!
結局・・・・そのままにしてきた。

newFiletanndoku.jpg


昨日、岩山漆芸美術館のことで、メッセージをくださった盛岡市にお住まいの家族の方
え?私のこと?って思ってるあなた、あなたのことです~~

盛岡市民として、この問題にヨンジュンを巻き込んでしまったことを、申し訳なく思っていらっしゃるって

あのね~ あなたが、申し訳なく思うことなんて、
微塵もありませんよぉ~


それより、すぐそばにヨンジュンがいたのに気がつかず、一瞬もヨンジュンに遭遇できなかったということを、
私、一緒に、ものすご~く悔しがっています

盛岡市に住んでるから、分かることがあるって・・
でも、盛岡に住んでるから、それを表に出せない。

けんちゃな!皆さんのコメントにもあるように、ヨンジュンは大丈夫です。
メッセージをありがとう~ 私もします。

でも、忘れないでね~
外野席にいる家族も、内野席にいる家族も、同じ人を応援してるってこと~

みじか~いMVを作ってみました。(MVと云えるか?)


岩山漆芸美術館

ペヨンジュンを通じて知った漆のこと、全龍福先生のこと、岩手県のこと、盛岡市のこと・・・

岩山漆芸美術館と全龍福先生について、先日から、とても心配な報道がされています。
その報道で心を痛めて、私にメールや秘密コメントをくださった皆さん、私も同じようにへこんでます。
ペヨンジュンは今度の報道をどのように聞いているのかと思えば、もっと辛くなります。

私には報道される以上の事は、何にもわかりません。当然、情報源はマスコミだけです。
けれども、私はメディアで報道されることが、すべて正しいとは思ってません。
例え、新聞に掲載された記事でも、ニュースキャスターの発する情報でも、常に真実を伝えているとは限らないことを知っています。
〝マスコミの報道を鵜呑みにしてはいけない”という事は、ペヨンジュンの家族になってから、何度も何度も、悲しい思いや悔しい思いをして学習したから、ハッキリと云えます。

関係者が多ければ多いほど話がこんがらかって、真実が見えなくなることも確かです。
全龍福先生と盛岡市と各界関係者との間にある見解の相違、思惑、利害なども当事者にしか核心に触れることはできないでしょう。

だから、黙って、事のなりゆきを見ているしかないのですけど、ただ、思うのは・・
全龍福先生は芸術家。事業家でも政治家でもなく芸術家。
それなのに、才覚あふれてバイタリティーもあったものだから、守備範囲を大きく超えて何もかも、ご自身で処理しようと無理なさったんじゃ?
全龍福先生には、ペヨンジュンに信頼されるアボジでいてほしいです。
伝統を守る芸術家として、活躍していただきたいです。






岩山漆芸美術館のHPからコピペして持ってきました。


~岩山漆芸美術館、全龍福館長に関する報道について~

岩山漆芸美術館、全龍福館長に関する報道についていつも岩山漆芸美術館をご支援して頂いている沢山の方々には、最近の色々なメディアの報道でお騒がせし、ご心配をお掛けして本当に申し訳御座いません。

全龍福館長は盛岡市の依頼を受け2004年に岩山漆芸美術館を開館し、援助を受けることもなく一生懸命守ってきました。美術館が長い間使われてなかった為、開館するにあたり、内装工事から作品作りなど、全て全龍福館長の資金で行いました。韓国人とか日本人とかではなく岩手県人、盛岡市民としてこの地域を愛し、自分に漆の魅力をもっと深く知らせてくれた日本、そして岩手に感謝の気持ちを込め、この地域に役に立つ美術館にしたい、岩手を元気にしたいと言う気持ちで今まで美術館を守って来たのです。

ホームページにこの様なお話を書くことを迷いましたが、メディアには毎回どんなに訴えても事実とは異なる事を書かれてしまい、これでは美術館を応援して下さる方々をもっと心配させてしまう事になると言う思いで、この様に美術館の立場をご説明する次第で御座います。

誰の支援もなく、全龍福館長、個人の収入で4千坪にも及ぶ美術館を経営していくことは並大抵のことではありませんでした。それでも、何とか岩手の素晴らしい文化が残っている岩山漆芸美術館で、日本の漆芸術を沢山の人々に知らせたい、そして何とか日本と韓国の友好にも役立ちたいと言う気持ちで頑張ってきました。この気持ちは今でも変わりが御座いません。しかし、経済的に大変なのは事実でありますし、盛岡市に返済しなくてはいけない賃貸料があるのも事実です。この為私達の意志とは別に事態によっては、3月末をもって美術館から撤去をしなくてはいけなくなりました。

2004年オープンの時から今まで命を懸けて守ってきた美術館で御座います。全国から沢山の方々にお越し頂き、喜んで頂き、そして縄文時代から使われてきた日本の素晴らしい漆文化について知って頂いた美術館で御座います。今でもここで頑張って行きたいと、どんな形でも美術館を存続させたいと言う気持ちには変わりが御座いませんが、この様な私達美術館スタッフ一同の頑張りだけでは残念ながら力不足であるということを痛感しております。

また、仙台の会社社長関連の記事も皆様ご存知かと思います。全龍福館長がペ・ヨンジュンさんを利用して工事を受注して実際は工事は行わなかったと報道されております。全龍福館長は誰よりもペ・ヨンジュンを守ろうとしている人で御座います。しかし、あまりにも沢山の人々や団体がペ・ヨンジュンさんを利用しようとするため、そういう人々からぺさんを守るためにも当美術館を一緒に運営することにしていた、館長が代表を努める(株)オリエンタルトレジャーに出資をすることも中止させました。こういう全龍福館長がペ・ヨンジュンさんを利用し、工事を受注したと言う事は事実無根で御座います。ペ・ヨンジュンさんが美術館を訪れた後、工事を頼んできたのも仙台の会社の社長です。契約金を頂きましたが、閑散期になるまで工事は待ってて欲しいと頼まれたため着々と準備だけ進めておりました。それが一方的に工事を取り消しにされ、頒布会を行って契約金を返却しようとしていたところに、あの様な記事が出でしまい、私達一同は唖然としております。これは、美術館を応援して下さった方々のためにも名誉棄損として訴え、私達の無実を証明するつもりで御座います。

なお、何とか賃貸料を返済し美術館を存続させたいと思っておりますが、それは私達だけの気持ちだけでは存続する事は出来ません。今、一番心配をして下さっているのは友の会の皆様だと思います。有効期間が1年と言うことで申し込んで頂きましたが、私達の望みが叶わないこともあるかも知れない現状です。友の会の方々にお送りした漆の作品を受け取った方も、まだ受け取ってない方も、ご希望の方には全て1万円の入会料をお戻しいたしますので、ご連絡くださいませ。作品はお返し頂かなくても結構です。

新聞で何を書かれ、何を報道されてもこの美術館を応援し、全龍福館長を信じて下さっている方々に、この場を借りて感謝の気持ちをお伝えします。また、ご心配をお掛けして本当に申し訳御座いませんでした。 何とか頒布会などをして資金を作り頑張って行きたいと思います。なお、予定通り韓国文化院での展示会は行いますので、機会が御座いましたら是非足を運んで下さいませ。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

今後とも岩山漆芸美術館に暖かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

ペヨンジュンのためにも、私は信じたい。けれど・・   早い解決を望みます

勉強のつもりです

KOBに' Seal the Deal' の全文を 처음사랑끝까지様がアップしてくださってました!
感謝です。英語にも日本語にも、ちゃんと翻訳されたものが挙がってますね。

私の耳では聞き取れなかった部分も분명합니다(明白です)

文章になっていたら楽勝です(でもないけど・・)
読み返して、訳しなおします。これは、私のブラッシュアップのために~

kyaputenQさん、きなこkinaさん、Mismさん、初め、此処から持って行ったみなさん、
ごめんなさい、お手数書けます~~正しいのと差し替えてくださいね。
・・・・もう、他でみて訂正済みなら、ほっ・・です。

