スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜びの日に

=BYJのインスタグラムより=

yongjoon_bae
식장으로 향하는 길입니다.
式場に向かう道です。
떨리면서도 설레는 마음입니다.
震えながらもときめく気持です。
가족 여러분의 염려와 축복은 언제나 저에게 큰 힘이 됩니다.
家族皆さんの心配と祝福はいつも私に大きい力になります。
함께 하지 못해서 미안합니다.
共にできなくて申し訳ありません。
하지만 당신들께 배운 사랑을 기억하며, 이제 한 가정의 가장으로도 잘 해내겠습니다.
けれども、あなたたちから学んだ愛を心にとどめ、今や一家の家長としても しっかり務めます。
행복한 모습 자주 전할게요.^^ 고맙습니다!
幸せな姿を 度々 お見せします。 ^^ ありがとうございます!
여러분도 항상 행복하세요!
皆さんも いつも お幸せに!
926862954359845950_n.jpg
おめでとうごじゃいますぅ~~

いや~~嬉しそうですね~~
デレデレ・・
この表情だけで もう お腹いっぱい

ブライダルシャワーの様子ですと・・(wowkoreaより)
CK5Sz-RVAAA8GPD.jpg



は、ニッカンスポーツより・・
byj_201507271341289a2.jpg
(ペ・ヨンジュンの結婚式が行われるソウル市内のホテル内の道路で、祝福しようと詰めかけた日本人ファン)

えっと・・・おめでたい日なので、このシュールな風景へのコメントは控えさせてただきます。



ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/










スポンサーサイト

結婚するってよ♡

アイゴ!カプチャギヤ~~!!ってこういうときに使うのか?

さっき、本当にほんの一時間前、私、知りましたわ!
みなさん、ちょびっとでも噂を聞いてました?

ペ・ヨンジュン、結婚するってよ。
(・ω・)ノ--==三三三 >゚)))彡 おめで鯛


ペ・ヨンジュンについてお知らせ(キーイースト公知翻訳) 2015-05-14

こんにちは。キーイーストです。

皆さんにお知らせがございます。
ほかではなく...ペ・ヨンジュンと俳優パク・スジンさんが今年の秋に結婚をすることになりました。

二人は以前から知り合いで、先輩後輩の間柄であり、今年の2月からお互いに理性的な好感を持つようになり、恋人関係に発展しました。

ペ・ヨンジュンは、明るい性格と深い思いやりを持つパク・スジンさんに好意を抱くようになり、恋人として愛を育んでいきました。パク・スジンさんもそんなペ・ヨンジュンの暖かさと細やかな配慮に信頼と愛を持つようになり、恋人関係に発展しました。

二人の交際期間はあまり長くはありませんが、多くの点で共通の興味も多く、話もとても合っています。
また、二人はお互いに配慮し、奨励しながら、お互いに対する信頼と愛の確信を持つようになり、最近になって、自然に結婚を約束しました。

現在両家の両親にも許可を受けた状態です。具体的な結婚式の日程や場所などは決まっておりません。結婚式は今年の秋頃を予定して進めております。

結婚式に関する具体的な事項については、今後決定したらお知らせする予定です。

家族の皆さま!二人の美しい出会いと新しい出発に祝福してくださいますようにお願いします。
そして、家族の皆さまも、いつも幸せな日々を送ってくださることを願っています。

●パク・スジン プロフィール
1985年11月27日生まれ。
2002年ガールグループSugarでデビューし、歌手として活動、大きな人気を集めました。後に俳優に転身し、清純な容貌と女性らしく洗練されたイメージで人気を博しています。

2007年ドラマ「彼女がラブハンター」を皮切りに、「花より男子~Boys Over Flowers」、「善徳女王」、「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」、「僕らのイケメン青果店」、「となりの美男<イケメン>」など多数の作品に出演しており、演技活動のほかに様々な放送番組でMCを務めるなど多方面で活躍し、マルチアーティストとして脚光を浴びています。
特に、2010年から現在までオリーブTV「Tasty Road」のMCを担当しており、素直で気さくな変わらない魅力を発揮し、“グルメレポート女神”に浮上しました。大韓民国を代表する“健康美人”として注目されており、若い女性の憧れの的であり、ファッショニスタとしても多くの人気を集めています。

