スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞慶窯 (문경요)

安東を後に、まだ続く  旅行のお話~ アップする自分も飽きた・・
けれども、チョン・ハンボン先生のお宅に行ってきたので、
97160_1256874560.jpg

安東ハフェマウルの味噌村からムンギョンまで、約1時間。予め、電話で見学させていただけるか確認はしておきましたが、なにしろ、とても偉い先生なので、家の前でちょっと怖気ついてました(笑) DSC07815s-1.jpg
車から降りたらすぐに、家から男の人と小柄な若い女性が出てこられて「電話の方ですか?」と、
家の中に招き入れてくださいました。(^^)/  男の人はお弟子さんだって。
DSC07795s-1.jpg
展示室兼応接間、作品よりも表彰状の方が多い・・
DSC07798s-1.jpg

DSC07800s-1.jpg
DSC07804s-1.jpg
お嬢さんが、御茶を入れてくださって、「今、先生は出かけていて・・」と仰って・・え!日本語です!
DSC07802s-1.jpg
小柄らな可愛らしい方は、チョンハンボン先生のお嬢さんで、聞慶窯の二代目
京都の語学学校に1年間、留学したことがあるそうで、日本語が堪能です。 
 このパンフのお嬢さんです。
DSC07835.jpg
工房や窯を見せていただいて・・工房のお写真を撮るのを忘れて、お話を聞いてました。DSC07813s-1.jpg
DSC07808s-1.jpg
ここで、ヨンジュンが・・
DSC07806s-1.jpg
国立博物館での記者会見で12人の巨匠たちの一番最初にヨンジュンが紹介していた先生。
あのとき、杖をついてらしたのは、たまたま、足を怪我していたからで、「今はもう元気ですよ~」と、お嬢さんが仰っていたら、ヒョイヒョイヒョイって感じで、小柄な先生が帰って来られて、満面の笑顔で「や~日本から?」って日本語で。先生は東京にいらしたので、日本語はネイティブ級。
作業をしてらしゃる写真の先生と、目の前の優しそうな先生と・・・どちらもモッチョ!
DSC07812s-1_20091031161329.jpg
この日、聞慶市は りんご祭りで、先生は祭りの開会式に出席していたそうです。先生とお嬢さんに勧められて、ついでにりんご祭りが開催されてる聞慶セジェまで足を延ばして~IMG_0004_20091031161329.jpg
NEC_0058s-1.jpg
DSC07825s-1.jpg
DSC07816s-1.jpgNEC_0059s-1.jpg

先生にペヨンジュンのことを聞くのは、何となく幅かられ(夫君の手前もあって・・)ま、聞かなくても、褒め言葉しか返ってこないのは分かってるから、お嬢さんとアイコンタクトで・・ヨン

ヨンジュンは、ここではリュスンスさんと一緒に泊って修行しましたね。
私は、他のところでは、一人で泊って真面目に取り組んだのに、なぜ、ここだけスンスさんを伴って行ったのかなって思ってました。友達同伴だなんて、遊びっぽい雰囲気じゃないかって・・・
けれど、来てみて分かったこと、二代目を継いでおられる可愛らしいお嬢さんが独身で、しかも、年齢的にもヨンジュンの射程範囲です
気配りのペヨンジュンは、気を使って・・嫁入り前のお嬢さんのいる家にチョンガーが一人で泊まりに来てはマズイと思ったんじゃないかって、そんなことを考えました。

味噌村のアガシといい、こちらのアガシといい、出合いはいくらでもありそうなのに~と思う・・
余計なお世話ではありますが、ヨンジュンの嫁さんを、12人の先生方~誰か世話しちゃってください
スポンサーサイト

安東の味噌村

安東へ行こう~7  味噌醸造所  回河村の入口付近にあります。

NEC_0052s-1.jpg

朝早いから、誰も居ないかもしれないと思ったけど、必ず寄りたかった場所、味噌村
「味噌なら、どこでも買えるだろ」と訝る夫君&kim君に、甕の並ぶ坂道を「登って!」と命令(笑)
NEC_0047s-1.jpg
NEC_0048s-1.jpg
NEC_0049s-1.jpg

瓶がズラ~~ッっと並ぶ風景を見て喜ぶ私~~
NEC_0050s-1.jpg
NEC_0051s-1.jpg

背が高くて美人のアガシが事務所から出てきて、招き入れてくれました。

ここで、 さすがに鈍感な夫君もピンときて、「ここも、ペヨンジュンが来たの?」と、 に、kim君を通じて問いました。
すると、 は、パッと花が咲いたような笑顔で、네!
そして、その時の事を身ぶり手ぶりで話してくれましたね(^^)(^^)(^^) の目がでしたね。

私は、あのネットで読んだ味噌村職員さんのスレッドは、この感じの良い美人のがアップしたに違いないと思いました。(確かめたわけじゃないけれど、事務机のを見て、何となく・・・)

その時の、職員さんの書き込みの日本語訳です。

(2008年)10月 2日
秋の日差しが良い日...ぴかっとぴかっと光が マイバッハがハフェマウル味噌村にあがって来ました.
ご存知でしょう?マイバッハは我が国に 2~3 台位しかないというの....
もっと輝くのは、マイバッハから降りるその人、
気を失うところだったです....

芸能人達も見にくいという " ベ・ヨンジュン" その方がいらっしゃったんです....
キャアッ~ ~~ キャアッ~~

秘密裡にだけ動くというベ・ヨンジュン
地味な姿だったが、やっぱり韓流スターの素敵な面影が自然に現れますね。

村に立ち寄ってから,味噌甕が気に入ってここまで来たと、
1時間ほど当工場で伝統在来醤油類に関する話と
味噌甕を背景に、写真も撮って .....

もっと幸せだったのは、
知人たちにも分けてあげると、味噌を色々と買われました。.
日本に持って行くといいました。

とても惜しいのは、スターの写真を撮ることができなかったの.....
大スターの自由時間を私どもが侵害することができないから...
慌惚の微笑みを残して、あわただしく去りました.^^

今も震えますね...
とても素敵だという話しか他に表現するものがないですね.
本当に、実物がずっと素敵で,シャープですよ.
韓流大スターベ・ヨンジュン様、お会いできて幸運です.

ハフェマウル味噌村職員


安東の田舎娘には見えない美人のが、御味見をさせてれたので、私も買いました。
NEC_0053s-1.jpg

ここには食堂もあって味噌チゲを食べることもできます。
もっと、早く知っていたら、昨日、食べに来たのに・・・と、テンジャンチゲ大好きな私は残念に思ったんです。
夕食をニ回しても、良かったのに・・


回河村の朝

安東へ行こう~6
ハフェマウルの朝、バキッ バキッ って言う、薪割りの音で目が覚めたんですよ 
北村宅のご主人さまが、斧を使ってオンドルに使う薪割りをされてました、ドラマの世界

ドラマのように、ハルモニが竈の灰を捨て来ていた、朝もやの中、洛東河の土手 (携帯で撮影)
NEC_0016s-1.jpg
昨日のぼった芙蓉台も洛東河の朝もやにけむってました。あのてっぺんに居たんだわ・・ファンジニ。
NEC_0020s-1.jpg

NEC_0021s-1.jpg
ひときわ立派なリュシウォンの実家。ここも民泊させてくれるそうです。
NEC_0026s-1.jpg
北村宅、柳家の母屋。煙ってるのは、本当に煙です。 竈から出てる煙。
NEC_0038s-1.jpg
竈の火まで珍しくて・・・ユジンが「この匂い・・」と云ってた匂いかも。
NEC_0037s-1.jpg
NEC_0039s-1.jpg
母屋の裏にも甕 カメ 瓶
NEC_0036s-1.jpg