夕べの訳は恥ずかしいから、削除したいところですが、なんつーか、勉強してる姿として、
私のヒアリングは、この程度ってことで、恥もかきぃ~の、単語もおぼえ~のとします。


당신이 어디에 살고 있던 지구가 보내는 경고의 메세지는 분명합니다
날로 심각해지는 기후 변화로 우리는 감당할수 없는 짐을 지게 될것입니다..
지구의 온도가 상승하면서 극지방에 빙하가 녹고
해수면이 높아져 수백만명이 위험에 처해 있습니다


貴方が何処に住んでいようとも、地球が送る警告のメッセージは明らかです
ますます深刻になる気候変化で、私たちは手に負えない荷物を背負うようになるでしょう.
地球の気温が上昇すれば極地の氷河が溶け、海水面が上昇し、数百万名が危険に晒されます。


과학자들은 경고합니다
지구의 온도가 최소 2도만 상승하여도 지구생명체의 대 멸종이 일어날것입니다
2025년이면 일류의 3/2가 물부족 지역에서 살게 될것이며
수백만 기후 난민의 강제 이주가 현실이 될것입니다


科学者たちは警告します
地球の温度が最低2度だけ上昇しても、地球生命体の大絶滅が起きるでしょう
2025年なら生き物の 3/2が水不足地域で生活することになるし
数百万の気候難民の強制移住が現実になるでしょう


우리는 다음 세대에게 질병 가뭄 기아라는 유산을 물려줘야할지도 모릅니다..
기후 변화는 현실입니다 지금 이순간에도 진행되고 있습니다.


私たちは 次の世代に疾病、日照り、飢餓という遺産を残すことになるかもしれないのです。
気候変化は現実です。今、この瞬間にも 進行しています.

우리가 배출하는 온실가스는 현재 최고치에 달했습니다
반기문 유엔 사무총장은 기후 변화를 21C 일류의 최우선 과제로 정했습니다


私たちが排出する温室ガスは、現在、最高値に達しました
バンギムンUN事務総長は、気候変化を 21C 協約を最優先の課題で決めました。

그리고 2009년 12월 덴마크 코펜하겐에서
지구의 미래를 결정하는 기후 변화 협약 당사국 총회가 열립니다
이곳에서 각국 지도자들은 새롭고 장기적이며 효과적인 기후 변화를 논의 할것입니다.


そして 2009年 12月デンマークコペンハーゲンで
地球の未来を決定する、気候変化協約当事国総会が開かれます
ここで、各国指導者たちは、新たに長期的で效果的な気候変化を論議するでしょう.

코펜하겐에서 기후 변화 협약을 마무리 짓자는 'Seal the Deal' 캠페인은
협약의 체결을 염원하는 지구촌 모든 사람들이 서명을 기다리고 있습니다..
아프리카에서 부터... 유럽... 그리고 아시아에 이르기까지 'Seal the Deal' 캠페인은
지구촌 모든 이들의 의지를 한데 모으고 있습니다..
전문가뿐만 아니라 전세계 사람들이 하나뿐인 지구를 위한 기후 협약에 필요성을 깨닫고 있습니다


コペンハーゲンで 気候変化協約を決定しようという 'Seal the Deal' キャンペーンは、
協約締結を念願する地球村の全ての人々の署名を待っています..
アフリカでから...ヨーロッパ...そしてアジアに至るまで 'Seal the Deal' キャンペーンは
地球村すべての人々の意志を一つに集めています。
専門家だけではなく全世界人々が、たったひとつの地球のために
気候協約が必要だと気がついています

새로운 협약은 녹색성장과 지속가능한 저 탄소 경제를이끌것입니다..
우리의 서명으로 완성되는 'Seal the Deal' 캠페인은 정책 결정자들을 움직이고
전세계 ngo 미디어 기업 그리고 일반 시민들에게 서명에 동참할것을 촉구하며
기후 변화와 코펜하겐 회의의 중요성을 알리고 있습니다


新しい協約は、緑化成長と持続可能な低炭素経済も導くでしょう。
私たちの署名で完成する 'Seal the Deal' キャンペーンは、政策決定者たちを動かして
全世界のNGO、メディア、企業そして一般市民たちにも署名に同参することを促し
気候変化とコペンハーゲン会議の大切さを知らせています

코펜하겐 회의의 성공은 다음 네가지 사항에 달려있습니다...
첫째 선진국들이 적극적으로 온실가스 감축 목표에 동의하고
둘째 개발도산국들이 온실가스를 줄이기위한 계획을 실천하며
세째 기후 변화의 피해자인 가난한 나라들이 기후 변화에 대응할수 있도록 기금을 조성하고
마지막으로 이 기금이 공정하고 효율적으로 쓰일수 있도록 보장하는 것입니다.


コペンハーゲン会議の成功は、次の4項目がもたらします。
ひとつ、先進国たちが積極的に温室ガスの削減を目標に同意して
二つ、発展途上国たちが、温室ガスを減らすための計画を実践して
三つ、気候変化の被害者となる貧しい国々が、気候変化に対処できるように基金を造り
最後に、この基金が公正で効果的に使われるように保障するのです。


그렇다면 우리가 할수 일은 무엇일까요
지금 Seal the Deal 홈페이지에 접속하여 캠페인에 참여하세요...
그리고 서명하세요.. 우리의 서명이 일류의 역사를 결정지을것입니다..
우리는 변화를 만들수 있습니다...
우리의 아이들에게 희망이 있었던 순간에 아무것도 하지 않았다고 이야기 할것입니까?..
Seal the Deal.. 당신의 서명이 지구를 살립니다..


それならば、私たちができることは何だろうか?
今 Seal the Deal ホームページに行き、キャンペーンに参加してください
そして、署名してください。 私たちの署名が協定の歴史を決めるでしょう。
私達が平和を作ることができるのです。
私たちの子供達に希望がわいた瞬間に、何もしなかったという話をしますか?

Seal the Deal.. あなたの署名が地球を救います。


すみませ~ん、やっぱり、私の意訳になってます~~ けど、↓よりは、マシです。

Seal the Deal

Seal the Dealキャンペーン
107114_l.jpg

ヨンジュンのナレーションを、uraraさんが訳してとリクエストくださったけれど、
このヨンジュン、力強くて早い・・・
地球環境保護に関心の大きいヨンジュンだから~ 
訴えが心に響きます。インパクトがある!





貴方が何処で暮らしていようと 地球が送る警告のメッセージは明らかです。
私が深刻に危惧して広めたいことは、私達のかけがえのない家を守りたいということです

地球の温度が上がれば、地盤が水面より下がり水に浸かってしまう土地が数百万平米になることでしょう。
科学者は警告します
地球の2度ほども温度が上がれば、地球の生命が終わることになるだろう
2015年、現在暮らしてる場も砂漠化の被害が広がり、数百万キロの干ばつが進行することになるのだ。
私達は、次の世代へ疾病、干ばつ 飢餓などを残すことになるかもしれないのだ。

危惧は現実です。今、この瞬間にも破壊が進んでいます。
私達が吐き出す温暖化ガスは、現在、環境を破壊しています。

パンギムンUN事務総長は、気候協約を締結するよう訴えます。
そして2009年12月デンマーク、コペンハーゲンで地球の未来を決定する気候協約を提案します。
そこでは、各国からの指導者たちが新しく決定した効果的な協約に同意することになるでしょう。

コペンハーゲンで気候協約を守るためにSeal the Dealキャンペーンに署名を始めるでしょう
地球環境保護に関心を持ってる全ての人の署名を待っています。
アフリカからも・・ ヨーロッパ・・・そしてアジアの国々まで
Seal the Dealキャンペーンを広げて啓蒙しています。
著名な人達ではない全世界の人たちが、たった一つしかない地球を守るために行動を起しています。
新しい協定は、歴史的に悔いを残さないよう環境破壊を止める場になるでしょう。

私達の署名した完全なSeal the Dealキャンペーンは、全世界の指導者達を動かし、
全世界のNGO、メディア、そして一般市民に署名に同意するよう求め、
記憶に残るコペンハーゲン協約になるでしょう。