現在、衣料品、化粧品、靴、バッグ、酒類など多数のブランドの広告モデルとしても活躍しています。また、SNSを通じてユーザーと親しくコミュニケーションをとり、明るく気さくな姿で多くのフォロワーたちに大きな愛を受けています。



パクスジンって・・これ、この人 
2012082301607_2.jpg
o0450059412121899577.jpg

ずっとずっと 家族と呼ばれる一番遠いとこから

糞姫との関係を あ~でもないこ~でもないと、推測憶測していたら

あっさり 「破局だヨン!」と幕ひきで、

んじゃ、新作か??と ウッスラ 期待してたんだけど、

こう来ましたか~~    

キタキタヾ(゚ω゚*)ノ


ようやく おちつくね。
(* ̄∇ ̄)/☆;:*:;☆Congratulation☆;:*:;☆

1週間の

・・・・・・ごぶさたでした。
12月になってブログアップまだ一回もしてなかったワ・・

で、その間一週間、BYJが日本に居たそうで?
昨夜の便で帰ったと?

DAに寄れば「お仕事」での来日ですって。
つまり、会社の経費で来日してるということですね?

一体、何しに来ていたんでしょう?
いつものように、後で「あ~これか!」と分かるなら、
なるべく、私らが嬉しい目的だったら良いのに・・・ね。

ツイッターからです。
y3_2014120410595838a.jpg


   y1_20141204105955054.jpg


   y2_2014120410595755f.jpg


お変わりなくお元気なようで、良かった!

で・・・

何してたの?


べ・ヨンジュンを指名します。

あ~~とうとう!

きた!

韓国芸能人にアイスバケツチャレンジしだしたとき、来るかな~と嫌な予感がしてたんだけど、なんと、ワインのアトムから来たわね、BYJにご指名。(--;


ソムリエさんのFBから
https://www.facebook.com/joonhyuk.lee1
I nominate Yong Joon Bae , Seungbong Lee & Ho Joon Kang 
bea.jpg

=FBからアトムのコメント=
こんなに意味深い寄付行事に参加することになって本当に嬉しいです.
私を推薦してくださった ジャン嬢に感謝いたします.
この行事が一度のイベントではなく持続的な関心と愛で難しい環境に処した多くの方々に、少しでも助ける力になったらと思います.
私は今日 私と一番親しいワイン友達3人をこの チャレンジに招待したいです.
まず あの本 "ワインと人"を企画し、すべての印税を苦難の方々に寄付するように手伝ってくれ、寄付の楽しさと分配の美学を教えてくれた俳優ベ・ヨンジュン様に この challengerに参加することを勧めたいです.

(以下略)


・・・ったく!

BYJは寒がりなんだからね!

あ、夏だから いいか。

こういうこと、やるかな BYJ。

24時間以内ね。

彼の性格からしたら、
バケツの氷水をかぶるのは断って、寄付だけするような気がする。

思慮深く、冷静で、自分の考えを持ってるから
他人に促されて 寄付するとか パフォーマンスするとか しないと思う。

が・・・・・

ここからは 私の矛盾

バリのホテルのプールで泳いでたときみたいなの
ずぶ濡れのを見たいような気がする。。。

しかし、
BYJのFBは非公開だぜ?

何・・・・もう・・・・




やっぱり これは 「幸福の手紙」みたい。

bea2.jpg

.
ソムリエ・アトムめ!


「冬ソナブーム」の裏側

今夜は、前記事のコメント欄からコピペしてアップします。
前記事『中国大会アイフル懸賞問題 』の内容とは別の話題ですが・・。

この話題のきっかけになったコメントをくださった方は、2004年9月号の『正論』に掲載された『冬のソナタに涙するの良いけど・・・日韓友情年に向けてつくられる友好ブームの裏側』を読んで、そこに書かれてる通りに冬ソナブームは造られたブームだったと思われたようで・・

それへの私のお返事コメを、少し修正して改めてアップします。
私にしては、ちょっとシツコイなと思いますが、10年前を懐かしかしく思い出したものだから!