北村宅の裏に有名な回河松(ハフェソナム)があります。手前に見えるはオンドルの煙突
NEC_0041s-1.jpg

朝食は北村宅の隣にある家で頂きます。北村家の客専用、朝飯食堂ね。

この日に泊った客は、私達を含めて3組だったんですが、
北村宅のご主人さまが、「○○ssi~」と祝詞のようなゆっくりした口調で呼んでくださり、
揃ったところで、この家まで連れて行ってくださいました。
なんとなく、これも朝の儀式みたいで、面白くて素敵でした。
NEC_0046s-1.jpg

金の食器・・・ゴシレの食器と同じ、チーンってリンの音がします。
塩サバは安東名物です。 どれも、辛くなくて上品な味でした。美味!
NEC_0044s-1_20091029161745.jpg
ハフェマウルは1時間もあれば、一周できるくらいの大きさです。DSC07791s-1.jpg
名残惜しく御挨拶して、回河村を後にします。御主人さまから、扇子と絵ハガキのセットをお土産に頂いて、同じく泊り客だった、ソウルから来たという二人づれのヤングマダムからも「良い旅になりますように!」と云っていただいて・・ 見知らぬ同士だけど、これも縁。
DSC07742s-1.jpg
北村宅、柳家のご主人さまは、ペヨンジュンさんのことを・・
「顔だけでなく心も美しい男。本当に頭が良く心の暖かい男だ」と、仰いました

北村宅・和敬堂

安東に行こう~5  ・・の前に~ 
ヨンジュンはどんどん元気に回復しています。心配しないでくださいね~っていう公知がKOBに挙がってましたね。JOBにも挙がってますか?とにかく、宮本さんのインタビューをSWHGのビラで受けたり、お仕事もしてるみたいだし、ヨンジュンが表に出てくるまで、なんやかやヨン活動を見つけて楽しみましょネ。

夕方、回河村(하회마을)に入る前、韓紙工芸所にも寄って、さら~と見学。
時間がなかったことと、私の住んでる街が紙の生産地と云う事もあって、あんまり珍しい光景じゃなかったから、さら~~っとネ。 でも、これ、可愛いので買いました。仁寺洞のお土産屋さんにもありますね~
DSC07837.jpg

一日中、野を超え山越え、走り回って、夕方、5時半ころ、回河村へ入りました~
回河村(ハフェマウル)は洛東河(ナクドガン)に周りを囲まれた村、蓮の花の形をしてると言われます。NEC_0029s-1.jpg
映画「ほたる」に出てきた道は・・・どれも、そのように見える・・・すみません。
NEC_0032s-1.jpg

朝鮮時代の集落のまま、保存されていますが、建物はすべて個人の所有ですって
維持管理が大変だと思います・・
NEC_0028s-1.jpg

このお屋敷が北村宅の門 NEC_0027s-1.jpg
到着してご主人、柳世浩さまに、ごあいさつし、和敬堂に通されて~DSC07786s-1.jpg

ここで、私は分かってなかったというか・・大きな勘違いに気がついたんです。
私は、S嬢に「ヨンジュンが泊った部屋に泊まれなくてもいいから、絶対に和敬堂を予約してね」って、頼んだんです。 てっきり~北村宅和敬堂と云うのが、この家の屋号と思ってたんです。
私、バボだ~~

NEC_0035s-1.jpg

あのね!北村という屋号の柳さんの屋敷に離れがいくつかあって、そのひとつが和敬堂です。
ヨンジュンが泊ったのが、和敬堂。前大統領ノムヒョン氏やらお歴々が泊ったのが、和敬堂。
IMG_0001_20091028161500.jpg
韓紙貼りの扉を開けると、小さな文机があって、その続きにオンドルの部屋があります。DSC07775s-1.jpg
もう、オンドルで部屋はポカポカでした。部屋に入って、入口側に振り向くと~ きゃ
IMG_0002.jpg
夫君、「ぺが居るぞ!」私は、まさか、このお部屋とは思っていなかったから、
DSC07778s-1.jpg
御主人さまは私の喜びようを見て「ペヨンジュンさんのファンですか?」と優雅でゆったりした韓国語で(当たり前だけど・・)尋ねられました。
それで、私は「まさか、このお部屋に泊まれるとは思ってもいなかったので、嬉しいです。ありがとうございます」と、多分云えたと思う・・・(怪しい)
すると、御主人さまは「それは、幸いでした」と云い、さらに、「もしも、この部屋じゃなかったら、どうするつもりでしたか?」と、また、悠長で優雅に尋ねられたのです。
私は、「帰るときに、可能ならば部屋を見せていただけるようお願いするつもりでした」と、答えたつもり(たぶん、通じた)
すると、にっこり笑って・・「この部屋でヨンジュンさんを思って、ゆっくりお休みください」だって~DSC07782s-1.jpg
他の家に泊まるkim君と、もう一度、村の外に出て夕飯を食べて戻って、お布団しいて~~
IMG_0003.jpg部屋の端と端に敷く

ヨンジュンさまが寝たかもしれない御布団でヤッホーするわけにいかないと思い・・
御土産用に買った安東焼酎を夫君に勧めましたね。
TVもなく何もすることがないので、夫君は機嫌よく焼酎を一本呑んでしまって、バク睡、
(ヤッホー=kyaputenQ語です・・意味が分からない方はメールでも・・)
IMG_20091028161501.jpg

夫君、「この家に数々の偉人有名人が泊ったのに、ペヨンジュンだけを見せているのは、よほど、ご主人が、ペヨンジュンを気に入ったんだろう」と言うのです。
私は謙遜して(私が謙遜するのはヘンだけど・・)
「客がヨンのことを聞くからじゃないの?」と答えると。
夫君、
いいや違う。今更、芸能人を使って宣伝したいわけでもないだろう。
自分の気に入らない人なら、その人の話もしないし、たぶん、写真を飾ったりしないだろう。
ここの御主人は、そういう頑固なところがある人のように見えたね。
こういう暮らしをして、大勢の客を見て来てる御主人だから、人を見る目は確かだと思う。
ペヨンジュンが本当に、ものすごく素晴らしい人間だったんじゃないか?


酔っ払って、大いびきで寝てる夫君を見ながら・・・
そういう思考回路のあなた、ちょっと見なおしたわ・・・と思ったのであります。

花川書院・萬休・ポファ茶園

安東へ行こう~4   花川書院玉淵精舎

ちゃんと案内板はあるんですが、チケット売り場のようなボックスはシャッターが閉まってて、
それも、ずいぶん前から閉じられてるような気配です。
正面の門は閉じられてましたけど、芙蓉台へ行く道側の勝手口のような門が開いてたんです。
DSC07761s-1.jpg

そっから、覗きこんで「ケシムニカ~?」「アンニョンハセヨ~」「こんにちは~」「すみませ~ん」と声をかけても、ニ匹の に吠えられただけ・・・
DSC07764s-1.jpg

諦めかけてたら、ちょこっと家の扉が開いて、ハルモニが顔だけ出し、顎をヒョイと動かして・・
「勝手に見れば~」とかいう感じ~~DSC07750s-1.jpg

DSC07749s-1.jpg
ファンジニはここで沢山、撮影されてます。
スキャンダルでは、ヒヨンの亡夫の実家として使われたのが花川書院、ヒヨンさんが鳳仙花で爪を染めたり、蝶を逃がしてやったところです。続きの玉淵精舎はウォン様が絵を描いていた所。(たぶん・・)
DSC07766s-1.jpg
DSC07765s-1.jpg