コペンハーゲン協約が約束する方法は、たった四つがあります
一つ目は 先進国が進んで温暖化阻止の目標を守る、
二つ、バルト3国は温暖化ガスを排出しない
三つ、気候変化で最も大きな被害を受ける貧困国を援助するための基金を作る
最後に、気候変化被害国のために基金を効果的に使えるように保証することだ

それならば、私達が出来ることは何だろうか?
今、Seal the Dealページに行きキャンペーンに参加してください。
そして署名してください。私達の署名がこの事業の歴史を決定することになるだろう。
私達が平和を作ることが出来ます

私達の子供達に希望を与えるこの瞬間に、何もしなかったと云う話をされますか?
Seal the Deal 貴方の署名が 地球を救います。


私の実力では、知らない単語、間違い、聞き漏らしが多くて~この程度しかできません。
だいたい、こんなことを云ってます・・ってくらいで許してくださいね。


Seal the Dealキャンペーン の署名エンブレムを取得しました。
右のフリーエリアの上、エンブレムをポチしたらHPにも飛べますが、
カーソルを動かせば署名欄だけがあります。
メールアドレス一個につき、一回の署名ができます。
ヨンジュンのナレーションに感動したら、ポチっと、どうぞ~ 

後姿のペヨンジュン

고창 선운사 (高チャン群 仙雲寺) 
写真&文 가을여자様 Blogより ~byjgallery 권오경 님~
(가을여자さんだけど、KOBの秋女さんとは別人ですよね?)
BCB1BFEEBBE7_026_keun0927.jpgBCB1BFEEBBE7_027_keun0927.jpg
わが国の古寺のひとつで有名だし行ったこともあるけれど、知り合いの兄様が山岳会をするからと、ずっと前から17日をあけておく約束をしたので、キムジャンやテレビやらでくたびれた身体を、引きずっていかなければならなかった。
いつも眠れない夜のため用意してる風邪薬を飲んで寝たからか?
寝耳に響く電話の音にむくっと起きたら、6時30分!
到底 行くことができあに状況だわ。
歯と顔に水だけで済ませて駆けて、行く途中の電車の中でルージュだけ塗って到着した時間7時5分!
それでも、対面は守ったね!
くたびれた身体に押し寄せる疲労感は私もどうしようもなくて、すぐに爆睡。
私が眠ってる間に着いたけど、冷たい天気のせいで山行きは夢にも見られないくらいで、仙雲寺に行くことにした。
冷たい風が頬を差すようにきつい風が吹いた。

仙雲寺に行く途中で ペヨンジュンと某モデルが広告撮影をしていた。
寒いのに!
お金儲けも簡単じゃないと思う。
集まってた日本のファン達は寒くないのか、この遠い路を駆けつけて来て、ペヨンジュンを見守っていた。最後に残った紅葉が美しい。
大変だったけれど、それでも来た甲斐があった日だ。
初めて見たと 私達を気難しくやたらと取り締まる男たちったら まったく!
チッチッ・・
 (やさいの意訳です~)

2009-11-24_113B463B30.jpg
2009-11-24_113B463B38.jpg
寒そうですぅ~ モデルのお仕事には当然、ギャラが発生してるし、そういう仕事をして、スタッフを養ってるわけだし、決して、ヨンジュンの仕事が金銭に関係ないなんていいませんが、「金儲けも簡単じゃない」というストレートな感想を目にすると、気持ちが寒くなるし・・・
また、ここにも見に来てるファンがいたってことにもです~

このあと、茗荷渓茶屋で竹露茶とクッグンソブさんのパンソリを楽しめて、よかったね

 国立博物館のヨンジュン&館長さんの写真(を撮った写真・・笑) by つぶあんぱんさん
DSC07318.jpg




冬の桜

東洋のマチュピチュとか・・話題になってた別子銅山跡に冬桜、咲くんです。
天気も良かったから~
DSC08318.jpg

冬桜
DSC08323.jpg
花の向こうに見える?トロッコ電車の線路。

DSC08324.jpg

坑道口跡
DSC08327.jpg
鉄橋にトロッコ電車が走ってるけど、見えない?
DSC08329.jpg
DSC08328.jpg
DSC0832514.jpg

ヒョゼさんのインタビューも~



自然主義生活。。。。自然を楽しむ生活。。。だったら、まねることが出来るけど~~

お詫びと訂正です~   16日記事「キムジャン記念日」へのコメント欄で、私、『ヨンサマブラウスは、ヒョゼ先生のお母様がヒョゼ先生のために作られたので・・・』と書いてますけど、ブロコリマガジン12月号にも、『母から譲ってもらった30年の歴史をもつ布で作った』と書かれてますし~私の間違いのようです。
ヒョゼさん、みなさん、すみませんでした

ミョンガヘ茶店で

내가 만난 아름다운 사람 배용준 (茗荷蹊茶屋・국근섭様のスレッドより~やさい意訳)
私が会った美しい人 ペヨンジュン
IMG_1009.jpg
  

朝、外から電話があった.
数分後に、ベ・ヨンジュンさんが茗荷蹊、국근섭(グックグンソブ)さんに会いに行くはずだと・・..

誰ですか?

映画俳優ベ・ヨンジュンさん

町内のイチャン家に仕事をしようと来たけど、急いで茶屋の門を開けておき 
朝だから、寒いかもしれないから暖炉をつけておいた。.

しばらくして、高級乗用車を真ん中にし前後に何台もの車が護衛し、用心棒に案内されて、
すらりと背の高い、映画や,TVを通じてたくさん見て来た映画俳優ベ・ヨンジュンさんが、
車から降りて茶屋に入って来た。
嬉しく握手して あいさつを交わし茗荷蹊茶屋にお連れして、ズックロ茶はガフェさんが出した。.

ベ・ヨンジュンさんは、私たちの伝統茶が本当に好きだと云い、私が作ったズックロ茶(竹露茶)に対して質問してみたりして、茶に関する話をたくさんした。

IMG_0981.jpg
IMG_0996.jpg

忙しい撮影日程の中にも、片手間に彼が最近 直接書いた文と写真で作った本 “韓国の美しさをたどる旅”の 題目のように、潭陽ではグックグンソブに会って対話し、私が直接作った潭陽の代表的なズックロ茶 " 茗荷蹊ズックロ茶" 飲んでみて、 直接、体験してみたかったのだ。

お茶を飲んだ後、潭陽茗荷蹊ズックロ茶に対して、最上の賞賛をしてくれて、お茶も買って行ったんです。

ベ・ヨンジュンさんとスタップたちのために、私がパンソリ短歌、四季歌をお聞かせしたら、皆さん いいぞ~と云い、珍島アリランをするときに、ベ・ヨンジュンさんに太鼓を直接、打って見なさいと云うと
やらなかったら気兼ねするので、上手くやろうとしないで、太鼓に心だけ置けば、自然にできる事だと言って、彼が太鼓をとり、私が珍島アリランを歌い、上下隔てずに皆が一緒になった楽しい大同ハンマダン版になった。
umr.jpg

次には、時間があれば竹林に囲まれた茗荷蹊韓屋家でも寝てみたいと云い
いくらでもいらっしゃって、気楽に休息を取ってくださいと言った。
DSCN2052.jpg


南道文化 茶と音 風流がある茗荷蹊だけの文化の広場に、2時間近くアジア最高の俳優ベ・ヨンジュンさんと潭陽グックグンソブ、ガヒェさんと出会いは、心と心で通じあって、心のなかに美しく刻まれた。

本人が作った新刊本と、自分の写真にサインをして、私にプレゼントしてくださった。.