>>2005年日韓友好年に向けて作られたのが、あの「冬ソナブーム」だという話があります。
初来日羽田に5000人は、民団やマスコミ総動員で集められたのは事実のようですね。


いいえ。
冬ソナブームは造られたものではありません。
あれだけは、確かに、ありました。
自然発生です。その中にいた私が証拠です。

それまで欧米の作品で占められていた「海外ドラマ枠」に「冬のソナタ」をぶっこんだのは「2005年日韓友好年」に向けての仕掛けだったかもしれませんが、小雨が地面を濡らすように広がった「冬ソナ」人気はホンモノでした。

ちなみに、私は「冬のソナタ」をNHKで初めて見たわけじゃないんです。
NHKの放送前に韓国の知人からもらったビデオで、いわば「恋に落ちた」んです。
ドボンっと恋に落ちた・・それ以外の言葉が見つからなくて、笑うなら笑ってください。


また、初来日に動員がかけられたというのもウソです。
あのときは、公式サイトに到着時刻や宿泊先が明らかにされていたから、その事実を踏まえて「動員した」と言うかもしれないけど、やはり、あの時の盛り上がり方は「動員」と言うのとは違います。

先ず、2004年のアジアツアーは、ペヨンジュンの初主演映画「スキャンダル」のプロモーションツアーでした。
だから、「スキャンダル」上映予定のない日本はツアーの日程には組まれていませんでした。

その後、急きょ、来日が決まったのは、あるいは日韓友好年に向けての思惑があったかもしれませんが、NHKからは、映画スキャンダルの宣伝をしないように釘を刺されてたんですよね。
もし、本当にブームを仕掛けようとしていたなら、「スキャンダル」の配給先を確保して宣伝もさせてたんじゃないでしょうか?どう?

ともかく、来ないとあきらめていたのに急に来日が決まって、私たちがどれほど嬉しかったか!狂喜乱舞しましたよ。
嬉しくてうれしくて、ど~しても逢いたいという一心で、羽田に行っちゃった人が、あれですよ。
羽田空港警備もIMXも、当のペヨンジュンも、まさかあれほど集まると思ってなかったから、あの胸に手を当ての仕草ですよ。みんな、パニック。

動員がかけられたとか、日当払って雇ったなんてことがあったのは、ペヨンジュンの後続のタレントです。
「二匹目のドジョウ」を狙って日本に売り込みに来た「韓タレ」では「動員」があったのは事実ですが、ペヨンジュンに限っては、ない! 絶対に無かったのです。
あの出迎えは、ホンモノ。
証拠は、当時から公式サイトにいた私たち家族です

「正論」“ペ・ヨンジュン来日騒動と「冬ソナブーム」の裏側” の分析は確かに当たってることも、思い当たる節もありますが、すべてが「正論」ではありません。
あくまでも、男性の視線で「後付け」した分析にしか過ぎないと思います。




>>そこを逆手にとって日本マネーに目を付けたのがヨンジュンっていうことです。


私は、そうは思いません。10年ずっと注視していたけれど、そんな風には思ったことはありません。

日本マネーに目を付けたのは、オッカケツアーを企画したような輩。
そして、ペヨンジュン(というコンテンツ)が日本で稼げると目を付けたのは、ペヨンジュンの取り巻きでしょう。

だからといって、当のペヨンジュンが何も知らないなんて言いませんけどね。
ボランティアじゃないんだから、俳優という仕事をしてるんだから。
労働の対価は稼がなきゃ。当然でしょう。

その間、IMXも大きくなったし、自分の会社BOF(後のKEYEAST)もあっという間に大きくなったし、彼と彼の周りが日本円で潤ったのは否定しません。 でも、それは結果です。
日本円に節操もなくハエのようにたかったのは、「第2第3のヨン様」 を騙る雑魚を担ぎ上げてきた雑魚会社ですよね。

>>日本だけですよね、毎年の様に日本でのイベントがあったのは。


確かにそうですけどね、需要と供給よ。(笑)

でね、「ペヨンジュンが日本マネーに目を付けた」からファンミがあったんじゃないでしょ。あれ、無料だったし。

強いて言えば、ペヨンジュンが日本でレストランを経営したりイベント開催したのは、日本に住む同胞(つまり在日韓国人)に働く場所を提供したいと考えたからだと、キーイーストの某スタッフ(今は退社)から伺ったことがあります。(2010年ころ)
つまり、ペヨンジュンは日本人のために日本でイベントをしたのではなく、在日韓国人の職業安定のために日本でイベントを開催したと。
(ま、それは継続した職業安定にはならなかったね、打ち上げ花火みたいに)