この道の先の川辺が、ファンジニの撮影地だと思います。(いい加減・・)
DSC07748s-1.jpg
ここから~ちょっと鳳亭寺の方へ引き返して韓国の美を辿る旅に載ってた茶園・萬休
DSC07770s-1.jpg
韓国美のお茶園、もうイッチョ  ポファ茶園 
萬休もポファ茶園も、黄菊の花びらのお茶を売ってます、ポファ茶園の菊畑
DSC07772s-1.jpg
菊畑の脇に、こんなの・・・これ何?
DSC07773s-1.jpg
花川書院もポファ茶園も、開けっぱなしで留守してるようなのは、ちょうど、収穫の時期だったから?
あっちでも、こっちでも稲刈りしてました。実りの秋です
NEC_0022s-1.jpg
デジカメのバッテリーがなくなって、携帯で撮ったハフェマウルの入口付近、黄金の稲穂と銀杏の樹。


芙蓉台(부용대;)

安東に行こう~3
10月23日、午後、いよいよ~~スキャンダル撮影地に近づきます。

ここで、地図が読めない女の願いを、話を聞かない男が、
ほんと~に聞いてないことが判明 
黙渓書院に行く時間はないって・・・・え~~ん!そこはハズさないで欲しかった。

話を聞かない男達 : 行きたい所がバラバラで、全く方向が違うんだから、全部は無理って言ったろ
地図が読めない女 : だから、全部は無理でも、黙渓書院は絶対行きたかったんだってば~
話を聞かない男達 : 地図見たら判るだろう?
地図が読めない女 : 地図見ても分からない!モッゲソウォンは必ず行きたいって言ったじゃない
話を聞かない男達 : 云ったか?     何度も云いました・・・

夫君は、なぜ黙渓書院に行きたいかを理解してないから、同じような書院だから有名な方で良いだろうとの判断だったらしい。私は、地図見てもピンとこないので、全部、行けるのかな~と思ってた。
ま・・・そこへ行ったら、陶山書院、鳳亭寺も今から行くとこも怪しかったらしい。遠いらしい。
地図見ても分からないので、騙されてるような気もしたが・・・意心伝心とはいかない、夫婦は他人

芙蓉台 (プヨンデ)
回河村の川向うにある絶壁の丘です。
スキャンダル撮影があった花川書院と玉淵精舎の横の道を10分ちょっと登ります。
DSC07767s-1.jpg
こんな林を抜けたら・・
DSC07751s-1.jpg
目の前にハフェマウル
DSC07752s-1.jpg
 ぼうや~良い子だ ねんねしな~ の歌声と
むかし、山里に・・・・という市川悦子さんのナレーションが聞こえてきそう。
DSC07757s-1.jpg
景色を撮影してる人たちがいて~ 鳥の鳴き声も録音してるみたいだったから、
暫く音も立てずに邪魔にならないように、じっとして~見てました。
DSC07753s-1.jpg
ウォン様の砂浜は・・DSC07754s-1.jpg

DSC07756s-1.jpg

風に吹かれて,汗が引いてく・・絶景

今回、行かれなかった場所は、またの楽しみになるね・・・って、そういう余裕の気持ちになれる場所。

鳳亭寺(봉정사)

安東に行こう~2
11時、天燈山の中腹にある新羅時代に建立されたお寺・鳳亭寺(ポンジョンサ)に到着~

ここはイギリスのエリザベス女王が1999年に訪れて「静かな山、鳳亭寺で韓国の春を迎える」と芳名録にメッセージを残し、美しい寺院だと称えたことで世界的にも有名になったそうです。
私は知らなかったが~

ヨン巡礼にはならないけれど、そんなに美しいなら行ってみたいと思って・・・そう云いながらも、ヨンジュンだってハフェマウルまで来たなら、ここも立ち寄ったんじゃないかと勝手に思ったりする。

DSC07740s-1.jpgDSC07739s-1.jpg
極楽殿は韓国で最古の柱心包様式の木造建築物、新羅様式の建物(国宝15号)
他の建物も国宝級ばかりなんですが、フツーに暮らしておられる家みたい。
干し柿の暖簾が美しかったり、唐辛子が干してあるのが美しかったり・・・
DSC07726s-1.jpg
DSC07731s-1.jpg
で・・同じ空間に慶北有形文化財の石塔あったりします。のどかです。静かです。
DSC07737s-1.jpg
DSC07729s-1.jpg
静かだけど、国宝の大雄殿を覗いてみたら、何人もの人が立ったり座ったりする、あの方法で
ご本尊の御釈迦様に礼拝されてました。真剣で厳かです。

邪魔になるようで入ってはいけない気がして、入口に立ったまま見ていたら、拝み終わった人が私に、
「観世音菩薩と地蔵菩薩様もいらっしゃるから祈りなさい」とか、云ったようです。
(えっと、あやふやな聞き取りです・・方言がきつくて~なんて、云いワケです

それで、日本式に座って「南無阿弥陀仏」を唱えてみて・・・心は真剣に、ヨンジュン様の幸せを~
実の息子達のことは日本のお釈迦様に、韓国の彼のことは韓国のお釈迦様に
DSC07732s-1.jpg
新羅ドリーム
DSC07727s-1.jpgDSC07736s-1.jpg
お寺の中でも、ポンジョンサは建物の配置バランスが最も優れて美しいのだそうです。
エリザベス女王のように、「エクセレンス!」と云ってみる。 

お昼に食べた美味しいもの~安東チムタク
DSC07746s-1.jpg
   
ソウルで食べたぬるい味の”安東チムタク”は何だったのか?と思うくらい美味しかった!! 
ピリ辛甘。ごはんのお友達のような味。遅い御昼だったから?空腹は最高の調味料。

陶山書院

安東に行こう~1 10月23日金曜日
通勤ラッシュが始まる前にソウルを抜け出そう! ということで、朝6時半、江南のホテルを出発。
Kim君と愛犬・소라 (空)が一緒です。ソラや カッチカジャ~
DSC07711.jpg
高速道路を慶尚北道にむけて  1時間後、ヨンインSAで休憩。ソラや ネリョ~
私の韓国語はには、良く通じるようです
DSC07709s-1.jpg
9時、丹陽SADSC07712.jpg
丹陽周辺の案内看板を見て、ここも面白そうだ!と云う夫、アッサ~!
テサギ撮影地があると云えば「またぺかぁ?」と云われそうなので、云わない

10時ちょびっと過ぎ、陶山書院 도산서원到着しました~DSC07713s-1.jpg
DSC07714s-1.jpg
DSC07725.jpg
駐車場から、ダラダラ坂を少し歩きます。
DSC07722s-1.jpg
入り口、屋根の修理中で、ちょっとだけ残念です。
けれども、これも来年の2010年からのVisit Koreaに合わせての事業でしょう。
韓国観光公社、気合が入ってます
DSC07718s-1.jpg
DSC07716s-1.jpg
DSC07723s-1.jpg
陶山書院は儒教の大家、李退渓が朱子学の研究教育のために1561年に建てたそうです。
儒学教育施設ですって。
DSC07719s-1.jpg
DSC07721s-1.jpg
景色はGoo~ 着いたときはまばらな人だったのに、たらたら見てる間に観光バスが何台も到着したらしく、あっという間に人人人・・さすがに秋の観光シーズンです~~

人影を避けて、建物の裏ばかり撮った・・・・

욘아여作戦会議

용준의 아룸다움을 찻아떠나난 여행 (よんじゅね あるんだうる ちゃじゃとなん よへん)

ぺヨンジュンという人の存在を知ってから後、私が韓国へ行くのは、いろいろ理由はつけても、結局、
とどのつまり・・・ペヨンジュンの内なる美しさの源を探しまわっているような気がします。

今度も、いつものように短い旅行です。
しかし、足手まとい(!)の夫君を伴いながらも、効率よくエネルギッシュにヨナヨをするために最善を尽くそうと、ソウルに着いた日は、栄養を付け、歴史気分を高めることに重きを置いたのです。・・・なんちゃって!