ハンサムで美男で華やかな映画俳優ベ・ヨンジュンさんより、私が会った人間ベ・ヨンジュンさんは、多感で親切で落ち着いた人だった。
何よりも我が文化に対して、大きな関心と眼目があって,知的で品があって、本当に美しさを感じて享受できる真の俳優だ。
mgh1.jpg
mgh2.jpg

-茗荷蹊茶屋で - 

souce:http://cafe.daum.net/sososun/8C0J/260 국근섭(선재)님
BYJGallery Style님 感謝します。

PS クッグンソブさんの감성무  で視聴できます。 
初め舞台が暗いけど、待っててネ すぐ、はじまるから~

冷たい夜

清渓川
ランタンフェステバルで、色とりどりに飾られた清渓川、普段、夜は 真っ暗 です。
2009-1112-2.jpg

韓国美ツアー初日の夜、解散になったのが、9時ころだったんです。
遅い時間だったけれど、夜はこれからヨンってことで・・
私達3人は、東大門に行き、韓服の生地だとか色々買いものしまして・・・
すでに、11時半を回っていたんです。
DSC07994.jpg

東大門のミレオネから地下鉄の駅に向かってるときに、
Tomちゃん、あんぱんさんが『清渓川の川沿いに歩いたことが無い』って言うもんだから~
じゃ、川沿いに地下鉄1駅ほど歩きましょって、真っ暗の川べりに下りたんですね。
物好きですね~

チョンゲチョン
    この地図の14番から13番くらいまで歩いたところで、11時50分ごろね・・
「12時に消灯しますから、川べりを歩いてる人は速やかに上がってください」と放送があったんです。 

それで、川の向こう側の階段があったので、清渓川を渡ろうとして・・
飛び石を ぴょン ぴょン  どぼん 落ちたんです、私!川に~

流れは速かった!底はすべるし、慌てる友達の声は聞こえるけど暗いから、見えない
私の片手にはトートバック、片手に東大門での戦利品の入った紙のバック。
私は、痛いとか、冷たいとかよりも~ただ、恥ずかしい

早く水から上がろうと 焦る 焦る。焦る。あせる~~

その間、5分も無かったようだけど、、悪夢は長い時間かかったような気がする。
やっとの思いで水から上がって・・・暗闇のびしょ濡れ女!

でも、凄いんです私。(自慢して如何なるモンでもないが・・)
お尻から下はびしょびしょなのに、買ったものを死守してた。全く濡らしてない

バックの中のカメラやパスポートも全部、セ~フ!

しかし、こんなに 濡れてては、地下鉄には乗れない
しょうがないから、何食わぬ顔して・・、タクシーでホテルまで帰りました。 チングよ、すまん

降りるとき、タクシーのシートがぬれてるから、ハンカチでさりげなく、ぬぐって~

あの・・「客が降りた後、シートがぬれていた」という怪談 の真相は、
もしかして、こういうドジの話だったんじゃないか?

紙のバックに入っていたのは、姪の1才になる子供のためのドレス。
親戚の婚礼で、着せようと思って買ったドレス。
には、このようにして濡らさずに持って帰ったとは話しません。話せません。

じゃ~ん! このドレスを見せたら、叔母ちゃまの株は
DSC08306s-1.jpg濡らさなくて、良かったよぉ~


清渓川 歩くなら 明るい昼のうち。

気をつけよう、暗い川辺と両手イッパイの買い物袋。 

オソマツ・・

ほんわかさん 栄光の架け橋MV、再アップしました。
どうぞ~こちらから見てください。
覚えていてくださって、嬉しいですヨン

景福宮 

もう、すっ飛ばそうと思ったけど・・DSC08193s-1.jpg

P290の“ヨンジュンに責任を追求された像”は何処に隠れてるか、見つけられなかったとmukuちゃん。
勤政殿の正面に向かって左かわの階段脇に居ます、この白虎
20091109mori.jpg
後ろの建物の屋根に注目・・・ね?ここです。 責任を追求しましょう~

慶会楼
20091109mori2.jpg

p265の世宋大王がハングルを考えた集賢殿は慶会楼の前にある修正殿のことだそうです。
ヨンジュンは慶会楼から撮ったのかな? 
DSC08221s-1.jpg

ヨンジュンの立ち位置を探して、走りまわる私とつぶあんぱんオンニとTomちゃん。
20091109-3s-1mori.jpg
立ち位置は見つけても、目線の高さが違う~~

<私はここから消えた王朝の悲運を思い浮かべる> p295

『韓国の美をたどる旅』を手にして、このフレーズを目にしたとき感じた言いようの無い息苦しさ。
10年くらい前に偶然読んだ 角田房子著の「閔妃暗殺」を思い出して。
DSC08214s-1.jpg

私は初めて景福宮を訪ねたとき、真っ先に、ずっと奥の方にある「閔妃遭難碑」を見に行ったんです。
でも、もう、ずっと前だから・・記憶があやふやです。今回は行けませんでした。
だから、何の説明もなくシルエットだけの塔の写真を見て、もしかして悲劇の建物、香遠帝ではと思ったんですが、未確認です。ガイドさんは故宮博物館の入り口だと言いましたが・・?

明成皇后(閔妃)殺害事件は、日本人と韓国人の間で話題にすることを、タブー視されていた事件です。けれども、”絶対に日本では放送されることはない”と云われたドラマ「明成皇后」も、最近、KNでやってたし・・

氷が溶けて春が来るように、ヨンジュンが暖かい陽射しになって、日韓の氷を溶かして春を連れてきたと思う。
なんて・・・歴史オンチの私も、景福宮で考えた。

ちょっと重い話になったから・・ BGMはため息のような promiseサックスバージョン

キムジャン記念日

私達がヒョゼさんの家に行った日のちょうど一年前、
2008年11月9日に、ヨンジュンチームのキムジャンが行われたそうです。
(追記です。「去年の今日」と、ヒョゼちゃん仰ったけど・・12月の間違い?かも・・)   

勝手に記念しよう~  キムチ記念日 

この味がいいねと 君が云ったから 11月9日はキムチ記念日 
                 (俵満智・サラダ記念日パクリ・・

ヒョゼさんの家は二件あります。 ショップとは別に寝に帰る場所。家の裏が岩山。
白い門扉のヒョゼ先生の家。DSC08292s-1.jpg

門をくぐって、すぐに目に付くのがキムチの瓶 瓶 
DSC08259s-1.jpg
一番大きい瓶が、昨年、ヨンジュンたちがキムチを漬けて土中に埋めてあった瓶。
今年の瓶と選手交代して、ここにありました。
DSC08280.jpg

ヨンジュンの松は、崖のテッペンにあります。この松の木の下で、ヨンジュンがゴシレをしました
DSC08272s-1.jpg
キムジャンの日、ヒョゼ先生は、用意した壷をヨンジュンに渡し、あの松のところまで登って
ゴシレをするように云いました。
ほぼ垂直に見えるくらい急です。だから、壷を持って登るのはとても大変です。
ヨンジュンは、しかし、大事に壷を抱えて長い足をうまく使い、男らしく、かっこよく 登ったそうです。
DSC08266s-112.jpg

ゴシレで願い事をすると、1年以内に叶うんだそうです。DSC08268s-1.jpg


もしも、ヨンジュンが結婚や恋愛について願っていたなら、もう叶わなくちゃいけないのに、
全く、その兆候が無いという事は・・
ヨンジュンは、ただ一心に、韓国美の本の完成だけを願ったんだねって。

ゴシレを終えて、ヨンジュンは、ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり、降りてきたそうです。
先生は、その様子を見て、落ち着いてて慎重な性格なんだなって思ったそうです。

けれども、本当はそのとき、ヨンジュンは足が痛くて崖の上り下りがとても辛かったという事を、
ヒョゼ先生は知らなかったんだそうです。

先生はヨンジュンが怪我したことなんか、このときまで知らなかったから・・・
太王四神記なんか見てなかったから・・・  (今夜、ちょうど17話だね。)
DSC08264s-1.jpg

ヒョゼさんは、一言、怪我でまだ足が痛いと云ってくれたら、何もテッペンまで登らせなかったのに、
そこに立ってゴシレをしても良かったのに・・・と、仰いました。

そして、何の云い訳もせず黙って、指示通りに登って降りてきたヨンジュンを、
改めて、なんと誠実な子なんだろう、なんと男らしいんだろう と思ったそうです。
DSC08281s-1.jpg