せっかく日本人が韓国にも好意を抱き始めたのに、韓国の闇をわざわざ照らして、嫌呆笑韓の日本人を増やしたのは、馬韓国民だけど・・

韓国内では、日本の文化芸能は未だに制約を受けてます。
そうして、韓国のクズ文化芸能だけ洪水のように流れ込ませましたね。
それが捏造「韓流ブーム」ね。  無駄だったけど。

ペヨンジュンが「一方通行ではいけない」と言ったときは「そのとおりね!」と思ってましたけど、今は、全面通行禁止でも問題ないな・・と思います。

>>戦中生まれの私には、あの羽田の光景が理解できませんでした。(空港座り込みという行動です)

空港の到着ロビーいっぱいに座ってる姿ね。確かにかっこわるい。
けれども、あれ・・
迎える人と迎えられる人の双方の安全を確保するために、警備方からの指示に従って座ってるんです。
立っていたら、とても危険ですから。
いざ御本尊様のお出ましについ足が出るでしょう。嬉しすぎて気絶するかもしれないでしょう。

警備の指示に従い、痛い膝を折り曲げてしゃがんでいる方もいます。
動員ではなく、本当に逢いたくて待ってるからできる我慢です。
あと、警備の指示がなくても自主的にも座りますね。
後ろの方達にも、御本尊様が拝めるように座るんです。それはファン同士の暗黙の了解のもとに守られてるルール、思いやりです。配慮ね。

ま、私が今まで一度もお迎えに行かなかった理由は、まさにこれ、あんなとこに座るのが嫌だから。(私は自分がカワイイ)

>>ヨンジュン自身何時の言葉かはわかりませんが(多分日本で冬ソナが話題上る頃かと)
「人気=お金・・・まつわりついてくる人が出てくるので困る」これは日本の社会でも。
「日本人が自分を好きになってくれるのはいいが、あまり纏わりつかれるのは困る」 と言っていたようですが、当時は?でしたが、韓国を知るうちに当然な反応と理解するようになりました。


初耳です。初見です。ペヨンジュンの言葉とは信じられません。

確かにペヨンジュンはオッカケに苦慮していたとは思いますが、その言葉は初耳です。
「人気=お金」とは現実的ですけど、そのような発言がペヨンジュンの口から本当にあったなら、ちょっとショックかな。らしくないって言う意味でね。

10年の間、ペヨンジュンは、人気つまり愛を受けることに感謝する言葉はありました。いつも。
オッカケオバサンに対してさえも、「遠くから来ていただいたから」とか「長い間待っていてくださったから」と云いながら、スタッフが制止するのを振り切って、手を降ったり握手したりとサービスする人です。バカみたいに。

さらに、ペヨンジュンはお金では動かない人なので厄介なのです。
逆に人気や金銭につられる人なら、間をあけず、選り好みせず、次々に作品に出演して、(大衆に忘れられないように)人気を維持しながら稼ぐことを考えていたでしょう。
そういう人なら、ここまで寡作の俳優にはならなかったはず。


誰に煽られたわけでもなく好きになったペヨンジュンですが、そのペヨンジュンが「我が国」と誇る韓国というクニは残念ながら、です。

知れば知るほど好きになったペヨンジュンとは逆に、知れば知るほどイヤになる韓国。
この二つの相反する感情は、私の中では矛盾してません。

前にも例えたけれど、夫は大好きだけど、夫の実家と絶対に仲良くできないって方、結構いらっしゃるでしょう?
それと一緒よ(笑)

ともあれ、私は今まで通りに、これからも、ずっと、ず~~っと、俳優ペヨンジュンの作品を待つでしょう。
ブームならいつかは消えるけれど、私の頭の中のペヨンジュンは決して造られた「ブーム」じゃなかったから。



プロフィール

やさい

Author:やさい

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旬の花時計
ご訪問ありがとう
最新記事
リンク
おすすめ
最新コメント
カテゴリ
やさいにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。