ま、とにかく、着いてすぐ、ヨナヨ精神とは正反対のジャンクフード、部隊チゲ(ブデチゲ)で腹ごしらえですね。これで、二週続けての登山のせいで、少し疲れ気味の夫君、一気に元気になりました!アッサ~
DSC07607s-1.jpg

私の目的は、これを食べた後、地下鉄に乗る前にTake Urban江南店で、コピをのむ事なので、お昼は何でも良かったんです。
ヨンジュンがテイクアウトするのがここなのか、アックジョン店なのか、定かではありませんが、ま、ここでもコピーを呑んだと思えば楽しいから~
(takeurbanはチェーン店なので、良く似た造りで、あっちこっちにありますからね)
DSC07615s-1.jpg
ここで、明日の行き先を少し話し合うけど、まずは、夜までの半日を、どう、つぶすかを相談。
明日のスキャンダル気分への助走をつけるため、宋廟に行ってみる事に決定。(私が独断)
DSC07624s-1.jpg
スキャンダルのウォン様とチョン夫人が歩いた池の辺は普段は公開されてないので、撮影場所には行けませんが、歴史大好き夫君には文句あるまい・・・の場所です。
DSC07619s-1.jpg
DSC07649s-1.jpg
夫君、歴史に浸っております・・ヨナヨ作戦はつづく・・DSC07625s-1.jpg
この後、S嬢とK君と会って夕食を~夫君の希望で龍水山・チョンダンドン店で、ケソン式韓定食。
食べ切れません!
DSC07686s-1.jpg


今回 を、Kim君が買って出てくれましたが、彼は、そこらへんの(韓国にも日本にも居る、ふつ~の)若い子ですから、自国の歴史にも文化にも興味を抱かず、何も知らず・・・
ましてや、ペヨンジュンと自分の違いは見た目だけだと勘違いしてるので、私がしたい事、見たいことがサッパリ理解できません。
S嬢が、それを心配して打ち合わせをしたいって・・(私との打ち合わせどおり)カフェ・ミエルへ移動することに
DSC07692s-1.jpg
ただいま、明日の旅行にむけて作戦会議してます。
ヨンジュンチームは、ここでハナヨ会議してて、私達は、韓国地図を広げてヨナヨ会議。
話を聞かない男と地図が読めない女の会議・・・ソウルの夜は深ける・・・

スキャンダルの丘

明日から、ウチらへんは秋祭りです。スカパーはペヨンジュン祭りですけど・・
秋祭りなので、明日から会社もお休みです。

なので~
明日、ソウルに行って、明後日、安東へ行ってきます(^^)/

スキャンダルを見たときから、ずっとずっと行ってみたいと思ってました。
撮影場所になった芙蓉台の花川書院を、是非、見てきたいと思ってます。
もちろん、ウォン様が息絶えた、あの砂浜を見てきたいし、
スキャンダルの川

ヨンジュンが寄った味噌工場にも行こうと計画してます。しかし・・・夫君が一緒なので・・・・
静かに歴史探訪の旅のフリをしなくちゃいけません。

芙蓉台にも上ってみたいです。
私はスキャンダルの丘と密かにヨンでいますが、ファンジニも、ここで泣いていたから、ファンジニの丘?

行き当たりばったりの旅行なので、行きたいとこリストの内、どれくらい回れるか?
参考にしようと思ったkyaputenQさんの夏旅行記・安東編は、ルートが違うから、タイムスケジュールは予測不能です。行けるだけ、行きます  
安東の道

한・아・여の取材旅行で、ヨンジュンさんが泊った北村宅和敬堂に予約もしました。
たくさんの場所を見られなかったとしても、これだけでも良いよね・・と、今から覚悟します。
(夫君が一緒だもんね・・思うようにはなりませんから~)


cyworldにUpされていた空港のヨンジュン。これ取材旅行中のお写真ですね。
光州行きの飛行機に乗る前だったらしいです。
足、ながい・・
空港のヨンジュン

あそびにおいで

この人たちも芸能人、そこそこ人気があって有名人なのに・・・
コヨンウクさんは~
ノラわ 003_0001
僕は少し前に一緒にクラブへ行ったんだ
ほんと?
ノラわ 006_0001
僕の店にパクチニョンさんが来るんだけど、ペヨンジュンさんが一緒に来たんだ。
友だちも一緒に・・
それで、パクチニョンさんとペヨンジュンさんと一緒にヒップホップクラブも行ったんだ
ペヨンジュンさんも踊ってるのを見た!
ノラわ 009_0001
ほんと?  ペヨンジュンさんは、どんな風に踊る?
こんなにして 白くて清らかな笑顔で長い髪を揺らして・・   きゃ!
ノラわ 010_0001
僕はペヨンジュンさんとオンラインゲームしたことがありますよ
いつ?誰が誰が?ヨン様と親しいの?
PCバンでペヨンジュンさんチームと、スタークラフトゲームをしたんだ。
僕がペヨンジュンさんの基地へ攻撃したんだ

ノラわ 013_0002

みんな、僕よりワンランク下だね。僕は映画で共演したんだ。
ほんとなの?
「外出」で・・・ 
ほんと?ほんと?一緒に出たの?一緒のシーンだったの?
そうだよ!
友だちになったの?
12時間も一緒にいたんだ。
ノラわ 014_0002 リサン
お互いに電話番号もおしえたり、たまに電話するの?
お互いに忙しいのに、どうして聞けるんだよ?ノラわ 017_0001
ノラわ 017_0002 
うん・・・共演・?


md22.jpg
仲良くしたいよね・・・みんな~

筋肉痛

別子銅山から赤石山まで縦走
昨日の日曜日、朝6時、「おい、行くぞ!」って起こされて・・・2週続けて登山ですよ!
勘弁してよ・・と思いながらも弁当を作る私。
行先は銅山峰。春はアケボノつつじでピンクに染まり、秋は紅葉で錦絵。
ま、かるいかるい・・と、油断した私にぽつりと「今日は西赤石まで縦走するから」
ウソ!冗談だといってくれ~~
DSC07574.jpg
ほれ・・この地図みただけで、へたる!

銅山峰の頂上まで2時間ちょっと、そこから、もう一つ向こうの山まで行くんです。
せっかく登ったのに一回下って、また登るんです。
しかも、標高の割に急勾配です。
アルプス並の急勾配って、登山家Blogで読んだことあるけど・本当だった。ちんちゃ、キツイ。DSC07597.jpg

DSC07581.jpg

目の前のこんな岩にしがみついて登るんです。岩に咲いてる花見てたら、落ちそうになったしぃ~
大丈夫か?と、声はするけど、決して手は伸びてこない。
さっさと先に行くのです。誰がって、ヤツは! ヤツもいっぱいいっぱいなんだな・・

いったい何が悲しくて、こんなとこ登らなきゃならん・・?