この家に集まって何かするとき、この黒板に、その日のテーマを書くそうです。

DSC08274s-1.jpg
キムジャンの日、ヒョゼ先生は、ここに 김치(キムチ)と大きく書いたそうです。
そしたら、ヨンジュンがその横に、親分 イヒョゼ、 子分 ペヨンジュンと、書いた

それで、ヒョゼさんはヨンジュンを『子分』と呼ぶようになったんだそうです。
子分っていう発音が面白いんです。こぽん・・DSC08275s-1.jpg

この床に、なが~い足を投げ出して、ペタンと座るんだって、ヨンジュン。
DSC08276s-1.jpg

ヒョゼ先生の家にはカーテンがありません。
山肌に囲まれてるから、外から覗くのは狸か小鳥くらい。
DSC08278s-1.jpg

ヒョゼ先生特製ポストカードに、
つぶあんぱんオンニが、サラサラとヒョゼ先生のイラストを書いたら、
ヒョゼ先生、目ざとく見つけて、大喜びされ
いきなり 炊飯器の蓋をあけて、ご飯ツブを指にとり・・
柱にぎゅ~っと練りつけ、ぺたんとポストカードを貼り付けた 
DSC08279.jpg

あんぱんオンニのイラストも素敵だけど、先生の咄嗟の行動も素敵
かわいい かわいい~

名残惜しく・・・あんにょん 

韓屋のオフィス

韓国の美をたどる旅 をテーマにしたツアーは、KeytoKoreaが企画してます。
KeytoKoreaのオフィスは、韓国伝統家屋の保護地域、北村嘉会洞の一角にありました。
朴ヨンハ主演のオンエアでは、韓屋をオフィスにするんだけど・・本当にあるんだ~こんなとこに!
DSC08154s-1.jpg
DSC08151s-1.jpg
DSC08152s-1.jpg

歩いていて気がついた!2008年2月末に、私、ここらへんで迷ったんですよ~
コーヒープリンス
のチェハンソンの家を探して・・
キムサムスンの家(でもあり、帰って来てスネさんの家)も、この辺です。
迷った道だと思い出したのは、この家を見て
この家は、思いっきりハイキックのオープニングに出てきた家、
DSC08155s-1.jpg
この家があるという事は~ランラン18歳にでてくる家も、近くにあるはず・・私は行ったはず・・・
方向音痴なので、もう、どこだか、わからない。

KeytoKoreaのオフィス
DSC08139s-1.jpg

DSC08150s-1.jpg
DSC08137s-1.jpg


スタッフさんたちが用意してくださった五味茶とソッピョンDSC08147s-1.jpg

マダンに柿の木DSC08144s-1.jpg

韓屋をオフィスにしているのって、かなり不便そうだけど、素敵です

北村の韓屋は景福宮や昌徳宮、宋廟の間にある伝統家屋保存地域です。
中でもカフェドンが最も美しい町並みだそうです。
ヨンジュンが泊まった友達の家がある三清洞、桂洞、苑西洞、仁寺洞のある地域は、朝鮮王朝時代、王族や高級官僚(両班)の居住地だったので、今でも高級住宅街です。
清渓川と鐘路の北にあるので北村と呼ばれるそうです。
DSC08158s-1.jpg

今回は、カフェドンだけ・・名残惜しいと想いながらテンコ盛ツアーは 
伝統芸能常設劇場のある光化門アートセンターへ向かうのでした~

ここは、今年4月にオープンしたばかりだから、まだ、知ってる人は少ないと思うんだけど・・
ここで、初めて生のパンソリを聞きました。舞台の横に英語、中国語、日本語のクレジットが出ます。
意味がわかると、阿波の浄瑠璃のようでした。
DSC08175s-1.jpg
公演が済んで、花朗のお見送り・・

夜は味噌料理専門店、テンジャンマウル DSC08176s-1.jpg

美味しいのに~~また、お昼のごっそのせいで・・食べられなかった!もったいない

精進料理 감로당 

二日目のお昼に連れて行ってもらった カンロダン すっごく美味しかったんです

お寺の料理をアレンジした自然主義健康食のお店です。
目にも美味しい料理です。 メニューも韓紙です
DSC08093s-1.jpg
DSC08103s-1.jpg
DSC08111s-1_20091115001210.jpg
DSC08119s-1.jpg

上品な甘み、辛味、美しい色彩、
この甘みは梨? このドレッシングは黒酢で? 俄か食客 

감로당 ' 중로구 화동 87-1

BYJ in 国立中央博物館

とっても広いです! 展示物を丁寧に見て回るには、まる1日でも足りないと思います。
そこで・・韓国の美をたどるツアーではヨンジュンを辿って館内めぐり。

DSC08002s-1.jpg

野外にも石塔や僧塔、石碑などの石造文化財などたくさん展示されてますが~
DSC08065s-1.jpg

ヨンジュンも展示されてます 
DSC08071s-1.jpg
DSC08074s-1.jpg

この塔は大きいので、私のカメラでは画面に入りきれなかった 友達が撮影です。
20091108-4s-1s-1.jpg

ヨンジュンと何を話していたの?と聞いてみたけど、返事はない。もしも返事があったら怖い
DSC08011s-1.jpg

ヨンジュンが覗き込んでいたのは、向こう側から・・ここからカメラマンさんがヨンジュンを撮ったね。
DSC08039s-1.jpg

とてもたくさんの展示物があるのですが、展示されているのは一部だそうです。
だから、展示物は時々入れ替わるそうです。ローテーション。
ヨンジュンが見つめた半跏思惟像と青銅金入糸蒲柳水禽分淨瓶は外出してました。
DSC08027s-1.jpg
ざんねん・・・

DSC08022s-1.jpg
ヨンジュンは阿弥陀仏の裏側に回って、見ていたそうです。だから・・裏側も・・
DSC08024s-1.jpg

カフェMの前にも、ぺヨンジュンが展示されてます。
DSC08042.jpg

ヨンジュンさんが来たのは休館日なので、カフェは営業してなかったけれど、館長様の計らいで特別にとオレンジジュースを用意されたそうです。。ヨンジュンがどちらを呑んだかは、もるげっそ。
写真のヨンジュンが座ってるのは、階段を上がってすぐの向かって左から二つ目のテーブル。
DSC08033s-1_20091114202820.jpg
DSC08044s-12.jpg

この壺(끈무닉병)は常設展示物ではなくて特別展示物なので、期間限定です。
このデザインが、まるで現代のものの様にモダンで素敵だと、ヨンジュンは、気にいっていたらしい。
DSC08051s-1.jpg

ヨンジュンさんは展示物も蔵の中のものも、とても熱心に見学されたそうです。
そして、時間があれば度々いらっしゃるという事です。 
DSC08062s-1.jpg

度々・・ん・・ ヨンジュンさんが来館するのは、休館日ですって~
・・・ですよね。
DSC07995s-1.jpg
じゃないと、来館者は仏像を見ないでヨンジュンばかり見る。 大混乱するものね~

華やかにポジャギ

ヒョゼ先生の暮らしを真似ることは難しいけれど、
DSC07907s-1_20091113000441.jpg

ヒョゼ先生の心遣いを、ほんのちょっとでも真似ることができたなら、心の中に花畑が出来そうです
DSC07931s-11.jpg

まず、先生が下さったノートを包みます。輪ゴムを使って、花びらを作ります。
簡単なのに、私は下手でした。
DSC07928s-1_20091113000436.jpg

お鍋だってポジャギで包みます
DSC07937s-1.jpg

誰かの誕生日には鶏を一羽まるごと煮込んで、このお鍋でプレゼントするそうです。
お鍋は返して貰いますね。当然。

ヨンジュンのところへも、このお鍋は何度も行って帰ってきたんです。
お誕生日おめでとう お鍋は返してね 

ワインで染めたコースターとペットボトルを使って仕切られた引き出しの中の花畑
DSC07939s-1.jpg


ソムリエさん達とのホームパーティーの晩、
ヒョゼさんと並んで、ヨンジュンがこの椅子に長い足を投げ出すようにして座って、
次の日から始まる“韓国美ツアー”の話題になったそうです。

DSC07910s-1.jpg

やがて、ヨンジュンが家族への思いを話し始めて・・・ふと、ヒョゼさんがヨンジュンを見たら、
ヨンジュンの目から涙があふれそうになっていたんだって

ヒョゼさんは、ヨンジュンの涙を見るのは気まずいので、
ひょいと自分の足を持ち上げて、その足をバタバタさせながら・・
「ほら~私の足はこんなに短いのに、あなたの足は長いね~!」と言ったんだそうです。

ホントに長いんです!と、ヒョゼさん。家族は知ってます・・

DSC07956s-1.jpg 短い足であぐら

ボジャギで包んだテッシュBOXで、床に花畑。
DSC07934s-1.jpg

ボジャギで服のように身体を包む方法や、ヨンジュンバックを作る方法を教わって・・
DSC07925s-1.jpg

東京ドームで、ポジャギでヨンジュンバック(と、勝手に命名)を作るとき、
ヒョゼ先生はヨンジュンに実演するように勧めたのに、ヨンジュンは困ったようにしてるだけで、
やらなかったのは・・ヨンジュンは本当にやり方を知らなかったんですって!