別子銅山が賑わった名残が山奥にポツンポツンとあるんです。
DSC07605.jpg 民家の跡
DSC07604.jpg 坑道口

ヨンジュンがミロクサジを見ながら、歴史を考えていたように、
私は、朝鮮から強制労働に連れだされ、来る日も来る日も銅を発掘するために坑道に入って行った
人たちを思った。(・・って、全然、次元が違うやん!違うけど~ツッコまないで)

・・・というわけで、両手両足を使ってよじ登ったから・・今日は筋肉痛。

アニソナ1話から~

 冬のソナタ・第1話・白黒写真。

まだ見てなくて、ネタバレはイヤなの~ってかた、スルーしてくださいっていうことも、ない?
私、レビューしないから~。 私は、ヨンジュンの声に、トロけたいだけだから・・・

追憶・・ 

huyusona11.jpg
huyusona1-3.jpg

ヨンジュンの声の部分だけネ~~
削除しました、

床で書いたサイン

昨日、探せなった 這いつくばってサインしてるヨンジュン
空港のじゃないけど、冬のソナタ撮影中のお写真、見つかりました
探してくださったのはまりまりさん
まりまりさんメールをありがとうございました 感謝します

Hさんからも同じphoto送って頂きました。ありがとうございます

これです~ くむくむさんが仰ってたのも、これですね~ 


冬ソナ中・床でサイン!
おまけにもう一枚まりまりさんから まりまりさん、お礼のメール、届いてるでしょうか?こまお!
サイン
私も探して・・、また、O&Nのサイン会の動画を懐かしく見ました。
キャーキャーとすごい歓声です。声が騒がしいので消してにしました。
 カマニカマニ(静かに、静かに) by パクジヨン




あと・・・これは、本当におこがましくて申し訳ないような、出しゃばりですが・・
サザンクロスさんからのリクエストで、ヨンジュンの手紙を韓国語に訳してくださいという・・
スミマセン。余計なことしてますが。。
これは、ヨンジュンがこの手紙を書く前に、韓国語で文を考えたはず。
ならば、いったい、どういう風に考えて日本語にしていったのか、その気持ちを辿りたいので、
推理してくださいって言うことでの「翻訳」だったんです。
ま、とんでもない出しゃばり~って、呆れてもいいから、怒らないでね、
私も、お勉強のつもりで、やってみましたが、どなたか、添削して下さるとうれしいです。

긴 여행을 끝내고 돌아왔습니다.
좋은 것을 보고 듣고, 먹고 있을 때
가족의 여러분이 우선 먼저 생각해 떠올랐습니다.
앞으로도 가족의 여러분과 같은 꿈을 꾸고 싶습니다.
2009.9. 30
배용준 올림
nikkan-12.jpg

2002・5月のサイン会

みやね・・・
空港の床にしゃがみこんで、サインをしてるヨンジュンの写真を探したんですけど、見つからないの

DATAが飛んでしまってるのも、あったし・・・・・シュン・・・
ものすごい数のDATA・CDを開けて見てると、いちいち懐かしくて、なかなか作業がはかどりません。

2002年のサイン会のお写真
写真だけでも、ヨンジュンが一人ひとり丁寧に心をこめてサインしてあげてるのが、分かります。
サインして握手して、お話して、一緒に写真も撮って。6時間、ずっと笑顔だったと・・

3183.jpg
3184.jpg
3246a.jpg
3246b.jpg
3247c.jpg
3249d.jpg
3250e.jpg
3251e.jpg
3252f.jpg
3253g.jpg
3290.jpg
3291.jpg
3292.jpg

ヨンジュンニム~今はね、もう、こんなことしてくれなくてよいです。
サービスしてもらうことは望みません。イベントも、もう、いいからね。
あなたの夢に向かって、歩いてください。
その姿を時々、見せてくださったら、良いです。

大好き!ヨンジュン

小さい話だけど

小さい話だけど、すんごく羨ましい話,そして、ほっこりする話。 ByjGallaryから・・・
 ベ・ヨンジュンさんの本 「韓国の美しさを辿る旅 」 直筆サインを受ける 

byjs0.jpg

清淡パルガンセサン眼科 2009.10.14日 blogより 

本を楽しんで読む方ではないけれど、それでも旅行関連の本は好きなんですよね。
数日前、購入した本.

購入する前に、巻中に出てる写真イメージが良くて、
それに、こんな旅行本を見ていれば、私が主人公になったような感じがして、
旅行が沢山できない私としては、旅行本が好きです。

最近、通勤中に楽しんで見ていたDMBを手放すようにしてくれた本です。
ファンタジーでもなくて、推理小説でもないから、興味津津なストーリーを期待してはいけないのです。
本を見ていれば.・・あ、食べたい、行ってみたいと感じるようになります。

ところが、今日、病院へいらっしゃいましたね。その方が~~

こんな光栄が.・・・

ためらいました。サインを頼んでも良いか..悩んだ末に
マネージャーに丁寧にサインをお願いしたら
その方が、名前も聞いてくださって、瞬間、もう!時間が止まったようでした。

あまりにも、こころよく 本にサインをしてくださいましたね。
やっぱり、ポスは特別でした。

先日、膝打ち導師で、タレントのチェ・カンヒさんが言っていた言葉を思い出します。.
"光彩が感じられます." という言葉です.。

サインを受ける時、緊張しすぎて言葉もまともに出てこなかったんですね.

もしも、この文を見られるようならば、サインを、ありがとうございます.。そして・・
そして、ベ・ヨンジュンさんも幸せになってください。(やさい意訳)

cap100.jpg
2009sp26.jpg

眼科・・
日本で沢山フラッシュを浴びたものね。
サングラスをしてないときも、いっぱい、パシャパシャってね。
フラッシュは目に良くないから・・

フラッシュ焚かなくても あの方からは光がでてるって~

カタマリ具合

皆さん、こんにちは~

昨日の記事で↓ ジウちゃんに腕を掴まれたヨンジュンのカタマリ具合 って書いたの、何のことか分からない方もいたようなので・・・
キダリッケヨさんも、クングメ~って

kyaputenQさんの動画をお借りして、説明します。
えっとね、オープニング動画の6分44秒あたりです。




二人で出てくるとき、ジウ姫がヨンジュンの腕を掴んでるんですが・・
ヨンジュンも笑顔でジウちゃんをエスコートしてるんですが・・・

ここでですね~ジウ姫ががヨン王子の腕をつかんだら、次は、ヨン王子の腕にジウ姫の腕を回して、
あのですね~腕をからませるってか、その・・腕を組むのが自然の流れでしょう。
なのに、最後まで、ヨン王子は脇をしめて、ジウ姫の腕が絡まるのを拒んでるように思ったの。

ヨンジュンは体力的にキツかったから、大きなジウ姫に絡まられたら倒れそうだったのか?
あの、私の席から、そう見えただけで、私の思い込みってこともあります。

ついでに、これも借りてきたから、どうぞ~~


何度みても、良いですね~

手紙

アニメ 冬のソナタ 序章 

ジウ姫には恋人もいるし・・
イベントで、足を滑らしそうになったジウ姫に腕を掴まれたヨンジュンのカタマリ具合を見たら、
この二人がプライベートで、どうのこうのは絶対にないだろうな~とは、思うけど・・
ジウ姫は、ペヨンジュンと一緒のときが、本当に輝いて魅力的だと思う。

それにしても ペヨンジュンの声はどうよ。 
ベルベットボイスなんて云ったけど、そんなんじゃ表現できないくらい、いい。
アニソナ1
アニソナ2
アニソナ3

ジウ姫の舌足らずな喋りも、ペヨンジュンの声と一緒に聞くと、いい。すんごく、いい 泣ける。

届ける予定のないユジンの手紙、舌足らずな チュンサンガ チャルチネンニ? だけで 

削除しました

二人の想いが、切なくて切なくて・・・ ハマる~
ユジンの手紙は、そのまま、ヨンジュンシスターズの気持ち


大混雑の山頂

紅葉の石鎚山、登ってきました。海抜1998m。
年に一度は登りたい人気のお山です。今年は冬に一回行ったから、二回目です。
何回登っても、いつも、初めてのような感動があります。
いつも、違う姿で迎えてくれます (はい、誰かさんみたいです~ヨン
DSC07551s-1.jpg
上り始めて1時間、まだ、頂上はあそこ・・遠い!

昨日は、ちょっと出遅れまして~ 7時、自宅出発、高速道路と山道を走ること2時間ちょい。
土小屋登山口に9時過ぎに到着。
DSC07554s-1.jpg
ナナカマドの向こうに頂上が見えます。まだ遠い。
お天気はいいけど、先日の台風の影響で、道はぬかるんでました。
だからよそ見は危険ですね。足を滑らせたら、ずる~~っと谷に落ちます
DSC07569s-1.jpgDSC07572s-1.jpg
DSC07571s-1.jpg
それでも、花を見つけてこける私・・きょろきょろするな~

登山って、登り初めと、もうちょっとで山頂って時が、すっごくキツイです。
何かを始めようとしたときも同じです。
取っ掛かりはタイヘンですが、やり始めると案外すいすいと事が運び、「なんだ、簡単じゃない」と思ってると、フィニッシュで困難が待っている。
あと少しのとき、あんまり苦しいから、「もうこんなこと二度としない!」と思うけど、暫くすると再び苦しいけどやってみたくなる・・・
だから、登山って人生のようだし、何かを作り出す過程に似てたり、する。
DSC07557s-1.jpg
あと1時間で頂上~って見上げて・・ゼイゼイ
NEC_0014.jpg
携帯で撮った大混雑の山頂。こんな崖に腰掛けてお弁当を食べます。うまいです。

濁りなきもの

このグラビアの記事が気になって・・細かいことだけど~

20091018sm1.jpg
(sunday mainichi  from byjgallary/polaさん、感謝します)
20091018sma.jpg

これ、間違ってはないですけど~ 私が、拘ってるのは細かいことだけど~
なんで、に濁点をつけるかな~

会場全体が ギャー!! ってひどくない? 

ギャーって云う声は、驚いたり、怖かったりしたときに出る声でしょ・・ギャーって。
 きゃ~~  きゃ~~ でしょ
テンテンはいらないでしょ!テンテンは・・・ギ と キ じゃ大違いです
こういうのね、おじさん記者さんのあざとさってか、意地悪さを感じます。 え?女性記者
じゃ、もっと、おば様たちへの意地悪な視線を感じます。 良い記事なのに惜しいわね、ふん!

濁りのない人の応援をしてるんだから、歓声も濁っちゃおらんのです

ま、テンテンが付いてるように聞こえてもですね、ここは、優しさでテンテンはつけないで、
キャーと書いてくれたら良いでしょ。フツ~に、え?そうでしょ?

cap080.jpg
cap083.jpg
cap088.jpg
cap089.jpg
cap090.jpg

濁らないのよ・・澄んでるの   ホレ、記者さん、見習ってね!
nikkan-12.jpg
キャー 

ようじや

一週間前、10月2日、ちょうどヨンジュンが羽田空港から帰国した日、私も羽田にいました。
ヨンジュンはもちろん国際線出発ロビーで、私は当然、国内線ですけど~
(それが、どうした ですね~~

韓流イベントクイーンのSさんとイラストレーターMちゃんは羽田まで見送りにきてくれた?
私と別れるのが、名残惜しくて?
そうでは、ありません 

ラテアートに凝ってるMちゃんが、羽田のようじやカフェのラテアートが気になってるから、
ぜひ!見たいって~~(なんだ、私のためじゃなくて、ようじやのラテのため~笑)

これ・・ヨンジュンが緊急帰国したらしいとメールを貰いながらも、気にしなかった私って?カジョク?
DSC07525.jpg
はい、カジョクです

さらに、万年筆も・・
カジョクはこのシーンに感動して、サファリの同じタイプの万年筆を購入したというのに・・・
http___www_youtube_com_watch_v_lCL-bykekJc_0002.jpg
私は、万年筆は使わないから~と、ボールペンにした! これでもカジョク?
NEC_0012.jpg
アバウトなカジョクです。 キャップしたら同じジャン・・って思うくらいアバウト

1週間もたったのに、まだ、夢の中、ようじやのカフェアートのお顔のように、あの日、
私の心は、クリームに溶けたようです。   今、お仕事せねば・・・私、今夜、帰れない 

感動のイベントでしたね~。素晴らしい構成でしたね。ヨンジュンのアイデアですってね~
何度でも、ありがとうです。

ささ・・・あとちょっと、お仕事残ってます。ヨルシミ ハゲッスミニダ~

笑顔はたやさず

eじゃん ソウルから~
ペヨンジュン笑顔は絶やさず

「韓国の美をたどる旅」とアニメ「冬のソナタ」のプロモーション為に1年ぶりに日本を訪ねたぺ・ヨンジュン が2日、日本での予定を全部済ませないまま緊急帰国することになった。24日韓国で行われた出版記念記者会見で必死に元気な姿をみせていたが、連続したスケジュールには耐えなかった模様。
羽田金浦間の午後便で入国口を出たぺ・ヨンジュンは鼠色の帽子姿に右肩にはカメラをぶら下げていた。
面影では心配するほどではなく、明るい表情で空港の出口に足を運んだ。
その際、偶然ぺ・ヨンジュンを発見した人々が握手を求めると爽やかな表情で握手をしたり出を振ったりしながら割りと早足で空港から出ていた。
ほんの数十秒のでき事だったが、なんとなくカメラに抑えることができた。
話によるとぺ・ヨンジュンはソウルに戻った後すぐ病院に行ったが、よかったことに体には異常はないという。(eじゃんソウル)291002_kimpo_011.jpg291002_kimpo_03.jpg
291002_kimpo_04.jpg
291002_kimpo_06.jpg
291002_kimpo_05.jpg
291002_kimpo_021.jpg
291002_kimpo_13.jpg
291002_kimpo_11.jpg

おまけ!! Daumより 一昨日のペヨンジュン
daumoffice.jpg

Daum 漢南オフィスにヨン様がいた。

昨日昼 3時頃、仕事をしてたら急に私の目の前で何か光彩を出しながら人が通りすぎたのでした。..
初めは・・誰だっけ 誰なの??でしたが・・
よく見たら、 'ヨンサマ'  わお!
何の知らせもなく訪問をしましたね。 ヨン様、背丈は、そんなに大きくなくて..顔は、本当に小さいね。.
とにかく昨日はヨン様を、 3メートルの距離で見た日~!!(やさい意訳)

笑顔で帰国してるんじゃない!だれ!?抱えられるようにしてたって言った人は?
それから、一昨日の写真は、エレベーターの中の写真と同じ会社の女子社員ね
元気そうじゃないですか~~~よんさま~~~


新大久保 vs 銀座

先週、ほとんど仕事してないんだから、もっと、シャカリキにならなきゃいけないというのに、
まだまだ、夢の中です。一日に何度も遠い目をして、ぼんやりしてます。かなり、やばい。

夢のあと
小雨模様の30日の深夜、夢の空間だったドームを覗いたら・・・
DSC07479.jpg
クレーン車なんか入って、夢舞台を撤去してました。
DSC07484.jpg
ちょびっと涙がにじんだネ。

新大久保・オモニ食堂
30日は、ヨンジュンのイベント大成功をお祝いして、焼き肉&マッコリで盛り上がりました。
DSC07473.jpg 三人で呑んでしまったからマッコリ記念日 

でね、みんなが帰ってしまった次の日。
韓流イベントクィーンのSさんと、韓ドラアジュンマとは一線を画すイラストレーターのMちゃんと、
雨の銀座でランチしたんです。
タイ料理店に行く予定だったのに、この韓国料理店の前を通ったらプ~ンといい匂いがして、その匂いに誘われて、つい、ふら~っとと入ってしまったんです。そしたら、思いがけずだったので、ご紹介します。

銀座、竈(アグンイ)
DSC07516.jpg
DSC07513.jpg
昨夜の輿に乗ったヨンジュンを思い出す私。呆れるSさん、Mちゃん・・

さすが、THA GINZAです。オッシャレ~~
DSC07523.jpg

純豆腐チゲのランチセット。辛さが上品。デザートが愛玉子(オウギョウチー)、おしゃれ~
DSC07524.jpg

新大久保の味も量も、文句ないだろ~!!てな店もいいけど、こんな上品なのも、です。
ここ、お値段はフツーにリーズナブルなランチのお値段。1200くらいだった?忘れたけど

このお店、ひとりランチができそうなお店でした。
方向音痴の私ですが、覚えておきましょ!AGUNGIのHP 

韓流イベントクィーンのSさんから聞いた韓国芸能界裏事情、面白かったけど書けない
ヨンジュンには全く関係のない、別の世界の話ね。

2009100110495836253_1.jpg

拍手欄にコメント下さってる皆様、ありがとうございます。ソートー面白いコメントもあって、私だけが読むのはもったいないオバケが出そうですよ。良かったらの(CO)欄デビューなさってくださいね~

우리 회사에 배용준이 오다!