ヒョゼさんが、ヨンジュンに教えるのを忘れていたから~~


それで、あの時、ヨンジュンとヒョゼ先生が花道を歩いて舞台裏にひっこんだとたん、
ソンセンニィ~m!」って、ヨンジュンが拗ねた?甘えた?

DSC07968s-1.jpg

ヒョゼさんのショップは、元々、婚礼用品を揃えるお店のようです。
DSC07966s-1.jpg
婚礼用の韓服、寝具、小物
DSC07971s-1.jpg

真ん中の韓服が、ヨンジュンの韓服ですって。  大きいです。いつ、着るんでしょうか?
DSC07976s-1.jpg

4時間近くもヒョゼさんのショップのある家で過ごしたんですが、あっという間でした。
あ~ヒョゼさんとスタッフにとっては、長かったか?

初日の夕食は、三清洞の有名店
サンギョプサルの人気店に連れて行ってくださったんですけど、ランチを食べ過ぎてるから・・・

ヒョゼさんのランチ

薬食同源  ヨンジュンも大好きなヒョゼさんのランチ
昨日の青瓦台のヨンジュン、素敵だけど、まだ、力がないかんじです。

DSC07873_20091111170748.jpg

ヒョゼ先生、仰ってました・・
ヨンジュンは痩せてますますカッコ良くなったんけど、「めまいがする~」って言うのよって  
かっこわるくトトロみたいになってもいいから、沢山食べて 元気ハチュラチュ~ の姿を見たい!

DSC07870_20091111170746.jpg
真鍮の食器を片手でもち、好きなだけ取って頂くバイキング方式。
好きなだけ取ったら、そら・・食べすぎます~~
DSC07864.jpg
きれいな海辺で採取してきた松葉で蒸したサンギョプサル
見た目は脂身がたっぷりしてるけど、口に入れるとほんのりと松葉の香りがします。やわらか・・!

DSC07866.jpg
蓮の葉で包んで蒸した豆おこわですね。ヒョゼ先生、ご自慢の美味しいご飯

DSC07865.jpg
絶品!チョガッキムチ
今まで食べたキムチで一番おいしいです。と云う事は~世界一?

チョンガキムチって10センチくらいの韓国特産のミニ大根のキムチなんです。
それで、その形のまま食卓に出すのがフツーです。コリコリっと、かじるのが美味しいのに、何故か、半分はカクテキみたいに刻んであるんです。
刻んでしまったら、チョンがキムチの価値がないじゃない
先生も、「刻んだら、何を食べたか分からないじゃないですか?」と仰りながら・・

一日早かった東京組さん達の中のどなたかが、
「このままでは、大きくて食べられないから切った方が良い」と、先生にアドバイスされたそうです 
(きっと、歯が丈夫じゃないとか、お口が小さくてかじれないとか・・ね)

それを素直に聞いて、チョガッキムチをカクテギのように刻んでしまうカリスマ主婦・ヒョゼ先生。
素直~可愛い~~

もちろん、大きいままコリコリと三つも食べた私。美味しいチョンガッキムチですから

DSC07867_20091111170751.jpg

何処で食べても良いと云って頂いたから、私達は雰囲気のある庭を見ながら食べてたんです。
DSC07894_20091111172524.jpg
DSC07890.jpg
この庭履きのコムシン、大きいんです。ヨンジュンも履く・・よね? 灰皿にたばこの吸いがら・・・


藤の椅子に座って食べていたら、スタッフの方が「その席、ヨンジュンさんのお気に入りの席ですよ・いつもそこに座って召し上がるんです」って教えてもらって、また、妙に興奮(笑)

DSC07887.jpg

ある日、ヒョゼさんが街の食堂でご飯を食べながら、店にあるテレビを見ていたら、ちょうど、マイケルジャクソンの訃報のニュースを受けて、マイケルの映像が流れていたんだそうです。

ヒョゼさんは、マイケルジャクソンを、その時まで全然知らなかったんですって。
けれども、そのTV画面に映ったマイケルジャクソンを見て、いっぺんに好きになったんですって。
あ~死んでから好きになるなんて・・・と、哀しく思っていたそうです。

その後でヨンジュンに逢ったら、逢うなりヨンジュンが『マイケルジャクソンが死んじゃった。」と本当に惜しそうな顔をして残念そうに云ったんですって。

そして、「マイケルジャクソンはね、ヒョゼ先生と同じ年で、僕と同じ誕生日なんだ」と云ったそうです。

それで?それで、おしまい、クッチヤ・・(笑) 
ヒョゼ先生がマイケルジャクソンを想ったとき、ヨンジュンも思ってって気持ちが通じた・・っていう話。

DSC07902.jpg
ヒョゼさんのお弟子さんの真実ちゃん、日本風に読めばマミちゃん、韓国ではジンシルちゃん。
DSC07901.jpg
食後のヒョゼ特製コーヒー。あったかいマキアート?オーレ?ラテ?甘いけど後にのこらない。

ヨンジュンは、初めてこのコピを呑んだとき・・
先ず、一口、口に入れて首をかしげながらカップを見つめて 「ましんね(旨いな)」と云い、
その後、一気にグイッと飲み干したそうです。
(どうでもいいけど、こういう話がめちゃ好きな私)

うん・・・ましんね

昨日のヨンジュン

昨日の夜のSBSのニュースとMBCのニュース、
どちらも短いから、いっぺんに見られるようにつないで持ってきました。

元気にお仕事してるヨンジュン  まだ、線が細いけど、笑顔がいいです




李明博大統領のファーストレディ金潤玉(キム・ユンオク)女史は、韓流スターで日本でレストランを運営するベ・ヨンジュンさんを青瓦台に招待して茶菓を共にしながら、韓食を主題で歓談しました.
韓食世界化推進団名誉会長である金女史は、韓食の世界化のために外国人の口に合うセットメニューを開発しなければならないと強調し、裴さんは若い韓国の板前たちが日本へ進出しやすいいように支援を要請し建議しました。


これも!tomato99byjさん 感謝します



韓国の体に良い食事をしてると、お肌もつるつるしますね~
イヒョゼ先生の用意してくださったランチもアップします、その前に、今日のお仕事を片付けなきゃね!

ヨンジュンもがんばってるから、私達もがんばれる クッジョ?そうでしょ?ね~

ただいま~~

Key to Korea 主催の韓国の美を訪ねるツアーに、参加して

イヒョゼ先生のお宅訪問してきました

DSC07857.jpg
DSC07861.jpg

長い旅を終えて帰ってきました。ちんちゃ・・5日も留守すると、本当に浦島太郎みたいです~
ツアーは二泊三日なんですよ。けれども、関空を早朝出発して、帰りは夜遅く着いたから前後泊しなきゃならなかったんです。もう~たいへん!(関空は遠い!)