今日、私の会社にべヨンジュンが来た
BYJGalleryに、立て続けに3本!↑の内容のBlogが紹介されてます。
今日というは、「今日」らしいけど、そして、会社って???なんです。
私の理解力と時間が足りなくて、詳しく分からないんです。

でも、とりあえず、今日のヨン様の姿なら、元気なんだと分かって
むちゃくちゃ嬉しいし
そうじゃなくても、カッコイイから嬉しいし・・だから、間違ってたら、ごめんなさい。




욘사마 배용준 울 회사에 오다 ! 2009/10.06.14:38  http://blog.daum.net/samsunglions/106
(意訳しました)

屋上でしばらく休んで事務室に下ったら、廊下が騒がしい
オフィスレディー達が、すっかり目をハート模様にして・・・.

甚だしいのは、顔が赤くなって、どうしたら良いか分からなかくなってる女子社員もいた。
なんだと思ったら ヨン様だ、ヨン様・・

直ちに席に行ってカメラを持って来た。
しかし.....用心棒によって、写真撮影は阻止された。遠くからでも・・・

どうしたら良いか分からない私の会社のオフィスレディーたち BUG_7087.jpg
用心棒のために、近寄ることもできなくて.....
BUG_7088.jpg

エレベーターに乗る姿だけ、やっと1カット。
BUG_7090.jpg
BUG_7091.jpg

成田空港では ありません
BUG_7092.jpg
BUG_70921.jpg

実際に見たら.. 思ってたより、すごく痩せてる。.後姿はまるで女みたいだ.. .完全で羨ましい体つき。

 

検査の結果、異常なし!

ノーカットニュース(チョンウンビョル記者)

ベ・ヨンジュン 5日精密検事終えて、帰宅。 病院側 “安静に休むように”勧め、自宅休息中

ベ・ヨンジュンは 5日午後、ソウル江南の病院で精密検査を受けた。
これより前に、ベ・ヨンジュンは、去る2日、日本から帰国してすぐに、同病院にて簡単な診療を受けたが秋夕の連休を控えていたため、詳しい診断を受けることができなかった。

所属社 BOF 関係者は 、『病院側から、大した異常は無いので安静にするようにと勧められ
現在、ベ・ヨンジュンさんは自宅に帰り休息中だ
』と明らかにした。

引き続き 『多くの方々が心配してくださったお陰で体力が回復した』と言い
『元気になった後、予定された アニメーション冬恋歌の ダビング作業に拍車をかける予定』
と付け加えた。(以下略) やさい意訳
tyu1122.jpg

ほらね 美味しいもの食べて、ぐっすり眠ったら、元気になります

tyu.jpgphoto from ぴあ
池袋アニソナ展で一番好きな絵。 
サインもあったし、ヨンジュン自身もお気に入りだったと聞いて、印象に残っていたチュンサン。

絵に残されたBYJサインは、
予めBOF事務所に届けられた絵にヨンジュンがサインしたんだろうな~って漠然と考えてました。
私、知りませんでした!驚いた!呆れた!!
ヨンジュンはアニソナ展の開催前夜に、わざわざ会場を訪れてサインしたんですって?
やれやれ・・日本に居る間、フル稼働だったんだね・・ 

ヨンジュナ ご飯を食べてから、また寝なさい



ブックカバー

ヨンジュンの本だから・・・

私は、あんまり本を大切にしない方かな?
書き込みはするし、汚れても読むのに支障のない程度なら気にしない方です。
大ざっぱ。

だけど韓国の美を辿る旅 別。 
読書用、保存用って買ったのに、その読書用だって汚したくない。
でも、汚れないようにカバーをしたら、あの素敵な表紙が隠れてしまう・・

mukuちゃんが良いアイデアをくれました。
表紙はモノクロだから、コピーしてカバーにすれば良い

韓国版の横サイズは、ちょうどA2の大きさです。
日本版は少し小さいけど、センターを合わせるようにしてコピーして・・DSC07531.jpg
裏を折り返えす。このときに、ぴったり折らないで、1~2mm大きめにおる。
DSC07532.jpg
背表紙も折って・・
DSC07534.jpgDSC07533.jpg
出来上がりの裏側に、本を表紙ごと差し込んで
DSC07535.jpg
DSC07536090.jpg
できあがり
DSC07538.jpg
これで、何処でも持っていける・・難点は、重い

仕事しろって・・

最善という言葉

BYJGallaryのオフ会 
私たちも混ぜてもらいました。
DSC07446s-1.jpg
DSC07426.jpg
DSC07427s-1.jpg

懐かしい人にも逢って、ハンドルネームは知ってても初めての人にも逢って、
お土産にGallaryの皆さんの素敵な作品を頂いたり、(手ぶらで参加して、恐縮してます)
DSC07529.jpg

こういうとき、いつも思うこと・・・
食べる口と、喋る口が欲しいのです。 
DSC07431.jpg
DSC07438.jpg

用意された横断幕に、ヨンジュン氏へのメッセージを寄せ書きしたり
DSC074378.jpg
みんなの愛のメッセージでいっぱい。 ヨンジュン氏のお顔はきれいなまま 
DSC07445s-1.jpg

こちらの横断幕にはヨンジュンのメッセージ。 達筆です~
DSC07436.jpg
                ↑ このへんにBYJのサイン
ヨンジュンから寄せられたメッセージDSC00004.jpg


가족 여러분의 사라에
최선이라는 이름으로 보답하겠습니다 
감사함니다 ^^
Bae YongJoon  2009.9.25

家族の皆様の愛に
最善という言葉でお答えします
ありがとうございます  ^^
Bae Yongjoon  2009.9.25 


ヨンジュナ~、
今の貴方の최선(最善)は、よく寝てよく食べること。
元気が余るほどになったら、再び活動を始めてください。

貴方は家族を心配しないで。
貴方が書いてくれた本を読んで、皆、幸せですから~
私達の愛は永遠で無限ですから~

アニメも始まるしね

BYJGalleryオフ会実行委員の皆様、素敵な会をありがとうございました。
とても楽しい思い出になりました。感謝します。またお会いできる日を楽しみにしまてます。

赤絨毯の人々

アジア専門チャンネル「DATV」開設記念レッドカーペットセレモニー

E-Mailで届いた招待状だから、イマイチ現実味がなくて、mukuちゃんに付き添いを頼みました。
もしも、「これは幻です」と云われたら、がっかりして一人じゃ帰れないかもしれないし、
本当にレッドカーペットで、ヨンジュンをお迎えできたら、ぶっ壊れてて一人じゃ帰れないかも知れないから、付き添いは必要でしょ!(mukuちゃんはいい迷惑だったかも~

098.jpg


午後3時半、迷いながらも、やっと辿りついたクラブハウスの横、駐車場。
黒服のスッタッフがあふれ、おばちゃんもあふれ、場違いなレッドカーペットが敷いてある。 
NEC_0011.jpg

おおお・・・冗談ではないぞ うわ~どきどきしてきた 

300人の当選番号は、それぞれ100人づつA,B,Cの三つのグループに分けられて、
A01,A02・・・と予め自分の番号は決まってます。

グループごとに1列10人で10列に番号順に整列して待たされます。体育祭の練習みたい。
あ、いや、年齢層がバラバラだから・・町民運動会の入場門付近の雰囲気か?

並んで待ってるとき、急に、はどうするのか?と気になったので、受付のお姉さんに聞くと、
はありません」というではないか! へ・・・なんですと?
ヨットクラブの化粧室は使わせてもらえないという・・・

あのね~ 300人のおばちゃんがね、二時間半の間、誰一人行かないで済むと思います?

ま、当然に行きたいと騒ぎ出しますね・・・

それで、徒歩5分くらいのところにある公衆WCに行かせてもらえることになりました。
黒服にインカムマイクをつけたスリムな男前スッタフが、着飾ったおばちゃん10人くらいづつまとめて、
引率して公衆まで何回も往復します。
これぞ、ファジャンシル(化粧室)ツアー

めでたく(何がメデタイか分からないが)、トイレの問題を解決して戻ったら、さっきまで居なかった人が居るんですわ・・??
香港から来たBYJカジョクがファジャンシルツアーの後尾について入ってきて並んでるんですわ。
言葉が分からない振りしてますが、確信犯ね 
1列10人X10列のスクエアが崩れるから、スタッフが飛んできました。
当然、つまみ出される・・

4時半いよいよ~~レッドカーペットの両脇に移動が始まります。
カーペットの両脇にABCの順に3列に並びます。
私はカーペットのイチバン端っこ。上のお写真で云うと、左端のお兄さんが立ってるへん。

3列目は、背が低いと前の人の頭か背中しか見えませんね~。
すると、中の一人が『前の人、座ってくれないと見えんから~ 』と言いました。。
おいおい・・レッドカーペットの脇に座っちゃいかんやろ~~

おばちゃんは、さらに 椅子も用意してないの?といいます。
こ○さんツアーじゃないんだから~~

あのね~ 私らはね、レッドカーペットを歩くゲストの背景に起用されてるだけなのよね。
私らが見えるか、見えないかは、関係ないのよ。わかるかな?
おせっかいにも説明する私。

レッドカーペットの意味を理解してないおばちゃんは、TV的に必要なファイター系黒服に
兄ちゃん、しゃがんで!」と言う・・・・

5時ちょっと前 そろそろ、始まるよ~
白いリムジンが入って来たら、ヨンジュンか?と、ざわめくおばちゃん。。。。
あのね~ ヨンジュンはメインゲストなんだから、トリに決まってんでしょうが・・

先ず、白いリムジンで司会の中山秀ちゃんと真鍋かをりちゃん、華やか~~
ずっと喋り続けてるおばちゃんが(私もおばちゃんだけど・・)
次はだれ?
と、周りに聞く。来たら、わかります
けど、正直、どうでも よい。


車が入って来るたびに、可愛い~!キレイ!カッコいい!とか云いながら、まばらな拍手します。
盛り上がらない。
気持ちはペヨンジュンに行ってるし~

武豊、ユウコリン、大黒魔季、雛形あきこ イセナ、カンヨファン、超新星、上戸綾ちゃん、SGワナビ・・
鶏がらのように痩せた調理研究家? 不味そうだ・・・

化膿姉妹 叶姉妹だ・・・・どうか、ヨンジュンの目に入りませんように
IKKOさんの登場で盛り上がったけど、すぐ、しぼむ。

5時半すぎ、もう、みんな、飽きてきた
お腹がすいたポツリと呟くおばちゃん。

どこら辺に座ってました? 私はねアリーナ!と、レッドカーペットを誰が歩こうと構わず、
自分が見たヨン様の話で盛り上がってるおばちゃん。
おしゃべりに夢中だから、拍手しない

5時45分、シンさんと運ギョンが来た。運ギョンまで来る必要があるか??
シンさんはドアマンのブラック君にガンを飛ばす。今ね、貴方たちは、いらん・・・

ADさんが持ってる紙に「そろそろ石田純一」とあったのに、なかなか来ない。
中継は6時まででしょ?
順番を入れ替えて、ヨンジュンの車を先に入れます。

6時ちょっと前、来た  来た 来た~~

黒いリムジンの扉が開いたら・・周りがピカ~っと黄金の粒子が飛んだよう。
足が見えて・・・その足が地面を踏みました。

きゃ~~~

これぞ、正しいスター
今まで何組も見たのは、あれはなんだったんでしょう?

レッドカーペットの端に立つと、周りが金色に輝くよう。
お顔や姿がいかに美しいかは、説明不要

けど云いたい。かっこいい~~~ きれい~~ 

ヨンジュンが歩くと興奮したおばちゃんは一斉にあるく!
整列してたのがダンゴ状態。
私?、(出遅れて)ダンゴの中に入れなくて、自分の場所でモニターのヨンジュンを見てました。
インタビューを受けるヨンジュンの素敵なこと。

ヨンがパーティー会場へ消えると、みんな、そのまま出口に向かって歩き出しました。
司会者が慌てて「もうすぐ石田純一さんが登場します。暖かな拍手で迎えてください」と云いますが、
そんなん、、もう、ええわ~ って、皆、力が抜けてます。
しかし、ヨンサマ家族なら、出来ますよね?と云われたら、私の足が止まった
自分のポジションに戻って、パラパラとまばらに拍手。

ヨンの前に登場するはずの石田さん、放送が終わってから来るなんて・・・マヌケ。
帰りながら・・・聞こえた声お土産とか無いん?! ありません。あ、 DATVのチラシ頂きました
DSC07496s-1.jpg
113.jpg

ヨンジュン、本当におつかれさま。 頑張ったね。ありがとうね

韓国の美は、やはりヨンジュンだった。

ホテルのPCからのUPなので、ちょっとだけね。
聞いてほしかったのよ~

今朝(もう、昨日だね) 見たTVのワイドショーでね、ヨンジュンとジウ姫がハグしたとき、会場から
「やめて~!という悲鳴が上がった」とレポーターがコメントしてたんですが・・

ちょっと!まった~

あのね、確かにキャ~って、声あげましたよ、みんな。
でもね、それは・・
わ~~ よかった~~  うれしい~~  の歓声だったと思います。
みんな、チュンサンとユジンの恋を応援してたんだから、二人が抱き合った姿に、する人はいません。  と、私は思った・・・

韓国の美のイベントのお席は、またまた、ヨンジュン氏のお背中を見つめる位置でした。
079.jpg

070.jpg


午後3時すぎ、ホーム側にあるVIPルームから、大きなガラスの窓に顔をくっつけるようにして、
だんだん家族で埋まっていく会場を見おろすような人影がありました。
人影の顔が見えなかったけれど、ヨンジュンだと思いました。
髪の長さや肩の広さがヨンジュン氏のそれ、そして、ガラスの窓から覗き込むように見ている雰囲気がヨンジュン青年でした。

たっぷり3時間半、一緒にすごせたことに感謝します。
歌も歌わないで、ピアノも弾かないで、踊ることもしないで、ただ、数行の手紙を書いただけで、
45000人を泣かせた人。
こんな人が本当にいるんです。幻じゃない。ちんちゃ・・・

長い旅を終え 戻って参りました。
良いものを見て、聞いて、食べている時、
家族の皆様がまず先に思い浮かびました
これからも家族の皆様と同じ夢を見て
行きたいと思います

2009・9・30 배 용준;


明日、DATVのレッドカーペットセレモニー観覧があります。
メールで招待状が来たんですけど・・・・
プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。