しかも、私が留守してる間にkyaputenQ姉さんが『ヨンジュンがヒョゼさんの家でパーティーをしたという話』を、私が参加した韓国美ツアーを微妙にくっつけてBBSにアップしたもんだから・・・
し、しまった!あれは、ヨンジュンに会うツアーだったのか~って、落ち込んだ人までいます。
(Qさんったら、明日からソウルに行くもんだからネ、面白がって冗談を・・もう!確信犯ね

ええ、ええ、安心してください。ヨンジュン達のパーティは私達のツアーの二日前のことです。
〝カッチ サジヌル チゴヨ”とヨンジュンが言ったのはね、
私たちじゃなくて~李明博大統領の夫人に云ったみたいヨン。

私達はヨンジュンには逢ってませんが(;;)、とても特別な経験をしてきましたから~

逢いたかったイヒョゼ先生、本当に気さくで愉しい方でした。
ヨンジュンが、どうしてイヒョゼ先生が大好きなのか、納得、なっとく~~です。

DSC07868.jpg

ヨンジュンにとってヒョゼ先生は、
幼かったころのタムトク太子にとってのキハ様のように、安心して甘えられるお姉さん。
そして、王様にとってのスジニのように、緊張をほどいて笑わせてくれる友達。

優しかったキハ様と強くて楽しいスジニをヒェゼ先生お一人で引き受けてくださってます。
良い考えと良い環境で、ヨンジュンを包むように守ってくださってる。そんな感じがしました。
DSC07891.jpg
DSC07883.jpg

実際にヒョゼ先生は、こんな風に仰いました。
「ヨンジュンは12人の先生方に全員に1対1の篤い礼儀を払って向き合ってる。とても誠実に。
それは傍から見ても大きな負担です。だから、私は彼を気楽にさせてあげたい」
ヒョゼ先生は、ご自分で「お母さんのように・・」と仰いましたが、いいえ!素敵なお姉さん
DSC07878.jpg


ヒョゼ先生の家に、ヨンジュンが初めて来た日、ヨンジュンは用意された食べ物を美味しそうに食べ
「ごちそうさまでした」と云いながら、いきなり、すっくと立ちあがり・・・
ヨンジュンはとても大きく、先生は小さいから、先生はびっくりしてヨンジュンを見上げてたら・・・・
「おかわりください!」と、ヨンジュンが言ったんだそうです。
「ごちそうさま」のあとに「おかわり」と云うのも可笑しいけれど、初めて来た家で「おかわり」した人は珍しいと・・
ヒョゼ先生は、身ぶり手ぶりのボデイアクションを交えて、初めての出会いから話してくださいました。
DSC07872.jpg

韓国美ツアーはグルメツアーでもありました。ごっそばかり食べてきました。になりそうです。
食べたもの、聴いたこと、見てきたこと・・・ねね、また、明日でも・・・アップしますね!DSC07955.jpg
DSC07961.jpg
ヒョゼ先生も可愛いけれど、先生は可愛いものが、お好き。ヨンジュンも可愛いって~
ご飯食べさせて~って電話してくるって~  ウラヤマシイでしょって~



This is it

マイケルジャクソンの This is It 見てきました。

私は特に熱烈なファンというわけではないんですけど、ジャクソンファイブの頃から、マイケルの声とダンスのファンでした。透明感のある声とキレのあるダンス。THE KING OF ROCK!マイケル・ジャクソン THIS IS IT - オフィシャルサイト 001_0002


映画 THIS IS IT マイケル・ジャクソンが余りにかっこよくて、ファンは切なくてたまらないでしょう!

これは、究極のメーキング映像です。けれど、本編がなくてメーキングだけ見せてもらっても・・
本番・ロンドン公演を見られなかったことが どれほど惜しくて 悔しいでしょう。

考えてみて・・・つまり、韓国の美をたどる旅・出版記念イベント、が催行されないまま、
リハーサルやスタッフの舞台裏だけを映画で見ることになっていたら、私達は耐えられたでしょうか? 

本編がなくてメーキングだけだなんて、切なすぎて~~~!


ヨンジュン、元気になってくれて、ありがとう~ って、改めて、思った!



ヨンジュンが黒いサングラスをかけてると「マイケルジャクソンに似てる」と云われたりするけど・・、
あのね、顔は似てない!でも~ ヨンジュンとマイケルの誕生日が同じ 

周りから完璧主義といわれるのも、似てる。カリスマも・・存在感も・・・脚が長いのも・・
地球環境を憂い、自然を守ろうっていうメッセージや、I LOVE YOU のメッセージや・・・
けれども、ヨンジュンには長生きしてもらわないとね、健康で永く永く活躍してもらわないとね

san1.jpg

ほっそりして、少年みたい・・

マイケルが踊るを見て、涙がこぼれたのは、彼がもういないという寂しさからなのか、ヨンジュンが元気でいてくれたことへの感謝の気持ちだったのか・・なん もるげっそ・・・

映画のレビューになっていなくて、すみません。 

韓国に有って、日本に無いもの

韓国には有るけれど、日本にはないもの、それは、この人!ペヨンジュン
yasai44.jpg
・・・・だなんて、わかりきってることじゃなくて~

本題です~
日本語版の韓国の美を辿る旅を読観終わって、今、やっと、韓国オリジナル版を読み始めたんですね。
・・・と云っても、写真を眺めてる時間が長いです。

読むと云うより、眺める・・・ハングルを目で追いかけると、ハングル酔いするので、少しつづ。

実は、日本語版を読んでたとき「あれ?」と思ったとこがあったんです。↓のとこ・P31ね・・
NEC_0063.jpg


2段落目の
この家の働き手の中に、とても親孝行な息子がいた。
彼は、中風にかかって身動きのできない母の姿が浮かび、その嬉しい日に、
ご飯も食べられなかった。

の、後に・・
そんな逸話のあるチルサンを必ず受け継いでいかなければならないと、
って、続いてるけど、文章が変でしょう?でね、オリジナルを見たら~
やっぱり、1行抜けているみたいです~ 

이런 그를 위해 이댁 중부는 매번 음식을 따로 마련해 주어 돌려 보넸다고 한다
そんな彼のために、このお宅の主婦は毎回、食べ物を別に用意して持って帰らせたというのだ。


<そんな逸話>が、ない・・・逸話を書いてある一行が、ストンと抜けてるんですわ~

誤字脱字じゃなくて、一行まるまるないなんて・・・

harumoni1.jpg


まだ、私ね~40ページくらいまでしか読んでないけど、もしかして、こういうのがいっぱい見つかって、
それで、日本語版の再販が遅れたのかな?って思う。

ヨンジュンが心血注いで書いた一字一句、大切にして頂きたい・・・

わざわざ、知らせなくても、DAさんや日刊さんは気が付いてるよね?
2版では、ちゃんとここの一行、入ってるよね?(と、信じたい)

でもでも・・もしかして、気が付いてなかったら、どうしましょ?
私~お節介メールでもした方が、いいのかな?と・・・
もう、3日も悩んでます~

NEC_0062_20091104173743.jpg
 ABのタグに細いリボンを通して、栞にしましたヨン


チムタクを作ってみよう~!

安東で食べたチムタクが美味しかったから、家でもやってみようと・・
まず、作り方を手持ちの韓国料理本で調べるが、載ってない。
で・・ネットで検索、いくつかヒットしましたけど、それぞれ、ちょびっとつづ、違うんですね。
慶尚北道・安東地方の家庭料理なので、きっと、その家々で違うのよね、
日本でいえば、肉じゃがとか筑前煮とか、そういう感じのお料理というよりは、お惣菜。おかずね。

材料もやさい流にアレンジして、チムタク、作ってみました。
チャラチャラ チャッチャッチャ・・(キューピー三分クッキングので~)

===やさい家はヨン人家族なので、ヨン人前です。===

材料  かなりテキトーです。
鶏肉のぶつ切り・・・・・・・・1羽まるごと料理するのが安東風です。800gくらい?
にんじん・・・・・・・・・・・・・・1本 (中くらいの大きさです)
じゃがいも・・・・・・・・・・・・・1っこ(大きいの)
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・1っこ
干しシイタケ・・・・・・・・・・・・2枚
ししとう・・・・・・・・・・・・・・・8本(というか~1パック入れたけど~)
長ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・1本
春雨・・・・・・・・・・・・・・・・・100g(本当は韓国の春雨が良い。)
にんにく・・・・・・・・・・・・・・・テキトー(大きいのを、2片入れました)
しょうが・・・・・・・・・・・・・・・テキトー
鷹の爪(赤唐辛子)・・・・・・2本
調味料
ラー油・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・大さじ6
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
コーラ・・・・・・・・・・・・・・・・小さいカン1本
水あめ・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
白ゴマ・・・・・・・・・・・・・・・・テキトー
ゴマ油・・・・・・・・・・・・・・・・少々
塩。胡椒・・・・・・・・・・・・・・・少々

①干しシイタケと春雨は戻しておく。野菜もテキトーに切る。だいだい、こんな感じ。DSC07840.jpg

じゃがいも6~7ミリくらいで、ニンジンは2~3ミリ、長ネギは5~6センチくらい。
ニンニクとしょうがは、みじん切りにする。赤唐辛子は種をだして、テキトーに切っておきます。
赤唐辛子をあまり細かく切ったら、食べるとき間違って口に入れてエライ目にあうので、大きく切る方が良いと思います。
②鶏肉はざっと茹でておきます。
③調味料は全部、混ぜておきます。DSC07843.jpg

④深めのフライパンか中華鍋にラー油を引いて、ニンニクと赤唐辛子と生姜と鶏肉を炒めます。
焦げるから、弱火で~DSC07844.jpgDSC07846.jpg
⑤シイタケの戻し汁と水を入れます。合わせて5カップくらいね。
(はり鍋になった読みが甘かった~フライパンから鍋に移しかえて・・・)
DSC07847.jpg
⑥火を強くして、③で混ぜておいた調味料と野菜を入れます。
沸騰したら中火くらいにして、おとしをして煮詰めます。
DSC07849.jpg
⑦煮汁が半分くらいまで減ったら、火を弱くして、春雨を入れて混ぜながら、もうちょっと煮ます。
DSC07850.jpg
最期にゴマ油を垂らして出来上がり・・なんですが~
DSC07851.jpg

で・・・このように作ったら、味は安東で食べたのに、かなり近いものに出来たんだけど~
見た目が失敗もっとテリテリしてないと・・、これでは、見た目が・・・

不味そう~

失敗の原因は、じゃがいも!!

安東で食べたのは、じゃがいもがまだガリっとしてるくらい、やっと火が通ったくらいだったのに、
私はメークインを使ったから、煮崩れした~

教訓  じゃがいもは、荷崩れ 煮崩れしない種類を使いましょう!


InStyle 

Daumに紹介されていた韓国の雑誌、InStyleに掲載されてる한아여の記事と写真、素敵ですね
inStyleKorea.com からデリバリーします。 意訳もしてみます。下手だけど真面目にやります
instyle11.jpg


ペヨンジュンの美しい旅行
アジアを代表するスター・ペヨンジュンが昨年1年間、韓国の美しさを探してふいに旅に出た。
そして、今、彼の横には、その旅をひっそり静かに語る本1冊が置かれていた。これから、彼のまっさらな旅の記録を辿ってみよう。

(写真の下の文)彼は今度の旅でトップスター・ペヨンジュンではなく、伝統文化と芸術を初歩から学ぶ旅行者として立った。また、彼の手にはいつも持たれていたカメラ、旅行中、撮った5000枚余りの写真の一部は本に掲載された。

私たちを取りまく自然と文化、精神までひとつひとつ大切に守られなければならない伝統文化。しかし、忙しく生活してると云いわけして、深く考えたり楽しみを探すこともしなかった私たちの物へ、一人の男が関心を持って始めた。もう、芸能人だというカテゴリーよりも、アジアを代表するアイコンと云う修飾語が似合う男。ペヨンジュンは正にその主人公。いつだったかある外国の記者会見のインビューで「韓国の観光地を一つ紹介して頂きたい」という質問に即答できなかったことを、今も忘れずに惜しんでいる彼が韓国の文化、また、その文化を引き継ぐ匠達に逢うために旅にでた。

instyle12.jpg
(写真の下の文)無形文化者、陶芸家、陶泉・チョンハンボン先生の会うために慶尚北道聞慶を訪れたペヨンジュン。先生から陶磁器を作る過程を直接教わった彼が、茶器を作る創始者だ。

韓国の伝統文化を紹介し知らしめるために彼が選んだ方法は、我が文化を引き継ぐ匠達を直接、訪ねること。彼は昨年一年間、ソウル、慶尚北道、江原道など全国を回り、匠達を通じて韓服、漆など13種も韓国文化を学んだ。今度の旅装の中でも特に外すことのできない事は陶芸家、陶泉・チョンハンボン先生。彼に会うために慶尚北道聞慶まで一目散に駆け付けたペヨンジュンは土を探すことから始め土を手でこねたり、ろくろを回し陶磁器を焼くまで全過程を身につけた。『匠達は作品が気に入らなければ、壊して粉々にしてしまうけれど、私は後で実力が備わったとしても、そのようにできそうもありません。大変な過程を踏んで生みだした分身みたいな器ですから』と、初心者として率直な心情を吐露してみせる彼。いくら巨匠でも「本物」が誕生するのは決して簡単ではないと、チョンハンボン先生への敬意を表しもした。

彼は一人でも同士がいて一緒に飲む茶が好きだ。一人で飲むときは、とても大きな努力と真心がないと美味しく飲めないが、そばに誰か一人でもいれば、心から茶の味と香りを伝えてあげたくなるから。〝一人で飲む茶は瞑想にふけることができて、二人で飲む茶は心を通じ合うことができて、そして、3人で飲めば共感を生むことができる。4人なら仲良くなれるでしょ”彼は手摘煎茶の魅力に嵌まった純粋な茶名人、シンカンス先生と知里山の茶畑で手摘煎茶を栽培するイチェソンさんのお茶を飲みたいと願ったのだ。彼らがともに特別な醗酵茶を経験し、美しい色と芳しい味の韓国茶にまた違う可能性を実感した。

instyle13.jpg
(写真の下の文)再焼きあげするために窯の中にいるチョンハンボン先生から急須を渡されるペヨンジュン。

彼の旅程を辿ってみれば、文化は難しくて面白くないものじゃないと感じるようになる。すでに判っていることだが近づくのが難しい事は、彼が下手だけど興味深く話してくれるからだ。『文化というものが難しかったら、こんなに無数のドラマや映画の中で登場しますか?歴史は判ればわかるほど面白いです。私は三国文化と差別化される伽耶や、アジアとヨーロッパをつなぐシルクロードの隠れた秘密の話など1時間でも2時間でも喋ることができます』だから、彼は<韓国の美しさをたどる旅、ペヨンジュン>の中で、平素から関心を持っていた伝統文化13までも伝えたのだ。そして、韓国の伝統文化に興味をもつ外国人と我が国の伝統の美しさを知らないで暮らしてる韓国人に、心をこめて話をしたいと思ったのかもしれない。

ペヨンジュンはいつか、ニューヨークの高層ビルに韓屋を建てて乗せたいと云った。それは、いかにも不可能だと疑問を抱く人もいるかもしれないが、彼は不可能ではないと云った。”ニューヨークの角ばって直線的な摩天楼の間に洒落た韓屋が現れたらどんなにカッコイイでしょうか?”彼は頭の中にすでに柔軟な軒を連ねて見ている模様だ。殺伐とした都市ニューヨークのスカイラインに韓屋でアクセントをつけられると信じるペヨンジュン。韓国の真の美しさを紹介し知らしめるのに、この人ほどの人が他に居るだろうか?

instyle14.jpg

旅行の途中でふっと車から降りてシャッターを押す楽しげな姿のペヨンジュン。本に載せられた風景写真を見れば、芸術家としての彼の審美眼を覗うことができる。

あら~もう11時半です。お仕事しないうちにお昼です~~
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。